米国知的財産権(特許、意匠、商標、著作権、トレードシーク、訴訟)

特許(Patent)、意匠(Design)、商標(Trademark)、著作権、トレードシークレット等の情報提供型ブログです。

全体表示

[ リスト ]

米国特許庁長官代理のMargaret Focarinoは、審査官に対するガイダンスを発行する予定であり、当面以下のように判例の内容の確認および審査官の対応についてのメモランダムを発行致しました。

(1) 裁判所はGraham factorsを再確認した。
(2) また、“teaching, suggestion, or motivation” を完全には否定していはいが、厳格な適用を否定した。
(3) 103条の適用する際、当業者が組み合わせを促す理由を明確に記載しなければならない。

このように、審査官は、複数の引用例を組み合わせ拒絶する際、何故当業者が組み合わせできるのかを明記しなければならなくなりました。

米国特許庁からガイドラインがでましたら、ブログで取り上げます。

今泉

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事