全体表示

[ リスト ]

ウーゴ・プラット

さてプロバンス・ムラージュの「リジェJS39」
これも今年のルマンの会、静岡のサブテーマフランス車にちなんだ物として作ります。

この車は1986年の日本グランプリを、マーチン・ブランドルがドライブしたもので、独特のカラーリングはイタリアのウーゴ・プラットという漫画家のデザインだとウィキに書いてありました。
イメージ 1
写真がついたこの説明書の他に、文字だけの説明書も付いています。
ボディはレジン、プロバンス特有のペラペラのエッチング、引き物のホイールという構成です。
タイヤはカッチカチに硬化してたので、フジヤのタイヤに交換。

イメージ 2
ボディとアンダートレーが合わず、あちこちパテ入れてます。

イメージ 3
イメージ 4
あちこちすりあわせなどしながらなんとか形になりました。
カウルの筋彫りに間違いがあったので修正したほか、サスペンションの取り付けははお決まりの突起で芋付け。以前作ったトールマンの時はピンを立てましたが、今回はあえてそのままでどこまで作れるかにチャレンジ。

イメージ 5
安いミニカーのようなステアリングは金属で作り直し。

イメージ 6
サフ吹きました。

イメージ 7
サクッとブルーで塗装し、大好きなデカールに突入。

イメージ 8
二次元のデカールを三次元のボディーに貼る。
そりゃ綺麗には貼れないよね。
このときばかりはデカール貼るのが嫌いになった。
スペアデカール無いしね。。。

イメージ 9
むりやりだけど全部貼れた!
しかしひどいねこりゃ。。。

イメージ 10
クリア吹いて研ぎ出ししながら…

イメージ 11
あちこちマスキングしてタッチアップの嵐…

イメージ 14
この段階で横浜ホビーフォーラムに持って行きました。
ごらんになってくださった方もいらっしゃるかな。

イメージ 12
なんとか研ぎ出しまで完了。

イメージ 13
↑ 今ココ
テンション上げるためにタイヤ配置してみる。
友人はサスアームが見えると言ってくれた:-)

サクッとひとつの記事にしちゃったけど、ここまで来るのに嫌になって放置したりしながら約半年かかってます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事