全体表示

[ リスト ]

 高速増殖炉もんじゅが破たんした。1兆円もつぎ込んだ核
燃料サイクルの破たんの意味は大きい。何故こんな壮大な
無駄遣いをやらかしたのか?
 友人の槌田敦は、もんじゅは軍事用プルトニウムを生産
する目的で作られた軍事目的の原子炉であるとしている。
槌田の主張によれば、もんじゅは建前ではウランの有効利
用を謳っているが、高速増殖炉はプルトニウムを2倍にする
のに理論上で90年かかる。また、使用済みの燃料に残るプ
ルトニウムの90%は炉心にあるが、炉心のプルトニウムを完
全に再処理する技術は世界になく、さらには高速増殖炉の
燃焼の激しさから、さまざまな貴金属ができてしまい、そ
れらがプルトニウムと混ざり合って硝酸に溶けないことか
ら再処理は不可能で、90%のプルトニウムは廃棄しなければ
ならないことから意味がないとしている。もんじゅの真の
目的は、高速増殖炉を使うことで純度が高く(98%)再処理
が簡単な軍事用のプルトニウムがブランケットにわずかに
でもでき、これを軍事利用すること。。。と断じている。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事