幸福の科学に、『疑問』あり!

Something is wrong with kofuku−no−kagaku.

全体表示

[ リスト ]

昨年の大晦日の、紅白歌合戦で、 きゃりーぱみゅぱみゅ を見た。
 
SMAPの稲垣吾郎 扮する、“ごりーぱみゅぱみゅ”の紹介で、パステルカラーの蛾(が)のようなものが、
 
現れた。パステルカラー=ファッショナブル、得体の知れないもの=怪物 → ファッションモンスター か。
 
以前は、YOU TUBEで、「きゃりーぱみゅぱみゅ 紅白歌合戦」と検索すると、音質が良く、映像もきれいな
 
動画が、UPされていたが、今は出てこない。NHKの著作権の関係で、削除でもされたのだろうか?
 
かわりに、「ファッションモンスター」のPVを。
 
                                   
 
最初、このPVを見た時、宗教団体GLAの高橋信次の娘、高橋佳子の若いころに、似ているなぁ、と思った
 
年越しの、カウントダウンTVでは、“きゃりぱみゅ”は、新曲「ふりそでーしょん」を歌っていた。
 
YOU TUBEで、「ふりそでーしょん」のPVが公開されている。コンピュータ処理による映像が、新しい、と感じた
 
                                    
 
YOU TUBEで、“きゃりぱみゅ”の、PV、ライブを見ていると、「歌詞がわかりやすく、一緒に体を動かすと、
 
元気になれるよ」というのが、コンセプトかな、と思った。
 
外国で、PON PON GIRL と呼ばれている、きゃりーの、「PON PON PON」という曲が配信されたのは、
 
2011年7月20日だ。「PON PON PON」という曲のPVには、沢山の「目玉」が登場する。
 
オープニングは、ホットパンツに描かれた、沢山の 「目」 。 そして後半にも、「目玉」がいっぱい登場する
 
血管の浮き出たような「目玉」は、ファッションの小道具の1つらしい
 
(キモカワイイではなくて、グロカワイイだそうだ)
 
                                 
    
大川隆法は、「ネバダ州米軍基地エリア51の遠隔透視」という霊言DVDのなかで、次のように語っている
 
 「エリア51の地下には、“ゲゲゲの鬼太郎の目玉親父”のような宇宙人が、いっぱい、いる (7人いる) 」
 
                        (当ブログ、2011年9月26日、2012年11月2日の、文章を参照)
 
この霊言DVDは、2011年8月4日に収録された。両方の時期が、殆ど同じなのを、「不思議だな」と思っている
 
霊言DVDのなかで、大川隆法は、「私の霊体の一部を、『エリア51』のなかに潜入させてみます。霊体の一部を
 
出来るだけ、基地の中に潜入させていき、視えるものについては、実況中継します(遠隔透視)」と語っている
 
大川隆法の霊体ということは、つまり、エル・カンターレ(釈迦大如来)の霊体ということになる。
 
エル・カンターレ(釈迦大如来)とは、幸福の科学の御本尊である。宇宙の根本神(根本仏)らしい。
 
そのエル・カンターレによる(霊界)情報は、幸福の科学的にはーーー
 
           絶対に、真実であり、絶対に、ウソではない、(霊界)情報である
 
ということになる。それがーーー
 
        「エリア51の地下には、“ゲゲゲの鬼太郎の目玉親父”のような宇宙人が、7人、いる」
 
という情報なのだ。この霊言DVDは、定価1万円の本として、書籍化されている。この本の、P108にはーー
 
        「エリア51の地下には、5種類の宇宙人がいて、全部で、250人位の宇宙人がいる」
 
と書かれている。これも、エル・カンターレ(釈迦大如来)による(霊界)情報なのである。
 
しかし、「宇宙の法」(大川隆法著)の、アダムスキーの霊言では、次のように書かれていた(P139〜)
 
               「エリア51の地下には、1200人の、宇宙人が、いる」
 
この場合、アダムスキー霊より、エル・カンターレ(釈迦大如来)による(霊界)情報の方が、真実性が高い、
 
と考えるべきなのだろうか?
 
 
元旦の、「幸福の科学撲滅対策本部〜したらば営業所〜」(インターネット掲示板)を見たら、
 
     「新春 御結婚 記念対談」 (大川隆法 総裁先生、大川(旧姓 近藤)紫央 総裁補佐 先生)
 
と書いてあったので、驚いた。仰天ニュースである。
 
1月4日の「やや日刊カルト新聞」(グーグルブログ)を見ると、「 仏陀 再婚 」 「WHO IS W I FE ?」という
 
コピーで、画像がつくられている。これは、幸福の科学の映画、「 仏陀 再誕 〜WHO IS BUDDHA? 」
 
のパロディだ。上手い。流石(さすが)だ。若い頭脳は、簡単に画像が作れてしまう。やるなぁ。
 
そして、週間新潮と、週間文春に、次のような記事が出た。
 
 (週間新潮) 「祝・再婚!29歳年下信者に手を出した、隅に置けない、『大川隆法』」
 
 (週間文春) 「幸福の科学、大川隆法 総裁、27歳、元日銀ウーマンと再婚していた!」
 
両方の記事の抜粋を、つなげてみる。
 
「幸福の科学の大川隆法総裁(56)が、昨年12月19日に再婚した。大川氏は、前妻のきょう子氏(47)と
 
離婚協議中だったが、昨年11月13日に正式に離婚していたのだ。当初、再婚の事実は、ごくわずかの幹部
 
しか知らなかった。しかし、12月21日に行なわれた、全国支部長情報交流会で、突然、幹部から再婚話が
 
飛び出し、会場は騒然となったという。『相手は、近藤紫央さんという、女性ですが、支部長クラスでも、紫央さん
 
のことを知らない者が多く、会員(信者)の中に、動揺が広がりました。会員への結婚発表は、1月中旬に届く
 
機関誌で行なう予定でしたが、動揺を抑えるために、教団は、急きょ、総裁と紫央さんの、「 新春 御結婚
 
記念対談 」 を年末に収録。総裁が、新妻を持ち上げ、その映像を、元旦から支部などで、公開し始め
 
たんです(教団関係者)」(文春)
 
「ジャーナリストの藤倉善郎氏が言う。『この映像は、全国の支部で公開されていますが、普段の“公開霊言”
 
視聴は、奉納目安5000円のところ、今回は1万円。ご祝儀を励行しているわけです』」(新潮)
 
「彼女は、08年に、早稲田大学を卒業して、日本銀行に入行した経歴を持つ。だが、翌年には、幸福の科学の
 
職員に転職。教団の内部資料によると、10年には、既に、第二秘書局長の役職にあり、『異例のスピード出世』
 
(教団関係者による)だ。彼女は、大川氏と同じく、徳島出身でもある」
 
「両親とも、熱心な信者で、兄は、09年の衆院選で、幸福実現党から出て、落選。彼女は、女性秘書らの中でも
 
総裁に寵愛(ちょうあい)されている序列では、二番手か、三番手という印象でした(前出の教団関係者)」
 
「対談で、紫央氏は、司会役の、総裁長女(21)から、総裁の印象を聞かれ、<う〜ん、やっぱり、最初、
 
出家させていただいた時は、すごく憧れの存在であり、理想の存在であり(略)、本当に神様なんだな、
 
という事は、日々感じております>また、彼女は、坂本竜馬の生まれ変わりだそうで、<えっとですね、最初は
 
まさか自分がと思っていたんですけども、確かに、よくよく自分の性格とか、内面をみてみたときに(竜馬の)
 
片鱗を感じるものが、すごくありまして>大川氏の方も、紫央氏の印象を聞かれると、<ま、女性でよかったな
 
と思ってます。今回は、あの、女性でいてくださいまして、ありがとうございました>とデレデレ。
 
再婚の決め手は、徳島弁が、話せることだったとか」(文春)
 
「デレデレの総裁は、<日本銀行には、一年ぐらい、お勤めになりまして、白川総裁より、大川総裁の方がいい、
 
ということで、向こうを蹴飛ばして、こちらに来たと。実に、気分がいい状態で来てくれた>と大はしゃぎである」
 
「前出の藤倉氏が続ける『先の総選挙では、<幸福実現党に成果がでなければ、日本人を滅ぼす>という
 
天照大神の霊言を公開し、有権者の不安を煽っていたのに、全員落選した数日後に、自分は再婚。
 
その支離滅裂ぶりは、大いに問題です』」(新潮)
 
「冒頭の教団関係者が言う。『実は、きょう子氏との離婚直前に、総裁は、それまで、一番寵愛し、大川姓を
 
名乗らせていた女性と、大喧嘩をしているんです。その女性は、大川姓を取られ、他の教団施設に飛ばされて
 
しまった』 教団の広報局は、『再婚にあたっての、法名返上ではありません。法名としての、大川姓は、
 
職務に対して与えられ、職務を離れれば、返上するのは当然です」(文春)
 
「『教祖周りの神域・霊域護持は、最も大切な命綱で、1日も疎かにできません。護持能力の極めて高い、
 
総裁補佐を伴侶として迎えることで、世界伝道への条件が整ったと考えております』 (幸福の科学グループ
 
広報局)と、もっともらしく、理屈を並べ立てるものの、きょう子氏はこう言うのだ。『彼は、寂しがりやですからね。
 
ともかく良かったのではないでしょうか』」(新潮)
 
離婚後、約1ヶ月での、スピード再婚である。紫央氏は、1985年生まれで、大川隆法の長男・宏洋君は、
 
1989年生まれだそうだ。年の差は、3〜4才位だろうか?父親の、27歳の新妻と、大川家の5人の子供達は
 
これから、家族関係を始める事になる。後継者は、多いほうがいいから、紫央夫人との間にも、子供は出来るの
 
だろうなぁ。
 
書店に行くと、「太陽に恋をして〜ガイアの霊言〜」(大川隆法、大川紫央 著)という本が出ていた。
 
この本、1600円で、「幸福の科学の本は、高いなぁ」と思いつつ、総ページ数を見てみると、本文は105ページ
 
普通、単行本は、1冊200ページくらい、あるんじゃないか?「すぐに読めるんじゃないか」と思ったら、
 
1時間未満で、読み終えた。内容が、ないよぅ。“新たなる創世記”と書いているけど、具体的な内容が、殆どない
 
というのが、私の感想である。唯一の価値は、著者紹介に、紫央夫人の、カラー写真が出ていることかな。
 
“ガイア”についての説明が、書かれている。
 
「地球系霊団の至高神、エル・カンターレの本体(本仏)が、3億数千万年前に、初めて、『アルファ』という名で
 
地上に下生した際、その妻であった、女神。その『宇宙の意識』は、太古より、エル・カンターレの創造作用の
 
一部を担っており、“エル・カンターレの右手”とも称される。
 
なお、現代日本に、大川隆法の妻、大川紫央として転生している」
 
 
奉納料 1万円の、「新春 御結婚 記念対談 」 (DVD) を、観にいかなくてよかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(5)

アホらしぃ…

2013/1/29(火) 午後 7:55 [ セキネ ] 返信する

顔アイコン

とおりすがりですが読ませていただきました。素晴らしい記事ですね。大川某氏の支離滅裂さ、自己中さが良く分かり、参考になりました。信者が大勢いるというのが誠に不思議です。

2013/12/9(月) 午後 1:25 [ eia*e*af*dfp ] 返信する

顔アイコン

素直に、ほめてくれるコメントは、少ないので、嬉しいです。
「大川隆法の、離婚と再婚 2」で書いたことは、アンチ幸福の科学
の人たちならば、皆、知っていることなのですが、再検証すると、
新たに見えてくるものが、ありました。

2013/12/13(金) 午前 3:07 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

大川きょう子の手紙には、大川きょう子の過去世が、

「アフロディーテ、文殊、ナイチンゲールである」

と書いてあった。

その手紙を見た、大川隆法は、

「その時、まさしく、間違いなく、この霊道は、本物である、

と判定をした」

この結婚式のスピーチが、幸福の科学の月刊誌に掲載された。

2013/12/13(金) 午前 3:20 [ orn**so ] 返信する

顔アイコン

これで、手紙に書かれた、大川きょう子の過去世を、

大川隆法は、正しいと判定していたーーー

常識的にそう判断できる、という事になります。

すると、現在の、大川隆法が語っている、

「大川きょう子の過去世は、私が、認定したものでは、ない」

という言葉は、

「おかしいのではないか、矛盾しているのではないか」

と反論・問題追求することが出来る、となります。

2013/12/13(金) 午前 3:41 [ orn**so ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事