幸福の科学に、『疑問』あり!

Something is wrong with kofuku−no−kagaku.

全体表示

[ リスト ]

             幸福の科学の、9次元神霊(大如来)−−−

     「エル・カンターレ(釈迦大如来)」と、「エンリル(エホバ、ヤハウェ)」

           大川隆法の説明によれば、この2人の神霊は...

            古代シュメールの神、「アヌ」と「エンリル」

であると言う。「地上に出た(転生した、肉体を持った)エンリルは、天空神アヌ(エル・カンターレ)
から、霊指導を受けていた(「太陽の法」《1994、P355》)

一方、シュメール語(メソポタミアの古文書)を解読した、ゼカリア・シッチンの本では、
次の言葉が出てくるーーー
             「私の指示に注意を払いなさい。
              すべての住民に、すべての都市に、
              嵐が襲いかかるだろう。
              人類の子孫は、絶えるであろう。
              これが、最終決定なのだ。
              神々の集会が決めたことなのだ。
              アヌ、エンリル、ニンフルサグが言ったのだ。」

このメソポタミアの大洪水の記録は、後に、旧約聖書の『ノアの洪水』の物語として、再編集されたーー
とゼカリア・シッチンは、説明している(ちなみに、佐倉哲氏のサイトでも、シュメールの大洪水の話
と、旧約聖書の「ノアの洪水」は、同じものだと説明している)

旧約聖書の『エデンの園』『バベルの塔』などの話も、メソポタミアの古文書に、話の原型となる記録
がありーーそれが、旧約聖書に再編集される段階で、「真実」「真相」「神々の秘密」といったものが
隠され、削除されているーーということが、推測されます。
今回は、これらの事について、お話してゆきます。

「太陽の法」(1994)では、「エンリルたちは、3億年以上前に、マゼラン星雲から、UFOで、
地球にやってきた」と書かれている。
あなたは、大川隆法の語る、「3億年前の、UFOの存在」を信じるだろうか?           
信じるならば、シュメール時代のエンリルが、UFO、「空飛ぶ乗り物」に乗っていても、不思議なこと
には、ならない。ゼカリア・シッチンによれば、メソポタミアの古文書には、「空飛ぶ乗り物」の
記録がある、というのだ。
シュメール時代に、「空飛ぶ乗り物」などある訳がない、とあなたが思うならば、「太陽の法」も
偽り(いつわり)の書だ、という判断になると思う。

 「わが都市を建てよう  その頂が、天にも届く塔を
  そして、シェムもつくろう  地球上くまなく行かれるように」(旧約聖書「バベルの塔」の物語)

 「エンキドゥよ、その地に入り、私のシェムを組み立てたいのだ
  シェムが飛び立った、その場所から、私は、自分のシェムを打ち上げたいのだ」
                              (ギルガメッシュの叙事詩より)
 「ロケット、ロケット、ロケット、
  上がる、滑走する、40、40、40、
  40 40 20 22 22」    (シュメールの粘土平板より)

「シェム」という言葉は、ふつう、伝統的に「名前」と訳されていたのだがーーー
それでは、文章・物語の内容が、不自然で、納得のいかないものになってしまう。
そこで、シッチンは、「シェム」を、「空飛ぶ乗り物」と解釈した。

シュメール時代のエンリルも、地球上に、人類も文明も存在しない時代に、地球に「到着した」と説明
されている。
古代メソポタミア神話に登場する神々は、神と言っても、地上に肉体を持つ存在だった。
そして、最初はずっと、彼ら神々だけで、地球上に生活していた。
彼らが、人間を創ったのは、ずっと後のことだった、と説明されている。

彼らは、神殿・都市を建設し、鉱物を採掘する、重労働を行った。それゆえ、彼らは「労働の神々」
(ネフィリムとアヌンナキ)と呼ばれる。
彼らは、ジグラットと呼ばれる、台形状の「塔」を作り、その上に「シェム」(空飛ぶ乗り物)を乗せた
メソポタミアの神々は、「自由自在に、空を飛び回れる」と記録されている。
女神の1人、イナンナはーーー
            「空を飛び、地を渡った、イナンナよ」
    「ムーに乗る淑女よ...人々の住む大地を越えて、彼女は、ムーに乗って飛ぶ」

「ムー」とは、もともと、「空の部屋」というような意味であり、「シュムー」(ムーであるもの)
→「シェム」となりーーーゼカリア・シッチンは、「ムー」「シェム」を、「空飛ぶ乗り物」と
解釈している。
そして、シッチンの解釈によれば、メソポタミアの神々は、ジグラット(塔)から、「シェム」(空飛ぶ
乗り物)を発射させ、地球上を、自由自在に移動していた、という説明になる。

すると、旧約聖書の、『バベルの塔』の物語の「真相」は、次の様になる。

 「人間が、神の真似をして、高い塔(ジグラット)を建て、
  人間たちも、シェム(空飛ぶ乗り物)を作って、塔から発射させる計画を立てたのでーーー
  神は激怒し、人間が、空飛ぶ乗り物を使用する事を許さず、
  それで、『バベルの塔』を破壊し、都市を滅ぼした」

そして、シッチンは、「神が、地球の言葉を混ぜた」ことについて、
 「ネフィリムは、人類が、一致団結するのを恐れていたため、“分割と支配”という政策を採用した」
そして、「エンリルの音頭による、神々の計画的な決定の結果として、人間の言語の分離が起こった」
ーーーシュメールの文書は、そう主張している。

 *「ギルガメッシューー」においても、「シェム」を「空飛ぶ乗り物」と解釈しないと、
  意味が、納得出来ない。また、シッチンは、粘土平板に「滑走する」という言葉があるのを、
  不思議と思い、この平板は、「飛行マニュアル」である、としている。

メソポタミアの神々は、エンリルが要求する、過酷な労働に、長い間耐えてきたがーー
ある時、神々は、「もう沢山だ」と言って、反乱を起こした。
 「我々の司令官に、敢然と立ち向かおう。
  彼が、われわれから、われわれの重労働を、取り除いてくれるように」
夜中、エンリルの住宅は、反乱を起こした神々によって、取り囲まれた。
従者は、寝ているエンリルを起こし、激怒したエンリルは、武器を持った。
私は、この部分を読むと、織田信長の「本能寺の変」とそっくりだ、と感じる。

エンリルの父である神、アヌ(エル・カンターレ)が、天の住まいから、地上に降りてきた。
神々の議会が、開かれた。エンリルの弟の神、エンキ(エア)が、次の提案をした。
       「『原始的な労働者』の“ルル”をつくらせればよい!
        彼に、神々の骨折りを支えさせなさい」
こうして、神々は、満場一致で、「労働者」をつくることを、採決した。
    
   「私は、低級な原始人をつくる
    人類が、彼の名前である
    私は、原始的な労働者をつくる
    彼の役割は、神々へ貢献することで、神々はくつろぐであろう」(天地創造の叙事詩)

シッチンによれば、シュメールの天文学では、「天動説」が語られており、土星の向こうに、天王星、
海王星、冥王星が存在することまで、古文書に記録されているという。
シッチンは、「神」エンリルたちが、UFOで、宇宙空間を航行し、その知識を、地球人に教えたのだ
と説明する。
高度な技術を持つ、神「ネフィリム」は、遺伝子操作技術や、クーロン技術で、 
「神の使用人」=人類を創った。
エンキ(エア)が、最初に創った、人間は「アダパ」という名で、これが、旧約聖書の「アダム」の
モデルとなった。
最初、新しい、原始的な労働者は、鉱山の採掘という、重労働を与えられーー
ほこりを食べ、故国には、二度と帰れない運命となった。
 
「アヌとエンリルは、約5000年前、彼らが創った人類を、奴隷のように扱い、虐待した疑いがある」

ブログの字数制限のため、メソポタミアの大洪水の話については、次回の記事で書きます。
少しだけ、内容を予告しておくとーーー
       「神々の議会では、“人類を滅ぼす”ことについて、投票が行われた」
エンリルは、その結果を語っている。
        「人類を滅ぼすことが、神々の議会の、満場一致の決定だった」
エンリルは、神々に、次のことを守るよう、宣誓を強要した。
         「近つ”きつつある、すさまじい大洪水のことについては、
          人間には知らせず、“隠された秘密”にすること」
ついに、大洪水が起こり、山々も、水に隠れるとき、神々は、どういう行動をとったか?
エンリルたち、神々は、彼らだけが、「空飛ぶ乗り物」に乗って飛び立ち、
水が引くまで、上空から、「大破壊」の様子を眺めていたーーー
古文書には、そう記録されていると、シッチンは語っている。

このメソポタミアの神々が、後に、ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の神々となっていると
推測されます。
このブログについて、なにかありましたら、前回の「幸福の科学に反対する理由」を、まずお読み
ください。

次回は、「容疑者エル・カンターレ」と「容疑者エンリル」という題で、
メソポタミアの大洪水について、記事を書く予定です。




   
 

    

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事