ここから本文です
Happy Hillの"釣れても釣れなくてもHappyな釣行記”
タイトルは自分への戒めも入ってます。釣れなくてもイライラせず、腐らずに最後までやり抜くぞっと^^
明けましておめでとうございます。
 
今年も宜しくお願いします。

今年の初釣り行ってきましたのでご報告させて頂きます。
 
相変わらず太刀魚ですが、、、、、
 
バトルのファイナル以降久しぶりの太刀魚です。
 
前半

洲本まで1時間強の船旅、須磨の海は穏やかでしたが、こちらは凄く荒れてます。
今回も私は舳先で釣っていますので、穂先がまったく安定しません。アタリは出るんですが、そこから合わすタイミングが分らない状態でした。 今年の1匹目は水深96メートルで85m付近でいきなり竿が突っ込みます。 揺れの中慎重に上げて何とか一匹目をGETです。

イメージ 2

 
朝は立って釣れる状態で無かったので、クーラーボックスに座ったままで、竿先が一定のテ
ンションを保てるように工夫しながら釣っていきます。何とか追加点を上げて前半は4匹で終了です。
 
中盤
この頃から大分波風もましになってきました。棚は相変わらず、96mで85m〜75mの間でアタリます。大きなアタリは出ずにコツって感じで来ます。そこからの追いは余り良くなくて我慢に我慢を重ねてチャンスを待ちます。ファーストアタックのままそのままって事も何度もありましたが、やる気のある太刀魚は確実にものにしていきます。何とかツ抜けまで持ってきました。10匹で中盤終了です。
 
後半

緩んで来た潮が流れ出しました。チャンスです。何とか残りの2時間で20匹釣りたい所です。少し今日のパターンが読めてきました。
85mでストップさせてゆっくりとしたただ巻きに軽くフォールの誘いを入れて行きます。そうすると穂先に小さなアタリがでます。これを
訊き上げて行ってる内に、前アタリがだんだんと大きくなっていき、本アタリがでる感じでした。しばし連発モードに入り、16匹まで来ました。しかし、また釣れなくなります。
残り20分です。底で1匹追加、その後直ぐにもう1匹追加です。船長からラスト10分のコール75m付近で追加、その後直ぐに投入、、、、、、80m付近でストップ、すると直ぐにアタリが出て目標の20匹に到達です。
 
結果 20匹 次頭  竿頭の方22匹でした。

イメージ 1

この記事に

太刀魚キングバトル終わりました。
 
ご存知の通り連覇とはなりませんでしたが凄く楽しく

充実した大会になりました。明光通信社の方々を始めこの大会に関わっている

多くの方々のおかげだと思っております。

今回、私の釣りTKBの釣行記は釣り場速報さんの太刀魚テンヤの輪の方
 
に掲載されますので発売後にブログの方では書かせて頂こうかと
 
思っております。宜しくお願いします!!
 
さてさて、これで現役キングの称号は優勝者の川崎さんに

バトンタッチです。次の1年間陰ながら応援しています。

イメージ 1
 
レプリカとしてクリスタルの盾をいただきました。

この記事に

忙しくてブログの更新が後手後手に回ってしまっている。

今回は11月25日、29日分の釣行記をまとめて更新します。
 

11月25日(金)

前半
前日も良く釣れているので期待大です。 いつもサンマは40切れ持って行くんですが、前回は余り釣れなくて半分しか使わなかったので今回はそれ+新しいサンマ20切れです。最近、サンマの質が良くなくて普段は塩で〆ないんですが前回のサンマは塩で〆ました。それで今回の新しいサンマは値段が1.5倍、1匹150円のを5匹購入して用意しました。流石に高いだけあって質は抜群です。
 
今回は舳先が取れず、左舷の2番目です。朝一は直ぐにアタリますが、追いは今一、、、、、しかしながらポツポツとは釣れます。でも周りの釣れっぷりを見ている少し出遅れたかも、、、9時にツ抜けと少し遅いペースです。
中盤
この辺からかなりの喰い渋りが襲ってきます。周りのペースもだんだんと落ちてきます。ここはチャンスと追い上げ開始です。渋い渋い釣りの始まりです。微速巻きで上げて行きます。諦めて、、、、仕掛けを下ろそうと思ってから後5m我慢します。そしたらアタリがでます。やはりこれは下から付いて来てるんだと思います。ここで太刀魚の気持ちを推察しますと “餌は気になる、しかし何かが原因で捕食にスイッチが入らない”、我慢比べです。
 
アタリが出てからも我慢比べです。でもこの我慢比べに勝つと釣れます。そんな状況の中盤でした。しかし、、、、トイレに行くついでに艫のベテランさんの釣果を訊いてみると20匹超えています。O森女史も21匹だそうです。私はこの時点で18匹でした。
 
後半
少しましになってきましたが、、、、それでも厳しい状況は続きます。ラスト30分船長から、現在Topで25匹、何も出んけど1位目指して頑張れ〜と珍しく檄が飛びます。私は23匹でした。直ぐに1匹追加で、、、、最後の流しに入ります。アタリは有るものの掛けられず結局24匹で終わりました。
 
結果 24匹 (4位) 1位O森女史27匹、2位26匹 3位25匹と今回は完敗しました。O森女史、万遍の笑顔で帰って行かれました。
 

11月29日(火曜日)

 
本日は5週目でお休みが取れましたので釣行する事に

大潮の2日目なので余り期待はできませんが、、、、

朝船着き場で待っているとSさん、それに今回のバトルの決勝に
 
出られるKさんも来てられました。
 
前半
本日はSさんと一緒に舳先に陣取りました。船長曰く、朝は太刀魚の居る場所を探すんに時間かかるかもと、、、、、その通りになります。
 
朝一95mラインと神戸沖のポイントとしての最深部を流しますがまったくアタリません。ベタ底で当たったんですが、餌をバラバラにされてたんで、河豚と判断してベタ底は狙わない事に、左舷ともで釣ってたKさん、何やら好調です!! 私がやっと1匹釣ったころには6匹釣ってたみたいです。 前半1匹で終了
 
中盤
ただ昨日の状況から今日は絶対に時合いが来る事が予測できましたので、その時合いが来た時に最速で釣る準備だけはしっかりしておきます。
 
やはり時合来ました。底から10m迄の間で5連ちゃんです。しかも良いサイズばかりです。この流れを逃さないように気を付けながら釣っていきます。10時過ぎにやっとツ抜けです。その後渋くなりましたが、今回も我慢に我慢を重ねて釣っていきます。中盤終わって15匹です。
 
イメージ 3
 
 
後半
後半の釣りはまさにモタレの釣りです。釣れるか釣れないかの差はこのモタレのアタリを感じるか感じないかです。今日はいつもの竿を封印して私の持ってる第3の竿を試しています。去年購入したんですが1度使ったきりで使ってませんでした。サクラの185の短い竿です。この竿中々良いです。感度抜群でモタレも分りやすいです。それに掛けた後が楽ですね。ただ短い分舳先で釣る時は少ししんどいです。
今日一の小さいアタリがでます。本間に小さいアタリです。これを追来させて、本アタリが出るのを待ちます。そしてやっと竿先が入りましたのでフッキング、、、、ズシーと来ました。暴れる太刀魚をいなしながら、水面に上がって来たのは、120センチのドラゴンでし
た。
イメージ 2
 
 
なんやかんやと今日の釣りは凄く良い練習になりました。釣れない時に釣れた事が大きいですね。数よりも内容に大満足でした。
 
イメージ 1 

結果27匹 竿頭
 
おまけ
現在出てます釣り場速報さんに11月4日(金)の私の釣行記を掲載して頂いてます。、船たちテンヤの輪と言う毎週持ち回りでファイナリストの方々が書く釣行記です。それと船タチウオ討論会の様子も載ってますよ〜!!お買い得です
 
イメージ 4

この記事に

更新遅くなりました。11月18日の釣行記です。
 
この日は潮も大きく数日前から喰いも渋り中々手強いと予想されます。
 
ですのでお客さんも仙正丸にしては15人と少な目です。今日は10匹目指して頑張ります。
 
仙正丸のHPを見てる方は大抵御存知かと思いますが

現在仙正丸で売り出し中の女性釣り師のO森女史、彼女は何やらしても上手です。

メバルクイーンであり、蛸娘、それで今は太刀姫として活躍しております。
 
今回はそんな彼女と舳先でバトルです。
 
前半

今日は朝一に釣っておかないと厳しいと予想されます。底から5m付近で小さいアタリがでます。これを何とか掛けて船中一匹目です。太刀姫も直ぐに1匹釣っています。太刀姫続けてもう1匹目GETです。 私は底に落とした瞬間にアタリがでたが掛らず、もう一度底付近を丁寧に探っていると直ぐにアタリがでて1匹GET!! 次のアタリはフォールに反応!!糸ふけが出たんままの喰い上げで追加、、、、、調子に乗ってフォールの誘いを入れて行きアタリを出し掛けるものの、2連続で高切れです。その後アタリが遠のきそのまま前半終了。O森女
史は4匹との事
 
中盤
やはり最悪の渋さです。それでも底付近でアタリを出して何とか追加点、1匹差に追い着いたと思えば大森女史も追加です。その後も本当に小さいアタリを底付近で捉えて1匹追加です中盤終えて3匹です。
 
後半
後半も本当に船中ポツポツって感じで苦労します。しかしO森女史は流石で2連発で掛けますが残念ながら連続バラシ、、、、しかしその後、、、、もう1匹掛けて、、今度はGET!!渋といですわ(笑) 私も負けずにGET!! 1匹差のまま終盤迎えます!!
私も底から10m辺りで小型を2匹追加で6匹!! O森女史5匹と何とか1匹先を行きます。船長から後15分のラストコール、、、、底付近で1匹追加すると直ぐにO森女氏も追加、、、、です。何とか逃げ切れたかと思ったんですが、、、、喰いが良くなってきたので、、船長が   “延長します〜、終わりって言うまで続けて〜”とアナウンスです。 その後、O森女史直ぐに2匹追加で逆転されました。 内心、、、”船長〜!!延長なんかして〜”と叫びます。 しかし私もキングの称号を背負ってるので負ける訳には行かない。 必死で喰らいつきます。ベタ底で追加、、、、、それでもう1匹追加して、、、、終了の合図!!
 
結局9匹で終了で何とか大森女史に勝ちましたが、、、、流石ですね。私がやられる日もそう遠くはないですね。
 
結果 9匹 竿頭 
 
前回質問がございましたサンマの切り方と付け方の写真載せておきますね。私のスタンダードな付け方です。
 
イメージ 1

イメージ 2

 

この記事に

本日も仙正丸の太刀魚に行ってきました。
前日は爆釣で本日も期待大です。
 
3週間前に弟が奈良から船太刀魚に参戦、、、しかし状況悪く2匹の釣果で撃沈!!
そして早速リベンジに休日出勤の振り替えをとって参戦。
 
この日は天気も良く海も静か絶好の釣り日和です。
 
前半
餌はサンマです。68mラインで底から20mでガツンとアタリます。しかしその後の追いが今一な感じですが、少し誘いを入れてやるとグーンと竿が入ります。朝一はかなりアタリは多いですが小型が中心です。この時間帯は少し誘いを入れてやった方が反応もよく前半終わって15匹と好調です。心配した弟も8匹程釣ってましたので私もホッとします。
 
中盤
朝程の連発劇は無いが、ポツポツと釣れ続きます。この辺から少し深い90mラインを流します。73m付近が一番魚影が濃いようで、フォールを交えた誘いに反応良く、下から突き上げるようなアタリがでます。喰い上げアタリも多く、あちらこちらで“テンヤ取られた〜”との悲鳴が聞こえます。
 
 
 喰い上げの多い時は穂先から目をそらさずに集中して下さい。喰い上げがあったら素早く巻いて重さが乗った所でフッキングです。対処が遅れると直ぐ切られます。自分の釣果の為にも環境の為にもテンヤのロスは極力無くすように心がけたいですね。
 
 
中盤終わって33匹です。
 
イメージ 1
 
後半
後半トイレに行くついでに艫で釣ってる常連の方々に話を伺うと、30匹前後の釣果のようでした。流石に皆さん良く釣ってます。私もこうなったらもう一度エンジン掛けなおして真剣勝負です。残り1時間15分で何とか40匹の大台を目指します。底の方で1匹追加、、、、シェイクに反応させて、また追加、、、、、フォールにも反応させたりと色んな誘い型を試しますがハッキリ言ってなんにでも反応しますが、この時間帯けっして簡単な状況では無いですよ。ファーストコンタクトから本アタリに持っていくまでが大変でした
 
結果 39匹 竿頭 (バラシは2匹でした)次頭の方2人で35匹です。弟も24匹と前回のリベンジ成功です。
 
イメージ 2
おまけ
 
この日の19時から釣り速の本社で第1回船テンヤ太刀魚の討論会が開かれました。船太刀魚マニアが5人集結しての対談です。私もその1人として参加させていただきました。これを編集して釣り速に掲載されます。皆さん好き勝手にしゃべってましたのでこれがどうまとまるか楽しみですね
 
イメージ 3
 
 
 

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事