幸福の科学に、『疑問』あり!

Something is wrong with kofuku−no−kagaku.

全体表示

[ リスト ]

    〜あなたは、幸福の科学の “イエス・キリストの嘘” を見破れますか?〜

   以下は、大川隆法の霊言集で、イエス・キリストが、“嘘”を語っている部分です。
   あなたは、幸福の科学の、“イエス・キリストの嘘” を見破ることが、出来ますか?
  初めての方は、トラの巻きとして、間違いだらけの幸福の科学(6)(5)をお読みください。

  「キリストの霊言」(1986、大川隆法著、P38〜39)
     (「私も、イエスの弟子だったのか?」という善川の質問に対して)

イエス;イエス・キリストの教えも、釈迦の教えも、モーゼの教えも、マホメットの教えも、全て1つだ    ということなのですから、私の弟子だった、ということではなくて、私の天なる父の弟子だった
    というべきでしょう。
善川;あなたのおっしゃる、天なる父といわれる方は、エル・ランティー様のことなのですか?

イエス;エル・ランティーのことです。私が、わが主、わが父と言ったのは、エル・ランティーです。
善川;エホバと言われた方はーーー。
イエス;エホバも、エル・ランティーのことです。
善川;それでは、旧約聖書第1章の、創世記に出てくる、アラーの神は、どうだったのでしょうか?
イエス;アラーも、私の主、父、アルラー・エル・ランティー、アラー・エル・ランティー、
    こうなったのです。

幸福の科学では、霊界の9次元に、10人の救世主(釈迦、イエス、モーゼ他)がいると説明している。
 「アール・エル・ランティは、9次元4番目、9次元上段階の、巨大で、偉大な神霊」
上記は、旧版「太陽の法」の時代(1987〜1993)の説明です。

イエスは、霊言で、四大宗教の教えは全て、“天なる父=エル・ランティ”から出た教えであると、
語っている。また、P68〜69では、「『父』とは言っていますが、その父といっているのは、
造物主ではなくて、私の上に当たる方のことをいっている....」−−−−この他の部分でも、
イエスは、エル・ランティを、同じ9次元の中でも、自分より格が高い存在として、説明している。

また、旧版「永遠の法」(1987)や「内村鑑三霊言集」では、エル・ランティは、イエス、モーゼ
釈迦よりも大きな、最大の力を持った存在と説明されていた。
しかし、現在の幸福の科学の教えからすると、イエスは、“嘘”を語っていたことになるのです。

現在の「新・太陽の法」(1994)では、エル・ランティという神霊は、存在しません。
かわりに、“エンリル”が登場するのですがーーーー
 「エンリルは、9次元10番目で、9次元裏側に封じ込められた、荒神、祟り(たたり)神」
エンリルは、自己顕示欲、戦闘性が強いため、天上界の裏側に封じ込められている、という説明です

現在の幸福の科学では、「エル・ランティを偉大とする説明」は“嘘”であったとして、
“真実”は、エンリル=エル・ランティであった、と解釈しているようです。
イエス・キリストは、9次元NO.2の神霊なのですが、NO.2のイエスが、            9次元10番目の荒神・祟り神、エンリル=エル・ランティを「主」「天の父」と呼んでいるのは、
実は、非常に矛盾のある、おかしい話なのです。

   「イエス・キリスト霊示集」(1988、大川隆法著、以下全て、イエスの霊示)

「最近においては、高橋信次という人間が、地上に肉体を持ちましたが、彼にしても、死ぬ間際に、
 後に来る人のことを予言していったはずです....彼が、地上を去った5年後に、法を継ぐ人が出る
 ということを予言して、地上を去ったはずであります。実をいうと、この予言こそが、彼の今回の
 人生において、最大の重要事であったということなのです」

「私たちの世界から、二人の指導霊が出て、そしてバトンタッチをしていくという予定になっておった  のです」「近年に肉体を持った高橋信次という人間が、そこそこの業績をあげて、そして後に来る
 者を予言し、また自らも(霊として、霊言で)復活するという、この大いなる計画が、
 ひとつの神理の伝道の導火線となるようになっているのです」
「このプランを練った人間、その中心にあるのが、
 私(イエス)そのものであった、ということであります」(以上P130〜132)

大川隆法は、最初、次のように説明していました。
「エル・ランティは、約3億年ぶりに、現代日本に、高橋信次として下生した。高橋信次は、宗教団体
 GLAを主宰し、GLAには、転生した、釈迦弟子が集まっていた。高橋信次は、死の直前、
 『5年後に、法を継ぐ者が現れる』と予言した」
「彼の死後、ちょうど5年後に、高橋信次霊からの霊界通信が始まった。大川隆法は『高橋信次復活の
 原点1〜5』を含む、約20冊の霊言集を『アラーの神の霊言集』として出版した」
「高橋霊は、霊言集で『私は、死後、9次元に還った』と語り、大川隆法は、『今回の救世計画は、
 アラーから、釈迦(大川)へのバトンタッチとなっている』と説明した」

しかし、「新・太陽の法」(1994)で、「高橋信次霊は、死後、6次元裏側に戻った仙人霊」と
説明が変わり、「GLAは、仙人霊界による擬装宗教であり、集まっていた弟子たちは、仙人霊の
生まれ変わり」となった。(※9次元の下に、8次元、7次元、6次元...がある)

幸福の科学のイエス・キリストは、何故、裏側の仙人霊が、“再来の釈迦”を予言する事を、
何故、裏側の神、仙人霊から、釈迦へバトンタッチする事を、計画したのだろうか?
イエスは、仙人霊界による擬装宗教を、「そこそこの業績」と評したが、
現在の大川隆法は、GLAを「ものすごく悪い果実」と語っている。

(イエスの霊言)「(イエスの復活に対して)今また、この復活が、別の形において、行われんとして
おります。それは、高橋信次という人間の、今から、十一年前に、肉体を去った人間の復活であります
現在、『霊言集』というものを用いて、彼は、復活せんとしております。この復活を認める人が、
やがて全国に、燎原の火のごとく、広がっていくでありましょう」

「これは、大きな奇跡であるのです。そして、復活を通じて、かつての弟子たちが、大いなる力を
 糾合していくということが、歴史的な事実となって、やがて大きなドラマとして、
 後の世に、語り継がれていくのです」
「これは、イエスの復活、私自身の復活となぞらえることのできる、
 人類史上の、やがて、物語となっていくのです」
「地上に肉体を持った人間が、天上界に還って、法を説き続けた、ということは、かつてないこと
 であります。地上にあった人間が、天に還って、霊示・霊訓を、そして、法を説き続けたということ
 は、かつてなかったことであります。こうした、かつてなかった奇跡を、今、演ぜんとしている、
 ということを、この意味をしらねばならん」(以上P157〜160)

現在、大川隆法は、以下のように語っています。
「当会に来た高橋信次霊が、『自分には、復活の使命があった』と称して、イエスの復活信仰のような
 ものをつくろうとしたことは、越権でした。霊言の1つぐらいは出してもよかったのかもしれません
 が、もともとそういう使命はなかったのです」

しかし、霊言で、イエスは、「高橋信次霊の、霊言集での復活は、イエス・キリストの復活と同等の、
人類史上の物語となっていく」と繰り返し、その重要性を語っていた。
つまり、イエスは、“嘘”を語っていたことになるのです。

「宗教選択の時代」(1994、大川隆法著、P170〜171)
「高橋信次の転生を見てもわかるように、砂漠の神の系統であることは、事実なのです」
「幸福の科学を多少は、手伝ってくれたのですが、実は、それによって当会のなかに入り、砂漠の神の
 ほうが、次第に勢力を拡大して、仏教教団(幸福の科学)を乗っ取りかけてきていたことです」
「実は当会に入り込み、『砂漠の神のほうが上だ』ということにして、仏教教団系統を自分たちの
 下に置こうとしていたのです。当会を押さえ込んだあと...」

この中で、砂漠の神とは、エル・ランティ、エンリルのことです。
すなわち、大川隆法は、エル・ランティ、高橋信次霊が、幸福の科学を乗っ取ろうとする、−−−
そういう、異常な状況下で、幸福の科学は、始まったと語っているのです。

幸福の科学の神々は、霊言集で、エル・ランティ、高橋信次霊を、偉大とする、
同一の、結託した、“嘘”を語っていました。
イエス・キリストは、幸福の科学を乗っ取ろうとした、
エル・ランティ、高橋信次霊を、賛美していたのです。

大川隆法は、霊人たちに、霊言集で自由に語らせた、と言っていますが、
私は、霊人たちが、自由に語れる状況ではなかった、と推測しています。

 『あなたは、9次元世界(救世主の世界)で、乗っ取り騒ぎが発生するーーー
                そのような、幸福の科学の神仏を信じることが、出来ますか?』


 

この記事に

閉じる コメント(29)

顔アイコン

大川隆法の本、数十冊には、間違いが多くあったのは、事実であり、数十冊の絶版、改訂版という現象が生じたのは、事実。現在の大川隆法本にも 非常識な内容があり、疑問・批判があっても当然のことと考える。

2006/12/10(日) 午前 2:55 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

物理学のクォーク理論を、基本的な事を書いただけ。後は、大川隆法が、存在の最小単位を、光子ー霊子といっているので、大川が、何らかの霊界と通じていて、その部分は、一応真実と仮定した場合、−−両方を結合すると、こうなると書いただけです。

2006/12/15(金) 午前 1:44 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

オオバヤシさんに何度も説明しましたが、「新・太陽の法」以後、大川隆法は、突然高橋信次そっくりの「幼少時の幽体離脱体験」を語りだしました。それ以前には、語っていなかったのに、です。ほかに理由が見あたら ないので、ランティとカンターレの霊体のなんらかの合成が行われ、高橋信次の生前の記憶の混入という現象が、起きているのではないかと推論・ 可能性として言っているだけです。大川は「感じ取るものは、感じ取りなさい」と言っているので。

2006/12/15(金) 午前 2:04 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

大川隆法は「高橋信次霊には、霊言での復活の使命はなかった」と言っています。イエスは「高橋霊の霊言での復活は、イエスの復活と同等の、人類史上の物語となっていく」と語っています。イエスの霊言時、高橋霊= エル・ランティは、幸福の科学の乗っ取りを企てていました。そして、イエスは、ランティと高橋霊を賛美する霊言を語っています(1987以降書店で販売されていた霊言集の記述。現在幸福の科学にある霊言集は、多分修正されたもの)私は、個人のブログで、推測・可能性を書いているだけ。

2006/12/15(金) 午前 2:26 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

大川隆法の写真(本尊)を、会員は100万円で買ったという情報が、あちこちにありますよ。また「菩薩認定」で、1口1000万円を、会員は 幸福の科学に支払うという書き込みを、何度か掲示版で見ました。また 「祈願料5万円」と書いてあるのも、読みました。私は、読んだものを、 コメントに書いただけ。

2006/12/15(金) 午前 2:50 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

まず、あなたが自分のコメントを、昨日までに大量に削除しましたね。それで私も自分のコメントを、削除しただけです。掲示版に、幸福の科学の弟子の人の名前に「還俗」と書いてあったので、元会員の人のコメントに対して、質問しただけです。オオバヤシさんは、掲示版の書き込みに、間違いがあったら、その訂正に動くつもりはないのですか?

2006/12/15(金) 午前 3:03 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

大川隆法の写真(本尊)が、100万円というのは、色々な掲示版に書いてありますね。「菩薩認定」1000万円というのも一緒に書かれています。「講習会数万円、献本1800円×30冊=5万円以上」という書き込みもありました。今度事実を確認しなくては、と思っています。 「高く費用かかるなぁ〜、幸福の科学に入らなくて良かった」と私は、思うのです。

2006/12/16(土) 午前 0:30 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

私は、2chは、まだ殆ど見てません。お金で買える云々の前に、「菩薩認定」というものに、1000万円も支払うのか?と普通の人々は、考えると思います。常識的な感覚からいうと、多額すぎるのではないか、と思う人は、多いと思います。

2006/12/16(土) 午前 0:39 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

私は「心境がお金で買える」という言葉を、書いてはいませんよ。それは、2chで書かれている事ですか?私は、他の掲示版に「菩薩認定は、 1000万円」と書かれていると、コメント欄に書いているだけです。 オオバヤシさんは、2chで書かれていることと、私のコメントを、 混同して考えているのではないですか?

2006/12/16(土) 午前 11:44 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

私は、掲示版に「菩薩認定1000万円」と書かれていると、コメント欄に書いただけ。「心境がお金で買えますか」というあなたのコメントが、論理的でないように思います。

2006/12/16(土) 午後 1:10 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

幸福の科学のオオバヤシさんは、あなたの主観で、ものすごい悪口を語り始めるようになりましたね。「菩薩認定、1000万円」という掲示版の 書き込みについて、感想を書かれるのがいやならーー最も効率の良い解決法は、菩薩認定の制度について、あなたがその正当性を説明する事ではないでしょうか?

2006/12/16(土) 午後 5:24 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

掲示版には、悪口が多くても、このブログは、論理的に、幸福の科学・大川隆法本の問題追求を進めているつもりです。高橋信次霊は、ランティを名乗り、現在は、エンリルと同じ魂グループなのだから、両者が、共通している事は知っています。ただ「新・太陽の法」でランティとエンリルの 霊体の大きさを、=か、<か説明していないので、その事を問題にしているのです(又現在の大川隆法の言葉には、論理学的に100%の真実性が成立しない事を付け加えておきます)何度かオオバヤシさんに説明した筈 です。

2006/12/16(土) 午後 8:42 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

今気付きました。オオバヤシさんの頭で「このブログ」と考えているところを、「この掲示版」と2ヶ所で書いていますね。オオバヤシさんの、判断と言葉は、不正確です。正確で、正しい、判断と言葉使いをした方がいい、幸福の科学のオオバヤシさん。

2006/12/16(土) 午後 8:53 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

ornousoさんへ:久しぶりに見たが、あなたの言わんことも分からないが、なんか、どっちもどっちというか、どうでもいいことでだが。大川の本がないと、生きられんのはあんたも同じよ。オオバヤシも怒んなよ。理屈こねてくるやつは、こういうヤツはどこでもいるな。お互い様よ、世の中。 削除

2006/12/16(土) 午後 10:09 [ hyper ] 返信する

顔アイコン

hyperさん;「どうでもいいことだが」ならあなたの意見に従う必要はない。「大川の本がないと、生きられんのはあんたも同じよ」大川の本がなければ、もっと有意義に過ごしていました。数十冊の大川隆法本に、 間違い・虚偽・非常識の内容があったので、迷惑をうけました。現在の 大川隆法本にも非常識な内容(IQ300の金星人他)がありますので、多くの人が私と同じようにだまされないように、ブログで大川隆法本の問題について、伝えています。

2006/12/16(土) 午後 11:18 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

「掲示版とブログは、同じ」オオバヤシさんの話は、論理が滅茶苦茶。「菩薩認定についてどう思った?」私のコメントを読んでいないのが明白 卑怯なのは、コメントを書いて、私に答えさせ、そして自分のコメントを 削除する、幸福の科学会員のオオバヤシさん、あなただ。菩薩認定は、1口1000万円の寄付を支払う会員がいるので、説明すると幸福の科学のマイナスイメージになるかも知れないので、あなたは説明を避けているのではないでしょうか?

2006/12/17(日) 午前 0:03 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

幸福の科学のオオバヤシさんは、コメントを書いて、私に答えさせ、そして自分のコメントを削除する。これは、オオバヤシさんの嫌がらせとも、 考えれる行為です。またオオバヤシさんのコメントは、悪口が多く、論理的でないことが、最近多い。よって、幸福の科学会員のオオバヤシさんの コメントは、以後お断りします。コメントされた場合は、削除します。

2006/12/17(日) 午前 0:18 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

前の書き込みが消されてる。いい気分ではない。ここの管理人は自分に都合が悪いと消すようだ。別に意見に従えといっているわけではないのに、おれのような中立者のコメントを消すとは全くいい感じがしない。 削除

2006/12/21(木) 午後 7:34 [ hyper ] 返信する

顔アイコン

hiperさんに対しては、以前コメントを1度お断りしており、現在「幸福の科学の信者の、ルールを無視した、コメントについて」という記事に対するコメントだけを許可しています。上記のように、違う記事でのコメントは、お断りします。

2006/12/24(日) 午後 5:03 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

「幸福の科学」は似非宗教です。

その理由は、
大川隆法は、口寄せで「道元の霊言」を著述しているが、
<実際の道元の教え>に反するものだらけである。

つまり、道元の権威を盗んで、自分の権威に利用している。
そこに、人間として欠陥と弱さを見る。

2009/5/2(土) 午後 1:48 [ イエスちゃん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事