幸福の科学に、『疑問』あり!

Something is wrong with kofuku−no−kagaku.

全体表示

[ リスト ]

   (今回の記事は、「地球には、霊界がある」という事を、前提として書いています)

     幸福の科学のビデオ「ノストラダムス戦慄の啓示」(1994)の内容よりーー

        「サダム・フセインは、日本神道の神の生まれ変わりである。
         フセインの、もう1つの過去世は、足利尊氏である」

   「湾岸戦争と、イラク戦争は、60〜70年も前に、天上界が計画していた戦争である」

           「奇跡の法」(大川隆法著、2001、P90〜)

     「日清、日露、第1次世界大戦等で、日本が勝ったので、日本神道の神々には、 
      “勝ち点”が、4つあった。しかし、第2次世界大戦で、日本が負けたので、
      “勝ち点”が減り、日本神道の“格”は、落ちた」

  幸福の科学を、“本物の宗教”とするとーーー

    「天上界は、独裁者(フセイン)と、世界戦争を、計画していた」ことになります。

日清、日露、第1次・第2次世界大戦、湾岸戦争、イラク戦争による戦死者は、民間人を含まず、
3000万人以上だそうです。(ちなみに、20世紀の、世界推定戦死者数は、1億780万人)

      では、天上界が、計画した戦争は、上記の6つの戦争だけでしょうか?

大本教では、「雛形経綸(ひながたけいりん)」といって、次の予言が語られていました。

         「大本で起こったことは、将来必ず、日本で起こる」

つまり、大本で起こる出来事は、将来日本で起こる出来事・事件の、雛形(原型)であり、
これは、神の経綸(神による計画・しくみ)である、と説明されていました。

大本教の聖師、出口王仁三郎は、中国大陸に渡り、満州・蒙古・中央アジア・中近東を合わせた地域に、
「五六七(みろく)神政大国」を打ちたてようとしました。
馬族出身の、ろ占魁(ろせんかい)将軍と、手を結び、3千人の兵から成る神軍を率いて、
王仁三郎は、「大本ラマ教」をひろめるべく、進軍した。
しかし、一行が、ソ連軍と対峙する状況となって、ろ占魁将軍は、銃殺となり、
王仁三郎は、日本に、強制送還となった。

この出来事は、後の「満州事変」「満州国成立」の、雛形(原型)であった、と私は推測します。

日本は、馬賊出身の、張作霖と手を結んでいたが、彼は「張作霖爆殺事件」で、殺されます。
軍部は、「満州事変」を起こし、「満州国」を成立させるが、
終戦直前に、ソ連軍が参戦し、大混乱に陥り、「満州国」は崩壊します。
日本は、大東亜戦争において、「大東亜共栄圏」という、大義名分を掲げていた。

私は、「満州事変」は、神の、天上界の計画により、起こった、と推測します。
しかし、天上界の計画による、「満州国」成立で、誰かが、幸せになったでしょうか?
中国人は「被害者」ですし、「満蒙開拓団」として、中国に渡った、日本人、32万人のうち、
戦後、日本に戻れたのは、11万人だけでした。
天上界の計画は、中国残留孤児という、大問題を発生させた、と私は推測します。

多分「満州事変」は、「戦争」とは認識されていないと思います。
そのような「事変」クラスの紛争でも、大本教の説明によれば、「神の計画」となります。
よって、私は、次の推論を考えます。

 A.「天上界は、全世界の、すべての国の、あらゆる戦争を、計画している可能性がある」

「ナポレオンの前世は、アレキサンダー大王である」(「黄金の法」《1995、大川隆法著》)

2人は、戦争によって、帝国をつくり、領土を拡げたーーそのことによって、歴史的評価がなされている
人物です。天上界では、彼らが、地上に出る前に、すでに戦争の計画が立てられていた、と推測します。

 B.「天上界は、歴史のあらゆる時代の戦争を、計画している可能性がある」

AとBの推測からーー

天上界が計画した、あらゆる時代の、色々な国で起きた戦争の、戦死者の総数は、どれ位でしょうか?

それは、犯罪者が、犯罪・事件を起こして、殺害した人間の総数と比べて、どちらが多いでしょうか?

私は、具体的な数字はわかりませんがーー善なる天上界の計画により、死んだ人間の数の方が、
悪である犯罪者が、殺した人間の数を、はるかに上回っている、という事が、容易に推測出来るのです。

では、天上界が計画したのは、戦争だけでしょうか?

私は、2/13の記事以降、大本教、日月神示、ノストラダムスの予言、幸福の科学の本とビデオ、
ジュセリーノ予言集、メソポタミアの古文書、などの内容について、見てきました。
それらの内容から、私は、現在、次のような推論を持っています。

 「天上界はーー世界戦争、独裁者、テロ事件や色々な事件、また、それを起こす宗教や組織、
  原爆投下、天変地異、新しい病気や伝染病ーーなどを計画している可能性がある」

もし、天上界が、戦争だけでなく、上記の事柄も計画していたならばーー
それが、あらゆる時代の、色々な国において、計画されたならばーーー

  「天上界の計画により、最も多くの人間が、死んでいる」という結論も、あり得ます。

これは、人間が気付いていない、地球の「真実」「真相」「真理」かも知れない、と私は考えたりします


私は、3/11〜の記事で、ノストラダムスの、2つの予言について、考えてみました。

   「1999の年、7の月、空から恐怖の大王が、降ってくるだろう
    アンゴルモワの大王を復活させるために
    その前後の期間、マルスは、幸福の名のもとに支配するだろう」

   「逃げよ、逃げよ、すべてのジュネーブから逃げ出せ
    黄金のサチュルヌは、鉄に変わるだろう
    巨大な光の反対のものが、すべてを絶滅する
    その前に、大いなる空は、前兆を示すだろうけれども」(五島勉「ノストラダムスの大予言」)

五島氏は「2つの詩は、同じ事件を予言しており、2つ目の詩で、事件が起こる場所が特定されている」
と語っています。大川隆法は、「予言の実現は、数年ずれる事がある」と語っています。

私は、予言の実現が、2001年9月にずれた、と考えました。
そして、「空から降ってくる、恐怖の大王」は、
「ワールド・トレード・センターに激突する、2機のジャンボジェット機である」と考えました。

五島氏は、ジュネーブを、「水のほとりにあり、国連(国際連盟)の本部がある、商業や経済の中心で、
大学も多い都市」と説明しています。そして、現代において、このジュネーブに相当する都市といえば
ーーーそれは、ニューヨークなのです。

仏語でサチュルヌはーー英語では、サターン(土星)という意味です。
2行目の訳は難しく、3行目にノストラダムスが、ヒントを隠しているように思いました。
「巨大な光の反対のもの」−−これは、霊界情報的に考えるならば「悪魔」のことだと思います。
よって、3行目は「(悪魔の霊作用を受けた)アルカイダ等が、(災難が大難のとき)全てを滅ぼす」
と私は解釈します。
そして、2行目の、サチュルヌ=サターンは、サタン(魔)の意味も、合わせ持っている、と私は推測
しました。すると、2行目は、「非情に価値のある『魔』『天』(土星は天体の一部)→つまり、
『摩天楼のビル群』は、鉄のがれきに変わるだろう」と、私は推測しました。

私は、ある方のヤフーブログで「真っ赤な空に、富士山が、黒煙を上げているように、雲が拡がって
いる写真」を見たことがあります。その写真には、「9.11直前に撮られた写真」と題名がついて
いました。4行目の言葉は、そのような空を、予言したのでしょうか?

私は、以上のような解釈で、2つの予言は「9.11テロ」として実現したと、推測しました。

4/19の記事でお話した、ジュセリーノも、9.11テロが起こる「予知夢」を、11年前に見ていました。彼の予知夢では、「助言者」の声が、事件が起こる日時と場所を、伝えます。
彼は、予知夢の内容を、警告の手紙として送っています。
彼は、地下鉄サリン事件を、6年前に、阪神大震災を、16年以上前に、予知しています。

私は、彼の予知夢は、霊夢であり、「助言者」の声は、霊聴であると推測しています。
「予知夢」は、霊界の計画を伝えて来ているのだと、推測しています。
ジュセリーノは、イラク戦争も、予言していました。

幸福の科学の説明では、テロ事件は、悪魔の計画・霊作用によって起こり、また、湾岸・イラク戦争
は、天上界の計画であったーーとなっています。

9.11テロによって、アメリカ国民は、主戦論に世論が傾き、よって、ブッシュ大統領が、
イラク戦争に踏み出すことが、可能になったーーと推測します。

つまり「悪魔の計画」が原因となり、「天上界の計画した戦争」を実現していることになります。
私は、推論として、「霊界の法則 1」を申し上げます。

        「天上界の計画と、悪魔の計画は、連携(連動)している」
        「天上界の計画に、悪魔の計画は、組み込まれている」

「ノストラダムスの新予言」(大川隆法著、1990、P81)ではーー

 「大救世主の降臨...こうした大計画があるからこそ、さまざまな危機が訪れる」

という文章があります。私は「霊界の法則 2」として、次の推論を申し上げます。

 「天上界は、末法の世に、世界戦争、テロ事件、邪教、天変地異、新しい病気や伝染病等を計画し...
  人々が常に『不安』を感じ、パニックに陥った人々が『大変だぁ、助けてくれ』と叫ぶ、
  まさにその時に...ユートピアつ゛くりを唱える、天上界が計画した、新しい宗教が登場する」

つまり、天上界は、「不安な出来事」と「新しい宗教」を、『両方、セットで』計画しているーー
と私は推測します。
そして、天上界の最終的な目標は、新しい宗教に、出来るだけ多くの人間を集めーー
新しい宗教の、新しい名称の天上界に、出来るだけ多くの人間の、魂群を獲得することーー
これを最終目的として、あらゆる出来事も、事件も、起こっているのではないか?と推測しています。

事件が起こると、地上では、チェック体制が見直され、法整備が進み、技術革新が進みます。
私は、霊界が、『掟やぶりの、禁じ手』の方法を行っている、可能性があると推測しています。
 「霊界の法則 3」

      「天上界と悪魔は、事件を計画し、事件によって、地上世界を改革し、
       事件によって、地上人を教化している」

私は、3つの法則が、日月神示の次の言葉の中に、含まれているような気がしています。

 「神は、善・真・悪・偽である。
  地上人は、絶えず、善・真に導かれると共に、また、悪・偽に導かれる。
  悪もまた、神の御力の現れの一面である。
  悪を消化し、悪を抱き、これを善の悪として、善の悪善となすことによって、
  三千世界(霊界・地上世界)は、弥栄(いやさか)となり、
  不変にして、変化極まりなき、大歓喜となるのである」(3/31の記事参照)

これでは、地上世界は、矛盾と混乱が繰り返される世界となります。
現在の、天上界は、間違っている、と私は思います。

次回は、「天上界と悪魔の争い?大川隆法VS白金小学校」を、お送りします。

この記事に

閉じる コメント(17)

しかし・・・丁寧に・・・読むエネルギーを、放棄したのは・・・私だけ?

2007/7/4(水) 午後 10:06 [ hakataje ] 返信する

顔アイコン

自分も、1回の記事にテーマは1つだけにして、文章を短くして、そのかわり更新のサイクルを短くしたほうがいい、とは思っているのですが...頭がわるいのか、段取りがわるいのか、ついつい長くなってしまいます。短い記事で済むよう、考えたいと思いますが、長くなるのは、自分の癖かも知れません。

2007/7/5(木) 午後 10:21 [ orn**so ] 返信する

あなたは比較的言葉使いも冷静で、感情に揺さぶられていないようですが、それがよけいに世の人々の純粋な信仰を妨げ、あなた一人の疑いの罪を広げることを僕は知っていただきたいです。死んで信じることは誰にでもできますが、さらに愚かなのは死んで神を知っても神を認めようとはしない人です。それほどまでに、多くの人びとの信仰を裁くほどに、傲慢になったあなたは、その自分自身をどう思っているのでしょう。

2007/7/10(火) 午前 11:16 [ - ] 返信する

顔アイコン

こちらのサイトはご覧になりまつたでしょうか?
http://irh.white.prohosting.com/
http://kofukunokagaku.web.fc2.com/ 削除

2007/7/11(水) 午前 1:33 [ 杉山真大 ] 返信する

顔アイコン

幸福への扉さん;「新・太陽の法」の「創世記」−−「地球以前、金星には、数多くの金星文明が栄えていた。最終的には、IQ300の
金星人が登場した」「地球人は、約4億年前に、エル・カンターレ(
釈迦大如来)によって創られた。3.6億年前には、地上に、7億7千万人の人類がいた」「地球人の魂は、IQ300の金星人と、 エル・カンターレ(釈迦大如来)の魂・霊体を合成させて、400
億人分創られた」「ビッグ・バンは、400億年前である」

2007/7/11(水) 午前 2:06 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

幸福への扉さんは、幸福の科学の信者で、この創世記を「100%
真実である」と信じている人ですよね?現代科学の常識から判断するとーー大川が語る創世記に対して、「疑問」を持つことは、至極当然
・当たり前のことなのです。現代の科学の常識から、論理的に判断するとーー「大川隆法は、非常識な話を語る人物」にすぎないのです。
学校で教師が、「新・太陽の法」の「創世記」を、「真実」として、
子供たちに教えたらーー彼は「非常識な教師」となり、問題となります。私は、自分の意見を記事に書いているだけで、「人々の信仰を裁いて」いるつもりはありません。

2007/7/11(水) 午前 2:25 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

幸福の科学を辞めた、天川貴之という人が、JDRという団体を創っているそうです。「啓示集」で検索すると、1番目のサイトで、JDRの霊示・霊言を読むことが出来ます。そこでは、JDRにでた、キリスト・釈尊・天御中主神・ヘルメス・大和タケル、ナイチンゲール、他沢山の霊人が、「幸福の科学に天意はない」「幸福の科学は、
解散すべき」「地上の人間であるORは、信仰の対象になってはならない」と語っています。JDRのサイト(3つ位ある)では、沢山の
霊人の霊言が、「メッセージ」として出ています。天御中主神は、700回ぐらいの霊言を降ろしています。私は、JDRを信じているわけではありませんが、「天上界は、精神分裂的である」と推測しています。

2007/7/11(水) 午前 2:49 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

杉山真大さん;修正された、新しい、高橋信次の霊言集が出版されているのでしょうか?

2007/7/11(水) 午前 2:52 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

>管理人氏
信者向けの内輪に出ている「大川隆法霊言全集」の中で高橋信次が取り上げられているかも知れませんけど、教団において高橋は仙人界=「裏側」の人間ですから表立って取り上げられているとは考え難いでしょう。 削除

2007/7/12(木) 午後 8:17 [ 杉山真大 ] 返信する

顔アイコン

あなたに、昨日教えてもらった、サイトの本の紹介で、「高橋信次復活の原点」「高橋信次のUFOと宇宙」が、なにか副題がついて、値段も1400円位で、出ていました。(今日はもう別の本に変わっていました)修正された、新版が出たのか、と思いましたが、宣伝も
聞いた事ないし、恐らく私の勘違いでしょう。

2007/7/13(金) 午前 2:08 [ orn**so ] 返信する

主は、あなた方のような人々に対しても、慈悲の眼でもって、眺めておられます。僕たちがいかに、許され、愛されているのか、考えたことがありますか?僕たちは、本来なら、存在してよい存在ではないのですよ。なぜ、我々が存在するのか、その疑問にあなた方は答えられますか?それは、永遠の謎なのかもしれない。しかし、悟りたる主は、その答えを知っておられます。僕たちが生かされている事実に僕たちはもっと感謝して生きてゆかねばなりません。

2007/7/13(金) 午前 7:51 [ - ] 返信する

顔アイコン

上のコメントでも書いたように、私は、大川が真実と語る「IQ300の金星人が登場する創世記」を、現時点で信じておりません。これは、現代科学の常識から、一般常識から考えて、当たり前の、普通の判断です。「IQ300の金星人が登場する創世記」は、大川隆法が
「真実」と語る、2つめ、2回目の創世記なのですが、私は「大川隆法は、また、嘘の創世記を語っているのではないか」と疑惑を感じています。

2007/7/15(日) 午前 0:01 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

従って、私は「大川隆法が、釈迦の生まれ変わり」ということにも、疑問をもっています。上のコメントで書いた、「啓示集」では、JDRに出た、釈尊が、キリストが、ヘルメスが、天御中主神が、大和タケルが、他沢山の霊人が、「幸福の科学は、全体としては闇」「幸福の科学は解散すべき、大川隆法はもう仏陀ではない」と語っています。ナイチンゲールの霊言では、大川きょう子の法話を批判しています。他に「このままでは、大川隆法と周りの人たちは、地獄に落ちることになる」という霊言すらあります。

2007/7/15(日) 午前 0:34 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

私は、「IQ300の金星人が登場する創世記」に疑問をもっておりますし、それを真実と語る大川隆法が「釈迦の生まれ変わり」である
ということについても、疑問をもっています。よって、エル・カンターレと名のる存在にたいしても、疑問を持たざるをえません。

2007/7/15(日) 午前 0:42 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

以上のような理由で、あなたが、主(エル・カンターレ)という言葉を使って、話をする内容にも、疑問を持たざるを得ないーーーという判断になります。

2007/7/15(日) 午前 0:45 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

日月神示に子歳の前後10年が正念場だとありますが それは来年

2008年子歳のことですか。大峠 お建て替えは何年にあるのです

か。。。 削除

2007/8/3(金) 午前 10:52 [ ] 返信する

顔アイコン

中矢伸一さんの「日月神示」では、2003年〜2013年と書いてあります。しかし、この人の古い本では、確か、一回り前の、子年(1996年?)の前後5年ずつを、大峠としていたと思います。
同じ人の説明でも、本の出版時期等で、説明が変わってくるのです。

2007/8/3(金) 午後 10:45 [ orn**so ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事