ここから本文です

書庫TM-255/455

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

TM-455S パワー出ず

TM-455S 

イメージ 1

電源が突然切れたりします、
コントロール部のケミコン不良の為交換。

イメージ 2

メモリー電池電圧も低下の為、ホルダー式に交換
ボタンのスポンジも劣化で交換しました。

イメージ 3

送信出力が出ません、
TM-455Sはファイナルもドライブもパワーモジュールを使っています、
ドライブで使用しているM57716の出力がありません、
残念ながら在庫もなく市販品も見つかりません、オーナーさんに相談したところ
ジャンクのTR-9500があるとの事でお送りいただきました。
パワーモジュールを外し入れ替えます。

イメージ 4

足が短いので延長し取り付け、パワーが出るようになりました。

イメージ 5

各部再調整

イメージ 6

バックランプをLEDに交換、清掃し完了です。

イメージ 7

この記事に

開くトラックバック(0)

TM-255 修理

TM-255 修理でお預かりしました。

イメージ 1

先ずは、ディスプレー部のほぼ液漏れするケミコン予防交換します。

イメージ 2

ランプもLEDに交換。

イメージ 3

ボタン止めのスポンジはボロボロでした、交換します。

イメージ 4

メモリー電池は2.7V、ホルダー式に交換。

イメージ 5

各部再調整、VCO側

イメージ 6

一緒にお預かりしたTM-255S、ファンが付いています。

イメージ 7

RF側

イメージ 8

清掃完了です。

イメージ 9

この記事に

開くトラックバック(0)

TM-455 修理

TM-455 修理依頼です。
ボタン止めのスポンジが劣化していて飛び出さないようテープ止めされています。
 
イメージ 1
 
綺麗にとってありましたので、自作スポンジを取り付け。
 
イメージ 2
 
メモリー電池の電圧が低下していましたので、ホルダー式に交換。
 
イメージ 3
 
メインチャンネル他、アンテナを接続していないのにキャリアが入っています、
かなり強い内部発振で、信号とビートになってしまいます。
過去に同じトラブルがありました、DDSの抵抗アレーの半田不良です、再半田するとピタリと止まりました。
操作部のケミコン4.7μの液漏れとこの現象は、傾向的なトラブルですね。
 
イメージ 4
 
RFコネクターを交換します。
 
イメージ 5
 
各部再調整、完了です。
 
イメージ 6

この記事に

開くトラックバック(0)

TM-455 修理

TM-455 電源が入らないとの事でお預かりしました。
 
原因は表示部のケミコン液漏れでした、交換後です。
 
イメージ 1
 
メモリー電池の電圧低下
 
イメージ 2
 
ホルダー方式に
 
イメージ 3
 
スポンジがボロボロです。
 
イメージ 4
 
スポンジ交換し、バックライトをLEDへ交換
 
イメージ 5
 
調整終了
 
イメージ 6

この記事に

開くトラックバック(0)

TM-255 修理

TM-255 電源投入後しばらくしないと動作しない、との事でお預かりしました。
 
イメージ 1
 
症状が確認出来ないので、一通りチェックします、
キーのスポンジが劣化しています。
 
イメージ 2
 
手作りのスポンジに交換します、
 
イメージ 3
 
メモリー電池も3V以下になっていましたので、ホルダー式に交換します。
 
イメージ 4
 
各部調整
 
イメージ 5
 
ソフトウエアーでの調整、書き込みが完了するとgoodと出ます。
数日エージングしましたが、現象は確認できませんでした。
 
イメージ 6

この記事に

開くトラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事