韓国で頚椎椎間板ヘルニア手術してきました。

手術は人工椎間板置換術(ADR)です。以来、神経根症状からは解放されました。

全体表示

[ リスト ]

 先日紹介した福島第一原発事故の被曝者女性・子供・支援者・女川原発地元反対者等を描いた短編ドキュメンタリー映像を、一部文字起こししました。全てではありません。お読み頂けたら幸いです。(制作者に著作権上の許諾をとれずにいます。今後とる努力をしていきます。連絡先をご存知の方はお知らせください。)
 
『Mothers of Fukushima-Trailer』(2012)
LABOR VIDEO PROJECT(サンフランシスコ)
http://www.youtube.com/watch?v=L94h124zMvA


(1人目の女性)
 
 原発事故から一年7か月、一日も心が休まる日はありませんでした。子どもたちの笑顔を見たら、申し訳なくて涙が出るし、雨が降っても風が吹いても不安です。甲状腺検査を受ける子供たちの姿を…苦しくて胸が引き裂かれそうでした。どうしてこんな風に生きなければいけなくなったのですか? 全部原発のせいだと。「原発さえなかったら」。毎日思っています。
 でも、今日ここへきて、福島に寄り添ってくれる沢山の方たちがいるのを、すごく勇気がいただけたので、私は必ずこの苦しみを乗り越えて見せます。絶対にあきらめないで、原発反対の声を挙げ続けていきます。

(2人目の女性)

 とにかくここから出なくてはならないと、そこで我が家の場合、上の息子と深い対立になったんです。上の息子は、「どうせ国に捨てられた命だ。どうせ病気になるんだろう。どうせ死ぬんだろう。好きにさせろ。国が動かない限り、俺も動かない。」とそればかりでした。
 そのいざこざを聞いてた下の息子が、あるとき寝る前に布団の中で私に言いました。「あのさ、ぼくがんになってもいいよ。病気になってもいいよ。兄ちゃんのために諦めるよ。」と。
 私は「これはダメだ」と、「下の息子だけでも連れて出なきゃいけない」と、そう思って両親と相談して、上の息子を両親に託して、下の息子だけを連れ出すことにしました。

(2人目の女性の下の息子)

 兄ちゃんが残るんだったら、まあ、そのままいて、病気になってもいいかなーなんて。やっぱり、兄弟だから、世界でたった一人の兄弟だから、あの、離れたくなていうか。
 
(2人目の母)

 私は相馬から出てきた日からずっと、体が二つに引き裂かれました。体は秋田へ来たけれど、心は相馬に置いてきた。朝から晩まで相馬に遺してきた息子の体を心配し、夜もろくに眠れない日がもう一年以上も続いています。
 福島県内では、安全派と危険派のどちらを信じるか、もうまるで宗教のようになっています。みんな困り果てて泣いています。もちろん避難してきた人も泣いています。福島においてきた家族や友人知人の身を案じて、避難してからもずっと泣いています。私も泣き疲れました。
 最近では上の息子は胸が痛いと訴えています。心臓が痛いといって病院へ行きますが、原因がわかりません。被曝かどうかわかりません。もう、ただただ心配でなりません。
 福島は捨てられました。国に捨てられたんです。私達は捨てられた。棄民はこうしている今も続いている。私はどうしてもそれが許せない。
 国を動かしたい。それには、国民の一人一人が本気で立ちあがらないといけない。絶対に間違った人に貴重な一票を入れてはいけない、そう思います。
 
(2人目の母の下の息子)

(英語:どんなふうに人生を楽しみたいと思いますか?
どんな風に生きていかなければいけないと思いますか?)

 まあ、国に自由を奪われたっていう感じに思います。国と東電とか、そういう政府関係の責任だと思います。大人になったら、まあ、医者になって、多分この福島の事故で、いっぱい病気の人が出ると思うから、そういう人たちを治してあげたいです。


 文字起こしをしているときも、今も、涙が出てきます。こういう声を全くと言っていいほど報道しない日本のテレビ局、マスコミの連中を人間の屑だと思います。生活のためとはいえ、人として、できること、すべきことがあるだろう、と。特に読売新聞、産経新聞、NHK。

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事