ここから本文です
Ham Radio 修理日記

書庫全体表示

記事検索
検索
TS-711 長期保管してあった無線機点検依頼です。
 
イメージ 1
 
表示のスクリーンが下にずれています、貼り治し。
 
イメージ 2
 
緩衝材が劣化した物が内部に入りこんでいます、
全体をエアーブローしました。
 
イメージ 3
 
ボリュームのガリもあり、一旦外し洗浄
 
イメージ 4
 
メーター照明をLEDに交換
 
イメージ 5
内部にも緩衝材が…
 
イメージ 6
 
PLL再調整
 
イメージ 7
 
受信感度が悪いのはこの為ですね、
 
イメージ 8
 
145.0をセンターに調整、IFも再調整しました。
 
イメージ 9
 
清掃し完了です。
 
イメージ 10

この記事に

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

一昨日の事になりますが、YAESUのキャンペーンで応募しておいた
HRI-200が届きました!
 
イメージ 1
 
早速ID申請、なんとその日の夕刻には登録完了メールが!
早いですね、半日!タイミングが良かったのかな?
そのまま即セッティング、ポート解放も全自動ですぐ終わりました。
 
車にFTM-400DHを付けているので、アナログのFT-8900Hを接続しましたが、
やっぱりFTM-400DHを接続したいです、アクセス用にFT-1Dも!
YAESUさん、このキャンペーンこれが狙いだったんですね!
買ってしまいそうです…
 
イメージ 2
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

FT-690mkⅡ 修理でお預かりしました。
 
イメージ 1
 
接触の悪いキーがあるのでタクトスイッチを交換します、
カバーを外しフロント部を外します。
 
イメージ 2
 
コントロール部基板を外し、表示部を取り出します。
 
イメージ 3
 
キーユニットのタクトスイッチを交換
 
イメージ 4
 
照明をLEDに交換します、麦球はメーター用と液晶の照明用2個使いです。
PL01,02
 
イメージ 5
 
メーター用はLEDを90度曲げて取り付け。
 
イメージ 6
 
再度組立調整。
 
イメージ 7
 
清掃し完了です。
 
イメージ 8

この記事に

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

TS-790 修理でお預かりしました。
 
イメージ 1
 
各スイッチの接触が悪いとの事、確認するとタクトスイッチの交換が必要です。
接触の悪いスイッチは数点ですが、トップを外しすべて交換します。
 
イメージ 2
 
メンテしやすい構造です、
 
イメージ 3
 
タクトスイッチを取り外します。
 
イメージ 4
 
20点以上
 
イメージ 5
 
ガラスが汚れています。
 
イメージ 6
 
つまみ類も汚れが目立ちます。
 
イメージ 7
 
ボリュームを外し接点洗浄。
 
イメージ 8
 
オーナーさん希望で430MのRFコネクターをNに交換します、
パーツはKENWOODで取り寄せたそうです。
 
イメージ 9
 
PLL基準周波数がずれていました。
 
イメージ 10
 
受信部再調整、メーカー修理が過去2回ほどありますが、
定期的な調整はやはり必要です、少しずつですが経年でずれが生じます。
 
イメージ 11
 
IF部の再調整。
 
イメージ 12
 
SSBキャリアポイントがずれています。
 
イメージ 13
 
USB再調整。
 
イメージ 14
 
照明をLEDに変更、交換部品
 
イメージ 15
 
完了です。
 
イメージ 16

この記事に

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

FT-726 修理でお預かりしました。
 
イメージ 1
 
先ずはメーター照明をLEDに交換します、
ソケット式の麦球を使用していますが、熱で黒く変色しボロボロになっています。
 
イメージ 2
 
ソケットは使えないので直接半田で取り付けます、
電球色LED、オリジナルのキャップを取り付けるとブルーになってしまうので
そのまま取り付けました。
 
イメージ 3
 
続いてボリュームのガリ、一旦取り外し接点洗浄剤を一吹きします。
 
イメージ 4
 
ついでにトップカバーを外し清掃。
 
イメージ 5
 
特に蛍光管のガラスが汚れています、一拭きで綺麗になります。
 
イメージ 6
 
この無線機は後期型の様で、ケミコンは液漏れしない黄色のタイプが
付いていました。
 
初めにVCOユニットから調整、周波数、ロック電圧を再調整。
 
イメージ 7
 
次に送信ユニット、サテライトユニットの下にあります。
変調、キャリアバランスなど再調整。
 
イメージ 8
 
CWの周波数が合いません、トリマーで追いつかない為、パラレルに入っている
Cを27pから18pに変更します、周波数を上げたい時はCを減らします、再調整。
 
イメージ 9
 
次に受信IFユニット
受信感度、Sメーター関係を再調整。
 
イメージ 10
 
続けてサテライトユニットも再調整します。
 
イメージ 11
 
21〜29MHzのユニットが入っています、送受信のローカル周波数は
それぞれの周波数ユニットで行います、
 
イメージ 12
 
24MHzで送信できるよう改造、D21をカットします。
 
イメージ 13
 
その他2m、430ユニットも個々に再調整、周波数等だいぶずれがありました、
 
イメージ 14

この記事に

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事