ここから本文です
Ham Radio 修理日記

書庫全体表示

記事検索
検索
IC-760Pro 修理でお預かりしました
24MHz以上でATUがエラーになり、SWRが下がりません
ユニットに問題がありそうなので取り外します。
 
イメージ 1
 
リレーを見ると明らかに接点が変色した物があります。
 
イメージ 2
 
このコイルのタップを切り替える為で、24MHz以上で動作するリレーです。
 
イメージ 3
 
接点が接触不良になり、変色したようです。
リレーの内部を見るとコイルが斜めに付いて、電圧を加えても電磁石が完全にはりついていません、この為接点が接触不良だった様です。
リレー自体の製造ミスで、新品時は抵抗も少なく検査にパスしたんでしょうね。
 
イメージ 4
 
富士通の型名で調べても見つからないので、ICOMさんに問い合わせると
在庫があり取り寄せ。FBR313D012-22
新品と見比べるとやはりコイルが斜めに付いていました。
 
イメージ 5
 
交換し問題なくATUが動作するようになりました。
 
イメージ 6
 
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

TS-940S 動作不良でお預かりしました。
電源を入れても周波数表示せず、サブディスプレーには”メモリースキャン”
操作も出来ません。
 
イメージ 1
 
CPUコントロールユニットをチェックして見ると、肝心な5VDCが来ていません
これでは動作しませんね…
(メモリー電池は3.2V以上あり交換はしませんでした。)
 
イメージ 2
 
電源ユニットから出力がありません、28V系は問題ありませんが、
10Vの出力が無いので、5VのREGが動作していませんでした。
 
イメージ 3
 
原因はD10~D13で構成しているブリッジダイオードが2本オープンでした。
壊れていないダイオード共4本同等品に交換。
その後D9もオープンになり交換しました。
 
イメージ 4
 
動作するようになりました。
サブディスプレーのランプが切れていますね。
 
イメージ 5
 
ユニットを外します。
 
イメージ 6
 
バックライトをLEDに交換し、リクエストの時計用電池をホルダー方式に
交換します、
 
イメージ 7
 
PLLの再調整から、
 
イメージ 8
RF、IFのFET逆付け処置前、10dB/μVの信号レベルS3
(Sメーターの照明はLEDに交換)
 
イメージ 9
RFのFET、シルク印刷と逆に取り付けます。
 
イメージ 10
 
単純にSメーターが5まで上がります。
 
イメージ 11
 
受信感度等、各部再調整します、
 
タバコのヤニ?で内部が茶色く変色しています、ボリュームのガリも発生しているので接点洗浄剤で処置しました。
 
TS-940は経年劣化で基板の半田不良、コネクターの接触不良が多発します、
すべてを予防処置する事は不可能で、その都度修理するしか手がありません、
特にコントロールユニットの基板に付いたフラックスが原因で、
コネクターの接触不良が起こりモード表示が出ない、スイッチが効かない等の
現象があります、
コネクターの線を直接コネクターピンに半田付けする処置も見かけますが、
基板が外せなくなるので、アルコール清掃で処置しています。
 
今回の交換パーツ
 
イメージ 12
 
つまみ類も清掃。
問題が出ないかエージングしています、
ラジオNIKKEI受信中
 
イメージ 13

この記事に

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

TR-9300 表示不良でお預かりしました。
 
表示が出ず送受信できません、原因はコントロールユニットのコネクター
抜け欠けと半田不良で手直し動作するようになりました、
別の問題でFMの位置でもSSBの桁数が多い表示になってしまいます、
モードスイッチの接触不良があり接点を洗浄しました。
 
トップを外したついでに、メーター照明をLEDに交換しトップ部清掃。
 
イメージ 1
 
初めにPLL部、各レベルと周波数を再調整。
 
イメージ 2
 
次に受信部、RFのチューナー特性
 
イメージ 3
 
RFアンプの前段、ちょっと傾いていますね、
 
イメージ 4
 
調整後
 
イメージ 5
 
RFアンプの後少し修正
 
イメージ 6
調整用要領書とほぼ同じになりました。
 
イメージ 7
 
次に送信、SSBの2トーン波形を修正。
 
イメージ 8
 
ゴム足、ビス類を交換し完了です。
 
イメージ 9
 

この記事に

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

IC-760Pro 修理でお預かりしました。
音声が小さいとの事、ボリュームのガリがあり音が途切れる事がありました、
ボリュームユニットを外し接点洗浄剤で清掃します。
 
イメージ 1
 
フロントを外したので、ノブなど清掃。
 
イメージ 2
 
Sメーターの振れが悪く感度も悪いとのご指摘です。
極端には悪くありませんがPLL、RF、IFと一通り再調整。
トーンユニットも入っています、レピーターアクセスには必需品ですね。
 
私も今シーズン29MHzの音声デジピーター(JD1南鳥島)経由で数局の方とQSO
出来ました、
 
 
イメージ 3
 
ご希望によりメモリー電池をホルダー式に、
交換時は電源ユニットを外さないとできない為、RAMユニットから線を
取り出し上部に取り付けました、
 
音声合成ユニットが入っていますね、”機械音”的な音ではなく女性の自然なアナウンスをしてくれます。
 
イメージ 4
もう1つの電池はTUNER CPU用で電圧も3.2V以上あり交換はしませんでした。
 
イメージ 5
 
メーター照明をLEDに交換、完了です。
 
イメージ 6
 

この記事に

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

TS-700GⅡ 修理でお預かりしました。
 
イメージ 1
 
電源のスイッチレバーが不良でオーナーさんが違うタイプに交換したとの事です、
レバーとスイッチ本体も交換します。
フジソク製8H2011-Z(防塵タイプ)レバーは長さの違うもの3種類、
色も4種類あり今でも購入できます、オリジナルに近いグレーのショートタイプ
にしました。
 
イメージ 2
 
VFOの2SC460B交換、ばねの清掃実施。
 
イメージ 3
 
HETユニット他、2SC460Bトランジスター交換
 
イメージ 4
 
各部再調整、スケルチの不具合もIFユニットのTr交換で治りました。
 
イメージ 6
 
700GⅡはプリアンプが付いていないんですね、ここに追加できそうです。
 
イメージ 7
今回も大量交換。
 
イメージ 5
 
清掃し完了。
 
イメージ 8

この記事に

開くコメント(2)※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

開くトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事