けんきゅうにっし。

目標、毎日更新!暇な人にはうってつけ、そんなblog。

全体表示

[ リスト ]

鬼との対話

吉田神社にて。


追儺式を18時から見物。

見物というか、雰囲気を味わう。
なにせ人が多くて、前の人の後頭部とか肩車してもらっている子どもの背中くらいしか見えない。
鬼の声とか、子どもの泣きじゃくる声とか、音声は迫力満点。
ちらっと見える鬼の姿とたいまつの火がまた怖い。
一緒に行ってた友達がそんな姿を見かねて持ち上げてくれて全体の様子をきちんと掴むことはできたけど、周りの人からの視線がすごく恥ずかしかった・・・。

そんなこんなで、もう終わったっぽい雰囲気を察し、人ごみから抜け出して神社全体を歩こうとすると、直前で人の流れが遮られる。
どうしたものかと思っていると、式を終えた鬼たちが目の前を通過!!
鬼こえ〜・・・。
子どもを泣かしまくる。
僕も小さかったらきっと泣いていたに違いない(ディズニーランドでミッキーに会ったときでも泣いちゃった子どもだったもんで☆)。

鬼たちが通過したあとを追っかける人の流れがあり、僕らも神社の奥を目指していたため、一緒に追いかける形で稲荷神社まで。
ずっと見ていると、どうもこれは式に参加した人のご家族が中心らしい。
あれよあれよという間に記念撮影の雰囲気。
おもしろいことに後方に鬼さんが4人(?)いらっしゃるではないか!!
これはすごい画ですね〜
この記念撮影もすべて見て、参加者が解散していくところも見守る。

おっと、まだお社には鬼さんが残っているぞ〜☆
僕らと同じ感じで残っていた人たちが盗撮みたいな感じで写真を撮っている。
僕も同じような感じで。
お3人さんそろい踏みなんていう面白い撮影会もはじまる!!
ちなみに、赤青黄色の3人です。
お、そうだ、という流れでお社にお参りしようとすると、賽銭箱の向こうに青鬼!!
なんでも、お賽銭を投げたらポーズしてくれるとか。
なかなかユーモアのなる鬼さんです。
お参りしました。
青鬼さんが立ち上がりました。
鬼さんから利益を得るというのはなかなか滑稽ですけど、いいことありそうです☆

そんな様子を楽しんでいると、鬼さん、人間界に帰ろうというそぶり。
黄色い鬼と写真撮ろうぜ!
青鬼さんお疲れさんだぜ!
って見送っていると、ちょっと暗くなった左側に、あれ?赤鬼さんいるじゃん!!
友達とツーショット写真を撮り合い、僕らご満悦。

勢い余って話してみる。

ぼく(以下、略)「ありがとうございました!」
赤鬼(以下、略)「・・・(いいよいいよみたいなジェスチャー)」
「・・・あ、僕、節分生まれなんですよ」
「ほ〜、いくつなの」
「明日で23歳になります」
「へ〜、来年年男だ。がんばって」
「ありがとうございます。明日がんばってください!」
「今日どこから来たの?」
「あ、今日は京都市内です」
「吉田神社をよろしくね」
「あ、はいっ!お疲れさまです!!」


これまで生きてきて、鬼さんとお話したのは初めてでした。
鬼さんは悪い人じゃないです。
でも、明日はみんなで「鬼は外!」

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事