イタリアンシェフのまかない日記

全く更新が出来ませ〜ん! でも近々必ず再開しますので宜しくお願いします。

全体表示

[ リスト ]

=牛レバーのワインヴィネガーソテー=

イメージ 1






◆ 牛レバーは新鮮なものであれば全く問題ありませんが、匂いを気にされる方は、
  しばらく水にさらしたり牛乳に浸けてから水気をしっかり拭き取って焼いてください。

◆ 牛レバーは1cm厚さのものを、1cm幅の棒状に切っても食べやすくて美味しいです。

◆ 牛レバーの両面を焼くときは、強めの火であまり時間をかけないように焼いてください。
  その後まだ加熱工程がありますので、両面が焼けた段階ではまだ中は生っぽい状態を目指してください。





≪材料≫
牛レバー         280g
玉ねぎ          280g
たかの爪           1本
イタリアンパセリ       適量
パプリカ(粉末)        小1
赤ワインヴィネガー    50cc
バルサミコ酢       30cc
EVオイル         30cc
塩・コショウ         適量


イメージ 2






≪作り方≫
 ゝ蹈譽弌爾1cmぐらいの厚さに切る。又は焼肉用などの切り身になったものを使う。
                   ↓↓↓
イメージ 3




◆.ぅ織螢▲鵐僖札蠅詫佞辰僂鬚澆犬鸚擇蠅砲靴討く。
                   ↓↓↓
イメージ 4




 玉ねぎを半分に切り、繊維に逆らって6〜7mm幅に切る。
                   ↓↓↓
イメージ 5




  玉ねぎと半分にして種を抜いたたかの爪とEVオイルを入れ
                   ↓↓↓
イメージ 6




                中火でじっくり炒め、
                   ↓↓↓
イメージ 7




               しんなりしたら取り出す。
                   ↓↓↓
イメージ 8




ぁゝ蹈譽弌爾領礁未鳳・コショウをして
                   ↓↓↓
イメージ 9




     のフライパンにEVオイル(分量外)を少々足して強めの中火で焼く。
                   ↓↓↓
イメージ 10




           焼き色が付いたら裏返して同様に焼く。
                   ↓↓↓
イメージ 11





ァ´い領礁未こんがり焼けたら強火にし、赤ワインヴィネガーとバルサミコ酢を一気に入れ、
                   ↓↓↓
イメージ 12




              フライパンを揺すりながら絡め、
                   ↓↓↓
イメージ 13




  ソースが半量ぐらいに煮詰まったらの玉ねぎを戻し入れて炒め合わせる。
                   ↓↓↓
イメージ 14
イメージ 15




Α.僖廛螢を入れて塩味を調え、
                   ↓↓↓
イメージ 16





       器に盛り付けて △離ぅ織螢▲鵐僖札蠅鮨兇蠅ける。
                   ↓↓↓
イメージ 17

この記事に

閉じる コメント(18)

顔アイコン

新着から遊びに来ました♪とってもおいしそうだし、私にも出来そうなので、チャレンジしてみます♪レバーって焼肉以外あまり使ったことがないので、どんな風になるのかとっても楽しみです^^

2006/10/8(日) 午後 8:56 かっぱの花ちゃん 返信する

今晩は。これも美味しいんでしょうね。鳥レバーでもいけますか?シェフはかなりお酒がお好きではないでしょうか?生レバーも美味しいですね。お酒が呑めると直そうなんでしょうか?私があまり呑めない方なんで。

2006/10/9(月) 午前 1:14 [ ぽっぷ ] 返信する

顔アイコン

子牛のレバーなど結構高いですが半生でも美味しいですよね。豚は網脂にローリエと一緒に巻いてパックで売られてます。安くて美味しくて栄養価も子牛より高いですよね。

2006/10/9(月) 午前 5:24 [ junkokaji ] 返信する

レバー・・ レバーもいいですねぇ・・ 玉ネギの甘さと、酸っぱさが合いそうですな、取り合えず画像見ながらワインでも・・

2006/10/9(月) 午前 11:52 por*el*ino9*1 返信する

かっぱの花ちゃん> ご訪問ありがとうございます。焼肉ではレバーを食べてらっしゃるようなので、嫌いではなさそうですね^^ だったらきっと美味しいと思いますよ。是非試してみてください。

2006/10/9(月) 午後 7:24 pep*_*hef*988 返信する

popさん> 鶏レバーがお好きでしたら鶏で作ることもできると思います。が、鶏はどうしてもレバーの中で一番『もそもそ』した食感が強いので、だいぶ感じは変わると思います。牛以外だったら豚のレバーがいいと思いますよ^^ お酒に関しては、全く飲まない日はまず無いので好きな方だと思います。只、私もそんなに強い方ではないので量的にはばらつきがありますね^^

2006/10/9(月) 午後 7:34 pep*_*hef*988 返信する

純子さん> 豚のレバーに網脂とローリエを巻いたのが売られてるところなんて、やっぱ肉食民族のお国ですね〜(笑) 仰るとおり、豚のレバーが一番栄養的に優れてるんですって。しかも最も安い!!

2006/10/9(月) 午後 7:39 pep*_*hef*988 返信する

おぢさん> さすがおぢさんぐらいになると、レバーの美味しさをよくお解りのようで^^・・・

2006/10/9(月) 午後 7:41 pep*_*hef*988 返信する

ほ〜!流石!イタリアン風ですね。ビネガーを入れるとはいいアイディアですね。早速試してみます。

2006/10/10(火) 午前 5:29 苺 返信する

苺さん> イタリアはその昔、長い間階級社会でしたので、一般庶民が日々食べれる肉は『内臓』が主だったらしく、その為クセの強い内臓類の下処理に知恵と工夫が凝らされ、内臓料理が発達したようです。

2006/10/10(火) 午後 0:30 pep*_*hef*988 返信する

Pepe chef、こんにちは。ご無沙汰してしまいましたm(_ _)m。もうすぐそちらに引っ越しますよー♪ところで先日立派な牛レバーがあったのでやってみたのですが、ちょっと焼きすぎ?硬くなってしまいました。筋(薄皮?)が気になったのですが、何か下処理するべきだったのでしょうか?お時間があるときにでも教えて下さい。

2006/10/21(土) 午前 11:08 プチおやじ 返信する

プチおやじさん> いえいえ、こちらこそご無沙汰しております。そうですか、硬くなっちゃいましたか・・・・ 下処理も有効な手段ですが、この料理に関してはそんな手間をかけるようなものではありませんので、やっぱり火の入れ方でしょうね。食べるときに、中心がまだ赤みのさしたピンク色を目指して、強めの火でちゃちゃっと仕上げちゃってください。膜のような薄皮は取るのはかなり面倒でしょうから、表面だけに浅く切り込みを数本入れておくだけでもだいぶちがうと思います。ただ、火が通りやすくはなりますが・・・

2006/10/21(土) 午後 6:50 pep*_*hef*988 返信する

顔アイコン

レバーは焼いたらマズイから焼肉やの生レバーしか食べないンだけど・・これ美味しそう〜今度つくってみますね〜

2006/10/23(月) 午後 2:03 [ hon*y*un82* ] 返信する

TOMOKOさん> 焼きすぎないでね〜^^ 中が赤いぐらいで仕上げてくださいね。

2006/10/24(火) 午後 7:33 pep*_*hef*988 返信する

めちゃくちゃおいしそうです♪イタリアンパセリって近所で売ってなさそうなので、普通のパセリでも出来るかな?

2006/10/29(日) 午前 10:29 [ みかみ ] 返信する

みかみさん> ありがとうございます。この料理の場合のパセリは仕上げに散らすだけで、どちらかと言うと色目的な目的ですのでなくても構いませんし、普通のパセリでも構いませんよ^^

2006/10/30(月) 午後 7:43 pep*_*hef*988 返信する

レバーが苦手ですが、健康のためにレバーをおいしく食べれるようにとレシピを探していました。このレシピで作ったらおっさりとしておいしくいただけました♬ありがとうございます〜♬

2007/3/16(金) 午後 1:01 yanchahime26 返信する

himeさん> なんとも嬉しいコメントです。こういうコメントが一番刺激にもなりますし、ありがたいですね^^ これからもよろしくお願いします。

2007/3/18(日) 午後 1:18 pep*_*hef*988 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事