ここから本文です
Ham Radio 修理日記
修理依頼はメールアドレスを内緒で投稿してください、修理待ち10か月以上です

書庫TR-751/851

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

TR-751D 修理


TR-751D 10年以上使用していなかったとの事、点検依頼です。

イメージ 17

RFゲインのボリュームが効きません、ボリュームの接点外れと思われます、
フロントカバーを外しボリュームを取り出します。

イメージ 1

基板からボリュームを外し、ピンを抜けば外れます。

イメージ 2


2連ボリュームでは10Kオームが2段になっていますが、カーブが違うので
取り外した側を間違えない様にしておきます。

イメージ 3

音量側のボリュームの接点は外れていませんがボンド付けしておきました。
組直し元へ戻します。

イメージ 4

ご希望のLED化

イメージ 5

メモリー電池電圧0V、ホルダー化しました。

イメージ 6

TR-751にはモードの自動切り替えで”AUTO”があります、FMのまま
5.00MHzから下げるとUSBモードになってしまいます?

イメージ 7

初めからなので、当時のバンドプランはこうだったのでしょうか?
D9をカットすることにより、

イメージ 8

4.00MHz〜4.09995MHzはCW、4.10MHz〜4.49995MHzはUSB、
4.50MHZ〜5.79MHzでFM、5.80MHz〜5.9995MHzまでLSBモードになります。

イメージ 9

PLLから再調整

イメージ 10

RF、IF再調整、
ボイスガイドユニットがついていますね。
フルパワーで29Wほど出ますが、ご希望により20Wに設定。

イメージ 11

フロントエンド、
146Mの方にずれて、144のSSB側の周波数で受信感度が悪い状態。

イメージ 12

センターを145Mに

イメージ 13

電源ケーブルのピンが抜けそうです、

イメージ 14

今回の交換部品

イメージ 15

清掃し完了です。

イメージ 16

この記事に

開くトラックバック(0)

TR-751 修理

TR-751 修理でお預かりしました、電源が入りません。

イメージ 1

単純にヒューズの断線でしたが、切れ方を見ると激しく電流が流れた模様
ヒューズが切れる場合、ショートもしくは経年で徐々に断線が考えられます、
すぐに入れ替えせず、電源ケーブルとGND間の抵抗値を測りショートがないか確認してから交換します。
内部ショートではなさそうなので入れ替え、問題なく電源が入りました。
電源の±を逆接すると内部保護ダイオードでヒューズを断線させるようになっているのでこれが原因かもしれません。

イメージ 2

一通り確認すると、SSBでの受信感度が極端に悪くなっています、
原因はRFゲインボリュームの内部接点外れの為、ゲインが最小になっていました。
ボリュームは音量側も外し、いつものように接点手直ししました。

イメージ 3

電圧はまだありますが、腐食があるため交換。

イメージ 4

照明はLEDに交換します。
LCD照明のLEDには麦球に付いていたグリーンのキャップをそのまま流用、
メーター照明はキャップをかぶせずそのまま電球色LEDに交換します。

イメージ 5

抵抗はメーター側の照明が明るすぎるため、2.2KΩを使います。

イメージ 6

各部再調整します。

イメージ 7

フロントエンドも調整が必要です。

イメージ 8

ゲインも上がりました。

イメージ 9

清掃し完了です。

イメージ 10

この記事に

開くトラックバック(0)

TR-851 修理

TR-851 修理依頼です。

イメージ 1

ご依頼のメモリー電池、バックライトLED化をします、
電池は腐食が始まっていました。

イメージ 2

ホルダー式に交換、LED化しました。

イメージ 3

PLLから再調整します。

イメージ 4

RF、IF部再調整

イメージ 5

モード表示に傷がありどうにかならないかとのご依頼ですが、
一体式のカスタムのLEDの為、交換しか手がありません、

イメージ 6

この記事に

開くトラックバック(0)

TR-851D/751D 修理

TR-851D 751D 修理でお預かりしました。

イメージ 1

先ずはご希望のLED化
callキーの接触が悪いため交換。

イメージ 2

電圧はありますが、ご希望でホルダー式に

イメージ 3

各部再調整します、PLL部

イメージ 4

IF、受信感度再調整

イメージ 5

清掃し完了です。

イメージ 6

次にTR-751D

イメージ 7

こちらもランプ切れの為LEDに

イメージ 8

メモリー電池交換

イメージ 9

RITボリュームが接点外れの為、手直し

イメージ 10

USB側のキャリア周波数がトリマーで合いません、

イメージ 12
周波数を高くしたいので、パラに入っている22pを18pに変更。

イメージ 11

各部再調整しました。

イメージ 13

清掃し完了

イメージ 14

この記事に

開くトラックバック(0)

TR-751 修理

TR-751 修理でお預かりしました。

イメージ 1

ボリュームのガリがあるとの事です、以前どなたかがボリュームを
修正したようで接点外れをエポキシで取り付けてありました。

イメージ 2

接点が少しの力で外れてしまったので、修正し直しました。

イメージ 3

各部再調整、
フロントエンドの調整がずれています。

イメージ 4

ゲインも上がりました。

イメージ 5

ランプ切れもあり、LEDに交換。

イメージ 6

同時にお預かりしたTR-851

イメージ 7

こちらも各部再調整。

イメージ 8

バックアップ電池の交換、LEDに交換しました。

イメージ 9

この記事に

開くトラックバック(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事