イェヤッフー

なんとなくヤフーブログ

てst

 吾輩《わがはい》は猫である。名前はまだ無い。 どこで生れたかとんと見当《けんとう》がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番|獰悪《どうあく》な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕《つかま》えて煮《に》て食うという話である。しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。ただ彼の掌《てのひら》に載せられてスーと持ち上げられた時何だかフワフワした感じがあったばかりである。掌の上で少し落ちついて書生の顔を見たのがいわゆる人間というものの見始《みはじめ》であろう。この時妙なものだと思った感じが今でも残っている。第一毛をもって装飾されべきはずの顔がつるつるしてまるで薬缶《やかん》だ。その後《ご》猫にもだいぶ逢《あ》ったがこんな片輪《かたわ》には一度も出会《でく》わした事がない。のみならず顔の真中があまりに突起している。そうしてその穴の中から時々ぷうぷうと煙《けむり》を吹く。どうも咽《む》せぽくて実に弱った。これが人間の飲む煙草《たばこ》というものである事はようやくこの頃知った。 この書生の掌の裏《うち》でしばらくはよい心持に坐っておったが、しばらくすると非常な速力で運転し始めた。書生が動くのか自分だけが動くのか分らないが無暗《むやみ》に眼が廻る。胸が悪くなる。到底《とうてい》助からないと思っていると、どさりと音がして眼から火が出た。それまでは記憶しているがあとは何の事やらいくら考え出そうとしても分らない。 ふと気が付いて見ると書生はいない。たくさんおった兄弟が一|疋《ぴき》も見えぬ。肝心《かんじん》の母親さえ姿を隠してしまった。その上|今《いま》までの所とは違って無暗《むやみ》に明るい。眼を明いていられぬくらいだ。はてな何でも容子《ようす》がおかしいと、のそのそ這《は》い出して見ると非常に痛い。吾輩は藁《わら》の上から急に笹原の中へ棄てられたのである。 ようやくの思いで笹原を這い出すと向うに大きな池がある。吾輩は池の前に坐ってどうしたらよかろうと考えて見た。別にこれという分別《ふんべつ》も出ない。しばらくして泣いたら書生がまた迎に来てくれるかと考え付いた。ニャー、ニャーと試みにやって見たが誰も来ない。そのうち池の上をさらさらと風が渡って日が暮れかかる。腹が非常に減って来た。泣きたくても声が出ない。仕方がない、何でもよいから食物《くいもの》のある所まであるこうと決心をしてそろりそろりと池を左《ひだ》りに廻り始めた。どうも非常に苦しい。そこを我慢して無理やりに這《は》って行くとようやくの事で何となく人間臭い所へ出た。ここへ這入《はい》ったら、どうにかなると思って竹垣の崩《くず》れた穴から、とある邸内にもぐり込んだ。縁は不思議なもので、もしこの竹垣が破れていなかったなら、吾輩はついに路傍《ろぼう》に餓死《がし》したかも知れんのである。一樹の蔭とはよく云《い》ったものだ。この垣根の穴は今日《こんにち》に至るまで吾輩が隣家《となり》の三毛を訪問する時の通路になっている。さて邸《やしき》へは忍び込んだもののこれから先どうして善《い》いか分らない。そのうちに暗くなる、腹は減る、寒さは寒し、雨が降って来るという始末でもう一刻読むときは必ず彼の膝《ひざ》の上に乗る。彼が昼寝をするときは必ずその背中《せなか》に乗る。儘《わがまま》で思い出したからちょっと吾輩の家の主人がこの我儘で失敗した話をしよう。元来この主人は何といって人に勝《すぐ》れて出来る事もないが、何にでもよく手を出したがる。俳句をやってほととぎす[#「ほととぎす」に傍点]へ投書をしたり、新体詩を明星[#「明星」に傍点]へ出したり、間違いだらけの英文をかいたり、時によると弓に凝《こ》ったり、謡《うたい》を習ったり、またあるときはヴァイオリンなどをブーブー鳴らしたりするが、気の毒な事には、どれもこれも物になっておらん。その癖やり出すと胃弱の癖にいやに熱心だ。後架《こうか》の中で謡をうたって、近所で後架先生《こうかせんせい》と渾名《あだな》をつけられているにも関せず一向《いっこう》平気なもので、やはりこれは平《たいら》の宗盛《むねもり》にて候《そうろう》を繰返している。みんながそら宗盛だと吹き出すくらいである。この主人がどういう考になったものか吾輩の住み込んでから一月ばかり後《のち》のある月の月給日に、大きな包みを提《さ》げてあわただしく帰って来た。何を買って来たのかと思うと水彩絵具と毛筆とワットマンという紙で今日から謡や俳句をやめて絵をかく決心と見えた。果して翌日から当分の間というものは毎日毎日書斎で昼寝もしないで絵ばかりかいている。しかしそのかき上げたものを見ると何をかいたものやら誰にも鑑定がつかない。当人もあまり甘《うま》くないと思ったものか、ある日その友人で美学とかをやっている人が来た時に下《しも》のような話をしているのを聞いた。「どうも甘《うま》くかけないものだね。人のを見ると何でもないようだが自《みずか》ら筆をとって見ると今更《いまさら》のようにむずかしく感ずる」これは主人の述懐《じゅっかい》である。なるほど詐《いつわ》りのない処だ。彼の友は金縁の眼鏡越《めがねごし》に主人の顔を見ながら、「そう初めから上手にはかけないさ、第一室内の想像ばかりで画《え》がかける訳のものではない。昔《むか》し以太利《イタリー》の大家アンドレア・デル・サルトが言った事がある。画をかくなら何でも自然その物を写せ。天に星辰《せいしん》あり。地に露華《ろか》あり。飛ぶに禽《とり》あり。走るに獣《けもの》あり。池に金魚あり。枯木《こぼく》に寒鴉《かんあ》あり。自然はこれ一幅の大活画《だいかつが》なりと。どうだ君も画らしい画をかこうと思うならちと写生をしたら」「へえアンドレア・デル・サルトがそんな事をいった事があるかい。ちっとも知らなかった。《ちゃえん》で彼に逢った最後の日、どうだと云って尋ねたら「いたち[#「いたち」に傍点]の最後屁《さいごっぺ》と肴屋《さかなや》の天秤棒《てんびんぼう》には懲々《こりごり》だ」といった。 赤松の間に二鼻付でも、毛並でも、足並でも、みんな違う。髯《ひげ》の張り具合から耳の立ち按排《あんばい》、尻尾《しっぽ》の垂れ加減に至るまで同じものは一つもない。器量、不器量、好き嫌い、粋無粋《すいぶすい》の数《かず》を悉《つ》くして千差万別と云っても差支えないくらいである。そのように判然たる区別が存しているにもかかわらず、人間の眼はただ向上とか何とかいって、空ばかり見ているものだから、吾輩の性質は無論|相貌《そうぼう》の末を識別する事すら到底出来ぬのは気の毒だ。同類相求むとは昔《むか》しからある語《ことば》だそうだがその通り、餅屋《もちや》は餅屋、猫は猫で、猫の事ならやはり猫でなくては分らぬ。いくら人間が発達割弱」に傍点]には恋着《れんちゃく》するという事が諷刺的《ふうしてき》に書いてあったのを見て、これは真理だと感心したくらいな男である。そんな浮気な男が何故《なぜ》牡蠣的生涯を送っているかと云うのは吾輩猫などには到底《とうてい》分らない。或人は失恋のためだとも云うし、或人は胃弱のせいだとも云うし、また或人は金がなくて臆病な性質《たち》だからだとも云う。どっちにしたって明治の歴史に関係するほどな人物でもないのだから構わない。しかし寒月君の女連《おんなづ》れを羨まし気《げ》に尋ねた事だけは事実である。寒月君は面白そうに口取《くちとり》の蒲鉾《かまぼこ》を箸で挟んで半分前歯で食い切った。吾輩はまた欠けはせぬかと心配したが今度は大丈夫であった。「なに二人とも去《さ》る所の令嬢ですよ、御存じの方《かた》じゃありません」と余所余所《よそよそ》しい返事をする。「ナール」と主人は引張ったが「ほど」を略して考えている。寒月君はもう善《い》い加減な時分だと思ったものか「どうも好い天気ですな、御閑《おひま》ならごいっしょに散歩でもしましょうか、旅順が落ちたので市中は大変な景気ですよ」と促《うな》がして見る。主人は旅順の陥落より女連《おんなづれ》の身元を聞きたいと云う顔で、しばらく考え込んでいたがようやく決心をしたものと見えて「それじゃ出るとしよう」と思い切って立つ。やはり黒木綿の紋付羽織に、兄の紀念《かたみ》とかいう二十年来|着古《きふ》るした結城紬《ゆうきつむぎ》の綿入を着たままである。いくら結城紬が丈夫だって、こう着つづけではたまらない。所々が薄くなって日に透かして見ると裏からつぎ[#「つぎ」に傍点]を当てた針の目が見える。主人の服装には師走《しわす》も正月もない。ふだん着も余所《よそ》ゆきもない。出るときは懐手《ふところで》をしてぶらりと出る。ほかに着る物がないからか、有っても面倒だから着換えないのか、吾輩には分らぬ。ただしこれだけは失恋のためとも思われない。 両人《ふたり》が出て行ったあとで、吾輩はちょっと失敬して寒月君の食い切った蒲鉾《かまぼこ》の残りを頂戴《ちょうだい》した。吾輩もこの頃では普通一般の猫ではない。まず桃川如燕《ももかわじょえん》以後の猫か、グレーの金魚を偸《ぬす》んだ猫くらいの資格は充分あると思う。車屋の黒などは固《もと》より眼中にない。蒲鉾の一切《ひときれ》くらい頂戴したって人からかれこれ云われる事もなかろう。それにこの人目を忍んで間食《かんしょく》をするという癖は、何も吾等猫族に限った事ではない。うちの御三《おさん》などはよく細君の留守中に餅菓子などを失敬しては頂戴し、頂戴しては失敬している。御三ばかりじゃない現に上品な仕付《しつけ》を受けつつあると細君から吹聴《ふいちょう》せられている小児《こども》ですらこの傾向がある。四五日前のことであったが、二人の小供が馬鹿に早くから眼を覚まして、まだ主人夫婦の寝ている間に対《むか》い合うて食卓に着いた。彼等は毎朝主人の食う麺麭《パン》の幾分に、砂糖をつけて食うのが例であるが、この日はちょうど砂糖壺《さとうつぼ》が卓《たく》の上に置かれて匙《さじ》さえ添えてあった。いつものように砂糖を分配してくれるものがないので、大きい方がやがて壺の中から一匙《ひとさじ》の砂糖をすくい出して自分の皿の上へあけた。すると小さいのが姉のした通り同分量の砂糖を同方

この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(12)

てst

ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
ああああ
ああ
ああ
いいいいいい
いいい
いい
いいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いいいいいいいい
いいい
いい
うう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう
うう
うううう

この記事に

開く コメント(1)

MSNメッセンジャー

イメージ 1

イメージ 2

MSNメッセンジャーで久しぶりに、手書きチャット。
話題は、とある漫画について。
なんとなく、載せてみる。

この記事に

開く コメント(1)

ゾウを書いてみる

イメージ 1

ゾウを書いてみた。
ゾウもブルブル。

この記事に

開く コメント(1)

訪問者の数が、少ない。非常に寂しい。
どうすれば、訪問者の数は増えるんだろう。

まず、このブログのテーマを決めなければ…。
なんとなくでは、人は来ないだろう。自分もそんなとこ行きたくない。
後は、更新頻度もなるべく多くするようにしてみよう。
画像も貼ってみるか…。とりあえず、今度は「ぶるぶるフルエル象」でも書いてみよう。
あとは、リンクやら、トラックバックやらを貼ったり、貼られたりすれば増えそうだ。
ということで、トラックバックはフリーです。リンクもフリーです。
とりあえず、このページに来る方法が殆ど無いというのは、かなり問題だろう。
まだ、Googleにも登録されてないだろうし。

目指せ一日、30訪問者。

この記事に

開く コメント(1)

投稿機能

投稿機能ってのを使ってみる。

ううん、とりあえず「使いやすいブログ」でいいか。
投票してください。

この記事に

開く コメント(0)

寒い

寒い。
今日は、とても寒い。

なんでも、鹿児島でも雪が降ったらしい。

そりゃ、寒いはずだ。

この記事に

開く コメント(0)

トラックバック

トラックバックできないかな。
すこしずつでも、良くなることを期待しています。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(4)

パンダを書いてみる

イメージ 1

パンダを書いてみた。
使ったツールは、ウゴツールってやつ。
普通に震えてくれるすごいヤツ。
パンダもブルブル。

この記事に

開く コメント(0)

泳げ

イメージ 1

海水浴に行きたい。
早く夏にならない。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事