ケロケロ草 kero kero Gusa

カエルグッズで綴るケロリストのつぶやき ♪絵本『13日のドロンくん』http://www.shoshi-ars.com/

サクラと菊のアップリケ


中島らも & Mother's Boys with 石田長生 - いいんだぜ



「東日本大震災」 と 「東京電力福島第一原発大惨事」 から6年―――


ということで 

久しぶりに テレビや 新聞、雑誌などでも “震災特集” が 組まれていました。



イメージ 1



が!


この間、(わたくしも 含む) 全ての 「二ホン人」 は 

あの大震災に ついて “忘れていた” し “無関心” に なっていました。


これは 政治家の 「専売特許」 である

“記憶にない” とか “忘れた” というのと 殆ど 変わらない 

「二ホン人の資質」 なのかも 知れません。



イメージ 2



もちろん 震災直後には

地元の 被災者だけでなく 沢山の 日本国民が (他国からも)

暴動もなく、 身を出し投げて 助け合いました。



それなのに・・・


6年経った いま――――


「いじめ」 や 「偏見」 「風評被害」 が 無くならないのは

どうしてなのでしょうか!?



イメージ 4



避難して来た 生徒に対して

賠償金 もらってんだろ!? とか 放射能の 影響で 〇〇菌 などと言う

人の心を 持っていない発言 (発想) は いったい どこから 出て来て しまうのでしょうか??



イメージ 5


あれは・・・


大人が 家や学校で 言ってることを、 こどもが そのまま信じて 

言ってしまうからでしょ?


大人が しっかり 教育していれば あんな バカな こどもは

出て来るはずが ありません。



イメージ 6



今年の 「震災特集」 の 中には “その (愚かな) 問題” を

取り上げたものが 殆ど 無かったのが 残念でした。



イメージ 7



何の 取り柄も 行動力も (発信力も) 無い、 痩せガエル (わたくし) ですが・・・


飼い犬(ネコ) 並の 「忠誠心」 と

ヘビ並の 「執念深さ」 だけは 持っておりますので!



これからも


「震災・原発事故」 のこと

「戦争」 のこと


イメージ 3

イメージ 8



「楽しかったこと」  「辛かったこと」  「悲しかったこと」


「あの人のこと」



イメージ 9



忘れないで いきたいと思います。

.


みんなの更新記事