☆ほし〜の★

[ リスト | 詳細 ]

欲しいけど お足が足りない 手が出ない

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

上海問屋 DN-HDALDSKw/F

 IT Mediaの記事で発見。折りたたみ式 ノートパソコン用テーブル〜。
 http://www.donya.jp/site_data/cabinet/resize/image.php?width=400&image=/site_data/cabinet/item/mt2011062001-0.jpg

 寝っ転がったりしてパソコンしたいズボらな人間に取っては必需品。
 お値段も1999円とお安い。


 折り畳み可能、とのことだが、結構ごっついのではないだろうか。どちらかというと固定して使ったほうがよさそう。
  http://www.donya.jp/site_data/cabinet/item/mt2011062001-7.jpg

 折を見て注文するかも。

アフィリエイト   私のおすすめ:
座椅子にもごろ寝にも使える◆コンパクトノートPCテーブル

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イーモバイル Pocket WiFi S

 台湾から帰国した12/14に発表されたデータ通信端末?。中国はHuawei製。型番はS31HW。

http://www.emobile.jp/press/2010/1214/S31HW-01.jpg http://www.emobile.jp/press/2010/1214/S31HW-02.jpg http://www.emobile.jp/press/2010/1214/S31HW-03.jpg

 データ通信がメインの初代Pocket WiFiの後継品という立場だが、S31HWは2.8インチタッチパネル・通話機能・OSはAndroid2.2と、どう見てもスマートフォンそのもの。
  イーモバイル Pocket WiFi Sプレスリリース

 同じイーモバイルからリリースされるhtcのAriaも欲しかったのだが、こちらは2100MHzに未対応。海外で使えない。
 対するPocket WiFi Sは2100MHz対応。しかもSIMロックフリーでSIMを買えば海外で通話もできる。
 さらにデータ通信に対応したSIMを購入すれば、海外でもデータ通信ができそう。
  D25HWを海外の現地SIMカードで使ってみよう・その1
  D25HWを海外の現地SIMカードで使ってみよう・その2

 初代Pocket WiFiの白ロムを1万円強でヤフオクで落とそうかと思っていたが、パス。
 現在のIIJとのイーモバ系データ通信の2年契約が2011年6月まで。
 そのタイミングで乗り換えるのが一番だが、発売は2011年1月。待ちきれない気がする...

アフィリエイト   私のおすすめ:
プラネックスコミュニケーションズ モバイル対応無線LANルータ 【値下げ!】CQW-MRB Wi-Fi接続150Mbpsバッテリー内蔵 モバイルルータ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

バッファローコクヨサプライ BSCRA48U2

 気になるメモリカードリーダをデジカメWatchで発見。
 もしかするとSDカードのUHS-Iに対応した国内初のメモリカードリーダかも。


 http://buffalo-kokuyo.jp/products/peripheral/cardreader/cardreader/bscra48u2/images/bscra48u2sv-main.jpg

 UHS-Iは、SDカードのクロックの高速化とインターフェースの電圧を従来の3.3Vから1.8Vに低電圧化が主な特長。
 一口にUHS-Iと言ってもSDクロックが208MHzのSDR104(4bit*208MHz=104MB/s)と100MHzのSDR50(4bit*100MHz=50MB/s)との2種類が存在する。
 PC側のインターフェースは最大480Mbps,60MB/sのUSB2.0なので、この製品のUHS-IはSDR50と思われる。
 ベンチマークも含め、製品購入後に確認してみたい。

 いくつか製品の特長があるが、非常に好印象。

 まずボディサイズがコンパクト。SDx2・メモリースティック・XD対応で、本体は65×42×10mm。重さ23g
 薄さ10mmとかばんの内ポケットに忍ばせておくにはちょうどいい。

 ケーブル一体化、というのもポイントが高い。
 ケーブル分離型でボディサイズを小さくしている製品もあるが、持ち運びには別でケーブルがいるし、いざ使おうとしたときにケーブルが見当たらなくて使えなかったりする。

 お値段も控えめ、定価で1459円。ブランド品で千円台前半はマルチ型のメモリカードリーダでは一般的な価格帯ではなかろうか。

 新しい規格の製品だとゴテゴテしていたり、値段がベラボウに高かったりする製品がが多かったりするが、コイツに関してはそういう新規格製品に見られる負のイメージが全くといいほど感じられない。

 こう見ると普通のメモリカードリーダとして申し分ない。
 UHS-I対応のSDカードを持ってなくても、このメモリカードリーダを購入しておいてもいいかもしれない。

 カラーはブラック・シルバー・ホワイト・レッドの4種類。
 個人的にはインパクトのあるレッドがいいなぁ。

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

玄人志向 PCIEX1-PCI

 玄人志向からまたまた「キワモノ」が登場。PC Watchの記事で発見。
 PCI Express接続の増設ボードをPCI接続に変換する基板。玄人志向KRHK-PCITOPCIEX1の逆変換、姉妹製品と言ったところか。

 玄人志向PCIEX1-PCI製品ページ
http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/403/133/1.jpg
 基板の高さ的にロープロファイルのPCI Express基板を挿入すると、フルハイトになりそうな感じ。ブラケットでネジ止めできれあ安定して固定できそう。

 チップはPericomのPI7X9X。Pericomホームページの製品表にはまだ掲載されてない。新製品だろうか。

 値段は4000円。高くもなく安くもなく、微妙な値段。自腹で買っちゃうんだろうなぁ。

アフィリエイト   私のおすすめ:
玄人志向 PCI-6.5CM [ライザーカード]

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

MugenPower 超大容量バッテリ(3900mAh)

 IS02を買ってからモバイルルータのクティオを外に持ち出すが多くなった。
 やっぱり気になるのが、バッテリ。2〜3時間しかもたない。

 そんなとき見つけたのが、コイツ。MugenPower 超大容量バッテリ(3900mAh)
 WiFi Routerイーモバイル D25HW(PocketWiFi) / ソフトバンク C01HW / Huawei E5830に対応。

 バッテリの容量がなんと3900mAh。D25HWに付属のバッテリが1500mAhなので2.6倍。D25HWの公称動作時間が4時間なので、10時間ほどもつ計算。一日使えるのはうれしいなぁ。
 バッテリ容量が大きい分PocketWiFiのスマートさが失われてしまうが、その外観を補って余りあるバッテリ容量。

 ネックは値段か。12600円。とんがった製品だから仕方ないか。安いところなら1万円を切った値段でもでているようだ。
 それと充電時間も気になるなぁ。使い方としては朝から晩までフルに使って帰ってきたら充電してまた次の朝使う、って感じ。満充電するのに一晩以上かかったら次の日フルで使えなくなってしまう。そう考えると8時間で満充電にしてくれないと。

 最近イーモバイルのD25HWやソフトバンクのC01HWはキャンペーンやってて端末無料や月額料金が4千円をきってることが多い。IIJmioからの乗り換えて、ついでにコイツも買っちゃう、ってのもいいかも。

http://www.mobileplaza.co.jp/online/battery/pda/sphone/e5830-3900/image/e5830-39001.jpg

アフィリエイト   私のおすすめ:
HLI-E5830XL-W Uni-Firm ソフトバンク&イー・モバイル POCKET WiFi(C01HW/D25HW)用 交換用大容量バッテリー

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

検索 検索

標準グループ

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 今日全体
訪問者2242438
ブログリンク029
コメント0921
トラックバック0102

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事