自衛隊の犯罪を斬る

防衛省情報本部が自動追跡レーダーからマイクロ波ビームを人体に照射

全体表示

[ リスト ]

マイクロ波聴覚効果は、
内耳の蝸牛が関与することを報告した論文を紹介します。
 
「マイクロ波パルスにより発生する蝸牛のマイクロホン電位」
”Cochlear microphonics generated by microwave pulses”
 
Chou C, Galambos R, Guy AW, Lovely RH
 
 The Journal of Microwave Power [1975, 10(4):361-7]
 
蝸牛
 
耳は、
 外耳道(要するに耳の孔)が形成されている外耳と、
 鼓膜のある中耳と、
 蝸牛のある内耳
に分かれています。
 
蝸牛は、カタツムリに似た渦巻きの形態をしており、
鼓膜から伝わった振動を電気信号に変換し、
この電気信号が聴覚神経を伝達します。






この図は、下記リンクより引用しました。

マイクロホン電位
 
マイクロホンは、テレビ、ラジオのアナウンサーなどが使うマイクロホンと
同様の意味であり、
マイクロホンは、音声、即ち、空気を伝わる振動を電気信号に変換します。
 
マイクロホンの機能と、内耳の蝸牛の機能は基本的には同じであり、
何れも、振動を電気信号に変換します。
 
「蝸牛のマイクロホン電位」とは、蝸牛で発生する電気信号の電位を意味します。
 
概要
 
マイクロ波聴覚効果には蝸牛が関与しており、
蝸牛が聴覚細胞に電気信号を伝えています。
 
この論文は、蝸牛がどのようにマイクロ波聴覚効果に関与しているかという
生理機構を明らかにしています。
 
918メガヘルツのマイクロ波パルスをモルモットに照射し、
内耳の蝸牛の正円窓にて50キロヘルツの振動を観察しています。
 
蝸牛には2つの蝸牛孔が形成されており、その一つを正円窓という。
 
蝸牛の内有毛細胞は、蝸牛神経に電気信号を伝達する機構に関与しているが、
マイクロ波聴覚効果でも、通常の音の伝達と同様に、
内有毛細胞が関与している。
 
ところで、マイクロ波の照射が原因となって、モルモットは死んでしまいました。
人間も過剰なマイクロ波照射で亡くなります。
 
Oscillations at 50 kHz have been recorded from
the round window of guinea pigs
during irradiation by 918-MHz pulsed microwaves.
The oscillations promptly follow the stimulas,
outlast it by about 200 musec and measure to
50 muV in amplitude.
 
They precede the auditory nerve's response and
disappear with death.
 
They are interpreted to be a cochlear microphonic and
hence to demonstrate
that the microwave auditory effect,
in the guinea pig at least,
is accompanied by a mechanical disturbance of
the hare cells of the cochlea.

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事