ここから本文です
るーなのぶろぐ
ようこそ。

書庫全体表示

イメージ 1



エンジェルナンバー「33」。

誕生日の西暦年月日から割り出すんだけど、
これから不定期にこの「エンジェルナンバー33」も紐解いていきます。

因みに、我が旦那さんのナンバーと
尊敬するアーティスト「小沢健二」のナンバーを見たら
これまた二人とも「33」でした☆(笑)

大好きな二人もルナと同じ「エンジェルナンバー33」でした〜♪^^

こんな嬉しいことないよ!

因みに、何年か前サイトで占った
「ソウルカラー占い」では
ルナ・旦那さん・小沢健二とも同じ「クリアカラー」でした〜♪^^
この時はこの結果だけで嬉しくて
「脳内a波物質」が約2年間出ていました。(苦笑)

もう既に生まれる前から決まっていて
「33」の数字の持つ意味は一言で「愛」。

【*下記の2記事は他サイトさんの記事です。】
-----------------------------------------------------------------------
「マスターナンバーつながり」

誕生数秘学
エンジェルナンバーをご存知でしょうか。

エンジェルナンバーを出すとき、
西暦の生年月日の数字をすべて加算し、
一桁にします。

たとえば、1970年12月1日生まれなら、"1+9+7+0+12+1"="12"
一桁にするため、再度加算します。"1+2"="3"となります。

「マスターナンバー」をご存知でしょうか。

このとき、「11」「22」「33」になったら、そこで止めます。

これら「マスターナンバー」を持つ人は、
考え方生き方のスケールが通常より大きかったり、発想が奇抜だったり、
過度に思いやりがあるといわれています。
常人からは計り知れないので、俗に奇人変人といわれることもあります。

「マスターナンバー」とは、
ぞろ目の「11」「22」「33」のことであり、
一桁に換算すると、「2」「4」「6」ですが、
ぞろ目になった場合、そこで留めます。

エネルギーの流れとしては、
「1」〜「9」までの数が、横に結び合っていくエネルギーだとすると、
「11」「22」「33」は、天と地を結んで、縦に伸びるエネルギーラインです。


「2」「4」「6」の一桁の数より、高次のエネルギーであるとか、
オクターブ高いとか、振動が強い、より霊的で微細なエネルギーとして現れる、
などと表現する場合もあります。

マスターナンバーを持つに人は、自覚が必要です。
意識的にその波動とチューニングを合わせること
特に人生の前半に苦労や試練と感じられる経験をすることが多く、
そこから人生を学び、後半自分のマスターの波動を生かす
現実の実践・行動へと向かって行きます。

これを持つ人はエネルギーが上にいきがちなので、
グランディングが大切。
元々の一桁の数の要素を意識にしっかり置き、
地に足をつけて現実の生活をしましょう。


「11」 サイキックマスター

直観力・瞬時の洞察・繊細な感応力・優れた感受性
高次からのエネルギーをキャッチするメッセンジャー

偏ると、神経過敏・無目的・狂信的・現実逃避へ

「22」 マスタービルダー

内包する力・築き上げ達成する力・理想を形にする力
宇宙と大地を結ぶ力

偏ると、狭い視野・無目的・黒魔術的嗜好へ


「33」 愛のマスター

愛の奉仕者・無償の愛の拡大・深いレベルでの癒し

偏ると、自己攻撃・無目的・絶望感へ

------------------------------------------------------
ロータスさんは、「エンジェルナンバー33」ですか…。

この数字になるのは統計的な確率論で言えば、
全体の4〜5%程度。つまり100名中5人くらいのものですが、
なぜか、こういう「目に見えない世界」に興味を持つ方が多く、
この業界?の方には、とても多い数字です。

はづきは冗談交じりに、この「誕生数秘学」は、
「エンジェルナンバー33・発掘プロジェクト」だと
言ったりしていますが、これはかなり真面目な発言です(笑)。

 +++++    +++++    +++++

現代のような、社会全体が大きな価値観の転換を
迫られている時代において、はづきが重視しているのは、
「多様性」つまり「個性」であり、その「個性」を活かして
生きている「サンプル」になる人です。

「エンジェルナンバー33」の方には「無難」とか、「普通」とか
「ほどほど」という言葉は似つかわしくありません。

つまり、いろいろな生き方があってもいい…と、
選択肢の幅を広げ、多様な価値観を提供してくれる人が、
「サンプル」になる人の条件であり、それがこの時代に
「エンジェルナンバー33」を選んで生まれて来た人の
共通のテーマであると、はづきは考えています。

もちろん、「エンジェルナンバー33」以外の人も、
「サンプル」になりえるのですが、そのスケールの大きさに
おいて、ひと際、際立っているのが「33」の特徴であり、
「大変人」と呼ばれる理由です(笑)。

 +++++    +++++    +++++

ですから、ロータスさんが、「目に見えない世界」、
スピリチュアルな世界に惹かれていくのは当然の流れであり、
それはあの世で決めて来た、自らの使命を想い出す
プロセスが順調に進んでいると考えれば良いと想います。

「エンジェル33の人が33歳で訪れる転機」も
人によって様々なパターンがあるようですが、
統計的にみれば、どうやらこの時期くらいを境に、
「目に見えない世界」の探求を本格的にスタートさせることに
なっている人が多いようです。

はづき的に診れば、何かのキッカケによって、
それがポジティブであれ、ネガティブな現象であれ、
何か人生の転機のようなものが訪れて、
「自らの使命を想い出す」ということが起こりやすいのが、
このくらいの時期だと理解して頂ければ良いと想います。

 +++++    +++++    +++++

はづきから「33」の方へのアドバイスとしては、
まずは「目に見えない世界」のことを真面目に学ばれることを
お勧めします。是非、真面目に、真剣に学んでください。

中途半端な学びは、かえってエゴが増大するだけなので、
お勧め出来ません。

本来、「目に見えない世界」は学ぶと言うより、
想い出すと言った方が適切かもしれません。

真剣に学べば、自分の中から「愛」や「光」が
自然に溢れて来るものです。

それは最初から、自分の中に「在る」ものですから、
ただ、想い出せば良いだけで、何も難しいことではありません。

もし学びの課程で「愛」や「光」が自然に溢れてこないとしたら、
それは学びが浅いか、本質ではないものを間違えて
学んでいるかのどちらかです。

それは想い出せずに、混乱しているだけと
言えるかもしれません。

 +++++    +++++    +++++

但し「目に見えない世界」が人生の目的になるのは
ちょっと違います。

「目に見えない世界」を学ぶのは、現実世界を
よりよく生きるための「道具(ツール)」であって、
目的ではありません。

「目に見えない世界」を学び、そこで得た知識や体験、
メッセージを現実世界でどう活かし、表現するかが、
何より大切な視点だと、はづきは想います。

 +++++    +++++    +++++

あなたの人生が光輝けば…、
あなた自身が内面から輝いて生きていれば…、
それが「サンプル」としての使命を果たすことにつながります。

そのために「目に見えない世界」を
「スピリチュアルなもの」を、「大いなる存在」を、
存分に活用することです。

何をしていても、あなたが「スピリチュアル」な存在であると
いう事実は変わりません。

だからこそ、自分が本当にしたいことを…、
自分自身が愛や光や喜びで満たさることを…、
こころからワクワクすることを、選択し続けてください。

それが、あなたらしく生きるということであり、
あなたという「サンプル」を輝かすことになると想うから…。

その時、あなたの周りの人も、自然と輝くことになるのです。

ロータスさん、どうか自分を過小評価せず、
想った通り、大胆に、しなやかに、
「サンプル」としての生き方を楽しんでください。

人生の本番は、これからです。

これからが「いいトコロ」「美味しいトコロ」です(笑)。

この記事に

開くトラックバック(0)ログインしてすべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事