以下コメント
 1+1=2が仮定であって実験で証明できない。
だから議論するのは的外れで、数学の論理構造が美しいんですね。
なぜこのような気持ちの悪いことがエレガンスなんでしょう。
1+1=2が証明できないと言えば気持ち悪くて卒倒する人が何十億人出ても真理なんでしょうか。 削除
2017/3/22(水) 午後 6:29 [ D教材 ]  
___________________________
  大槻からの投稿
 1+1が2になるような世界はわれわれの日常世界ですが、相対性理論の世界
や、量子力学の世界ではないのです。前にも述べたようにc+cは2cではありません。
また光子や電子の世界、つまり量子力学の世界では単純な1+1=2という数学は
成り立ちません。細いスリット(隙間)1個を量子2個を通せばスクリーンには同じ
場所に2個の量子が到達します。しかし、狭い間隔でスリットを2本作り量子を通せば
同じ場所に2個は来ません。
 このような世界の電子を利用して現代のわれわれはあらゆる電子機器を使って
います。この世界が気持ち悪いのなら現代の電子機器は使えません。気を取り直して
ください。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

1+1=2投稿余話

以下3通の投稿です。
____________________________________
1+1は2です!
2017/3/20(月) 午後 9:44 [ 太郎 ]
_____________________________________
わかりました!よくわかりました!ありがとうございます。
 物理学の権威の先生に聞くのはちょっとおかしいですが、
 「何でも聞いてみよう精神」で聞きました!
そういえばアインシュタインロマンでそんな話しをしていたの
思い出しました。アインシュタインがそんなことに気づくとは
すごいですね。
2017/3/20(月) 午後 10:22 [ 公文D教材の鬼 ]
________________________________________
医師の息子が確か公文でした。
 先生、ありがとうございます。
 私は、熟の先生に無理をお願いしてAクラスという書籍を自
分の子(個別授業)だけにお願いいたしました。
かなりご負担だったのではないかと推測し、今では申し訳な
いと感じています。
そののち塾の先生が、面積に関する問題はゆとり教育の発想で、
 様々に考えられるようになり、この面では納得できました。
 指導要領で算数の時数が増えるようで、
 期待できるかも知れません。
2017/3/20(月) 午後 11:11 [ 減二 ]
______________________________________
 大槻からの回答
 1+1=2 は先に述べたように四則演算の定義(仮定)です。
これが正しいことなど実験で証明などできません。ただ実生活に
多くの納得いく事例があるだけです。
 この定義から出発して論理を展開して結論がでますが、
その結論も実験で証明などできません。証明できない仮定
から出発して得られた結論も証明できません。
 したがって数学の価値はその論理構造のすばらしさ、美
しさにあるわけです。仮定の正しさなど議論するのは的は
ずれです。



この記事に

開く コメント(1)[NEW]

質問
先生、質問です!1+1=2はあやしい部分があるんでしょうか?
1円玉と1円玉を合わせると100%2円になると思うんですが・・・。                             削除
2017/3/20(月) 午後 7:22 [ 公文D教材の鬼 ]
_______________________________
大槻からの回答
そのような四則演算が定義された初等数学では
 1+1=2
です。これはあくまでも定義の問題です。しかしこの定義は
現実の世界の姿を反映しています。リンゴを二つ合わせれば
2倍の重さだからです。

しかし現実の世界を深く知れば1+1が2にならない世界も
あるのです。cで走る乗り物の中でcで走っても2cの速さに
はならないのです。これから初等的な四則演算からはずれた
演算を定義した高等数学の世界にいたります。
 例えば最近の群論などにはそのような四則演算もあるのです。

この記事に

開く コメント(3)

使った燃料以上に新たな核燃料を生むと言われた高速増
殖炉もんじゅは失敗、この間政府が投じた『研究開発費』
はなんと1兆円。
   (以下引用)
もんじゅ廃炉決定 政府、高速炉開発は維持
2016年12月22日05時00分  朝日新聞
高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃炉が21日、政
府の原子力関係閣僚会議で正式に決まった。高速増殖炉開
発が計画されてから半世紀。使った以上の燃料を生み、資
源に乏しい日本の準国産エネルギーとして開発が始まった
んじゅは、多くの不祥事の末、ほとんど運転できずに役目
を終える。政府は同時に、高速炉開…
       (引用終わり)   
--高速増殖炉はまことに結構な原子炉である。何しろ、使
った燃料以上の燃料を作るというのだから運転すればする
ほど燃料が増える、というものだ。それが、何と、もんじゅ
という希望の星が廃炉となったのだ。1兆円以上の税金が無
駄に使われたのだ。
 何がこの無駄使いを決めたのか。それはいたって簡単な
ことであった。もともと高速増殖炉は中性子を高速のまま
で使うことにとんでもない無理があったのだ。通常の原子
炉は低速中性子を使う。これでは核分裂連鎖反応だけが起
こる。この場合放出熱の冷却(と同時にその熱で発電)に
は通常の水を使う。
 ところが高速増殖炉は核反応を起こすのに高速中性子
を使う。冷却には水が使えない。高速中性子は水の原子核
で減速されてしまうからだ。減速されないためには軽い元
素を使わなければならない。そこで液体ナトリウムという
ことになる。しかしこれはすこぶる危険なモノだ。空気に
あたれば激しく燃え上がるシロモノ。案の定、もんじゅは
液体ナトリウムが漏れて大火災をおこしたのだった。
 そのご10年以上もなんとかナトリウムをうまく使おう
としたが成功しなかった。これを徒労と言わずして何と言
おうか?
 そこまでして高速増殖炉に固執したのはなぜか?それは
核兵器用の純度の高いプロトニュウムを作るため、と批判
されたのだ。日本だけでなく、外国の政治、科学の批判者
たちから多くのこのような批判があった。
 何?、『純度の高い核兵器プロトニュウムのため』だと?!
それなら1兆円でも2兆円でも惜しくないはずだ。このよう
な不純な動機のプロジェクトは決して成功しない。不純な
プロジェクトはその場にかかわる人間の行動にも微妙な、
しかも決定的な影響を与える。つまり一種の退廃性が支配
する。退廃的な人間に難解な技術開発は無理なのだ。

この記事に

開く コメント(2)

一転して韓国社会批判

前回、『これ以上韓国批判を書かない』と書いたら、多数の
方がたから『そう言わずに書いてくれ』という要望をうけました。
そこで気を取り直して書きました。
____________________________  
さきに韓国、弾劾失職した女性大統領の奇妙な
言動を書いた。しかし、韓国マスコミはこの大統領が数か
月に一度の割合で中国に行き『血の同盟ができた』と宣言、
その後、ベルリンの壁の跡で『1年以内の北南朝鮮の統一
があるから準備せよ』と荒唐無稽の談話も併せて、何の批
判めいたこともしなかった。大統領も奇妙だったがその奇
妙さに気がつかないマスコミも奇妙だった。
 そのくせ韓国のマスコミは奇妙な報道をする。例えば
『数学オリンピック』『物理オリンピック』の報道。いつ
もいつも韓国が金メダルラッシュという報道。まるでノー
ベル賞でもとったような大きな騒ぎ。
 この物理オリンピックなど始まって10年以上たつので
10前に金メダルに輝いた韓国高校生はあれだけ騒がれて、
今では博士号(理学)をとり第1線の若手物理学者になっ
ていないのか。それにしては韓国にノーベル賞候補などほ
とんどいないという評価はどうしたのだ?韓国のマスコミ
、あれだけ物理オリンピックの金メダルを騒いで、ノーベ
ル賞候補もほとんど出ないことにまったく触れない。奇妙。
 先にも述べたが『科学技術先端度指数』で韓国がシンガ
ポール、香港についでアジアでトップクラスとなったと大
きく報道。日本は7、8番目(?)とか。なんだこれは?
こんな指数、世界のどこが、何の機関が出したものか?聞
いたこともない国際機関が書いてあるが信用できない。そ
れならシンガポール、香港、韓国でどのようなノーベル賞
候補がいるのか?
 韓国社会の細かいことをやりだまにあげればキリがない。
ホテル、レストラン、ゴルフ場、予約してもすっぽかし横行。
ソウルのレストランでは予約客の70%がすっぽかしとか
(chosunonlineより)。たしかにサイパンやバンクーバーの
ゴルフ場で予約無断キャンセルのほとんどが韓国人。
 トイレで使った紙は床に放り投げ、いやいやトイレどころ
かレストランでもテーブルのごみ、紙やペットボトルなど平気
で床に投げ捨て。この光景を実際私はソウル国立博物館
の簡易レストランの中学生集団の食事風景で見た。引率
の教員は何も言わない。いや!その引率男性教員もペット
ボトルを床に捨てるのを見た。
 

この記事に

開く コメント(1)

前回、韓国大統領の奇妙な言動を書きましたら期待した評価が得られなかった
ようですので、書く予定だったつづきはとりやめました。chosunonlineの奇妙さ
、慰安婦像の奇妙さ、社会生活のだらしなさ、『韓国ファースト』の奇妙さなど
書くつもりでしたが中止しました。

この記事に

開く コメント(2)

4年ほど前、韓国の朴大統領が当選したとき、『え?!韓
国に女性大統領?』これで日本は韓国に負けた!時あたか
も韓国企業サムスンとヒュンダイが『おせオセ』の時代だっ
た。日本では女性首相はもちろん、女性天皇まで否定され
ていたのだから負けたのは当然だった。
 ところがこの女性大統領、奇妙な言動が目立ちはじめた。
何と年6回もの中韓首脳会談をやってので意気揚々とぶち上
げた。『これで韓国と中国は兄弟の関係、というより血=
血縁関係になった』と。何?!血のつながりだと?!一心
同体という意味か?
 それなら明らかに韓米関係は消滅だ。日韓関係は問題外。
なぜなら血縁関係は親族、親子、兄弟の関係だから、これ
ほど強い関係などないからだ。それに比べればアメリカや
日本との関係は疎遠な関係になるのだ。
 それでは肝心の北朝鮮はどうなるのだ。だれが見ても北
朝鮮は中国の庇護下にあり、子分関係ではないか。韓国も
同じような弟関係、子分関係になったという意味か。これ
で南北朝鮮問題は中国の子分、兄弟関係となる合意ができ
たのだろう。
 この発言があって1年ほど経過して、朴大統領はドイツに
出向きベルリンの壁で記者会見。『1年以内の南北朝鮮の
統一があるから韓国民とその周辺国はそれに備えて準備せ
よ』とはっきりと言い切った。え?南北統一だと?!しか
もはっきり1年以内と言い切った。そうか、そうか、『中
国との血のつながり』によってすでに韓国は中国から北朝
鮮をもらう約束が出来上がっていたのだ!これですべてが
はっきりした。
 これはエライことだ。朴大統領の外交手腕によって、ア
ノ絶望的な南北関係が一気に解決したのだ。北が南に併合
されるとき、血の海になると北首脳が断言したばかりだっ
た。これが無血併合の約束とは!
 それから1年たっても別に何事も起きなかった。私はchosun
onlineでかたずを飲んで南北関係の動きを見守った。何もなし。
まったく何一つ変わったことが起こらなかった。相変わら
ず北は核実験とロケット実験を繰り返した。
 朴大統領はベルリンの壁の南北統一談話以降、南北統一
について何一つ言わなくなった。あのベルリンの壁の談話
は何だったのか?!しかもその後、中韓関係は悪化の悪化。
いまや断交寸前ではないか。韓国ロッテの4店舗はほとんど
強制的に閉鎖状態ではないか。
 南北朝鮮は統一どころか戦争の瀬戸際。中韓関係は断交
寸前。そしてこの大統領、憲法裁判所で弾劾判決がくだり、
捜査機関による取り調べが始まった。韓国初の女性大統領、
まじめにその言動を評価した自分が愚かだった。この人物、
どこかおかしかったのだ。中韓の血のつながりも1年以内の
南北統一も意味不明の夢物語だったのだ。真面目に受け取っ
た自分の愚かさよ。
 たしかに日本人も韓国人も、そして当の中国、北朝鮮も、
この大統領の談話などまったく無視して報道すらまじめに
やらなかった。本気に、真面目に受け取ったのは何と私だ
けだったのか!?
 しかし奇妙なのは大統領だけではない。韓国のマスコミ
も市民感覚もどことなく奇妙なのだ。(以下次号)


この記事に

開く コメント(0)

  (以下投稿コメント)
最近,日本学術会議で論議されている「大学と軍事研究と
の関わり方」について,先生は,どう思われますでしょう
か。以前に,先生御自身もこの件について意見を述べてお
られたように私は記憶しておりますが,その記事が検索出
来ませんので,再びお伺いする次第です。 私は,今日の社
会で普通に使われている技術の大半が,その開発研究の発
端が軍事目的であったことを思うと,そもそも,研究にお
いて軍事用と民生用の間に境界線や壁を設けることは不可
能と思います。どんな研究も,その成果は軍事用にも民生
用にも利用されます。そのため,研究費の出所(文科省,
民間,防衛省,米軍など)を最大の問題にするのではなく,
その研究成果の公開と利用に関する規約の民主的な制定が
必要だと思います。例えば,研究成果の軍事利用について
は,その研究成果を出した研究者の承認を必要とする,な
どの規約の制定がまず第一に必要ではないかと思います。
杓子定規に「軍事研究反対!」というスローガンを固持し
ているだけでは,片手落ちではないでしょうか。
-- (引用終わり)
__________________________
   大槻からの回答 
これについては丸善月刊誌『パリティ』5月号(4月発売
)に掲載予定です。連載エッセイ『パリティのココロ』と
いう欄です。学術会議の軍事研究反対は単にスローガンで
はありません。学術会議は任意団体ではなく、『日本学術
会議法(法律121号)によって政府機関の一つですから
ここでの決定は参加科学者と政府の科学政策を制約します。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事