幸福の科学に、『疑問』あり!

Something is wrong with kofuku−no−kagaku.

全体表示

[ リスト ]

幸福の科学の前に、GLAという、宗教団体がありました。

GLAを主宰していた、高橋信次という人は、若い頃から周りの人たちに、

「私は、48才で、死ぬ」と話していました。

そして、1976年、高橋信次は、自らの予言どおり、48才で亡くなりました。


1981年、大川隆法に、亡くなった高橋信次の霊が現われ、霊界通信がはじまった、とされています。

大川隆法は、1987年に、旧版「太陽の法」を出版し、幸福の科学をスタートさせました。

1987年版「太陽の法」の時代、大川隆法本には、次の様な説明が書かれていました。


 「今から、3億6千5百万年前、マゼラン星雲から、UFOで、6000万人のベータ星人が、

  地球に到着した。このときの指導者の名を、エル・ランティといい、彼らが、地球人の肉体祖先

  となった」

 「エル・ランティは、死後、霊界で、9次元神霊・エル・ランティとなった。

  エル・ランティは、後に、エホバ(ヤハウェ)(ユダヤ教)、アラーの神(イスラム教)、

  そして、キリスト教の、“天の父”となりーーー

  モーゼ、マホメット、キリストが、地上に救世主として出たときには、

  天上界から、彼らを、霊指導した」

 ※9次元は、救世主の世界で、釈迦、イエス、モーゼ他の神霊が、いると説明されている。

 「エル・ランティは、霊界の、魂のコピー装置、“パイトロン”によって、

  地球人の魂を、数百億人分、つくった」

 「エル・ランティは、約3億年ぶりに、現代日本に、高橋信次として、地上に肉体を持った。

  高橋信次は、宗教団体GLAを主宰しーーーGLAには、過去世で、釈迦弟子だった魂が、

  転生し、弟子として、数多くあつまっていた」

 「幸福の科学には、亡くなった高橋信次の霊が現われ、大川隆法は、約20冊の『高橋信次霊言集』

  を出版した。その中で、高橋信次霊は、『私は、死後、9次元に還り、9次元序列4番目の、

  エル・ランティという、巨大で、偉大な、9次元神霊となった』と、霊言を語っていた」


大川隆法は、1991年までに、数十冊の、霊言集を出版した。

霊言集の中で、神々・霊人たちは、上記の説明と同様の、霊言を語っていた。

 キリスト;「エル・ランティは、存在する」

 モーゼ;「3.6億年まえに、マゼラン星雲から、UFOでやって来た、エル・ランティたちが

      地球人の肉体祖先である」

 大天使ミカエル;「地球人の魂は、“パイトロン”によって、つくられた」

 内村鑑三;「GLAは、90点は、つけられる、正しい宗教(正法)である」

 ※当ブログ、2006、11/21、12/10、2007、1/4 の記事を、参照。

  「大天使ミカエルの降臨 1 」(1988、大川隆法著、P48〜)参照。

大川隆法は、1987年版「太陽の法」時代、「霊界には、500人の、幸福の科学指導霊団がいる」

と語っていた。


ところが、1994年に「(新)太陽の法」が出版され、幸福の科学の教えは、大きく変わりました。


まず、高橋信次は、死後、9次元に還っておらず、高橋信次霊は、6〜7次元裏側に還った、仙人霊

と説明が変わった。GLAも、仙人霊界による、擬装宗教と、説明が変わり、GLAに集まっていた

弟子たちは、“仙人霊の、生まれ変わり”となった。

 ※6次元...光明界・神界      7次元...菩薩(ぼさつ)界

そして、3.6億年まえに、マゼラン星雲から、UFOで、地球にやって来た者たちの指導者は、

エンリルとなった。エンリルは、9次元裏側、序列10番目の、祟り神(たたり神)である。

エンリルは、ここ5000年の間に、6回、転生しており、最近は、高橋信次として生まれた。

 ※天上界には、表側と裏側がある、と説明が変わった。


以上の説明により、「エル・ランティという、9次元神霊は、最初から存在しなかった」事になった。

エル・ランティとは、高橋信次霊が、自称していた名前にすぎない、となった。


そして、「創世記」の内容も、大幅に変更となった。

 「(地球以前)金星には、数多くの、金星文明が栄えていた。

  最終的に、金星人は、IQ300の金星人となり、UFOで、他星団と交流するまでに、発展した。

  金星文明は、“輝かしい成功”をおさめた」

 ※1987年版「太陽の法」では、「金星人は、“失敗”だった」と説明されていた。

 「約4億年前、エル・カンターレ(釈迦大如来)は、物質化現象で、

  空中から、500人の男女を、出現させた。これが、地球人の肉体祖先である。

  3億数千万年まえには、7億7千万人の人間が、地上にいた」

 「地球人の魂は、IQ300の金星人の魂と、エル・カンターレ(釈迦大如来)の霊体を合成させて

  霊界で、400億人分、つくられた」


以上のように、説明が変わったために、大川隆法が最初、出版した、数十冊の霊言集は、

1994年版「(新)太陽の法」とつじつまがあわなくなり、全て“絶版”となった。


何故、幸福の科学が、ウソの創世記、ウソの霊言集、そして、エル・ランティ・高橋信次(霊)・

GLAについての、ウソの説明で始まったのか?−−−

大川隆法は、その原因・理由を、2つ、挙げている。

 「砂漠の神(高橋信次霊=エル・ランティ、エンリル)が、幸福の科学を乗っ取ろうとしていた」

    ※「宗教選択の時代」(大川隆法著、1994、P170〜)

エンリル、高橋信次霊(=エル・ランティ)が、幸福の科学を乗っ取ろうとしていたのでーーー

エル・ランティ・高橋信次霊・GLAが、偉大化・美化された、創世記・霊言集・説明で、

幸福の科学が始まったーーーこれが、第一の理由なのです。


1997年版「(新)太陽の法講義」(大川隆法著)、P121〜には、次の様な内容が書かれています

 「大川隆法は、1981年の時点で、高橋信次霊が、9次元に還っていないことを、知っていた」

しかし、1987年版「太陽の法」の時代、数十冊の大川隆法本には、次の説明が書かれていました。

 「高橋信次霊は、死後、9次元に還り、9次元4番目の、エル・ランティとなった」

これ、おかしい、ですよね。

 1981年の段階で、高橋信次霊が、9次元に還っていない事を知っていた、大川隆法がーーー

 1987年から出版した、数十冊の大川隆法本で、「高橋信次霊は、死後、9次元に還り、

 9次元4番目の、エル・ランティとなった」と説明しているのです。


 「宗教選択の時代」(前出、P165〜)

 「最初、GLA出身者(H)に事務所を借りて、幸福の科学が始まったので、

  真実(高橋信次霊が、9次元に還っていないこと)を、言いにくかった」


 1997年版「(新)太陽の法講義」(前出、P120〜)

 「当会の事務所の家主(H)は、当会を『高橋信次を復活させる会』のような感じに考えていてーー

  (高橋信次霊について)ありのままの内容を書くと、家主のところから、出なければならないので

  一生懸命(高橋信次《霊》を)持ち上げて書いた」

つまり事務所の家主は、GLA出身者で、高橋信次(霊)、エル・ランティを、偉大な存在と信じていて

大川隆法が、「高橋信次霊に関する真実(9次元に還っていない、仙人霊である事など)」を書くと、

事務所を追い出されるーーーだから、追い出されないように、高橋信次霊を、一生懸命、持ち上げて

書いた、と大川隆法は、語っています。

これが、幸福の科学が、ウソの教えで始まった、第二の理由です。


1994年に、「(新)太陽の法」が出版されたことで、次の事実が、判明しました。

 1.1987年版「太陽の法」の創世記は、ウソだった。

 2.霊言集(〜1991)で、幸福の科学に現われた、神々・霊人たちは、ウソの霊言を語っていた

 3.9次元霊、エンリルと、高橋信次霊は、幸福の科学を乗っ取ろうとしていた

 4.大川隆法は、1981年の段階で、「高橋信次霊が、9次元に還っていない」ことを知っていたが

  1987年頃から、次の説明が書かれた、大川隆法本を、数十冊、出版した。

  「高橋信次霊は、9次元に還り、9次元4番目の、エル・ランティとなった」

 5.500人いる、幸福の科学指導霊団は、幸福の科学が、ウソの創世記と、ウソの霊言集で始まって

   いることを、誰一人として、指摘・告発せず、訂正させなかった。


ここからは、「私が、考えたこと」として、お読み下さい。

「ウソの教え」を語る、宗教・霊存在・霊界をーーー

「ホンモノの宗教」「ホントウの神仏・天上界」としてーーー

100% 信じ、「 信 仰 契 約 」を結ぶとーーー信者には、

「ウソが含まれた、霊界情報」が与えられ、やがては、「ウソの教え」を信じるようになるでしょう。

しかし、「ウソの教え」は、やはり「ウソである」とバレる可能性もありーーー

後で気付いた信者が、抗議に行こうとすると、

 「お前の判断と、自由意志で、『信仰契約』を結んだのだからーーー

  『ウソの教え』を信じる羽目になった責任は、お前にもある」

 「今から、失われた、時間とお金を取り戻したいと求めても、殆どの場合、それは難しい」

と言われます。

その宗教の本を読んで、例えば、現代科学の常識から考えて、「とても信じられない内容である」場合、

 「100% 信じることは、出来ない」−−−でいいのだと思います。

疑問を持ちながら、「信仰契約」を結ぶ必要は、ない、と思います。

その宗教の教えが、「ウソの教え」である事が、判明した時に、

 「ウソの教え・霊界情報に、だまされるのは、もう、イヤだ!」

 「『ウソの教え』を語る、宗教・教祖・霊存在なんて、もう、いらない!」

と、多くの人々が、意思表示すればーーー教祖・霊存在は、

 「ウソの教えを、人間に、信じさせるのは、むずかしい」 と判断しーーー

人々が、「ウソの教え」を語る宗教に対して、毅然として、反対意見を言えばーーー

 「宗教の教えのウソは、一つも、許さない、認めない」

 「霊界情報のウソは、一つも、許さない、認めない」

ーーーそのような未来も、可能だと思います。

しかし、多くの人々が、「ウソの教え」を語る、宗教・教祖にだまされ、これを容認すれば、

「ウソの教え」を語る宗教を、「本物の宗教」と信じ、

「ウソの霊界情報」を語る、霊存在・霊界を、「本当の神仏・天上界」として信仰する、

ーーーそのような、「未来社会」となるでしょう。

あなたは、どちらを、選択し、どちらの未来を、望みますか?


「ウソの教え」を語る、宗教・教祖・霊界・霊存在に対しては、

「 N O 」と言える、人間になりましょう!

この記事に

閉じる コメント(39)

顔アイコン

コメント有難うございます。

まず、「与える愛」についてですがーーー

これは、特に、大川隆法が、新しいことを考えた、というほどの事
では、ないと思っています。
別に、大川隆法が、「与える愛」を語らなくても、
昭和の人々も、貧しい中で、親切な、優しい、会話、行ないなどは、
しておりました。

2009/8/2(日) 午後 1:25 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

「八正道」も、他の仏教関係者が、たくさん、解説しているだろうし
現代日本の社会では、「八正道」の内容は、常識的で、あたりまえの
ことが、多いです。
昔のものは、漢字でも、仕事のやり方でも、
難しいもの、厳しいシステムが、多かった。
現代は、多くのものが、シンプルで、易しいものに、
改良されてきています。
忙しい現代人にとって、八正道では、大変なので、数を減らして、
「四正道」にした、という事だと思います。

2009/8/2(日) 午後 1:35 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

そして、宗教でなくても、「道徳」などで説明されている事を、
自分のものとし、それを、きちんと、実行すれば、
それだけでも、世の中は、良くなると思います。

別に、大川隆法が、新しい考え方を発明した、というほどのことでは
ない、と、私は思っています。

2009/8/2(日) 午後 1:48 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

幸福の科学に登場した、神仏・高級霊と称する霊人たちは、
「正しい心」を完成させた、霊人たちのはずです。
しかし、今回の記事で説明したようにーーー

1.エンリル、高橋信次霊は、幸福の科学を乗っ取ろうとした。
それゆえ、幸福の科学は、エル・ランティ・高橋信次(霊)を
偉大化・美化した、ウソの創世記と、ウソの霊言集で、
始まった。

エンリルのいる9次元は、「救世主の世界」と説明されていて、
大川隆法は、9次元霊の悟りは、「悟りの極致」である、
と語っています。

2009/8/2(日) 午後 2:31 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

「悟りの極致」の9次元世界でーーー

A「エンリル(エホバ=ヤハウェ)が、
エル・カンターレ(釈迦大如来)の宗教(幸福の科学)を、
乗っ取ろうとしていた」

大川隆法は、「Aが、事実・真相であった」と語っているのですが

何故、9次元世界で、クーデターのような争い、

まるで、阿修羅世界の闘争と同じようなことが、起きたのか、

疑問が生じます。

「乗っ取り」を企てた、エンリルと、高橋信次霊の心は、
「正しい心」でしょうか?

2009/8/2(日) 午後 2:43 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

2.「大川隆法は、1981年の段階で、
高橋信次霊が、9次元に還っていないことを、知っていた」
(1997年版「新・太陽の法講義」)

「しかし、大川隆法は、1987年から、

『高橋信次霊は、死後、9次元に還った』

と説明する、大川隆法本を、数十冊、出版した」

2009/8/2(日) 午後 2:52 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

一般論理で考えると、大川隆法は、ウソを本に書いて、

ウソを、読者・信者に読ませて、信じさせていたわけです。

霊人は、霊言集で、ウソの内容を語り、

大川隆法は、ウソの内容と知りつつ、そのまま本を出版していました

常識的に考えて、大川隆法と、幸福の科学に登場した霊人たちは、

「正しい心」の持ち主と言えるでしょうか?

私は、大川隆法と、幸福の科学に登場した神仏・高級霊たちは、

「間違っている」と思います。

2009/8/2(日) 午後 3:02 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

3.「奇跡の法」(大川隆法著)

B「霊界では、戦争に勝った国の神々には、

“勝ち点”が与えられる。

“勝ち点”の大小によって、神々の“格”は、決まる」

これは、エル・カンターレを頂点とする霊界の、いわば“ルール”

なのですが、

あなたは、このルールを、「正しい」と思いますか?

2009/8/2(日) 午後 3:12 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

軍神(ぐんしん)による、擬装天上界なら、Bのようなルールも、
あるかも知れませんがーーー

常識的に考えて、

「戦争に勝った国の神々に、“勝ち点”が与えられる。

神々の“格”は、勝ち点の大小で、決まる」

という、霊界のルールは、

人間として、肯定、納得できるものではありません。

しかし、幸福の科学に登場する神々は、Bのルールを肯定した上で

それぞれ、戦争をしている国を、応援しているのです。

私は、エル・カンターレを頂点とする霊界の、この“ルール”は、

「間違っている」「正しくない」と考えています。

2009/8/2(日) 午後 3:28 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

4.大川隆法に現われた、マホメット(ムハンマド)の霊は、

イスラムによるテロ行為(9.11テロ、ロンドン同時多発テロ)

に加担している、と語った(「天上界が計画した、原爆投下」

という記事を参照)

2009/8/2(日) 午後 4:31 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

8次元存在(如来)である、マホメットの霊が、

テロ行為に、加担している、と大川隆法は、語っているのです。

普通に考えて、肯定出来る話ではなく、

大川隆法が信じている天上界が、ホンモノか、ニセモノか、

考える必要もあります。

大川隆法に現われた、マホメットの霊は、

「正しい心」を持っているとは、思いません。

2009/8/2(日) 午後 4:38 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

以上、4つの点について見てきましたがーーー

大川隆法と、幸福の科学に登場した、神仏・霊人たちの、

「心」「言葉」「やっていること」は、必ずしも、正しくはなく、

間違っている場合があります。

私は、今後も、大川隆法と、幸福の科学に登場した、霊人たちが、

間違ったことを語り、間違ったことを、していないか、

点検・検証してゆくつもりです。

2009/8/2(日) 午後 5:18 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

長くなりましたが、もう一つだけ、お話します。

Cという人が、幸福の科学に入信して、「正しい心」を探求しようと
考えました。

彼には、幸福の科学に登場した霊人たちが、指導霊・高級霊として
あらわれる可能性があります。その中にはーーー

霊言集で、ウソを語った、7,8,9次元霊

幸福の科学を乗っ取ろうとした、7、9次元霊

テロに加担している、8次元霊

戦争を計画している、民族神(各国の神々) も、います。

そして、Cさんが信仰する、至高の存在はーーー

エル・カンターレ=大川隆法です。

大川隆法は、本の内容に、ウソがあることを知りつつ、

訂正もせず、そのまま、ウソの本を出版した人物です。

2009/8/2(日) 午後 6:55 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

Cさんの悟りが、7次元以上になると、彼の魂は、

幸福の科学の支援霊団(以前は、幸福の科学指導霊団と呼んでいた)

の仲間入りをする可能性も出てきます。

しかし、この幸福の科学の支援霊団(元幸福の科学指導霊団)とは、

どういう霊人たちの集まりでしょうか?

2009/8/2(日) 午後 7:03 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

幸福の科学が、ウソの創世記と、ウソの霊言集で始まっていた時、

500名の、幸福の科学指導霊団(現幸福の科学支援霊団)は、

誰一人として、そのことを指摘せず、

ウソの創世記と、ウソの霊言集を、訂正させませんでした。

幸福の科学の指導霊団(現支援霊団)は、不正直で、勇気のない、

霊人たちの集まりなのです。

Cさんは、「正しい心」を探求してーーー

不正直な、霊人たちがいる、幸福の科学支援霊団(元指導霊団)の

一人となってゆきます。

2009/8/2(日) 午後 7:14 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

さっき、IBと名のる人が、コメントを書いてきましたが、

論理的に、何の証拠・根拠もなく、憶測のようなコメントを

書いてきたので、削除しました。

この記事のコメント欄の、最初のところで、彼が書いたコメントにつ

いて、論理的な対応をしたつもりです。

しかし、彼は、私が聞いた事には、応えませんでした。

彼が、コメントで主張した事について、論理的に結論を出すためには

彼は、私が聞いた、2つの事に答えるべきでした。

彼の、3回のコメントは、論理的に不正確なコメント、

乱暴なコメント、憶測による、失礼なコメント、でした。

よって、今後は、IBさんのコメントは、お断りします。

なお、私は、いかなる宗教団体等にも、属しておりません。

2009/8/2(日) 午後 7:44 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

是空さんのコメントについて
> 霊言集についてですが、魂に個性が有る事はご理解頂けると存じます。
その個性を尊重し、意にそぐわない所も有ったんですが、出版したんですよ。
しかし、余りに酷くなって来たので(高橋信次)幸福の科学としての教え一本に纏めた為に、太陽の法と言う名の書籍を訂正し、新・太陽の法で真実を語ったんです。
きっとその頃の混乱時を見て、(¬o¬)----☆ 怪しい、嘘吐きだ、と思われたんでしょう。

…具体的にどこがどう酷くなってきたのか、私は90年代活動会員でしたが、わかりませんでした。しかし高橋信次や霊言集の高級諸神霊の影響が酷くなってきた??????と言うなら、それら霊言集を絶版にして、高橋信次に関する持ち上げを修正すれば事足ります。
しかし「太陽の法」は釈迦意識の力で書かれたもの。それまで全部高橋信次のせいにするのは、おかしいですよね。
ornouso 氏は、2つの「太陽の法」の矛盾を突いています。
ROの初期の会員の退会理由の一つもそこ−教義的教えの改竄変更にあると思います。〜続く〜

2009/12/7(月) 午前 2:24 [ Asumita2007 ] 返信する

顔アイコン

〜先の続きです〜
全ての問題を高橋信次霊と高級霊のせいにして、大川氏は満足でしょうか。
私は、ROは、最初の退転は、90年の「伝道しなければ地獄に堕ちる」脅し賺しの伝道期、決定的な退転は、94年の教義変更にあると考えています。
最初は、正しかったと思っています。
よい意味での方便として、高橋信次霊は、実際9に還ってなくても、還ろうとしているのであれば、9として出る程度は許されることと思います。
ただ、経典書「太陽の法」の変更は、後に多くの人が語っていますが、醜い開き直りという感が強いです。
90年頃までの教えを中心に後世に残そうとする動きもありますが、その団体がAmazonの書評で右へ倣え!でやっていることも、ROのベストセラー作りの二番煎じで気味が悪く、個人ブログで黙って、著者名や著書情報を一切明かさずに大川善川氏の霊言本全体をコピペ転載したりして、挙げ句はマニアの集うレム〜〜〜〜リア〜〜〜〜に誘導したりして、いかにも裏のやりそうなこと、この団体も病んでいます。
やはり個として一人一人が検証していく個人が増えるしかないと思っています。

2009/12/7(月) 午前 2:25 [ Asumita2007 ] 返信する

顔アイコン

ornousoのコメントなど一切読む意味が無い!
以上の多弁が、理解不足を雄弁に物語っている。そして書いている本人が「理解したつもり」でいるのだから始末が悪い

2009/12/7(月) 午後 1:38 [ IB ] 返信する

顔アイコン

成る程…正に嘘?と言うか、単に「方便?!」のつもり?でせうかね?。元来‥◎幸福せとは●化学です!。幸福に成る方法の研究=科学する?は、理屈定義付けだけでしかなく、結局はレプタリアンが好む、スローガンコラム集で終りです。レプタリアンの殆どは無表情無感動無反省無改心の真心情緒無き「北方系O型」人種です。今…会員の7割は四次元、2割が五次元、1割が六次元の魂ばかりです。又‥六次元七次元八次元では、「七」より『八』の数字を多様します。又‥高次元に昇る程〜女性霊魂が男より多いです。地震の的確預言も出来ず!、レプ達の地獄からの引き揚げ「救助」が主目的の幸福の科学は、一部高級霊からの受け売りばかりで、エルカンターレ教を構築する筈の32年前の志しも何処かに消えたのか!?。 削除

2016/5/13(金) 午後 4:00 [ エルミオーレ. ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事