ここから本文です
JAZZとAUDIOが出会うと。。。
御礼Blog開設10周年(2015/2/11〜) ほとんどJAZZの新譜のちょっと遅い紹介です。

書庫ごあいさつ

すべて表示

Pat Metheny Groupの非正規盤も実は多数所有していまして、一時はいろいろ買い漁ってましたがキリがないのでひとつのツアー(概ねアルバムが出るとツアーに出る)に1枚は買うくらいにしています。 で、70年代後半と2000年以降は概ね時期ごとの音源を所有できているつもりなんですが、一番人気のあった、そしてツアーも精力的だった80年代90年代の音源が結構手薄でメンバーの変遷に追従しきれていない。 ざっと所有ディスクを眺めて、1981、1983、1984、1987、1992、1995、1998、2002ってな感じ(これでも十分な気がする)で、まだ渇望感があったのでこれも買ってしまいました。 この頃のPat Methenyはブラジルに傾倒していたころで、いわゆるブラジル3部作と言われている3枚がリリースされていまして、PMすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • Hiromi Trio Proje...

    2016/5/28(土) 午前 7:10

    上原ひろみさんの新作です。国内盤は2月頃にでていたんですが輸入盤が安く出るのを待って入手しています。 多くのCDを買ってる(でも10枚/月程度ですよ)と、できるだけ1枚あたりの単価は抑えたいという意識が働くのと、コンスタントに未聴盤は多くある(これ書いてる時点で10枚ある(図書館から借りたのとか、中古入手とか含む)かも(驚)) ので、新譜を早々に買っ ...すべて表示すべて表示

  • Florian Hoefner "...

    2016/5/24(火) 午前 6:20

    ドイツ出身のピアニスト、Florian Hoefnerの3枚めのリーダー作とのことですが、これは純粋にSeamus Blake買い。 リーダー含め他の面々はあまり気にせず購入したので、少し調査すると..。 Florian Hoefnerは、Kurt Rosenwinkel参加で一時凄い話題になっていたRoman Ottの"Seeing People" ...すべて表示すべて表示

  • Camila Meza "Trac...

    2016/5/21(土) 午前 6:31

    南米チリ出身のボーカリスト、ギタリストのリーダー作ですが、これは完全にメンツ買い。 そもそも、ボーカルものを積極的には買ってない(と、最近は言い難いくらいには買ってる(自爆)) ので、本作もCamila Mezaという名前では買ってはいないのでありました。 というメンツは以下の通り。ピアノトリオにあたるShai Maestro,Matt Penm ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事