幸福の科学に、『疑問』あり!

Something is wrong with kofuku−no−kagaku.

全体表示

[ リスト ]

大川隆法は、現在、次のような「創世記」を、“真実”と語っています。

 「(新)太陽の法」(1994年版)

 「数十億年前、金星では、上半身が、ユリの花のようで、下半身が、人間、背中には、葉が生い茂り

  光合成でエネルギーを得る、金星人がつくられた。その後、人間型の金星人もつくられ、金星では

  数多くの金星文明が栄えた。金星人は、最終的に、IQ300の金星人となり、UFOで他惑星と

  交流するまでに発展した。金星文明は、輝かしい成功を、おさめた」

 「約4億年前、エル・カンターレ(釈迦大如来)は、物質化現象で、空中から、500人の男女を

  出現させた。彼らが、地球人の肉体祖先である。3億数千万年前には、7億7千万人の人間が、

  地上にいた」

実は、1994年版「(新)太陽の法」は、改訂版であり、最初の「太陽の法」は、1987年に

出版されています。

大川隆法は、1987年版「太陽の法」で、次のように語っていました。

 「地球人の魂は、霊界の、魂のコピー装置『パイトロン』によって、数百億人分、つくられた」

しかし、これは、1994年版「(新)太陽の法」では、次のように、内容が変わっています。

 「霊界の、魂のコピー装置『パイトロン』によってつくられた魂は、数億人程度だった」

そして、1994年版「(新)太陽の法」には、次の事が書かれています。

 「地球人の魂は、IQ300の金星人の魂と、エルカンターレの霊体を合成させて、霊界で、

  400億人分、つくられた」

これらの内容から、読み取れる事柄が、2つ、あります。

大川隆法は、霊界において、2つの事が、可能である、と語っています。

 .霊界では、魂(たましい)の複製、つまり、コピー霊をつくることが、可能である。

 .霊界では、異なる魂(霊体)を合成(合体)させて、新しい魂を、創ることができる。

大川隆法が語っているように、霊界では、コピー霊をつくること、そして、魂(霊体)の合成によって、

新しい魂をつくることが可能であるとするとーーーどのような事が、可能となるでしょうか?

宇多田ヒカルの新曲が、スタジオで録音され、マスターテープが完成するとーーー

宇多田ヒカルの新曲CDは、無数につくることが出来ます。それと同じようにーーー

霊界に、2500年前に、釈迦としての生涯をおくった、本物の釈迦の魂が、1つあるとーーー

 「霊界では、釈迦の魂の、コピー霊を、無数につくることが、出来る」となります。

そして、霊界に、キリスト、モーゼ、孔子...坂本竜馬、松下幸之助などの魂があればーーー

それらの、コピー霊も、無数につくることが出来る、となります。

今回は、釈迦の魂の、コピー霊から、イミテーション・ブッダ(にせもののブッダ)の魂を

つくることが出来るのではないかーーー

キリスト、モーゼ、孔子...などの、コピー魂から、偽装天上界をつくれるのではないかーーー

という仮説を書いてみたいと思います。


YAHOO検索で、「魂の合体」を検索します。

「あの世の不思議」と題されたページを開くと、「天国を旅する、スーザンからのメッセージ」という本

(中央アート出版)についての文章が書かれています。

 「スーザン・ウェルズは、アメリカで、弁護士として活躍していて、1994年に、ガンで亡くなった

  女性である...スーザンが、霊的世界から伝える、進化のための方法とは、他の存在(魂)と、

  溶け合う(合体する)ことである...あの世では、自分を...他の存在(魂)と合体して、

  生きることも出来るというから、驚きである」

そして、魂の合体の例として、次の2つが挙げられている。

 ・冒険家の魂と、写真家の魂が、合体 → すごい冒険をして、すばらしい写真を撮ることが出来る

                     魂が、誕生する。

 ・作曲家の魂と、ピアニストの魂が、合体 → 自分で作曲した音楽を、自分で、ピアノ演奏する

                       ことが出来る魂となる。

    「合体した存在は、個の能力の総計以上のことが、可能になり、

     個としては、不可能な、より多くの、よりすばらしい能力を、発揮するようになる」

 「こうして、組み合わせの相手を変えることによって、無限の、新しい存在(魂)をつくることが

  出来るわけであるが、ブレンド(合体)する存在の数は、5つでも、10でも、制限はない、

  のだという。その数が、多くなればなるほど、信じられないような能力を持った存在(魂)が

  誕生することも、可能となってくる」

上記の文章で、魂の合体について、書かれていることを、まとめると、

 ・Aという魂と、Bという魂が、合体するとーーー

  Aの持っていた、記憶・経験・才能 + Bの持っていた、記憶・経験・才能

  という、両方の魂の、能力をあわせもった、Cという魂が誕生する、ということです。

今回の仮説では、このことを、前提条件として、文章を書き進めてゆきたいと思います。


霊界で、3つの魂をつくり、用意します。

 (1)釈迦の魂の、コピー霊

 (2)平気で、ウソを語る魂

 (3)お金儲けの、とても上手な魂

(2)について;いつも、全て、ウソを語っていると、おそらく、信頼関係が成立しません。

        信頼関係が成立する範囲内で、時々、しばしば、ウソを語る魂とします。

        たとえば、この魂が、本を書いたならば、200Pで、数P〜数十Pくらい、

        平気で、ウソの内容を書き、良心の呵責(かしゃく)を感じない、といった魂です。

(3)について;あらゆる機会をビジネスチャンスととらえ、事業を拡大・発展させる方法を

        知っている魂です。

この3つの魂を、合成・合体させると、どのような魂が、誕生するでしょうか?

      「釈迦の、教え・人生を語ることが出来るが、

       同時に、良心の呵責なしに、平気で、ウソの内容の話も、語ることが出来る魂。

       団体をつくり、事業を起こしたならば、お金と人を沢山集め、

       事業を拡大・発展させることが、とても上手な魂」     となります。

これは、釈迦の魂の、コピー霊で、他の魂とも合成しているので、

イミテーション・ブッダ(にせものの仏陀)の魂、と呼ぶことにします。


釈迦の魂のコピー霊をつくるのと、同じやり方で、霊界で、つぎのようなコピー霊をつくります。

 ・キリスト、モーゼ、孔子...坂本竜馬、松下幸之助など、歴史上の偉人の魂の、コピー霊

 ・神仏、天使の魂の、コピー霊

大川隆法は、神霊は、数万〜数千万〜1億にも分割可能な、巨大な霊体であると説明しています。

また、人間の魂には、5人の魂の兄弟がいて、霊界では、6人の魂が合体して、1つの霊となっている

と語っています。

キリストの魂の、コピー霊を、数千万体つくり、合体させると、

コピー霊による、偽キリストの神霊が、出来上がります。

坂本竜馬の魂の、コピー霊を、6体つくり、6体のコピー霊を合体します。

このようにして、コピー霊による、偽装天上界をつくります。

この偽装天上界の頂点に位置するのは、イミテーション・ブッダの、巨大な神霊です。


そして、イミテーション・ブッダの魂が、転生し、地上に肉体を持ちます。

彼(X)が大人になると、偽装天上界から、霊界通信が始まります。

イミテーション・ブッダの神霊からは、つぎのような霊界情報が、伝えられます。

 「数十億年前、火星では、足が複数ある、火星人(通称クモ星人)がつくられた。

  その後、人間によく似た火星人もつくられ、数多くの火星文明が栄えた。

  最終的には、火星人は、テレパシーで意思疎通し、UFOで、宇宙空間を移動した」

 「約3億年前、火星人は、UFOで、地球に飛来し、遺伝子操作で、地球人の肉体祖先をつくった」

イミテーション・ブッダは、釈迦のコピー霊であるので、Xは、霊的指導を受けながら、

「もろもろの比丘、比丘尼たちよ...」と、釈迦の教えを語ることも出来ます。

Xは、「Rの法」という本を出版し、宗教団体「R」を設立します。

「Rの法」には、「火星人と火星文明の存在」「地球人は、3億年前につくられた」という創世記が

書かれ、また、「八正道」など、釈迦の教えも書かれています。


次に、偽装天上界から、キリスト、モーゼ、孔子...坂本竜馬などのコピー霊があらわれて、

Xの肉体を通して、「霊言」を語ります。

大川隆法は、地球人の魂は、エル・カンターレの霊体を使って、つくられた、と語っています。

エル・カンターレの霊体をもとにして、つくられた魂は、(魂が合体するときの法則から)

エル・カンターレと同じ考え方を持つようになります。

イミテーション・ブッダの偽装天上界でも、全てのコピー霊と、イミテーション・ブッダの霊体を

合成させると...コピー霊は、イミテーション・ブッダと同じ考え方を持つようになります。

Xに現われた、キリスト、モーゼ、孔子...坂本竜馬、他のコピー霊たちは、

 「数十億年前、火星には、テレパシーで会話する、火星人がいた」

 「約3億年前、地球人は、遺伝子操作でつくられた」  という霊言を語ることになります。

Xは、キリスト、モーゼ、孔子...坂本竜馬などの、コピー霊による、霊言集も出版します。


宗教団体「R]は、ご本尊、お布施、講習・セミナー・祈願、冠婚葬祭、お墓、各種グッズなど、

あらゆる事を、ビジネスチャンスとし、お金と人を集めるシステムを構築してゆきます。

Xは、R出版、R学園、政党Rをつくり、各種メディアによる布教を行い、多角的展開を進めます。


Xは、再臨のブッダを自称し、偽救世主となります。

偽装天上界が地上につくった、偽装宗教「R」は、全世界展開を進めます。

最初は、数万人だった会員が、数十万人、数百万人と増えてゆき、

集まるお金も、数十億、数百億、数千億円と増大してゆきます。

こうして、Xの一家・一族は、「 宗 教 財 閥 」「宗教コンツェルン」と呼ばれる存在となります。


幸福の科学には、これまで、数千億円という規模のお金(お布施)が集まったと推測されます。

幸福の科学の信者・職員、幸福の科学出版、幸福実現党、幸福の科学学園の人たちは、

「太陽の法」の「創世記」を、“真実”と考え、信じています。

 「IQ300の金星人による、金星文明の存在」

 「地球人は、約4億年まえに、つくられた」

この霊界情報を、大川隆法に伝えたのは、エル・カンターレという霊存在であるとされています。

エル・カンターレの霊界は、地球霊界の、本当の天上界でしょうか?

それとも、エル・カンターレの霊界は、偽装天上界でしょうか?












  
   

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

[偽物を偽物と断定する者は、本物を知っている者である。本物は世に本物であると言う印
を現す。もし現せなければ本物と言っている者は偽者である。本物を知らない者は
偽物を本物と言ったり、本物を偽物と言ったりする。本物か偽物かを見極めるためには
本物を知らなければならない、そうすれば偽物に騙されることはない。自らが求め、自ら
が悟りを得た者の口からは、真実の言葉が述べられます。]

2010/5/11(火) 午前 6:13 [ Dougen ] 返信する

顔アイコン

テレパシー 宗 で 検索中です。
テレパシーは 恐ろしいですね 削除

2013/5/25(土) 午後 4:28 [ 村石太ザード&リバー&アンディ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事