ここから本文です
ブログ新しく作り直しました!


イメージ 1イメージ 2

スーパーVデッキが6月21日に発売されてガイバーンもカード化されました。
ガイギンガを用いたビートダウンではサイキッククリーチャーもセットで
使うことが多く、超次元ゾーンは大体ドラグハート2枚+サイキック6枚で
構成されているかと思います。

私は龍解ガイギンガが発売された5月24日から約1ヶ月間、超次元ゾーンをあえて
9枚にしてガイギンガ2枚ガイバーン1枚+サイキック6枚で調整を行ってきました。
もちろんドラグハートの召喚酔いルールも熟知していました。
ドラグハートに関するルールはこちら↓


1ヶ月間の調整で、私は2枚目のガイギンガより1枚目のガイバーンの方が圧倒的に
採用する価値があると判断しました。

そのように判断した理由はただ単に、2枚目のガイギンガより1枚目のガイバーンの方が圧倒的に使用頻度が高いからです。2枚目のガイギンガがなかったから負けた試合より1枚目のガイバーンがあったから勝てた試合の方が圧倒的に多いです。

では一体どのような場面でガイバーンを使うのか。自分が覚えてる範囲で分かりやすく説明していきたいと思います。


(1)STデスゲートでモルトを蘇生してガイアールを装備する場合

例えばこちらの盾が5枚あり、キューブ(ビッグマナ)がヴィル1体サイクリカ2体
勝利プリン1体の場面でヴィルから殴ってきてデスゲートがトリガーした場面です。
ここでサイクリカをデスゲートで処理するとモルトが蘇生出来ます。
そこでガイアールを装備するともう1体のサイクリカも破壊することが出来ます。
しかしガイハート装備では残り盾2枚ですのでサイクリカ1体と勝利プリンで
殴り切られて負けてしまいます。

またガイアールを装備して生き残り、自分のターンが回ってきたときに
追加のモルトでガイギンガに龍解してガイギンガでアタックすると
ガイバーンも龍解します。このとき龍解したガイバーンはガイアールを装備してた
モルトが自分のターンのはじめから居たので召喚酔いはしていません。
立派な除去付きWブレイカーとして活躍します。召喚酔いしているかどうかの判断は龍解したときではなく、ウェポンが場に出た時です。相手ターンに出したり、前の自分のターン中既に場に居たドラグハートウェポンは龍解した時に召喚酔いしていません。また場に出したターンにすぐに龍解して攻撃出来るドラグハートクリーチャーはSAと記載されているガイギンガのみです。

このドラグハートに関する召喚酔いのルールを今になって知った人はかなり多いようです。(Twitterのタイムラインより)
知らなかったという事は、ガイバーン本来の強さを見誤り、尚且つガイギンガをひいき目で見た事にもなります。
そのような状態で2枚目のガイギンガと1枚目のガイバーン、どちらの方が採用する価値があるか正しく判断出来るとは思えません。

もう1つの強みとして勝利ガイアールがアタックしても「アタック時に」ガイバーンに龍解します。なので相手が残り盾1枚のときにパンチしてトリガーを踏んでもガイバーンとグレンモルトの2体がいるので問題なく勝てるときがあります。


(2)自分の場にクリーチャーが1体も居ない場合。

デアリグレンモルトミラーで相手盾3枚自分盾2枚、場にクリーチャーはおらず手札はお互い少ない均衡状態。
そんな中相手がギガホーンを召喚してグレンモルトをサーチしてきました。
次のターンモルトSAパンチギガホーンパンチ龍解ガイギンガダイレクトと絶対絶命のピンチです!
このときモルトでガイアールを装備するとギガホーンを退かすことができ、ひとまずガイギンガ龍解を阻止出来ます。そして次のターンには勝利ガイアールパンチ龍解ガイバーンパンチモルトダイレクトで勝つ事が出来ます。
相手は2択を迫られます。ガイバーン龍解を阻止するために自分もモルトガイアール装備で相打ちするか、勝利ガイアールが飛んで来ない読みでトップで引いたクリーチャーを出して次の自分のターンにモルトガイハート装備で勝つか。

どちらの立場でもガイバーンの選択肢がある方が圧倒的有利に立てます。
ガイバーンがなければあっという間に負けまっしぐら。

もう1例。相手の場に勝利リュウセイ1体、手札にはモルトか勝利ガイアールが出せるホール
を握ってるとします。自分の盾は2枚で場にクリーチャーは居ない。このときモルトガイアール装備で勝利リュウセイを退かせば大分違いますよね?逆になければ盾にお祈り負けまっしぐら。


大きく分けるとデスゲートでグレンモルトを蘇生したとき、自分の場にクリーチャーが1体も居ない時必要となる場面が多々あります。
一方ガイギンガ2枚目が必要となる場面はそれ以上にあるのでしょうか?
2枚目のガイギンガを採用するか1枚目のガイバーンを採用するかはあなた次第です。
夏の大型CSまで1か月程度あると思いますので、じっくり使ってみてどっちを採用した方が強いか判断してみて下さい。それでは。

この記事に


おはようございます。デアリだけでなく赤緑も使い回すことなく1個
デッキが出来たので遊んでみる事にしました。強いとは思っていませんが
デアリとの違いを少し見てみたいなーという事で。
てなわけで構築もかなり大雑把です。

『赤緑ガイギンガ』
4 x フェアリー・ギフト
4 x 斬斬人形コダマンマ
4 x 一撃奪取 トップギア
4 x 父なる大地
3 x 青銅の鎧
3 x 正々堂々 ホルモン
4 x 早撃人形マグナム
4 x 超次元ボルシャック・ホール
1 x カモン・ピッピー
4 x 鳴動するギガ・ホーン
1 x 次元流の豪力
4 x 龍覇 グレンモルト

2 x 銀河大剣 ガイハート/熱血星龍 ガイギンガ
1 x 将龍剣 ガイアール/猛烈将龍 ガイバーン
1 x レッド・ABYTHEN・カイザー/シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン
1 x 不死身のブーストグレンオー/爆裂ダッシュ!グレンセーバー政
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー

5色キューブは前回同様で
3コスブースト6枚ミサイル4WGH3のビートメタに寄せたキューブです。


<赤緑先攻>
1戦目 5色キューブ勝ち
トップギア青銅グレンモルトに対して後3ミラクル2ブースト。
1パンSTミサイルで崩壊からWGHジュエル埋め。その後赤緑側が
立て直る事はなくキューブがブン回って勝ち。
モルトで突激したときカモン1枚を握っていたがギガホーンを残すべきで
あり、残りの盾を見る限りギガホーンからもう1度グレンモルトを投げて
いれば勝っていたので私のプレミであった。

2戦目 5色キューブ勝ち
コダマ青銅ギガホーンに大してミラクル1ブーストとミサイル2体除去。
残る青銅とモルトで殴りに行くも1パンサイスパから2枚目の手打ち
ミサイルで2体除去。立て直せずキューブがブン回って勝ち。

3戦目 5色キューブ勝ち
手牌にギガホーンモルトはおろかホールもなく小型だけだったので
トップギアマグナムで先3から殴り始めたら1パンSTミサイルでお通夜。
そのままマナを伸ばされて覇にボコられて負け。

4戦目 5色キューブ勝ち
3戦目と全く同じ負け方をした。4投とは言え1パンSTミサイルの多さ・・


<5色キューブ先攻>
1戦目 5色キューブ勝ち
先3ミラクル2ブーストに対して後3ギフトミランダリュウセイスタート。
先4ホーブラジュエルでリュウセイ退かされてその後はマナも伸ばされる。
やっとこさギガホーングレンモルトで龍解するもヴィルが居る状態で
ハンド1のホーブラから今度は覇が出てきてボコられて負け。
ホーブラの出目がやたら強かった。
ヴィル1ランデスを考慮してマナを埋めて居なかったらギガホーンで
拾ったモルトを投げるのが1ターン遅れていただろうからハンド強くても
マナセットして6マナにしておくのは大事だった。

2戦目 赤緑勝ち
先4ミラクルに大してトップギア青銅ボルホエビセンボルホキルキル。
(このとき次元にキルキル入れてない事をすっかり忘れていた)
小型4体を全部ミサイル2発で退かされる。モルトで殴りに行くと1パン
STミサイルでモルトも死ぬ。心が折れながらもエビセンで殴ってると
キューブ側はエビセンを退かせずそのまま勝ってしまった。

3戦目 5色キューブ勝ち
ガレットGJ負けたがトップギア青銅をミサイルで捌く。
その後ミラクルとキューブでマナを伸ばす。
ギガホーンモルト龍解ガイギンガパンチで4枚割って勝ったと思ったら
ロマネ4ブーストでヘッドが落ちてWGHジュエル埋めヘッド回収。
1t稼がれてから覇にボコられて負け。

4戦目 5色キューブ勝ち
先3ミラクル先4キューブサイクリカキューブ1ブースト。
一方コダマ青銅ミランダリュウセイモルトで殴るも盾2枚目STミサイル
こんいちは。STキューブロマネまで来て覇で返されて負け。


<まとめ>
赤緑ガイギンガ1勝7敗と酷い結果になった。
一般的なキューブはミサイル3にしてもうちょっとビートメタ薄いのは
間違いないのでプレミ改善含めて2〜3勝は出来ると思われる。
敗因のほぼ全てにミサイルが絡んできた。
またキューブ相手にエビセンを立ててビートするのは非常に有効であると
分かった。
やはり赤緑は入ってるカードが微妙なので一旦崩されると厳しい。
ギガホーンのおかげでドロソがなくてもグレンモルトを引っ張って
来れるのは非常に強く、デアリもフェアホではなくギガホーンを
採用しようと思う。

この記事に

皆さんこんばんは。
おやつsummer2014まで2ヶ月を切りましたね!
これからおやつまで一人回しの練習結果を載せていきたいと思います。
今回はデアリガイギンガVS5色キューブをやってみます。

『デアリガイギンガ』
4 x フェアリー・ライフ
4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x 爆鏡 ヒビキ
1 x 青銅の鎧
1 x 正々堂々 ホルモン
4 x 解体人形ジェニー
4 x 超次元フェアリー・ホール
1 x 次元流の豪力
4 x モエル 鬼スナイパー
1 x カモン・ピッピー
4 x 超次元ミカド・ホール
4 x 地獄門デス・ゲート
4 x 龍覇 グレンモルト

1 x 銀河大剣 ガイハート/熱血星龍 ガイギンガ
1 x 将龍剣 ガイアール/猛烈将龍 ガイバーン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ
1 x タイタンの大地ジオ・ザ・マン/貪欲バリバリ・パックンガー
2 x 時空の喧嘩屋キル/巨人の覚醒者セツダン

5色キューブは構築が定まってないのでまだ載せません。
3コスブースト6枚ミサイル4WGH3のビートメタに寄せたキューブです。


<5色キューブ先攻>
1戦目 デアリ勝ち
緑がミラクルのみだったので後攻ジャスミン解体ミラクル落としで
テンポ取る。その後ミランダリュウセイモルト。
モルトリュウセイパンチで盾2枚目ミサイルを踏んで更に返しで
バーストGを飛ばされて場が空っぽになる。
しかしミカドディアスモルトでパンチ。ラス盾ミサイルはGJ
勝ってそのまま龍解勝ち。

2戦目 デアリ勝ち
先3ミラクル2ブーストサイスパに対してジャスミン解体ミランダリュウセイ
モルトパンチ。1枚目ジュエルを踏む。リュウセイ退かされてモルトはプリンで
縛られるも残った解体と勝利ガイアールで無理矢理龍解ガイギンガ。
延命されるがガイギンガを処理出来ず最後の最後にヴィルで除去。
2ターンありトップライフ、トップモルトSAダイレクトで勝ち。
2枚のドローでホールかモルト引けば勝ちだったから運良かったという
訳では決してない。

3戦目 キューブ勝ち
先3セブンス後3ヒビキ。デアリ側ハンド事故っていて後4行動なし後5
ミカドリュウセイをミサイルで全部流される。サイクリカセブンスを止める
ためにリュウセイ出したけどディアスの方が良かったかもしれない。
龍解までこぎつけるもマナ伸びきっててヘッドで捌かれて負け。

4戦目 デアリ勝ち
後2ジャスミンで先3ブーストされなかったので解体ではなくヒビキを出す。
そのままキューブ側は詰まりこちらはカモンリュウセイフェアホキルキル。
セツダンに覚醒後全パントリガーもキューブスカだけであっさり勝ち。


<デアリ先攻>
1戦目 キューブ勝ち
赤が全く手牌に来なくてヒビキはおろかグレンモルトすら場に出る事はなかった。
ミカドフェアホで勝ち筋探るも後3ミラクル2ブーストとSTキューブサイクリカ
WGHからヴィルまで繋がれて負け。

2戦目 キューブ勝ち
ジャスミンヒビキミカドリュウセイフェアホキルキルに対して後5WGH
ミサイル埋め。その盾を避けて殴るとSTキューブヴィルヒビキ破壊から
STミサイル。ターン返ってまたミサイル打たれて盤面空っぽにされて
マナは伸ばされて逆転。そのまま負け。

3戦目 デアリ勝ち
先3ヒビキ先4行動なし先5フェアホキルキルと微妙な立ち回り。
後4ミラクル2ブースト後5ミサイルでヒビキとキル1体退かされる。
しかし先6モルトキル2パン龍解ガイギンガパンチ。トリガーは3枚目に
ジュエルなので意味なし。ミサイルでキルモルト退かされるもヒビキの序盤
2ランデスでマナ伸びてないので返されずに勝ガとガイギンガで殴って勝ち。

4戦目 デアリ勝ち
初手モルト3枚でぎょっとするも先2ジャスミン先4ミカドリュウセイ。
キューブ側は後4ミラクル1ブーストスタートと微妙。
モルトリュウセイガイギンガ全パンノートリ勝ち。


<まとめ>
デアリガイギンガ5勝3敗で勝ち越しとなった。
先3ブースト打たれなかったらヒビキは後攻でもかなりの有効牌になる事。
ディアスはミサイルで退かされない大きさなのでミサイル読みでディアスを
出すことは非常に大事である事。
以上2点が個人的に大きな収穫であった。

<余談>
DMvault大会の解析結果で後攻の方が勝ち数多いという話題があった。
これは環境デッキにはドロソが入ってないものが多く、後攻1ドローの
おかげで先攻より円滑に動けるからではないだろうか。
デアリガイギンガと5色キューブ共にドロソのないデッキだが練習中も
後攻の方が円滑に動けるなーと思った。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事