幸福の科学に、『疑問』あり!

Something is wrong with kofuku−no−kagaku.

全体表示

[ リスト ]

 〜現在、幸福の科学が、“真実”と説明している事〜

「新・太陽の法」(1994,大川隆法著)以降、幸福の科学は、以下の内容を“真実”としています。

 1.サダム・フセインは、日本神道の神の生まれ変わりである。
   フセインのもうひとつの過去世は、足利尊氏である。

 2.アメリカと、イラクの2度の戦争は、幸福の科学の天上界で、60〜70年以上も前に
   計画されていた戦争である。

ビデオ「ノストラダムス戦慄の啓示」(1994、幸福の科学)では、霊界の高天原(たかまがはら)
で、日本神道の神々が、会議をしている場面があります。                     そして、そこに、阿藤海扮する日本神道の神が、ヤケ酒を飲んで現れ、「今度は、中東の地に生まれ、アメリカ相手に戦争だぁ」と、くだをまくシーンがあります。
これが、地上時間、1930年頃の、霊界の出来事として、描かれています。

しばらくして、画面は、サダム・フセインの映像となり、画面の右端で、神々が、阿藤海扮する、
日本神道の神が、サダム・フセインに生まれ変わったと話しています。
そして、神々は、フセインのもうひとつの過去世は、足利尊氏であると語っています。
ビデオは、『ゲオ』の大型店で、店員に尋ねると、レンタルする事が出来ました。

 3.幸福の科学の天上界では、戦争に勝った国の神々は、“勝ち点”が与えられ、神々の“格”が、
  上がる。反対に、戦争に負けた国の神々は、“勝ち点”が減らされ、神々の“格”が下がる。
  幸福の科学の天上界では、神々が、世界戦争を計画し、神々が、人間に戦争をさせている。

「奇跡の法」(2001、P90〜92)では、「日清、日露、第一次世界大戦等で、日本が勝った
ので、日本神道の神々には、“勝ち点”が、4つありました」「しかし、第二次世界大戦で、日本が
負けたので、“勝ち点”が減り、日本神道の“格”は落ちた」と、大川隆法は語っています。

また、「大東亜共栄圏」等の思想は、日本神道の神々が考えたものであり、地上の国民や軍人は、
霊的インスピレーションによって、それらの戦争思想を思わされ、戦争に向かって走らされた、
ーーーという内容を、大川は語っています。幸福の科学の天上界では、ーーー
神々が、世界戦争を計画し、神々が、人間に戦争をさせている事になります。

 『エル・カンターレの霊界は、本当に正しい、愛の、神仏の世界だと思いますか?』

次項以下は、「新・太陽の法」(1994、P50〜65,P234〜235,P352〜361)
「宗教選択の時代」(1995、第5章)で、大川隆法が語っている内容です。

 4.(地球以前)金星には、幾百幾千の(沢山の)、金星文明が栄えていた。金星人は、最終的に、
  IQ300で、超美形の、金星人となり、UFOで、惑星間を移動していた。
  金星文明は、輝かしい成功をおさめた。

 5.地球人の魂は、IQ300の金星人と、エル・カンターレ(釈迦大如来)の魂(霊体)を合成して
  幸福の科学の天上界で、400億人分創られた。

 ※エル・カンターレ...幸福の科学では、釈迦の魂は、エル・カンターレという神霊の一部分である、
            と説明している。

 6.約4億年前、エル・カンターレは、空中から、500人の男女を出現させた。これが、地球人
  の肉体祖先である。そして、約3億年前には、7億7千万人の人間が、地上にいた。

 7.約3億年前、マゼラン星雲から、UFOで、「人間によく似た生物」たちが、地球に移住した。
  彼らは、自己顕示欲、戦闘性の強い、種族となった。彼らの指導者の魂は、天上界の裏側に封じ込め  られ、エンリルという、荒神・祟り神(たたりがみ)となった。

 ※現在の幸福の科学では、天上界を、表側と裏側に分けて、説明している。裏側には、わがままで、
  不調和な霊たちが、封じ込められている。

 8.キリスト教の七大天使は、天上界の裏側の神、エンリルの部下だった。

 9.モーセは、現在の幸福の科学では、天上界裏側の神、と説明されている。

 10.大川隆法は、ビッグ・バンを、約400億年前と説明している。

 ※現代の科学では、星の光をもとに計算して、ビッグ・バンは、約137億年前と説明している。

 11.エンリルは、霊界のパイトロンという装置を使って、人間の魂を、数億人分、創った。
   しかし、パイトロンによる魂は、霊格が低かった(質が悪かった)。

 12.エンリルは、ここ数千年の間に、何回も転生し、最近は、現代日本に、高橋信次として、
   生まれた。高橋信次は、宗教団体GLAを主宰した。

 ※生前の高橋信次は、「GLAでは、“転生した、釈迦弟子の再会”という霊現象が起きていた」
  と著書の中で語っていた。

 13.「新・太陽の法」(1994)以後の説明ーーー
    
    .GLAは、アーラーラ・カーラーマという仙人霊が、霊指導していた。
     GLAは、仙人霊界による、原始釈迦教団の擬装宗教だった。

    .GLAの弟子たちは、釈迦弟子ではなく、仙人霊の生まれ変わりだった。

    .高橋信次(霊)は、仙人霊であり、死後、6次元裏側に還り、現在は、7次元下段階にいる。

 ※幸福の科学では、霊界を、4次元(幽界)5次元(善人界)6次元(光明界)7次元(菩薩界)
  8次元(如来界)9次元(宇宙界)と説明している。

 14.映画「永遠の法」(2006、幸福の科学)では、如来(8次元)である、エジソンが、
    巨大な、霊界ロボット「エンジェル X−1」を発明している。
    そして、巨大霊界ロボット「エンジェル X−1」は、地獄で、巨大霊界怪獣「ビヒモス」
    と対決する。

4〜11の、「創世記」の内容は、現代科学では、『非常識』となる内容です。現段階では、幸福の  
科学の人々は、『非常識な内容』を“真実”と信じる、『非常識な人々』と言えると思います。

皆さんは、現在、幸福の科学が“真実”と説明している、1〜14のうち、
どれを、“真実”と信じる事が出来ますか?
また、1〜14の項目のうち、いくつを、“嘘だ”と否定しますか?

しかし、幸福の科学、大川隆法が語っていた、“嘘”は、これだけではないのです。
実は、「新・太陽の法」(1994)以前に、ーーーー                      幸福の科学は、“嘘の創世記”と“嘘の霊言集”で始まっていたのです。

簡単に説明するとーーー旧版「太陽の法」(1987、大川隆法著)の「創世記」では、

 [金星文明は、失敗だった。金星人は、進歩しなかった。地球人の肉体祖先は、3億6千5百万年前
  に、マゼラン星雲から、UFOで、地球に移住した、6000万人の人々。彼らの指導者の魂は、
  霊界で、エル・ランティという神霊になり、エル・ランティは、後に、アラーの神、エホバ
  (ヤハウェ)、「天の父」(キリストが、主とよんだ存在)となった。...ほか]

又、[エル・ランティは、約3億年ぶりに、現代日本に、高橋信次として、下生した。高橋信次が、
   主宰した、GLAには、転生した、釈迦弟子が集まっていた。幸福の科学では、亡くなった
   高橋信次が、霊として復活し、大川隆法は、約20冊の「高橋信次霊言集」を、
   『アラーの神の霊言集』として出版した。]

しかし、旧版「太陽の法」(1987)の「創世記」も、約20冊の霊言集も、
現在では、すべて、“嘘”となっています。
このことは、「間違いだらけの幸福の科学(5)」で詳しく説明しました。

地球に霊界がない場合は、幸福の科学は、全くの「詐欺宗教」となります。この場合、詐欺の被害は、
数千億円超、被害者は、一千万人を越えます。
地球に霊界がある場合は、エル・カンターレの霊界が、本物の神仏の霊界である場合と、
偽者の神仏の霊界である場合とが、考えられます。

エル・カンターレたちが、偽者の神仏ならば、幸福の科学は、やはり、「詐欺宗教」となります。
しかし、エル・カンターレたちが、本物の神仏である場合、サダム・フセインの過去世や、
IQ300の金星人は、『真実』となります。

私は、次回以降、大川隆法の霊言集で、キリストが、モーセが、大天使ミカエルが、孔子が...他の
幸福の科学の神々が、“嘘”を語っている部分を、皆さんに、お見せしていきます。
幸福の科学の神々が、本物の神仏ならば、−−−「神仏は、“嘘”を語る!のです。」

 『神仏のしていることは、矛盾である。』

 『神仏は、“善”も行うが、神仏は、“悪”も行う』

私は、霊界とは、『クォーク』以下の存在を、構成要素とする世界だと、推測しています。







 

この記事に

閉じる コメント(39)

顔アイコン

陽子・中性子は、物質で、見える存在ですが、クォークからは、存在する位置が特定出来ない、見えない存在の領域に入ってゆくそうです。私も、不勉強で、高校の物理の参考書見ても、わからない事沢山あります。私は、地上の人間なので、霊界の事は、本で読み、調べるしかありません。 大川の本では、やはり、原子ー陽子・中性子ーーー光子ー霊子と言っています。霊子が、霊界の基本構成要素と書かれています。物理学で、光子があるので、大川の本の光子が、それと同じとすると、霊界の一歩手前まで、物理学で解っている事になります。

2006/11/16(木) 午前 6:49 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

大川が霊界と通じていると考えて、光子ー霊子という記述を、真実と考えるなら、そう考える事になります。霊界、霊(魂)...何かイメージ的に 考えたり、ガス状のものを想像したりしますが、物理学の極小の存在を、 追求してゆくと、霊界の(基本)構成要素に到達するという話です。

2006/11/16(木) 午前 6:57 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

大丈夫?ここ?妄想だらけ・・・ 削除

2006/11/16(木) 午後 7:42 [ 傍観者 ] 返信する

顔アイコン

傍観者さん;妄想では、ないのですよ。間違いだらけの幸福の科学(6)に書いてある事は、大川隆法本や、幸福の科学のビデオで確認できます。幸福の科学の本や、ビデオに非常識な内容があるのでお知らせしています。また、幸福の科学は、1987年に、“嘘の創世記と霊言集”で始まった事実も、お知らせしています。そこから、論理的に推測出来る事、 場合分けして考えられる事等を、少し書き加えています。

2006/11/17(金) 午前 0:09 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

sachiup777さん;そうですか。あなたのブログを見て、もしかすると、 幸福の科学に関心を持っている人かなぁ、と思いました。 幸福の科学は、“嘘の大川隆法本”で始まっているので、 安易に、幸福の科学を信じない方がよいと思います。

2006/11/17(金) 午前 0:38 [ orn**so ] 返信する

上の方だけ読んで書いてます。戦争は自分が正しいと信じている国のために行います。国対国へとなってしまいます。宗教対立もそういった形になると思います。正しい者は勝つというのは真理に守られているのかもしれません。米国のイラク政策が正しかったか、間違っていたか、それはまだ答えは出ていません。

2006/11/17(金) 午前 3:44 [ tak*s*i_at_*a*ushim**u ] 返信する

顔アイコン

ブログにコメントをいただきありがとうございました。私も幸福の科学の誰それの過去生は云々というのは信じてません。おとぎ話としては面白いと思います。以前は、霊言集も面白く読んでました。突っ込みどころが満載なので・・。スイスに核ミサイルが落ちて、第3次大戦なんていう予言も以前ありましたよね。 宗教はまともな部分だけ耳を傾ければ良いのではと思います。 私は仕事柄宗教団体とはいくつもお付き合いしています。

2006/11/18(土) 午前 0:01 [ ooo ] 返信する

顔アイコン

大川って確か香川か愛媛の床屋の倅だったように記憶しているが、こんないい加減な事を平気で書いているようでは多寡がしれている・・ね。 俺も先祖が四国、でしかも神官の出だが・・。 こんなサダムや足利尊氏の話、馬鹿らしい、とも思わない日本人が沢山居る事に哀れを感じる。 これはチンギスカーンが義経と言う話と良く似ている、 馬鹿らしいとしか思えない。

2006/11/18(土) 午後 1:11 hit*r*ikujp 返信する

顔アイコン

履歴からきました。昔高橋さんの本を友人に薦められ読んだ事があります。幸福の科学も知人から勧められました。人が生きていくのに素晴らしいお話をされているとは思いますが 私は自身がいいと思うところだけ耳をかたむけてます。人を導こうとする教えの中には 相手を認めるってないのですか?あるとすれば 違う考えの方を攻撃することはないでしょうと思うのですが・・・

2006/11/19(日) 午前 9:19 ごん 返信する

顔アイコン

hitoriikuipさん;日本神道の神が、サダム・フセインに生まれ変わるシーンは、合計で10分あるかどうかなので、見落としたり、きちんとよく考えない場合も多いと思います。

2006/11/19(日) 午前 10:29 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

ごんぱちさん;コメント有難うございます。ごんぱちさんのコメントは、私をかばってくれているのか、私に対する批判なのか、ちょっと、よくわからないのですが...地球に霊界がない場合、幸福の科学は完全な「詐欺宗教」となります。また地球に霊界がある場合、幸福の科学の神々は、嘘を語り、また、神々が人間に戦争をさせています。そういう霊界を100%信仰した場合、転生しても又嘘の霊界情報を信じ込まされる事になります。他にも危険性があり、これは、後の記事でお伝えします。

2006/11/19(日) 午前 10:53 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

私が問題にしていたのは、両者の霊体の大きさが「=か、<か」という事なんです。また「エル・カンターレだけが、9次元裏側の存在を認定した」この意味がわかりませんねぇ。億年レベルで、表側裏側という構造が 続いているのだから、次元ごとに、裏側の霊人が誰であるかは、皆承知しているはずです。大川は「9次元の序列は、地球に到着した順序」と言っていますねぇ。この大川の言葉は、とても不正確であり、間違いと言っていいものです。

2006/12/3(日) 午前 5:00 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

何故、大川隆法の語る教えに興味がないかーーほんの1つの理由を挙げれば、大川隆法が「真実の書だ」と言って出版した著書に、数十冊の嘘の本(嘘を含む本)があったのに、「新・太陽の法」でも「宗教選択の時代」でも、大川隆法は、謝罪の言葉を述べていないからです。「正しく反省する」「きちんと謝る」ことが出来ない人物です、大川隆法は。釈迦の生まれ変わりなら、反省する・訂正する、説明し直す・謝罪するーお手本を みせなければいけないのに。

2006/12/3(日) 午前 5:53 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

9次元霊が、神仏同士で乗っ取りを企て、仏陀の生まれ変わりと称する者が、間違いの本を数十冊出版し、神々と称する霊人が、虚偽の霊言を語り それで人間は、まともになりますかね?教えを破っている存在による、 矛盾した言葉が、本当に教えといえるのでしょうか?

2006/12/11(月) 午前 2:06 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

「裏が表を従えようとした」−−自己顕示欲と戦闘性が、強いため、裏側に封じ込められているという、エンリル=エル・ランティが、表を従えようとした−−これだけで、幸福の科学に登場した、神々は異常だと思うのですが...「9次元世界で、神仏間で乗っ取りが企てられ」と表現すべきだったかもしれません。

2006/12/15(金) 午前 1:29 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

仏の教団(幸福の科学)に、砂漠の神(エル・ランティ他)が乗っ取りを企てたのだから、「神仏間で乗っ取りが企てられ」で、別に表現は間違ってないと思います。本については、1度立ち読みしてみます。

2006/12/16(土) 午前 0:51 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

私は、「創世記」について上のコメントで書いてない。「宗教選択の時代」で、「砂漠の神が、幸福の科学を乗っ取ろうとしていた」と書かれているので、幸福の科学では、神が仏の教団を乗っ取ろうとする事が起こると書いただけ。

2006/12/16(土) 午後 0:22 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

幸福の科学のオオバヤシさんは、コメントを書いて、削除してゆく。毎回答えていた私は、無駄な事をしていたという事ですね。幸福の科学の会員のコメントによって、私は、迷惑を受けたと考えます。

2006/12/16(土) 午後 10:43 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

あんたも信者に迷惑かけてるんだから、お互い様だと思うが。それと、管理人のコメントばっかりっていうのは、とても滑稽だな。自分のは少し消したほうがいいんじゃないか。あと、オオバヤシが会員なのは確かなのか?決め付けじゃあないだろうか。 削除

2006/12/23(土) 午前 1:31 [ hyper ] 返信する

顔アイコン

オオバヤシさんが、数十のコメントを、自分で勝手に削除していった結果です。オオバヤシさんは、「信者として、このブログの題名に不満がある」とか、教団の支部にある“「新・太陽の法」講義”という文書に答えが書いてある等語っていた。また、何度、幸福の科学の会員のオオバヤシさんと呼んでも、彼は「私は会員ではない」とは言わなかった。

2006/12/24(日) 午後 5:29 [ orn**so ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事