西秩父熊猫保護協会

パンダと飛行機模型と秩父のブログです。続くのか?
だいぶたってしまいましたが、西東京ゲリラ新年会でいただいた物を紹介させていただきます。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

千葉しぼり優勝者、改造モルモットさんからいただいたギャビオンです。
千葉しぼりの旧キット選手権用に差し上げたのですが、さすがすげーカッコイい作品になって帰ってきました。
すごいと思ったのが、この作品が俺設定があり、それに則って作られていること。
ご本人からうかがったのは、場所はニューギニアのジャングルでギャバンが悪の犯罪組織、マクーが珍しい昆虫などを密漁しているのを取り締まるためジャングルを突き進んでいる。地球の担当がギャバンひとりで、多忙なため洗車などしている時間などなくドロドロに汚れているということでした。なるほど説得力があります。
あらためてみて、やっぱりうまいですね。どうやって塗ってるんだろう。
ありがとうございました、改造モルモットさん!
大切にします。

この記事に

開く コメント(2)

ちょっと遅くなりましたが、西東京ゲリラ新年会でいただいたものを紹介します。
あにきさんからいただいたタミヤ1/48、Sタンクです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


昨年の新年会のときに自分が差し上げたをなんと仕上げて返してくださいました。
しかもキットはモーターライズですが、ラジコンになっています。
仕上がりも素晴らしく、ウェザリングもばっちりです。
昔、模型屋で働いていた頃、担当の人に問屋さんから見つけてきてもらったもので、それから30年くらいうちで寝かせていました。
今見ても個性的な形で、いかにもスウェーデンって感じです。
小さいころ、近所のお兄さんが大きな戦車のリモコンで遊んでて、うらやましいなって思ってました。
そんな気持ちをかなえてもらえました。
ありがとうございました!
あにきさん!

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

西東京ゲリラ新年会

報告遅くなりましたが、日曜日は西東京ゲリラ新年会でした。
西武線の最終駅アンドロメダじゃなく西武秩父の自分が参加できるのは恐れ多いのですが、一応西武線ということで。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


前半戦は積みキット持ち寄っての押し付けオークション。
みんな積みへらすのにもってきたのに増やしたり変わらなかったり。 
改造モルモットさんの仕切りで大盛り上がり。
後半は焼鳥屋さんで飲み会でした。

イメージ 5


幹事の改造モルモットさん、会場提供していただいた、あにきさん、参加者の皆さん、楽しい時間をすごせました。
本当にありがとうございました。
頂き物はすごいことになっているので、後日掲載します。

この記事に

開く コメント(10)

1/144VC-10K2

仕事が朝早いので、なかなか時間取れないのですが、体調みながら少しずつ進めています。

イメージ 1

イメージ 2

キャノピーのリカバリーはKYモデラーズさんのギャラクシーを参考にさせていただきました。
1.7ミリ透明プラ板を切り出して各面ごとに貼り付けました。
やりやすくてナイスな方法です。
主翼も張り合わせました。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

大井川鉄道のクリスマスイベントのつづきです。
イベント会場の千頭駅では先に着いていたジェームス号とヒロとパーシーが出迎えてくれました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



それから自分たちが乗ってきたトーマス号が方向転換して勢揃いです。
転車台が見れなかったのはちょっと残念です。

イメージ 5

イメージ 6


撮影ポイントには係の人がいて撮影してくれます。
お父さんだけ写ってないなんてことがないのはうれしいです。
井川線のほうにはラスティといたずら貨車がいました。
短い時間ですが乗ることができます。
あとから普通の機関車も来ました。
本当にソドー鉄道気分満喫です。

運よく帰りのチケットもとれたので帰りもトーマス号に乗れました。
先にジェームス号が出発します。

イメージ 7


帰りもバーティが競争してくれます。列車の旅を楽しみながら、新金谷駅に帰ってきました。
列車を降りるとトーマス号は切り離されて朝見た転車台で方向転換します。方向転換の最中も汽笛を鳴らしてくれてサービス満点です。

イメージ 8

イメージ 9


トーマス号が機関庫にもどってお別れです。

イメージ 10

イメージ 11



新金谷駅の売店は小さな鉄道博物館になっています。

イメージ 12

お土産を買って夜は焼津に泊まりました。
子どもたちはもちろん、大人も楽しめるイベントでした。
今回感じたのは、大井川鉄道の本気度です。
駐車場の係の人、駅員さん、車内販売の人、車掌さん、機関士さん、みんな本当に大井川鉄道が好きなんだなぁと思いました。そんな気持ちが伝わってきます。
沿線の住民の方も大勢手を振ってくれます。
それに電車や機関車も本当に大事にされているのがわかります。お客さんを大事にしています。
それには根拠があります。
トーマス号、ジェームス号の目の位置が変わっています。
ホームにいるときはお客さんの方、斜め下の子どもたちをみているのです。
これに気づいたとき、感動しました。
みんなに愛されている鉄道にのって心からたのしかったです。
賛否両論あると思います。
でもみんなを笑顔にしてくる、トーマス号、ジェームス号。
子どもたち夢を乗せて、いつまでも走り続けてほしいものです。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事