ケロケロ草 kero kero Gusa

カエルグッズで綴るケロリストのつぶやき ♪絵本『トッピンカラリンのプゥ〜』http://www.shoshi-ars.com/

行司官兵衛


1976 ワンカップ大関




「大相撲秋場所」 は 白鵬が 千代の富士に並ぶ

31度目の優勝で 幕を 閉じました。  (案の定♪)



しかし・・・


場所中 話題を かっ攫(さら)って いたのは 新鋭の

「逸ノ城」 でした。


                   ※写真参照 ↓ (イメージ)


イメージ 1


そもそも・・・

ここ数場所に 限って言えば 


「遠藤」 と              ※写真参照 ↓ (イメージ)


イメージ 2


「大砂嵐」               ※写真参照 ↓ (イメージ)


イメージ 3


の活躍(人気) は 不祥事続きの 日本相撲協会にとって

“頼みの綱” だったはずなのに


期待の遠藤に 初日から 立て続けに 横綱・大関陣を ぶつけては

波に 乗れるはずが ありません。


イメージ 4


エンジンが かかってから 徐々に 上位陣と 当てるなら まだしも・・・


逸ノ城のように 身体に 恵まれてる訳では ないので

これでは せっかくの才能(センス) も 潰されないか 心配です。



一方の 「逸ノ城」 ですが

久しぶりの “逸材” の 出現に 熱烈な相撲ファンでなくても

ワクワクして しまいました。 ♡♡♡



本当に “強い力士” というのは

小結・関脇や 大関・横綱までも トントント―――――――・・・ン!!!

と 短期間で 昇り上がっていく ものなので


イメージ 5


“大関在位○○年” とか  “苦節●●年大関昇進”  ・・・なんていうのは

決して 誇れることでは ないのです。


登る時には 一気に 登り切る “技術” と “勢い” が 無ければ

決して 「横綱」 という 地位には つけないと 思います。



ただ・・・


逸ノ城の (昇進の) “スピード” と “実力” が

(一夜で 登り詰めて 一夜で 崩れ落ちる)


「一夜城」 で 終わらないことを 祈ります。


イメージ 6


はっけよ〜い、のこった♪

.

よしもとタレントがコンテストに挑戦
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事