全体表示

[ リスト ]

    (朝日新聞10月8日からの引用)
生活保護を受けている母子家庭のうち、母親の4人
に1人が心身に疾患を抱えていることが7日、厚生労働省
の調査で分かった。来年度には生活保護の水準を見直す予
定で、厚労省の担当者は「子どもの貧困につながらないよ
う、実態把握を進める」としている。生活保護を受けてい
る全世帯を対象に行う2014年7月の調査から、18歳
以下の子どもがいる約10万3千の母子世帯を分析。25
・3%の母親に障害があったり病気を患っていたりした。
     (引用終わり)
 生活保護を受けてる母子家庭を厚生労働省が調査したと
いう記事だが、『何をいまさら』という感じだ。もともと
生活保護を受けるための担当官による審査は極めてきびし
い。母親が元気で働けるなら、まず彼らは生活保護など与
えないと宣言、即刻職安に行かせるのだ。このような例、
経験は数多い。
 だからすでに生活保護を受けている母親は元々働けない
ような理由、とくに病気を抱えているのだ。だから上の厚
労省の調査『4人に1人が心身疾患』は多分ウソまたはウ
ソに近いのであろう。4人に4人近くが心身疾患』という
のが本当なのだ。
 したがってこのような厚労省の調査はいかさまに近いの
だ。もともと厚労省は母子家庭の味方ではなく、敵なのだ。
なるべく母子家庭への援助を切り詰めるため、母子家庭を
苛め抜く。私自身が母子家庭で育ったのだからいやという
ほど知っている。父は私が小学生のとき戦死した。
 厚労省よ、こんなろくでもない調査に費用と手間をかけ
るなら、その分何百の母子家庭世帯を救え!
 【した】母子家庭に春が来るのはいつ?
イメージ 1

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事