全体表示

[ リスト ]

バリでの生活「出産編」

バリに住んでいるので生活のことで色々と聞かれたりします。皆、興味があるんだろうから聞くのだと思います。日記のネタも探すの大変なので、これから数回はバリでの生活や、それにかかる費用などについて書いていきたいと思います。

今日は出産について。
日本での定期検診とか出産の方法、入院等全然知らないので私にはこれから書くことが普通です。
妊娠が分かってから月に1度定期検診に行きます。で、母子手帳見たいのを貰うのですが、定期検診の場所は病院ではありません。お医者さんは皆、昼間は病院に勤務して、夜から自分が個人でやっている診療所で診察をします。
で、定期検診はこの診療所のほうに行きます。出産の時は、出産する病院を選んで、そこの定期検診の時のお医者さんに来てもらいます。
で、定期検診なのですが、お腹の中をあの、何?あれ、えーお腹の中見えるので見て、問診して、薬貰っておしまい。診察代がRp40,000(約550円)で、薬も同じくらいの代金です。
そのお医者さんかなり人気で、19時くらいから23時くらいまでの検診で約60人から70人の妊婦さんが来ます。
単純に計算して、診察代だけで約¥32000で、1カ月20日働いたとしたらそれだけで約60万円ですよ。こっちの人の平均月収の約50倍。
そんなことはどうでもいいのですが、いよいよ生まれるか、という段階になって産む病院をいろいろと見て回ります。日本だったらどこも変わらないから近くの病院にするのでしょうが、こちらはピンきりなのでよく吟味しました。
で、選んだのがデンパサールにあるプリマメディカという病院です。すごく清潔で一発で気に入りました。
入院する部屋のランクによって値段が変わるのですが、奮発して上から2番目の部屋にしました。部屋は個室でバス、トイレ、エアコン、テレビ(衛星つき)、付き添いの人のベッド付。ホテルなみの綺麗さです。
出産後すぐに入院するのですが、こちらの入院はたったの2日だけ。もっといてもいいのですが、奥さんの希望ですぐに家に帰りました。
肝心の値段ですが、はっきりとは覚えていませんが、薬代も込みで確かRp6,500,00(約8万5千円)だったと思います。
そこそこいい値段ですよね。

こちらには保険という制度がないのでかかった費用は全て自分で払わなくてはいけません。
貧しい人は病院にもいけないのがインドネシアの現状のようです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事