ota*tmのブログ

チェンマイの寺を巡る話題を中心に

全体表示

[ リスト ]

この記事は昨111日の鏡開きの日に書いた。タイの田舎でも、先祖には水引のかかったミニ鏡餅を供えて供養している。雨の朝ではあったが、ヒゲも剃って散歩にでかけた。
ヴェルレーヌの雨とも、白秋の雨とも異なる霧雨である。傘は持ったが差すほどのものではない。が、約50分を歩き終えると完全な濡れネズミ・・・。
帰ってきてブログを開ける。訪問者は日に20人ほど(yahoo blog)なので、全員のブログを確認する。まともな記事に “nice” をつけるのは“見たよ”ほどのこと。嫌なのは“病気ブログ”“宣伝ブログ”加えて“宗教ブログ”。一読三歎[★嘆に非ず]ブログが多い。そも、文章というものを理解していない。文章作成の“基本のき”を教えよう。
丸谷才一の文章読本には、「ちょっと気取って書け」とあるが、これに尽きる。決して人様のことは言えないが、気取って書くとなれば、一度くらいは読みなおしてみて、誤字・脱字の訂正くらいはするだろう。でもね・・・、ということである。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

銀砂館さんお早うございます。

今は亡き母方の祖母から伝わった言い伝えの一つに…

「霧雨と親の罰は当たらないようで当たる」 というのがありました。

もう一つ…「百で買った牛」というのもありましたっけ。…(^ ^;)

2017/1/12(木) 午前 9:45 [ さくどう親父 ] 返信する

顔アイコン

> さくどう親父さん、コメあり。
ソーいうことを言うから年寄りは嫌われるのです🐘。
「親の意見とナスビの花は千に一つのアダがない」、ツーのは知っとるが“百牛”は知らん。

2017/1/12(木) 午前 11:12 [ 銀砂館 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事