ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

TS-930S 修理

TS-930S 時々表示が出ないとの事でお預かりしました、

表示が出なくなる原因は大きく2つ、コントロール部のスルーホール不良と
PLLアンロックがあります、

時々しか現象が出ないので、PLLを調整してみます。
調整の必要はありましたが、ロック外れするような感じではありません。

イメージ 1

VCOの調整をすると、バンドで29MHzの上の方と100KHz台でアンロックし表示が消えることを確認しました。

原因は36.1MHzのHET発振が不安定です、L77をピークで調整すると発振停止位置
が近い為、ピークから時計回りで1/4回転辺りが良いです。

VCOもロックするようになりました。

イメージ 2

表示不良の原因のもう一つ、デジタルユニットのスルーホール不良
このリグの現象とは違いますが、予防で処置します。
サービスブリテンで、この現象の時はこのスルーホール不良、など書かれています、
今回すべてのスルーホールの半田吸い取りメッキ線で処置します。

イメージ 3

半田後、メッキ線を切り取ります

イメージ 4

メモリーバックアップ用の電池から液漏れし、ホルダーが錆びていました。

イメージ 5

新しいものと交換、電池スナップも新設。

イメージ 6

各部再調整、メーターランプをLEDに交換
清掃し完了です。

イメージ 7

この記事に

開くトラックバック(0)


安展工業 430MHz レピーター用デュプレクサーです。
現在私のところでは専用測定機が無く調整できない為、お友達に調整をお願いしました。
メーカー製のレピーターに付属で付いていた為、銘板がありませんね、

イメージ 2

外観は錆が出てきていますが、内部は綺麗な状態でした。

イメージ 3

測定中

イメージ 4

送信側:通過ロス0.27dB、受信とのアイソレーション-75dB以上 VSWR1.03

イメージ 1

受信側:通過ロス-0.85dB 送信とのアイソレーション-75dB以上 VSWR1.06

イメージ 5

総合
使用周波数で調整していただきましたので、
アイソレーション、ロス、VSWRばっちりです。
ありがとうございました。

イメージ 6

一緒にお預かりした、接続ケーブルも問題ありませんが、若干反射が出ているので
今後交換をお勧めしますとの事です。
ケーブルは5D-2Wが良いと思います。
ロスは0.2dB VSWR1.2

イメージ 7

この記事に

開くトラックバック(0)

TS-820V 表示不良

TS-820V 周波数表示が欠けています、
カウンター部のスルーホール不良です、

イメージ 1

スルーホールの半田を吸い取りメッキ線を差しこみ半田します。

イメージ 2

2SC460劣化の為交換、再調整します。

イメージ 3

VFOを外します。

イメージ 4

ボールベヤリングが脱落しないよう仮止め、2SC460交換

イメージ 5

各ユニットすべての2SC460を交換、再調整。

イメージ 6

Sメーターアンプ、半固定ボリューム交換。

イメージ 7

交換部品

イメージ 8

清掃し完了です。

イメージ 9

この記事に

開くトラックバック(0)

TKR-200A KENWOOD  

TKR-200A 430MHzレピーターの修理です。
先ずはメーターランプ切れの修理から、カバーを外すとヒューズタイプのランプが
直列に入っています、。

イメージ 1

両方とも切れているのでLEDに置き換えました。

イメージ 2

パワーは10W出ていますが最大でも11W、モジュールの劣化の為交換
フルパワーで19W、12Wに調整しました。

イメージ 3

発振のクリスタルにオーブンがついています、
周波数、Dev等再調整。

イメージ 4

受信部にもついているはずのオーブンが取り外され、周波数がずれています。

イメージ 5

ポジスターを取り付け再調整、立ち上がり周波数が安定するまでは
時間がかかりますが、10分ほどで安定しずれません。

イメージ 6

受信感度、CTCSS再調整。

イメージ 7

コントロール部、
遠隔操作でレピーターをコントロールするDTMFデコーダーが動作していません。

イメージ 8

シャープのLR4101Dが不良ですが、どこにもありません…

イメージ 9

遠隔地に設置してあるそうで、非常時には停波させたいとの事です。

手持ちのICでLR4102がありますが、4101とどこが違うのかわかりません
ネットで探しても規格が出てきません、
回路図から察するとVCC電圧の違いのようです、
4101は12V系、4102は5V系で電源以外はコンパチのようです、
5Vから取り出すように改造し、4102に交換したところ動作しました、
クリスタルはホットボンドで止めてあります。

オーナーさんが追加した制御用のアンプ、これのケミコンも液漏れがあり交換、
配線も手直ししました。

イメージ 10

通常の状態。

イメージ 11

DTMFテスト

イメージ 12

送信停止

イメージ 13

レピーターの停止状態、CPU以外電源を切る動作で受信もできません、
つまり1度停止させると、受信機からのDTMFは受からないので解除できません、
解除用のDTMF番号もありますが、別系統から制御するしかありませんね、
この辺はオーナーさんはうまくコントロールされているようです。

イメージ 14

修理完了エージング中

イメージ 15

この記事に

開くトラックバック(0)

TS-670

TS-670 受信感度の低下でお預かりしました。
小数点のドットが点灯していません。

イメージ 1

表示ユニットの半田不良が何か所かありました。

イメージ 2

再半田

イメージ 3

受信感度が悪くなったり不安定です、リレーの接触不良があります、
BPFユニットを取り外します。

イメージ 4

オーナーさんからの支給品で交換、感度安定しました。

イメージ 5

PLLの調整から

イメージ 6

IF、RF部再調整

イメージ 7

メーター照明をLEDに交換、清掃し完了です。

イメージ 8

この記事に

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事