幸福の科学に、『疑問』あり!

Something is wrong with kofuku−no−kagaku.

全体表示

[ リスト ]

同じタイトルで記事を書くのは、これで3回目となります。

今回の記事も、MAX、長いです。そして、1,2回目の記事と、同じ説明がでてきます。

途中で、休けいを取りながら、お読みください。


「(新)太陽の法」(1994)以後の、エル・カンターレと、

1987年版「太陽の法」の、エル・ランティは、以下の点で、「そっくり」です。


 (1)「他の9次元霊よりも、一段、格が高く、最大の力を持つ、巨大で、偉大な神霊」


生前の 高橋信次(GLA元主宰)と、「(新)太陽の法」(1994)の 大川隆法は、

  「そっくり」な体験を語っている。


 (2)「私は、小学校時代、病気の時、何度も、幽 体 離 脱 体験 をしていた」


これらの事から、推理・考察してゆくと、次のような「疑惑」が生じてきます。


 「現在のエル・カンターレは、幸福の科学を乗っ取ろうとした、エル・ランティと

             合体しているかも知れない」


      ※9次元...霊界の9次元には、釈迦・イエス・モーゼなど、

             10人の救世主の魂が、いる、と説明されている。


1987年版「太陽の法」の時代、大川隆法本には、次のような説明が書かれていました。


 「今から、3億6千5百万年前、マゼラン星雲から、UFOで、6000万人の人々が、地球に

  到着した。このときの指導者の名前を、エル・ランティといい、彼らが、地球人の肉体祖先と

  なった。エル・ランティは、死後、霊界で、9次元霊、エル・ランティとなった。

  エル・ランティは、ユダヤ教のエホバ(ヤハウェ)であり、イスラム教のアラーの神であり、

  キリスト教の天の父でもある、という存在である。

  エル・ランティは、他にも、造物主、裁きの神など、20〜30もの個性を持っており、

  他の9次元霊よりも、一段、格が高く、最大の力を持つ、巨大で、偉大な神霊である。

  エル・ランティは、約3億年ぶりに、現代日本に、高橋信次として、地上に肉体を持った。

  高橋信次は、宗教団体GLAを主宰し、GLAには、過去世で、釈迦弟子だった魂が、転生して

  弟子として、数多く集まっていた。

  幸福の科学には、亡くなった高橋信次の霊が現われ、大川隆法は、『高橋信次霊言集』を

  約20冊出版した。その中で、高橋信次霊は、『私は、死後、9次元に還り、9次元4番目の、

  エル・ランティとなった』と語っていた」


ところが、1994年に「(新)太陽の法」(大川隆法著)が出版され、

エル・ランティという9次元霊は、「最初から、存在しなかった」ことになりました。

かわりに、9次元裏側、9次元10番目に、エンリルという、荒神・たたり神が登場しました。

高橋信次霊は、9次元ではなく、6〜7次元裏側に還った、「仙人霊」と説明が変わりました。

GLAもまた、「仙人霊が霊指導する、仙人教団」「仙人霊界による、擬装宗教」と説明が変わった。


そして、「創世記」も、説明が、大きく変わった。


 一例;「金星人は、失敗だった」(1987年版「太陽の法」)

    →「(地球以前)金星には、数多くの金星文明が栄えていた。

      最終的には、IQ300の金星人となり、金星文明は、輝かしい成功をおさめた」

                        (「(新)太陽の法」《1994》より)



しかし、「(新)太陽の法」(1994)を「真実」とすると、つぎのような「不自然な点」が生じる


 (3)大川隆法が出版した、霊言集(〜1991)では、キリストが、モーゼが、大天使ミカエルが

    内村鑑三が、スウェーデンボルグが、「エル・ランティという、巨大で、偉大な、9次元霊は、

    存在する」と語っていた。彼らは、「ウソの霊言」を語っていたことになる。


 (4)現在、大川隆法は、次の様な説明をしている。

   「砂漠の神(エンリル、高橋信次霊=エル・ランティ)は、幸福の科学を乗っ取ろうとしていた」

    しかし、現在のエル・カンターレと、エンリルの、霊体の体積比は、1000:1です。

    エル・カンターレの、1/1000の大きさの、エンリルが、乗っ取りを企て、

    そのために、幸福の科学が、ウソの創世記と、ウソの霊言集で始まった(前回の記事参照)、

    というのは、力関係で考えると、普通、あり得ない話なのです。


 (5)高橋信次の、死の直前、大天使ミカエルが、GLAに現われ、高橋佳子を通じて、

   「ミカエルである」と名乗り、霊指導を行ったーー色々な本には、そう書かれています。

    しかし、「(新)太陽の法」では、GLAは、仙人宗教となっているので、仙人宗教に、

    天使長ミカエルが現われる、というのは、とても、不自然な話なのです。


 (6)1988年頃、大川隆法は、借家を探していました。

   「高橋信次先生(高橋信次霊)が、非常に、面倒見がいいものですから、大きな家に移してくれる

    と言って下さいました」(「真説・八正道」《1989、P196〜》より)

   「(新)太陽の法」では、高橋信次霊は「幸福の科学を乗っ取ろうとした、仙人霊」となっており

   「乗っ取りを企てている仙人霊」に、「借家を探してもらう」というのは、おかしな話なのです


 (7)「(新)太陽の法」以後、幸福の科学は、次の様な説明をしているようです。

    「エル・カンターレ(釈迦大如来)は、キリスト教の『天の父』である」

    一般的な宗教の常識には、「釈迦が、キリスト教の“天の父”である」

    という説明は、ないと思います。


これらの不自然な点も、「ランティとカンターレは、合体している」と考えると、

不思議と、色々なことのつじつまが合い、不自然な点が解消します。

今回は、そのことについて、お話しようと思います。


            (ここで、途中休けいを取りましょう)



前述したように「(新)太陽の法」(1994)の「創世記」には、次の内容が書かれています。

 
 ・(地球以前)金星には、数多くの金星文明が栄えていた。最終的には、IQ300の金星人となった

 ・地球人は、約4億年前、エル・カンターレ(釈迦大如来)によって、つくられた。


一方、幸福の科学を脱会した、天川貴之は、JDRという団体をつくりました。

                      (2007、7/27の記事を参照)

JDRには、元幸福の科学指導霊団を名のる、多数の霊人があらわれ、数多くの霊言を語っています。

JDRに現われた、釈尊・キリスト・天御中主神、他の神々は、つぎの霊言を語りました。


    「現在、幸福の科学に、“天意”は、ない。 大川隆法は、“仏陀”では、ない」

            「幸福の科学は、解散すべきである」


「(新)太陽の法」が正しいとき、(3)〜(7)の不自然な点が生じます(前回の記事を参照)。

「JDRの霊言」が正しく、「ランティとカンターレは、合体している」と考えると、

(1)(2)は、上手く説明されました(前々回の記事を参照)。

では、「JDRの霊言」が正しいとき、(3)〜(7)は、どうなるでしょうか?


JDRの霊言が、正しい場合ーー


 ・JDRに現われた、元幸福の科学指導霊団は、1987年版「太陽の法」を、「真実」と語っていた

  よって、1987年まで、9次元4番目の、エル・ランティは、「実在」していた事になる。

  また、この場合、高橋信次霊は、やはり、9次元に還り、エル・ランティとなったーー

  というのが、「真実」となる。


すると、(3)の霊言集で、キリスト、モーゼ他が、「エル・ランティは、存在する」と語っていたのは

「真実」を語っていた、ということになる。

また、エホバ(ヤハウェ)、アラーの神、(キリスト教の)天の父である、エル・ランティが、

下生し、つくった宗教が、GLAとなりますから、そこに、大天使ミカエルが現われるのは、

納得のいく話となります。

また、高橋信次霊は、9次元に還り、エル・ランティ=アラーの神となったので、

大川隆法が、借家を探してもらっても、不自然な話になりません。


これで、(3)(5)(6)の不自然な点は、解消しました。

ここからは、ランティからエンリルへの変化を、推測します。


エル・ランティは、エンリルと、エンリルの魂の兄弟(高橋信次霊を含む)を、「分離」します。

そして、エンリルは、9次元裏側、9次元10番目の、たたり神となります。

高橋信次霊は、6〜7次元裏側の、仙人霊となります。


エンリルは、エホバ(ヤハウェ)と説明されています。

ですから、残りの、エル・ランティの霊体には、アラーの神、(キリスト教の)天の父、

そして、20あまりの意識体が残っている、ことになります。


このエル・ランティと、エル・カンターレが、合体すると、

「他の9次元霊よりも、一段、格が高く、最大の力を持つ、巨大で、偉大な、エル・カンターレ」

が、誕生します。

すると、このエル・カンターレ(釈迦大如来)には、(キリスト教の)「天の父」の意識が存在する

ことになります。

よって、「(新)太陽の法」以後、幸福の科学は、つぎの説明をするようになります。


     「エル・カンターレ(釈迦大如来)は、(キリスト教の)天の父である」


エル・ランティは、「9次元で、一段、格が高く、最大の力を持つ、巨大で、偉大な神霊」

と説明されていた。


エンリル・グループを分離・放出した、いわば「顔なし」「名無し」状態の、エル・ランティが、

エル・カンターレと合体し、「エル・カンターレに、なり替わる」ことで、

「幸福の科学を、乗っ取る」という目的・計画を、達成・成就することは、

 力関係的には、可能であっただろう、と推測します。


以上のように、「ランティと、カンターレが合体している」と考えると、

(3)〜(7)の不自然な点は、つじつまが合い、説明がつくこととなり、不自然さが解消します。


しかし、「JDRの霊言」が、正しく、「ランティとカンターレが、合体している」場合ーーー

          「(新)太陽の法」は、“ウソの本”となります。


「JDRの霊言」は、ランティとカンターレが合体して、“ウソの本”「(新)太陽の法」で、

地上に、世界宗教を、つくろうとしたことに対してーー

反対・反発した、元幸福の科学指導霊団が、「幸福の科学は、解散すべき」と霊言したーー

そう解釈することも、可能である、と思います。


「ランティとカンターレは、合体している」−−

そう考えると、(1)〜(7)は、すべて、うまく、説明できると思います。

この記事に

閉じる コメント(17)

大川隆法は自分が有名になるまでは、高橋信次の話を次々にパクり、有名になったらあとは仙人呼ばわりでしょう。彼が偽物であることは明白ですが、宗教というのはいくら論理的に説明してもわからん人がたくさんいますからね。

それにしても神様って部屋探しも手伝ってくれるんですね。

2008/10/31(金) 午後 5:09 - 返信する

顔アイコン

コメント有難うございます。

大川隆法は、1987年版「太陽の法」では、

エル・ランティ、高橋信次霊を、偉大化・美化して、

創世記、GLAについての説明などを書きました。

その内容をベースに、7年間で、百数十冊の大川隆法本が、

出版されました。

2008/11/3(月) 午後 5:29 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

しかし、1994年に「(新)太陽の法」が出版されーー

今度は、エル・カンターレが、もっとも偉大である、となり、

エル・カンターレに権威が集中する「創世記」となりました。

そして、エル・ランティは、高橋信次霊が自称していた名前となり、

高橋信次霊は、仙人霊となりました。

このことによって、「(新)太陽の法」以後、

数十冊の、改訂版が出版された、と思います。

2008/11/3(月) 午後 5:40 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

その結果、次のような現象が起きた、と思います。

「一冊の大川隆法本で、二度、儲けることが出来た」

このことは、幸福の科学が、莫大な、初期的・経済基盤を形成する、

一因となった、と推測しています。

2008/11/3(月) 午後 5:45 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

私は、大川隆法が、「全く異なる、2つの創世記」を語り、

2冊の「太陽の法」を出版した、「真の目的」「秘密の目的」は、

上記のことではないか、と推測しています。

推論ではありますが、いずれ、記事に書こうと思っています。

2008/11/3(月) 午後 5:49 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

がんばれよ。 削除

2008/12/11(木) 午前 1:12 [ ornouso ] 返信する

顔アイコン

そうだそうだ!


ファルコンファルコン 削除

2008/12/11(木) 午前 1:13 [ ornouso ] 返信する

顔アイコン

私は、このブログを、ORNOUSOというネームで書いています。

そこに、匿名でコメントを書くときに、同じORNOUSOという

ネームでコメントを書くことは、内容はどうあれ、一般的に、

いやがらせ、ふざけ・からかい、と判断されると思います。

「現在のエル・カンターレは...(1)」にも書きましたが、

今後は、ネームをクリックして、

ブログが表示されない、匿名のコメントは、削除いたします。

2009/1/18(日) 午前 2:06 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

今日は。ここまで読ませて貰ってornousoさんがかなりのところにおられるのがよくわかります。また訪問します。
人相からですと法隆氏より奥さんの方が品がありますね。(笑)

2009/7/28(火) 午後 10:35 日隈玄斉 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございます。
私は、たいしたところにおりません(笑)。
ネットのニュースによると、幸福実現党から、ドクター中松(81)が、比例東京ブロック2位で出馬する事が決まり、党特別代表にも
就任するそうです。
これにより、大川きょう子さんは、宣伝局長という役職になり、
また、比例東北ブロック1位で出馬と変わったようです。
現時点では、幸福実現党の党首は、存在しなくなり、
大川隆法党総裁と、ドクター中松特別代表の二枚看板ということ
でしょうか。

2009/7/30(木) 午前 6:36 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

科学太郎(1/3)
エル・カンターレの意識(本体)が大川隆法となります。
エル・カンターレの意識(本体)の一部(分身)が過去にたくさん下生しています。
例えば釈迦、仏陀、エロヒム、ヘルメスなどです。

それで問題の高橋信次(エル・ランティ)は大川隆法(エル・カンターレ)と同一人物になります。
なぜ、同一人物か?
それは人類は1995年ごろに第三次世界大戦(核戦争)を行い本当に滅んで行きました。
この時代にエル・カンターレ=エル・ランティは高橋信次という名前で活動していて、
核戦争に巻き込まれて死にます。

その後、地球の歴史は西暦が約4000年まで刻まれます。
そして、約4000年ごろから銀河連邦、宇宙連合の宇宙人組織による地球人類の救助活動が始まります。
彼らが最初に行った行動こそ、タイムマシーンで過去の地球人類に対して預言書を書かせることでした。
このように預言者が作られましたが、地球人類は愚かにも預言を信じず、核戦争の回避を行いませんでした。 削除

2009/10/15(木) 午前 5:46 [ 科学太郎 ] 返信する

顔アイコン

科学太郎(2/3)
つまり、宇宙人組織と天上界の第一計画(高橋信次の活動)が核戦争で失敗して、第二計画(大川隆法の活動)が始まります。
その計画を行うために2500年前の過去にタイムトラベルして7人目の仏陀に2500年後に仏陀の本体(エル・カンターレ)が再誕すると予告します。
その後に今から51年前にタイムトラベルして大川隆法(エル・カンターレ)が転生します。
これによって同時期にエル・カンターレの本体が2人(高橋信次と大川隆法)が存在する事になったのです。
さらに第三計画(日本から地球連邦国の建国)を現在行う方針に宇宙人組織と天上界の計画が変わりました。

だから
> ランティとカンターレは、合体している」−−
> そう考えると、(1)〜(7)は、すべて、うまく、説明できると思います。
この考えは正しいですよ。ただし合体ではなくて同一人物ですから。
同一人物なので上手く説明できるのは当たり前の事です。
分かりましたか? 削除

2009/10/15(木) 午前 5:47 [ 科学太郎 ] 返信する

顔アイコン

科学太郎(3/3)
もっと詳しい事が知りたい場合は私宛のメールをどうぞ。
http://masakipage.hp.infoseek.co.jp/project/index.html
あと預言の仕組みは下のリンクをどうぞ。
http://masakipage.hp.infoseek.co.jp/project/project.html 削除

2009/10/15(木) 午前 5:47 [ 科学太郎 ] 返信する

顔アイコン

読ませていただきました。私は幸福の科学に入会して20年以上になります。あなたが書かれた内容を読んで、信仰を知らず真理を理解出来ていないわりには研究熱心な方だと思いました。ただ真理を理解し悟りとはどういうことなのかを理解し出している者にとっては大したことの無い疑い内容です。最初に発刊された“太陽の法”は仏陀意識によって書かれた内容です。仏陀は9次元霊意識と言えども主エル・カンターレ意識のほうが上です、仏陀意識よりマクロの視点で法を説く主エル・カンターレ意識によって書かれた“(新)太陽の法”、霊界の仕組みや霊人の存在が明確になってきたため、その部分を改訂しただけです。何もおかしいことはないですょ!新たにわかってきた真実を書き改めることは間違っていません。その上、これからは(昨年から)、宇宙の世界まで説法をされるようになっています、更に主エル・カンターレの意識は宇宙というマクロの意識に入っているため、地球の霊界を越えた宇宙の真実を説き初めているんです。粗捜しをする為の研究もほどほどにされたほうがいいのではないですか!? 削除

2011/2/16(水) 午後 9:57 [ 一筋の光 ] 返信する

顔アイコン

科学太郎さん
神光物理学の重要なテーゼに波長同通の原則がありますよね。単純なことです。
菩薩界の霊人は菩薩会の波長に同通していなれば菩薩界に居られないんですよね。少なくとも菩薩界の霊人が「自殺しろ」だの、「バカ息子なんて」言わないですよ。人の幸福のために働くことが喜びの言わば「本当のお人好し」の菩薩さんが間違ってもあのような思いは持ちません。私もあの霊言を私も読みましたが、あんなに粗野で荒々しい波動を出すものが菩薩であるはずがない、と思いませんか?これはあら捜しではなく、神理学から見ての冷静な判断ですよ。一度初期の霊言とあの霊言を読み比べて御覧なさい。初期の様々な菩薩の霊言は本当にキラキラ輝いていましたよ。愛と慈悲に満ちて、どこまでも謙虚で、信仰心にあふれていました。大いなる神を忘れては決して菩薩界には居られないんです。最後に信仰とは遺伝子操作で人間を作った異星人や地上に降りた救世主?に向けるものではなく、それら全てを創造された存在に対して行うものです。帰依と信仰は違いますよ。そして盲信とも違います。よく考えてください。

2011/2/18(金) 午後 6:46 [ lkjh ] 返信する

顔アイコン

科学太郎さんスイマセンでした。先ほどのメールのお相手は「一筋の光」さんでした。私の確認違いでした。お許しください。以後気をつけます。
・ということで、「一筋の光」さん。私の「先ほどの意見は何かピントはずれのようですが、私の言いたかったことは、「壮大な宇宙の法」・・本当にわくわくしますが・・、それらの法の根源には、厳然と宇宙の理法が存在する、という事なのです。大仏陀でさえも根本造物主の作られた作品であり、理法の外にあるものではない、ということなんです。で、先ほどの私の話に行き着くわけです。これ以上書くのは、私も非常につらい事ですのでこれくらいにしますが、マクロの法もミクロの法も同じことです。「周りの事象を認識している者の心境や如何に・・・その波長は如何なるや」ということです。そして最後に「その木がよいか悪いかは果実を見ればわかる」というイエス様の言葉が今ほど問われている時はないと思います。
時間が答えを出してくれます。

2011/2/18(金) 午後 9:00 [ lkjh ] 返信する

顔アイコン

確かにほぼ正解でしょうね。真理に反すして和合を破壊するライバル心を煽る教え方故…神仏の意向の!、ナンバ-ワンでなく!『オンリーワンの智質慧性の脳力を培うべし!』の、当たり前の真理が今やどこにも無い!。劣等感と癇癪持ちで自意識過剰な雑多低俗霊魂の憑依体なのですね。根底深い女性コンプレックスが総ての厄を招いて来ているのです。押し掛け女房に童貞夫…女性と牝狐の見極めも出来ぬまま、鼻の下を伸ばしての入籍。そしてまた同じタイプの今度は牝狸を権威で口説いて見栄の限りに溺れて神仏の顔に泥を塗ってしまった悪因縁の再燃!?。と言った裏事情です。恥?憐れ?宿命?!。故に良心反省向上精進進歩霊魂昇格すらも皆無のオカルト体質と化した卑劣厚顔無恥の団体となりました。 削除

2016/5/13(金) 午前 10:04 [ エルミオーレ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事