幸福の科学に、『疑問』あり!

Something is wrong with kofuku−no−kagaku.

全体表示

[ リスト ]

             幸福の科学の9次元神霊(大如来)ーーー

     「エル・カンターレ(釈迦大如来)」と「エンリル(エホバ、ヤハウェ)」

           「太陽の法」(1994、P355)によれば...

    「古代シュメール時代、地上に出た(転生した、地上に肉体を持った)エンリルは、
          天空神アヌ(=エル・カンターレ)の霊指導を受けていた」

つまり、大川隆法は「エル・カンターレとエンリルは、古代シュメールの神、アヌとエンリルであった」
と語っています。

一方、シュメール語を解読出来る、世界に数少ない学者の1人、ゼカリア・シッチンが、
メソポタミアの古文書を解読して、本を書いています。
その中には、地球の支配権を持つ神、エンリルの、恐ろしい言葉が出てきます。

       「人類を、滅ぼすことが、神々の議会の、満場一致の決定だった」

シッチンは、メソポタミアの古文書にも、旧約聖書の「ノアの洪水」にそっくりな、
大洪水の記録がある、と語っています。

アヌやエンリルは、大洪水が起こることを、事前に知っていました。
しかし、エンリルは、メソポタミアの神々に、次の宣誓をするよう、強要しました。

 「すさまじい、大洪水が起こることについては、人間には知らせず、“神々の秘密”とする事」

しかし、エンリルに反抗する1人の神、エンキ(別名エア)は、一人の人間、ウトナピシュティムに、
大洪水が起こることを知らせ、舟をつくるよう、命じます。
大洪水が、起きたとき、アヌ、エンリルをはじめとする神々は、汚い、陰謀のようなやり方で、
全人類を、見殺しにし、全滅させます。
大洪水の水が引いた後、アララト山の上で、舟から降りたウトナピシュティムを見て、
エンリルは、激怒しました。
 「まだ、生きているものが、いるのか? 一人も、絶滅を免れないことになっていた!」

このメソポタミアの大洪水の記録は、後に再編集されーー旧約聖書の「ノアの洪水」となったと、
シッチンは説明しています。(ちなみに、佐倉哲氏のサイトでも、メソポタミアの大洪水と、
旧約聖書の「ノアの洪水」とは、同じものである、と説明しています)

このアヌとエンリルが、後に、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の神となっている事が推測されます。
私は、古文書等の内容から、エル・カンターレとエンリルには、可能性として、
ある疑惑・容疑・嫌疑が、発生するーーと考えています。
 (今回の記事は、前回の続きです。出来れば、前回の記事もお読みください)

メソポタミアの古文書(および、ゼカリア・シッチンの著書)によればーーー
 「エンリルは、地球上に、人類も文明も存在しない時代に、地球に『到着した』」

メソポタミアの神々は、神と言っても、地上に肉体を持つ存在だった。
そして、長い間、地球上には、彼ら神々だけで、生活していた。
彼らは、神殿や都市をつくり、長い期間、エンリルが要求する、重労働に耐えてきた。
しかしある時、神々は反乱を起こしーーー
その結果、神々の議会は、満場一致で、「労働者=人間」をつくることを、採択した。

    「私は、低級な原始人をつくる。
     『人類』が、彼の名前である。
     私は、原始的な労働者をつくる。
     彼の役割は、神々へ貢献することで、神々はくつろぐであろう」(天地創造の叙事詩より)

しかし、ここで「太陽の法」(1994)との内容の相違が、疑問を生じさせる。
大川隆法は、「地球人は、4億年前に、創られた」と語っている。さらにーー
「地球以前、金星には、数多くの金星文明が、栄えていた。最終的には、IQ300の金星人となった」
「地球人の魂は、IQ300の金星人と、エル・カンターレ(釈迦大如来)の、
 魂・霊体を合成させてーーー400億人分創られた」と、大川は説明している。

幸福の科学が、本物の宗教とすると、エル・カンターレは、4億年前から、優秀な地球人を創ってきて
何故、シュメール時代に、アヌとして、「低級な原始人・原始的な労働者=人類」を創ったのかーー
私は、ここに、大きな矛盾が生じる、と考えています。

神の使用人=人類は、地上に増え、そして、エンリルに反抗する者も現れはじめた。
エンリルは、「人類の絶滅」について、メソポタミアの神々に、投票をさせた。
その結果を、エンリルの言葉が示している。
        「人類を滅ぼすことが、神々の議会の、満場一致の決定だった」
エンリルは、「人類に、罰を与えよ」と、命令した。
 「痛み、目まい、悪寒や高熱を与えよ、そして、疾病・伝染病・疫病をひろめよ」
 「人間から、食べ物をとりあげてしまえ。胃の中を、からっぽにせよ。果物や植物を、欠乏させよ!」

すぐに、かんばつが各地を襲い、飢餓が人々を打ちのめした。その結果「共食い」の悪習が生まれた。
 「人々は、その娘を、食事のために用意した。子供を食物にしたのだ。
  一つの家族が、ほかの家族を、むさぼり食った」
皆さんは、古文書に「神が、飢餓や伝染病によって、人類を滅ぼそうとした」と書いてあると聞いても
それは、古代人の想像による物語と考えるでしょう。至極、もっともで当然な判断です。

私は、4月の記事で、ジュセリーノ予言集について、文章を書きました。
彼は、9.11同時多発テロや、地下鉄サリン事件、阪神大震災他を、何年も前に予知し、
警告の手紙を送っていました。
この本の中では、彼が、竜巻・大雨・ハリケーン・干ばつ、地震・津波、そして伝染病も、
時期指定で予知し、予言を的中させていた、と書いてあります。
私は、彼の予知夢を、霊夢・霊現象と推測しておりーーー
私は、天上界が、天変地異、伝染病なども、計画しているのではないか、と推測しています。

飢餓によっても、人類は、絶滅しなかった。
 「しかしながら、まだ、人類を滅ぼすチャンスはある」と、エンリルは語った。
アヌやエンリルたち神々は、大洪水が起こることを知っていた(予知していた)。
エンリルは、メソポタミアの神々に、次の宣誓をする事を、強要した。
 「すさまじい、大洪水が起こることについては、人間には知らせず、“神々の秘密”とする事」

エンキ(エア)は、一人の人間を呼んで、葦でつくられた、スクリーンの後ろに座らせた。
彼は、スクリーンに向かって、ひとり言をいう事にした。
       
        「私の指示に注意を払いなさい
         すべての住民にすべての都市に、嵐が襲いかかるだろう
         人類の子孫は絶えるであろう...
         これが最終決定なのだ。神々の集会が決めたことなのだ
         アヌ、エンリル、ニンフルサグが言ったのだ」

一人の人間、ウトナピシュティム(=ノア)は、エンキの指示どおり、舟を作りはじめたーーー

すさまじい、大洪水が、地球上の一番高い山々をも、水で隠したとき...

 「古きよき日は、泥まみれになりぬ」「私の生きものは、はえのようになってしまったわ。
  彼らは、とんぼのようになって、河を埋めている。父親たちは、のたうちまわる、
  海に呑み込まれたわ」ーーー女神たちは、惨状を見てすすり泣いた。
  そして「彼ら(神々)は、空腹のため、激しい腹痛に悩んでいた」

肉体を持っていた、メソポタミアの神々たちは、一体、どこで、この大破壊の様子を眺めていたか?

    「神々は、地球を脱出するのに、“神の二輪馬車”を使った」
    「嵐が大きくなるにつれ、天空からは、人々の姿も判別出来なくなった」
    「空に逃げた神々は、その大破壊の様子を眺めていた」

私は、前回の記事で、メソポタミアの神々が使用したという、「シェム」「ムー」について説明した。
ゼカリア・シッチンは、これを「空飛ぶ乗り物」と解釈した。(ちなみに「太陽の法」では「エンリル
は、3億年以上前に、マゼラン星雲から、UFOで地球にやって来た」と説明されている)

大洪水到来の日、エンリルたちは、神々だけが「空飛ぶ乗り物」に乗って、地球を脱出した。
大洪水の水が引くまで、「空飛ぶ乗り物」で、空中に浮かんでいるーー計画だった。

大洪水の水が引いて、アララト山の頂上で、ウトナピシュティム(ノア)が、祭壇をつくり、
いけにえの肉を焼き始めるとーーー

 旧約聖書では「主は、香ばしいかおりをかいで『人間の邪悪な欲望は仕方がないものだ』と思った」
 
 メソポタミアの古文書では「空腹の神々は、快い風味のにおいを感じ、神々は、ハエのように、
              いけにえの肉に群がった」

ついにエンリルが到着し、方舟を見て激怒した。
      「生きているものがいるのか? 一人も、絶滅を免れないことになっていた!」
兄弟であり、神である、エンリルとエンキ(エア)は、子孫の代まで、争い・対立が続いた。
エンキ(エア)は、すべての人々に語った。
        「お前の神を、敬う(うやまう)な。女神に、祈りをささげるな」

メソポタミアの大洪水の記録はーー神が、人類を奴隷のように扱い、虐待した事、神々の秘密、
神々の地球脱出、神々の争いと反乱等の内容が、削除・事実隠蔽されーー
旧約聖書の「ノアの洪水」」に再編集された、と推測する。
そして、エンリル、アヌ他のメソポタミアの神々が、旧約の神「エホバ(ヤハウェ)」「エロイム」
となっている、と推測されます。

百科事典等で、一般的な説明を調べると、エホバ(ヤハウェ)=アラーの神=キリスト教の「天の父」
となっています。つまり、アヌ、エンリル他のメソポタミアの神々が、世界3大宗教の神々となって
いる、と推測されます。
幸福の科学の説明でもーーエンリルは「エホバ(ヤハウェ)」であり、また、アラーの神は、
「複数の神霊が、アラーを演じていた」となっており、その中心は、エンリルであり、
エル・カンターレ(アヌ、釈迦大如来)であった、という説明です。

また、幸福の科学の説明では、キリスト教の「天の父」を、エル・カンターレ(釈迦大如来)としている
幸福の科学は、「キリスト教の『天の父』を、釈迦大如来(エル・カンターレ)と説明するーーー
          “世界にただひとつの宗教”ではないでしょうか?

このブログの記事について、何かありましたら、「幸福の科学に、反対する理由(5/13)」を
お読みください。

      
          

            
  

この記事に

閉じる コメント(21)

顔アイコン

警告としての災いは、想定できるけど、
滅ぶだけなら、放置しとけば、滅ぶのでは、
その感、頻りですね

2007/5/25(金) 午後 7:40 [ 嘆きの壁 ] 返信する

顔アイコン

Maiさん;ゼカリア・シッチンによれば、紀元前3800年頃に、
高度なシュメール文明が、突如出現したそうです。メソポタミアの大洪水の記録では、アララト山のうえで、ウトナピシュティムが、鳩とカラスを飛ばして、水が引いたかどうか確認するのですが、これが旧約聖書のノアと同じエピソードになっています。他にも色々共通点があり、それで、シッチンは、メソポタミア版を再編集したものが、
旧約の「ノアの洪水」であると説明しています。

2007/5/25(金) 午後 11:25 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

cozy9965さん;このブログでは、地球に霊界がない場合と、地球に霊界がある場合とに分けて、考えるようにしています。地球に霊界がない場合は、滅ぶときは、滅ぶだけであり、また、大川隆法本は、すべて偽りの本となります。地球に霊界がある場合は、幸福の科学の天上界が本物の場合と、偽物の場合を考えます。偽者の場合、幸福の科学はやはり偽物となります。本物の場合は、大川の本では、戦争や天変地異は、天上界が計画し、起こしているものと説明されています。

2007/5/25(金) 午後 11:54 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

方向性が一方的な気もしますが、たまにこちらへ訪問して質問もしたらどうでしょうか>http://www.irhpress.co.jp/search/index01.shtml

2007/5/30(水) 午後 2:01 book of  koba 返信する

顔アイコン

1987年から、現在までの大川隆法本に目を通すとーー初期の数年間、大川隆法は、論理的には「詐欺行為」を行っていたーー私はこの事を、論理的に説明・証明する事が出来ます。「アラーの大警告」(1991)という本が、大川隆法による「詐欺本」であり、この本の出版により、大川が、八正道を破っているーーという事を論理的に
説明・証明する事が可能です。以上の事について、私は、1990年代後半に幸福の科学に質問しています。その返答は、結局「方便だった」「もう済んだ事」というものでした。

2007/5/31(木) 午後 9:02 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

幸福の科学に言わせると、論理的に「詐欺行為」と判断出来る、大川隆法の行為も、「方便」という言葉で済まされてしまいます。論理的に、大川隆法が「詐欺行為」をしていたと証明できる数年間の間に、
数千億円のお金、数百万人の人々が集められていた事実があっても、
大川隆法・幸福の科学によれば「方便」という一言で済まされてしまうのです。偽りの内容があった、大川隆法本によって、被害を受け、
混乱させられた人びとも沢山いたのに。私は、大川隆法が「方便」という言葉を悪用・誤用していると思います。また「済んだ事」というのは、誤魔化し、忘れさせるための説明と考えています。

2007/5/31(木) 午後 9:17 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

上記は一例ですが、幸福の科学に質問しても、誤魔化しのための返答が予想される事については、いちいち質問しません。自分の判断で、幸福の科学に質問しようと思うことについては、質問するつもりです。

2007/5/31(木) 午後 9:27 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

その内、教育部門へ「幸福の学園」中等部〜高等学校も創設計画しているそうです。いじめ問題予防と防止解決の手本と成り得るか?。訪ねてみたらどうでしょうか?。

2007/6/1(金) 午前 7:14 book of  koba 返信する

顔アイコン

小生もこんな御話が好きですが、本を読むのが嫌いな方で、殆ど読んでいる暇が無い。
幸福の科学とい言うのは理屈はともかく、何か分けの分からない者を持出して来て理屈をこさえ金を寄せる宗教団体の様な者でしょう。
最近の人なんて祭れないので何なのかはっきりと経歴の分からない者を神とし御金を集める欲ぼけ団体の事でしょう。
天理にも信者100万と言われる宗教が御座いますが、これも何だか分からない経歴の者を御祭りしてある、
先生と言われる、何々教会の会長おっしやる者と沢山御会い致しましたが、筋の通った話をされる者が一人も居なかった。

2007/8/19(日) 午後 6:52 ノウサギ 返信する

顔アイコン

唯 会長 と 言われる者が 数人寄れば東南アジア、韓国等似ての、俺は韓国で教会3つ持つてる東南アジアでいくつ持っている そんな自慢はなしばかりで有る。
小生がこうであろうこぅと違うかと反論すると、膨れ面して逃げて行く。
それに先生と証せられる奴は少し頭の可笑しい奴が多い名瀬なら、体が悪いから、頭が少し変で宗教に入る者が多いが、後者の者が足を運んで、御金を上げ、上役に成る。
先生とといわれる者は、気がすごく短い、著つと自分の思う様になら無いと脹れる。元々 少し頭の可笑しい者が先生に成っているから話に成らない。
何年際だったか 気の小さい小さな教会の会長が彼方此方で 上納金が払えづに自殺している。

2007/8/19(日) 午後 6:53 ノウサギ 返信する

顔アイコン

それに関した雑紙も書店に並んだが3日で消えた。
同じに巨大病院が有るが、どうなっているのか 医療過誤が多い目立つ 絶対に保証はしない。
裁判も無理、100万信者が何処に居るか分からない。
弁護士に相談しても駄目、教会に筒抜けである。
皆 吊るんで居るのである。家族全員が悲劇である。
余り宗教が大きく成ると どくな事が無い。
現在 平城京の様な建物が大分 出来つつ有るが良くも此れほどの御金が寄付される物であるが小生ないは理解し難い。 本当にこまつたら宗教なんて助けてくれませんよ
絣取った金は絶対に出さないのが宗教です。

2007/8/19(日) 午後 6:54 ノウサギ 返信する

顔アイコン

宗教は皆同じ色と欲である。
困った時の神頼みは良いが深入りは禁物です。
最も先生と呼ばれる様に成って、不幸な人に付け込んで御金を絣取ってやろうと思う人は別ですが、小生の知っている宗教は此れです。
なんか本来の話とズレテ居る様な気がしますが、
ともかく 宗教は 嫌い 。
兎も角 言いたいのは、
宗教と言う者は訳の分からない、経歴のはっきりしない者を出して来てそれも安宅の様に見せ掛けて、上手く御金儲けをする団体の筝である(貴方の祖父母を神として、祭れますか)経歴が1番はっきりとしています。

2007/8/19(日) 午後 6:55 ノウサギ 返信する

顔アイコン

何かズレタ話を居たし 申し訳ない。
時間が少し経てば消去致します。
熱狂的な信者に大反撃はされても良いが、危害を加えられても困る、
ヤフーさんに 手を回されて、除名されても困るので、時間が来れば消去致します。
不都合が有ると直ぐ手が回りますので、
信者が変な不幸が有っても一際 外に出ない
皆吊るんで居る。大きく言えば国と金でつるんでいる。

2007/8/19(日) 午後 7:46 ノウサギ 返信する

顔アイコン

lepusbra chyurus100さん;何か変な宗教、多いような感じ、しますよね。私としては、大川隆法本を読んで、疑問・矛盾を、割合沢山感じたので、それをそのままブログに書いています。論理的に正確に、考えて、疑問・矛盾・問題を感じる場合は、信じるべきではないーー
わたしは、そのように考えております。

2007/8/20(月) 午後 6:02 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

又 また 御邪魔致します。
私の良く知っている宗教は、主義主張、大望がはっきりしない。
只 信者を増やし(病気とか、事故死の有った御家に布教に行くので有りますが、30万で治したるとか言いますが、なおらなかった時には、信心が足りなかったで終わりです)そういった事が多々有る。陽気暮らしとおっしやいます。
平城京の様な物も大分 出来てきましたが、権力の象徴をこさえているのですが、
主義主張が全く分からない宗教団体です。
本との良くボケ宗教としかいいょうが無い。
先生、会長とか沢山御会い致しましたが、本当の欲ボケとしかいいょうが無いです。

2007/8/20(月) 午後 7:45 ノウサギ 返信する

顔アイコン

「30万円で病気を治す」ーーそのようなことを言う宗教は、常識的に考えて、おかしいと、思います。そういえば、新聞のご不幸広告を見て、訪問・布教する宗教もあるのでしょうね。

2007/8/22(水) 午前 9:13 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

大川隆法の正体は日蓮上人=新義真言宗の覚鑁(かくばん)であり、エルカンターレや仏陀ではありません。ちなみにエルカンターレやエホバやアラーやエンリルは全て地球惑星意識のことです。
大川隆法は彼の言う菩薩と如来との中間の梵天意識がそうであり、
”裏”の力の意識体のことです。獣。

2011/7/15(金) 午後 10:46 [ jin*eig*k* ] 返信する

顔アイコン

神々が不完全な者として定義されてるのは面白いね、完全であれば、一切が不要だし、不完全だと闘争を起こす、有形、無形にしろ、存在とは、何と悩み多き事よ、だね

2011/7/16(土) 午前 11:02 [ 嘆きの壁 ] 返信する

顔アイコン

わたしの個人的な検証によって大川さんの太陽の法はノストラダムスの予言集からきておりますが、
大川さんの太陽の法ではなくハンドルネーム太陽さんの法でした。
太陽原理・弥勒原理として検証サイトがたくさんあります。
このサイトのように疑問だらけのkkですね。 削除

2012/5/9(水) 午後 10:02 [ ] 返信する

顔アイコン

うーん、
このブログの後の記事には、天上界はわれていると有りますが、
違うと思います。
遺伝子改造して馬鹿な人類を作り上げ、創造神と名乗り、
そう最初からいまだに陰謀論で語られる秘密結社などを使っていじめている宇宙人たちと、
本物の天上界がある、というのがすんなり行きますね。
本物の天上界はいい宇宙人と高度に「心が」進化した人類がいると思いますね。 削除

2012/12/21(金) 午後 9:45 [ トロポサイト ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事