幸福の科学に、『疑問』あり!

Something is wrong with kofuku−no−kagaku.

全体表示

[ リスト ]

「太陽の法」(大川隆法著、1994)の「創世記」−−−

 A.「(地球以前)金星には、数多くの金星文明が栄えていた。

    金星人は、最終的に、IQ300の金星人となり、金星文明は、“輝かしい成功”をおさめた」

 B.「約4億年前、エル・カンターレ(釈迦大如来)は、物質化現象で、

    空中から、500人の男女を出現させた。彼らが、地球人の肉体祖先である」

大川隆法は、「仏陀再誕」(1994)という本を出版して、

自らを「釈迦の生まれ変わり」「再誕の仏陀」である、と語っています。

上記の、A,Bが、「真実」である場合、大川隆法は、「釈迦の生まれ変わり」である可能性があります

しかし、A,Bが、「ウソ」である場合、大川隆法は、「再誕の仏陀」ではありません。

この場合、信者は、「ウソの教え」を信じて、20年間、お布施(お金)を支払っている事になりーー

そうして、幸福の科学に集まったお金の総額は、数千億円〜数兆円の間と推測されます。


この秋、幸福の科学の映画、『仏陀再誕』が公開されました。『仏陀再誕』を観た感想はーー

       「トンデモなく、非現実的な、内容だな」      という事でした。


この映画の主人公は、天河(あまのかわ)小夜子という女子高生です。

知り合いの新聞記者、金本が自殺し、その頃から、小夜子は、霊の声が聞こえ、霊の姿が視えるように

なります。学校で、教科書を開くと、アウシュビッツ収容所の写真から、死者の霊の声が聞こえてきます

気持ち悪くなった小夜子が、保健室で寝ていると、金縛りにあい、そこにも霊が現われます。

怖くなった小夜子は、悪霊がたくさんいる学校から、走って抜け出します。

駅のホームでは、自殺した金本の霊が、見えます。金本の霊は、走ってくる電車の前に、

小夜子を引きずり込もうとします。

その時、間一髪で、小夜子を助けたのが、元カレの、海原(うなばら)勇気でした。


小夜子が、TV番組を見ていると、「再誕の仏陀」と噂される、荒井東作という人物が出演しています

荒井は、信者200万人を有する、「操念会(そうねんかい)」の会長です。

番組の途中で、地震が発生し、スタジオのライトが、司会者の頭上に落下すると、

荒井は、超能力で、ライトを、空中に静止させてしまいます。

学校で、新聞記事を書いている小夜子は、荒井東作を取材するため、「操念会」の講演会に出かけます

TSIという宗教の信者である、海原勇気は、小夜子を連れ戻そうとします。

講演会場で一騒動あった後、小夜子の弟、瞬太(しゅんた)には、悪霊がついて、大きなはれものが

出来てしまいます。小夜子の父親である、天河医師にも、原因不明の病気を治すことができません。

そこに、TSIの、空野太陽(そらのたいよう)が現われます。

空野太陽は、悪霊を追い出し、弟の病気を治してしまいます。


ここまでのストーリーは、通常の映画でも、よくある内容です。

しかし、この映画の、3つのクライマックスシーンでは、「トンデモなく、非現実的な、ストーリー」が

展開します。

 1.弟の病気を治してもらった小夜子は、浴衣を着て、お祭りの夜店にデートに出かけます。

  勇気と瞬太が、金魚すくいをしていると、金魚がおかしな動きをし始め...UFOが出現します

  東京の夜空に、無数に出現したUFOは、突如、ビーム攻撃を開始し、高層ビルが次々と破壊されて

  ゆきます。逃げまどう人々、壊れた屋台から、立ち上がる炎と煙。小夜子がいた境内(けいだい)も

  破壊されました。瞬太を探しに行った勇気の、すぐ後ろで、ビーム攻撃があり、勇気は吹き飛ばされ

  てしまいます。東京の街は、遠くの方でも、火の手や煙が上がっています。

  その時、小夜子には、上空から、一枚の、蓮の花の花びらが舞い降りてくるのが視えます。

  ピンクの花びらが、東京スカイツリーに舞い降りると、そこには、空野太陽がいます。

  この蓮の花の花びらが、UFOに接触するとーーーUFOは、破壊されてしまいます。

  東京上空に、ピンク色の花びらが、無数に舞い降りーーーUFOの大群を撃退してゆきます。

  小夜子は、蓮の花びらに、指令を出すかのように、空を指さして立っています。

  小夜子の浴衣に、蓮の花の絵柄があるのを見て、人々が「あのお姉ちゃんが、UFOをやっつけて

  いるんだ!」と話し出します。

  無数のピンク色の花びらが、UFOの大群を撃退するとーーー

  東京の夜空に、巨大な、蓮の花が、大輪の花を咲かせます。

  それを見た、「操念会」の荒井東作らは、「クソッ」といって、撤退します。

  翌日、ワイドショーでは、「謎のUFOの攻撃から、東京の街を救った、蓮の花の浴衣姿の少女」

  の話題が取り上げられます。


 2.「操念会」の一味は、TVジャックをし、全局のTV画面に、荒井東作の顔が映し出されます。

   荒井は、「今から、10分後に、日本全国を、大きな津波が襲います。助かりたければ、

   私を信じ、私に、ひれ伏しなさい」と、国民に語りかけます。

   その直後、東京の川の水は、増水し、犬吠崎からの実況中継では、アナウンサーが、

   「とても大きな津波が、押し寄せてきています」と伝えます。TVの速報ニュースでは、

   気象庁の「津波警報」が流れます。スタジオには、浸水した水が、入ってきています。

   とうとう、ついに、高さ数十メートルの津波が、東京の街を襲います。

   海原勇気とともに、TSIのメンバーである、女優の木村真理は、小夜子に次のように話します

   「荒井東作が、TV画面から、念力を送って、全国の国民に、津波の『幻覚』を見せているのよ

    TV画面を見ては、ダメ!」

   「操念会」の妨害を振り切って、スタジオにたどりついた、小夜子は、TVカメラの前で、

   国民に、「TV画面の、荒井の顔を見ないように!」と、訴えます。

   すると、大津波は、『消失』します。


映画では、幽霊、UFO、タイムマシンなどが登場します。それらは、科学的、論理的に、

「存在する」「可能である」と証明されたものではありません。しかし、オカルト、SFなどの疑似科学

で、それらしい説明がされているので、我々は、納得して映画を観ています。

『仏陀再誕』という映画では、次の事は、可能な事である、という前提の上で、ストーリーが展開します

 「一超能力者(荒井)は、念力・超能力で、数万〜数百万人の、東京都民、または、全国の国民に、

  『大津波の幻覚』を見せることが出来る」

皆さんは、一超能力者に、そのような事が可能だと、思いますか?


1のUFOは、ハスの花の花びらによって、破壊されてしまいます。つまり、無数のUFOの大群は、

本物の、実物の、UFOでは、ないのです。

1のUFOの大群も、荒井東作が、念力・超能力で、東京都民に見せていた、『幻覚』なのです。

そして、“UFOの大群による、ビーム攻撃”“次々と破壊されてゆく高層ビル群”なども、

荒井東作の超能力による、『幻覚』だったのです。(幸福の科学に確認しました)

それに対して、空野太陽は、「蓮の花の花びら」の『幻覚』を、東京都民に見せて、それによって、

「UFOの大群」の『幻覚』を、打ち消していったのです。

「夜空に、蓮の花の、大輪の花が咲く」−−−これも、当然、『幻覚』ということになります。

東京都民、数万人〜数百万人は、荒井東作による幻覚と、空野太陽による幻覚の、

両方を見せられていたのです。このようなことが、超能力者、霊能力者に、可能でしょうか?


 3.違法なTVジャックをした「操念会」には、警察の捜索が入ります。一方、2度も、東京都民を

  救った、天河小夜子は、マスコミの注目をあつめます。しかし、小夜子は、何者かによって、

  誘拐されてしまいます。家族が、小夜子の安否を心配していると、野球中継のTV画面に、

 “黒い円盤”に乗った、荒井と小夜子が現われます。

 “黒い円盤”には、タコの足そっくりな、“黒い足”が数本ついており、タコの足そっくりに

  動いています。数万人の観客が見守る中、荒井と小夜子は、“黒い円盤”に乗って、

  ドーム球場の中を、自由自在に飛び回ります。

  すると、ドーム球場の中央、空中に、空野太陽が出現します。

  荒井は、超能力で、空野を攻撃する。空野は、手に、“降魔(ごうま)の剣”を持って、応戦する

  空野の反撃によって、“黒い円盤”は、グラウンド上に落ち、消失する。

  そして、荒井を霊的に操っていた、覚念(かくねん)という悪霊が、姿をあらわす。

  覚念は、観客席に向かって、霊的な攻撃をはなつ。その時、空野太陽には、巨大な天使の翼が生えて

  巨大な天使の翼は、観客席をおおい...覚念の攻撃から、数万人の観客を守った。

  最後は、ドーム中央に、白い象に乗った、空野太陽があらわれ、悪魔・覚念を追いやった。


「操念会」は、重力制御装置付きの円盤を開発したのだろうか?

それとも、“黒い円盤”は、『幻覚』だろうか?

幸福の科学に、TEL質問すると、職員は、「よくわかりません」と答えました。

また、空野太陽の肉体は、ドーム球場とは、別のところにいます。

空野太陽の、魂の親(神霊)は、何千万人にも分割可能で、その霊体が、物質化現象を起こして、

空野太陽の姿となって、ドーム球場に出現したーーーだそうです。

数万人の観客は、降魔の剣、巨大な天使の翼、白い象を目撃しており、これらも、それぞれの霊体が、

物質化現象をおこしたもの...いや、『幻覚』かな?


とにかく、映画『仏陀再誕』は、「よくわからない内容」が、多いんです。


   



  





 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

わたしは映画は見ていないが、本は少し読んだ。

かなり幼稚な内容。釈迦如来の悟りの一部にも届いていない。

要するに、金儲けのための宗教だな・・・・・

まぁ、偽物ならば本物にすれば良いだけ・・・なのは確かなんだが

大川隆法を本物の再誕した仏陀にするのは、かなり大変だぞ。

基が知識と神がかりと金儲けだからな・・・・・

2010/2/5(金) 午前 5:42 [ 万軍の主ヤハウェ ] 返信する

顔アイコン

初めまして。名前からして庶民様を愚弄しているとしか思えん。
自らを(仏陀の再誕)としている癖に(幸福の科学)は無いだろう!

こんな癌細胞級の宗教を有り難がっている奴の思考が判らん。逝ってヨシ!いや、逝ってくれ!!

2010/2/24(水) 午前 0:22 蒼龍志義! 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事