ここから本文です
悠々自適、東京・マニラ暮らし、
些細な事、面白い事、ツマラナイ事も楽しんで書いてます。

書庫最新記事

すべて表示

イメージ 1
昨日のマニラ湾夕陽と今朝を載せてます。国旗をクリックすると、にほんブログ村マニラ情報へ飛びます。

  寒いですね・・・、と言っても日本じゃ無くマニラの話し。新年明けから朝は18度前後、体感温度も低く風邪ひきそうな日々が続いている。ま〜日中は29度30度と気温も上がり、常夏のマニラへ戻っているが。そうなると温度差は12度、何を着たら良いのか面くらい体調を崩しそうだ。

  そんな寒い話から、昨日の応援クリック数を見ると910ポイント(91人)。
5年連続投稿したあと続けている騙されないための・騙された話で、1000ポイント(100人クリック)を切ったら止めようと考えていた。65話も続けたら訪問者も厭きそう、そろそろ終わりにしようか悩んでいる。この頃は前半別な記事にして後半に続きを書いているが、似たような話しが続けば興味が無くなってもしかたないだろう。

  他人の不幸は蜜の味、騙されないための・騙された話は面白いかも知れないが。被害に遭った人には笑えない、切実な話しになる。こんなことが現実に起きるのは、フィリピンを見下してしまうのも要因だ。現実に若いフィリピーナが溢れかえっていて、KTVのGROにしても18才〜24才前後と若い。若い子が貴重な日本と違い、平均年齢23才のフィリピンでは若さの安売りが始まっていた。

     
イメージ 2


  日本で同じ年齢の子と付き合ったら、後ろめたさを感じてしまうが。フィリピンなら罪悪感が無い雰囲気に、つい手を出してしまう。ロリコンとまで行かなくても、若い子が好みな人にはたまらない世界だった。赴任そうそう若いフィリピーナを彼女にして、そのころの思いに援助をして上げたら、しっぺ返しに貴方の子供がいると言われてしまった。

  100%と言わないまでも、99%は有り得ない話だ。台風災害の援助を願うより、本当に子供が出来たなら、もっと先に言って来るのがフィリピンの常識だと思う。昔の馴染みで可哀想だと考え、援助した後に言って来る話でない。99%嘘だと分かっていると、昔のよしみで援助して上げたのに裏切られた気分になっていた。

  そこまで言うのか、台風被害で可哀想だと思った分、逆に頭に来てしまった友人。こんな女なら一銭も上げるんじゃ無かったと悔み、逆に援助したのを返して欲しいと思い始めた。文句があるなら検査しても良いぞ、もし俺の子でなければ脅迫で警察に訴える。そんな喧嘩みたいなやり取りが続き、彼女は交通費が無いので田舎へ来いという。無論行けば何が待っているのか分からず、怖くて行けないのも現実だった。

  フィリピンの地方都市はマニラより治安が良い、そうは言っても悪徳警官やチンピラは必ずいる。彼女からのTEXを見ている限り、他に相談相手が居そうだと感じた。そこでマニラ警察の知り合いに相談したら、マニラへ来る旅費が無ければ、彼の部下が迎えに行っても良いと言われた。・・・・・・この後意外な展開になってしまうが、今日は訪問者の少ない日曜日なのと、そこまで書いて良いのか悩むので・・・・一応続く。

  追伸、体調が良くないので、1話完結でなく何回かに分けて書いてます。今回の話しを続けて良いのか悩む・・・・。1000ポイント切ったら止めようかな、
興味があって続けて欲しい人はブログ
ランキング応援・国旗バナーのクリックして下さい。他のブログ村マニラ情報が見れて、私のランキングがアップします。(笑)クリックが多ければ続けます。

      太毛シャンプーの販売先、纏の住所を載せています。
シャンプー・コンディショナーは入荷中、それでも予約をお願いしてます
。電話に出るのは店のスタッフなので、日本語を判らない子もいます。言葉に自信の無い人は、メールでお願いします。
     マビニー通りの住所・電話番号・メールアドレス。
   1767 MABINI ST、MALATE MANILA
      02-559-9871か0918-596-9861
                   matoi1767@yahoo.co.jp

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • ソウル滞在中でもマニラ湾風景を載せてます。   ソウルへ滞在していて感じるのは、円安・ウォン高の脅威に他ならない。フィリピンにしても一時期1万円は5500ペソ、現在は4200ペソの円安になっている。 ...すべて表示すべて表示

  • ソウル滞在中でもマニラ湾を載せてます。    今回の帰国シリーズは、コストパフォーマンス(コスパ)の好いマニラ生活を書こうと決めて、何を基準に考えたら良いのか迷う。コスパに対しての考えは、何を基準にする ...すべて表示すべて表示

  • 今月のマニラ湾夕暮れ、船が多く見えまる。 東京滞在中でもマニラ湾を載せてます。   選挙のたびに死傷者が出て、莫大なお金が掛かるフィリピン。相手を殺してしまえば、一番安いとも言われている。そこまで ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事