熱中時代アネックス

サッカー観戦記やライブレポート中心のブログ(だと思うヨ)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

【LiLiワンマンライブレポート】
2008年12月20日 横浜・関内BAYSIS「LiLi’s Cafe Before Xmas」

 LiLi初、待望のワンマンライブは、極上の演奏、会場いっぱいに埋め尽くしたファンの温かい熱気によって最高の形で終えました。数多いLiLiのレパートリーの中から厳選された20曲は、LiLiの過去、現在、未来が凝縮されており、ファンにとって一足早いクリスマスプレゼントになりました。
 <set list>1.Intro 2.light 3.BIRTHDAY 4.エンジェルスノウ 5.Step Together 6.you feel me 7.日本大通り 8.鏡 9.愛の証 10.trap(ワンマン限定新曲、インストルメンタル)11.little my baby 12.Before Xmas(新曲) 13.世界で一番…(新曲)14.あなたのうた 15.チョコクランチ〜いちご味〜 16.キセキ 17.愛の輪 18.#0829 19.手紙 en.Hey my friendz
 この日のワンマンライブでは「チョコクランチ〜いちご味〜」にちなんで先着100名に本物のチョコランチが発売されたほか、初のグッズとして2枚ワンセットのハンドタオルが発売されました。ライブ開始前には、ワンマンライブのドキュメンタリー映像などがスクリーンに流され、ファンは「今か今か」と開始を待ちわびています。そして幕が上がりました。既に定位置にスタンバイしている5人。左からキーボードのHajime、ベースのYukko、中央にヴォーカルのGori、右にギターのJiro、後方中央に構えるのは、ドラムのEmi。この5人しかできない、この5人だからこそ生み出せるLiLiワールドの始まりです。
Yukkoが自身のブログで自慢していましたが、第一音をベースから出して「Intro」が始まりました。次の「light」へと繋がる流れは、今年春に発売した初のフルアルバム「LiLi’s Cafe」と同じです。「Intro」ではハイセンスなインストルメンタル(インスト)にファンの熱気も上がって歓声がどことなく上がっていました。Goriは演奏に参加しませんが、ウォームアップするかのように仲間の演奏で軽く体を揺らしていました。2曲目の「light」では、グルーヴ感溢れ、優しく、柔らかな演奏が会場を包みました。3曲目は、アルバムではラストに収録されている「BIRTHDAY」。昔から記念日的なライブで演奏されることの多い曲ですが、ワンマンライブという記念日をファンとともに祝うかのように、壮大なソウルミュージックで我々を魅了してくれました。Goriとコーラスの4人との掛け合いはゴスペルティックで呼吸もぴったり。何よりも楽しいそうな笑顔がはじけていた5人が素敵でした。初のワンマンライブという緊張など微塵も感じさせない堂々たるステージぶりです。
4曲目は、冬の歌「エンジェルスノウ」。Hajimeが打ち込みからクリスマスベルの音を発し、Emiがサンタのソリが走る音を表現するなどクリスマスアレンジです。甘く、温かいムードが会場を包みます。この曲ではHajimeのピアニカのソロ演奏もハイライトの一つです。この曲の温かさをさらに強調しているように思います。ちょっと賑やかにいきますか!「今日はLiLiとデートしてくださいね」とGori。横浜でのデートをモチーフにした「Step Together」。ラテン調のノリノリの曲なので、会場も楽しげな雰囲気に包まれました。Goriは「初めてステップを踏んだよ」と小さく踊りながら歌っていました。6曲目と7曲目はアルバムの中でも大人のムードを漂わせる二部作的な曲。幸せなカップルの朝の情景をムーディーに、セクシーに表現した「you feel me」。本当にその通りであった悲しい恋の物語を切なく、エモーショナルに表現した「日本大通り」。ファンはその演奏に酔い、じっくりと聴き入っていました。「日本大通り」でのJiroのギター・ソロはまるで泣いているように悲しげで、この曲が描き出しているストーリー、情景をきっちり浮かび上がらせるようでした。この間のMCでGoriが「幕が上がったときに嬉しくなった」とワンマンライブを無事に迎え、満員のオーディエンスの前で演奏できる喜びを語っていました。そして「当日が近付くにつれて不安もあった」と正直な心境も吐露していました。それが杞憂であったことは言うまでもありません。ファンの盛り上がりぶりがそれを証明しています。
8曲目は「鏡」。LiLiが出演するインターネットラジオ番組、e-Radio FM「南青山のLiLiのSpeicalフライデーナイト」の企画で作られ、一昨年1月の「3周年記念ライブ」で披露され、アルバムにも収録されました。優しくも力強い演奏に、Goriのエモーショナルな歌声が乗り、大きな感動を呼び起こしました。ここまで8曲続けてアルバムからの曲。9曲目は音源未収録のバラード「愛の証」。Goriがこの曲のもとになっているという音楽活動を始める前の恋愛話を語ったあと、歌い出しました。Jiroは椅子に座りアコースティックギターに持ち替え、Hajimeはピアノ系の音を主体としたアコースティックアレンジでした。温かみのあるリズム隊(Yukko、Emi)の演奏も絡まり、Goriの情感こもった美しい歌声で、極上のバラードを届けてくれました。新しい試みがあるといいます。「ここでGoriが消えます」。会場は??Hajimeが「ワンマンでインストをやってみたかった」とその真意を説明しました。ワンマンライブのためにつくったという「trap」。ロックでファンキーな、筆者独断で表現すれば「横浜フュージョン」。4人それぞれソロ演奏などで会場を盛り上げ、腕利きぶりを見せて存分に酔わせてくれました。Goriの歌唱力だけを独走させず、5人一体となって調和した音楽を作っていく。4人の演奏力はそれを裏付けているのだと改めて確認しました。(つづく)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事