Yahoo!ショッピング おまかせ工房店長ブログ

神棚・上敷き・すだれの専門店 Yahoo!ショッピングで絶賛販売中 自分たちの商品は自分たちで紹介していきたいと思います。

おまかせ工房

すべて表示

長尺八足台 高さ90cm以上の八脚案

高さ150cm以下で作る八脚案・八足台

こういう八足台を神棚用棚として使うと使いやすいと思うから、今回の店長ブログはその辺について書いてみたいと思います。

普通、八足台というのはせいぜい3尺、つまり90cmぐらいまでの高さで作るわけです。

玉串などを置くときではお馴染みだと思う。


それとは違った使い方で、神棚を置くために八足台を使いたいという需要があるわけですよ。
神棚は一般的には天井付近が多いんだけど、諸事情が重なると天井付近では都合が悪いってことも多い。

そのとき、どこにどのように祀っておくのがいいんだろうか?と考える。


八足台には決まった高さというものはなくて、使う人の高さに合わせて作るものだから、例えば、高さ5尺、つまり150cmぐらいで作ることが頻繁にあるんだ。

神棚の高さが40cmぐらいだとすると190cmぐらいの空間があれば綺麗に納めることができる。


さらに今回は二段式の画像を使っているけど、この段差にも決まりがない。

もう何も決まっていないもんだから、初めて作るってみたいなぁ〜という人からの問い合わせ電話はよくあるのね。


段差はどのぐらいがいいんだろうか?とかね、その時には既に置きたいものがあればそれらの高さを目安にして段差寸法を考える。

わからないときには聞いてください、皆さんそうされてますから。



イメージ 1

八足台には組立式と固定式があって、これは天板と脚の接合部の違い。


固定式より組立式の方が強度があります、特に横からの力に対しては比較にならないぐらい組立式の方が強い。

固定式で作って横から力を加えて、万一、脚と天板の接合部に亀裂が入ったら、その八足台は用途を失います。


それと、高さ90cm以上の場合には、もう組立式以外では作れません。

だから、圧倒的に今では組立式の方が人気がある。

組立式は扱いも簡単ね。


上段150cm、135cmぐらいが神棚用としては最適かもしれないけど、床の間に置きたい人なども多いから、店長に聞いてください。


あ、それと150cm超えの場合には別料金になるから、別途見積をしないと算出できません。

現在のところ150cmまでであれば同一料金で作っています。



長尺八足台 高さ90cm以上の八脚案



興味のある方は是非ご覧ください。

.


みんなの更新記事