エプロン・スイッチ

子供達が巣立ったばかりの頃
環境の大きな変化に負けてはならない!と、
ずいぶん頑張っていた自分がいたように思います。
食事も 一人分でもしっかり作り、
母がしっかりしていることを伝えることで
子供達を応援していたのかもしれません。
 
しかし、だんだんと
自分の為に食事を作る、という行動がワクワク出来ず
適当でいーや!になってしまった。
 
毎日 お弁当を作り、すぐ夜ご飯を考え、夜はまた朝ごはんとお弁当を考え。
 
良くやっていたな〜〜・・・なんて思う
 
そんなある日、気づいた。
そういえば 最近エプロンつけるの忘れていたわ。
子育て中は 朝どんなに辛くとも
夜どんなに疲れて帰っても
エプロンをつけると
パッ!!と「お母さんモード」に変身できたことを。
 
そうだった。エプロンだ。
久しぶりにエプロンをつけてみたら
急に気持ちがシャキッとしだした
背筋が伸びた気がした
 
さて、やろう!
母の背中の後ろには子供達が整列していることを
思い出させてくれた「エプロン」
私のスイッチは これだったのかな?
 
年末の再会に向けて
ママはまた ワクワクしています。
けど、子供達の好きだった料理、ちゃんと作れるかなぁ・・・笑
 

この記事に

開く コメント(0)

激辛が食べたくて

何だか とってもとっても辛い物が食べたくて、
それも激辛 いえ、激激辛。

自分の為に作ってみました、辛さ5倍 いや 6倍カレー!
イメージ 1

激辛好きにはたまらない
汗が出るカレーの出来上がり‼️
はぁーー…
美味い(´◡`๑) 
イメージ 2


おやつには
おみやげに頂いたスコーンとチャイ
イメージ 3

イメージ 4

今度は子供達と食べたいなぁ〜(*^^*)
激辛
付き合ってくれるかなぁ!

この記事に

開く コメント(0)

裏方さんの大切さ

イメージ 1

明日と明後日の二日間
舞台があります。
私は今回は裏方のお手伝いをさせていただいております。
平の舞台を立体に立ちあげて行く作業。そしてリアルに装飾して行きます。
観客の目線になって舞台を見つめて、最高の舞台になるよう真剣に取り組みます。
大道具での力仕事だけでなく、小道具の細工 役者さんが動きやすい様に靴の細工、受付の準備、配布するチラシの準備、メイク道具の準備、

私はずっと役者さんをやらせていただき、こんな苦労をした事がありませんでした。
サポートしてくれる人が居てこそ、役者に集中して来れたのだ、と、本気で思いました。感謝します。このお芝居は17年前に公演したものの再演です。とても素晴らしいお話で、大好きです!
この時私は 13歳の役でした!
とても懐かしい〜(*^^*)
観にいらして下さいね〜

この記事に

開く コメント(0)

 
 
 
イメージ 1
イメージ 2
 
2ヵ月半で 4キロの体重ダウンに成功されたお客様がいます。
ちょうど 毒素出しのキャンペーンをやっていた時期ではありましたが、
私が施術をしたのは3回のみ あとはご本人の中での変化だと思います。
初めてお逢いした時の印象とは全く違い
姿勢が良く、笑顔が良く、5歳以上は若く見えます!
 
もう、嬉しくて嬉しくて・・・涙・・・
 
彼女は自分の意識が変わったのですね。
凄い!!とおもいます!
 
人は なかなかひとりでは変われなくて、苦戦してしまいます。
 
誰かに 無理矢理ではなく 
背中のボタンのスイッチを ポンッ!!と 入れてもらえたら
それだけで 変われることがあるのです。
 
そして。
それを見守り 励まし 喜んでくれる人が居ることで
とてもキラキラした時間を過ごすことができます。
 
これからも
たくさんの人が キラキラした姿を見ていきたいです!!

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
 
この子は ママのアロマトリートメントにくっついて 一緒にやってきた可愛い「Sくん」です。
実は 生まれたばかりの頃 抱っこさせていただいたのです。大きくなったね〜〜!
来るなりベッドにゴローンと寝転がり・・・(笑)
便秘してるってことなので ちょこっとモミモミして遊ばせていただきました。
波動の機械で 腸の動きを良くする周波数も流します。
 
さて。ママの番です
気持ちよい時間を過ごしていたら・・・
 
「うんち!!」
はい! ここから空気が子育てモードに一気に変わります。
 
抱っこしておトイレに座らせた時 よみがえった記憶。
「懐かしい〜〜〜♪」
その後もバタバタとしながらの時間でしたが
とても楽しかったのです。
 
昔、子供がベッタリだった頃
「あーーーちょっとでも一人になりたーい!」と思うことがありました。お母さんなら皆あるよね。
だけど、ホントにちょっと離れたら、
嬉しい反面 妙に気になって気になって・・・逆に 逢いたくなっちゃったりして(笑)
 
子連れでここに来てくださるお客様と出会うとき、いつも思います。
 
お母さんだけの のんびりした時間を過ごして欲しい、
でも そのために 誰かに預けることがストレスになるなら、気になるのなら
連れていらっしゃい!
もちろん 連れてくることがストレスなら お勧めしませんが・・・。
 
わたしのところは そんな 自由な空間でありたい
 
Sくん!また今度 成長した君に逢える日が楽しみですよ!
ママちゃん ありがとうございました!
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事