幸福の科学に、『疑問』あり!

Something is wrong with kofuku−no−kagaku.

全体表示

[ リスト ]

  〜「アラーの大警告」(大川隆法著、1991)は、

   論理的・客観的・常識的に判断して、

   大川隆法による、『詐欺本』(さぎぼん)だった!〜


 大川隆法は、旧版の「太陽の法」(大川隆法著、1987)の時代に、

 以下の内容を、「真実」だと、繰り返し語っていました。


  ・宗教団体GLA(ジー・エル・エー)を創始した、故・高橋信次は、

   アラーの神の生まれ変わりである。

  ・幸福の科学の天上界には、“エル・ランティ”と呼ばれる、

   偉大で、巨大な、神霊が存在する。

   エル・ランティとは、アラーの神であり、エホバ(ヤハウェ)であり、

   また、キリストが、「天の父」と呼んだ存在でもある。

   このエル・ランティが、約3億年ぶりに、地上に肉体を持ったのが、

   高橋信次である。

  ・幸福の科学では、亡くなった高橋信次が、霊として、復活し、

   霊言集で、神理(正しい教え)を説いてゆく。


 大川隆法は、このように語り、約20冊の「高橋信次霊言・霊示集」を、

 『アラーの神の霊言集』として出版しました。

 ところが、「新・太陽の法」(大川隆法著、1994)で、

 「高橋信次霊は、アラーの神ではなく、実は、仙人霊だった。」と、

 大川が、説明を全く変えてしまったので、約20冊の「高橋信次霊言・霊示集」は、

 全て、“嘘の本”となりました。

 ここまでは、前回のブログで、お伝えした通りです。


 しかし、問題は、これだけではありません。

 1991年に出版された、「アラーの大警告」という霊言集は、

 大川隆法による、『詐欺本』(さぎぼん)であったということです。

 私は、このことを、論理的・客観的・常識的に、説明・証明する事が、できます。


 「新・太陽の法」以後に出版された、「宗教選択の時代」(1994)という本の中で、

 大川隆法は、1989年(「仏陀再誕」を出版した時点)には、

 「高橋信次霊が、仙人霊である事」を、実は、知っていた、と語っています。(第5章参照)

 しかし、大川が、「高橋霊が、仙人霊である。」と、公表したのは、

 5年も後の、「新・太陽の法」(1994)に於いてであります。

 この5年間の間、大川は、霊言集と創世記が、“嘘”である事を知りつつ、訂正もせず、

 『詐欺宗教』(さぎしゅうきょう)状態で、幸福の科学を続けていました。

 (高橋信次霊が、仙人霊である、という事は、旧版「太陽の法」(1987)の創世記も、

 “嘘”である、という事になります。)

 そして、1989年から、2年後の、1991年に、「アラーの大警告」という霊言集を出版し、

 その第1P目で、大川隆法は、“嘘の証言”をしています。

  
  「高橋信次(霊)は、霊界では、『エル・ランティ』とよばれる偉大な神霊であり、

  『エル・ランティ』は、『アラーの神』であり、『エホバ(ヤハウェ)』である。」


 1989年の時点で、「高橋霊の真実(仙人霊である事)」を知っていた、大川隆法が、

 1991年に出版された、「アラーの大警告」の第1P目で、上の様な証言をしています。

 これは、論理的・一般的に判断して、明らかに、

 大川隆法が、詐欺的発言(さぎてきはつげん)をしている部分だと、言えると思います。

 そして、この本の中で、大川は、「高橋霊」のことを、「師」と呼び、

 「高橋霊が、仙人霊である事」は、一言も語っていません。

 既に、「高橋信次霊が、仙人霊である事」を知っていた、大川隆法が、

 本の第1P目で、「高橋霊は、アラーの神である」と、“嘘の証言”をし、

 嘘の内容と知りつつ、訂正もせず、嘘のまま、「アラーの大警告」を出版した事はーーー

 大川隆法が、「アラーの大警告」という、「詐欺本」(さぎぼん)を出版していた、

 という事だと、論理的に結論づける事が出来ると思います。

 私は、大川隆法が、「アラーの大警告」という『詐欺本』を出版していた事は、

 大川隆法が、自ら、「八正道」の教えを破っていた、という事だと思います。


 幸福の科学が、「ノストラダムス戦慄の啓示」(大川隆法著、1991)と一緒に、

 TVCMで、大々的に宣伝した、「アラーの大警告」は、

 大川隆法による、『詐欺本』(さぎぼん)だったのです!

  
 

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

「新・太陽の法」「宗教選択の時代」で、エル・ランティという言葉は、 2か所しか出てこず、3行程度、それも「3億年ぶりに生まれたというのは、間違いだった」というだけ。エル・ランティについて、沢山の間違いを、大川隆法は語っていたのに、「エル・ランティとは、何だったのか」 について、不十分な説明しかせず、大川隆法は、無責任です。

2006/12/10(日) 午前 3:54 [ orn**so ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事