ケロケロ草 kero kero Gusa

カエルグッズで綴るケロリストのつぶやき ♪絵本『13日のドロンくん』http://www.shoshi-ars.com/

お化け屋敷はじめました♡






エロイム 一切無!




ついに 「8月」 に 突入しました。


おじさんたちには 春も 夏も (秋も 冬も) 関係なく

ただただ 働くだけなのですが


巷の こどもたちは 「夏休み」 に 突入しているようなので

今回は おじさん(わたくし)の 思い出の 


【夏のオバケ・妖怪特集】 を 組んでみました。



まず、わたくしの世代で 「おばけ」 と言って 思い浮かぶのは

「オバケのQ太郎」 ですね♪


イメージ 1
                     ※写真↑は オバケのQ太郎では ありません。
           尚、これ以降 出てくるオバケ(妖怪) は 思い浮かんだ順に 書いているので
           歴史的に 正しい 順番では ありません。 (オバケだけに) あしからず。



Qちゃん(≠高橋尚子) を 紙の漫画で 読んだ記憶は ありませんが

TVで見た 「オバケのQ太郎」 は いまの 「ドラえもん」 以上に 楽しいアニメでした。

ただ Q太郎の弟 O次郎の声は ファースト・オバQの時は 子供のような鼻声で 可愛かったのに

「新オバケのQ太郎」 では ただ元気で甲高い声になって、 可愛さが 半減してしまいました。 (T_T)


タイトルや キャラクター名が “オバQ" と 略されたのも

その後の “ベルばら” などの 先駆け的作品でした。 

(そもそも アニメ・コミック作品は タレントやドラマと 比べて 略すのが 少ないかも?)



続いて


今は 地上波では 色々 問題があって 放映できないけど

怖くて 大好きだったのが


「妖怪人間ベム」 です。


イメージ 2


あの どこの国なのか 分からないけど

次々と 出てくる “西洋妖怪” の 恐ろしさといったら あんたッ! 

オシッコ ちびりまっせ、今の子なら!  (むかしの子も ちびってました。)



さらに 続きましては


むかし (わたしの地域では) 夏休みになると

近くの子供が 誰かの家に 集まって 「読書会」 を するのですが

みんなが 持ち寄った “旧文部省推薦図書” に 混じって 一番人気だったのが



「媒図かずお作品」 を筆頭にした 「恐怖漫画シリーズ」 でした。


イメージ 3


「へび少女」 とか 「猫目」 「キツネ目」 「毒蜘蛛」 「骸骨」 「ミイラ」 「まだら」 「奇●児」 ・・・etc.

こちらも 現在の社会では そのまま 活字に出来ない ●■▲作品の 宝庫であります。

「人面瘦」 なんてのは いかにも怖かったです。  (*_*)っっっ



そして

「ゲゲゲの鬼太郎」


イメージ 4


何度も リメイクされて来た 作品ですが


そのオープニング テーマ曲の ♪げ ・ げ ・ げげげの げ〜〜〜〜〜〜・・・の 

アニメ動画では 毎回 池で 「カエル」 が歌っているので

わたくし 全て ビデオに 収めてあります。 

井上ひさし氏に ソックリな “メガネ出っ歯な男” が よく登場してましたね・・・。



水木作品では


実写版であった 「悪魔くん」 や 「河童の三平」 も 怖くて 大好きな作品でした。


イメージ 8



あと ギャグ漫画では


赤塚不二夫の 「もーれつア太郎」 に 出て来た “ユーレイ父ちゃん”


洋モノでは 冒頭 YouTubeで 紹介した 「幽霊城のドボチョン一家」 や 

「チャカチャカ娘とドラドラ子猫」


イメージ 5


ハンナ・バーベラ作品は ディズニー作品より 好きです♡


かわいいオバケ と言ったら・・・ やっぱり 「キャスパー」 ですね!


イメージ 6


 
あの頃は


夏休みに なると 「四谷怪談」 とか 「妖怪百物語」 「妖怪大戦争」

「怪奇大作戦」  ・・・ などが TVでも 再放送され


こどもたちの 遊びも 「コックリさん」 とか 「おキツネさん」 とか

「心霊写真」 が 流行り


駄菓子屋に 行けば

なんやら ケムリが出てくる ねばねばする紙(?) や 

蛍光塗料で 印刷されて 暗闇で光る 幽霊・妖怪、

ヘビ花火なども 売られておりました。   ~>゜)〜〜〜


イメージ 7



最近では 


「口先女」 や 「人面犬」 「トイレの花子さん」 〜 「フレディ」 「ジェイソン」 「チャッキー」

「なんちゃってオジサン」 なども 再ブレイク しているようですが 


イメージ 10



一番怖いのは 「オバケ」 や 「妖怪」 (の仕業) では無く



「人間」


“人間の仕業” に勝る 恐ろしいものは ありません!




みなさまも これから来る 「残暑」 に 向けて


“人さらい” や “神隠し” に 遭うことの無いよう お気を付けください。


その日が 「仏滅」 や 「13日の金曜日」 で 無くても

毎日が “要注意” です!


イメージ 9



エコエコアザ楽♪

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2015 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事