トップ・ページ

すべて表示

年初めに聞いた音楽

              MARLENA SHAW
 
イメージ 1
 
   特に意味もなく、気分で選んだのがマリーナ・ショウの「Go Away,Little
   Boy」。 最初に聞いたのは77’のアルバム、Sweet Beginningsからの
   リメイク・バージョンだった。語りから入り、おしゃれなギター・リフで幕を
   あけるこの曲は紛れもなくジャズナンバーだと思っていた。しかし後年
   ブログを始めるようになってからキャロル・キングとジェリー・ゴフィン
   そうKing&Goffinのソング・ライターチームの作品であることを知る。
 
   この曲は1962年に俳優で歌手のスティーブ・ローレンスのために作られた
   ポップスだ。その後もいろんなジャンルのアーティストたちにカバーされ
   ている。King&Goffinについてはここでは割愛させてもらう、素晴らし
   すぎて、簡単には紹介できないからだ。
 
   マリーナ・ショウの最初のカバー・バージョンはCADET時代にさかのぼる。
   アルバム「The Spice Of Life」は今も名盤として超高値で取引され 
   ており、私は残念ながらCDで持ち合わせているのみ。このアルバムも
   最高の内容で、リチャード・エヴァンスとチャールズ・ステップニーが指揮、
   アレンジャーとしてかかわっている。
 
   しかし原曲を初めて聞いて驚くことはよくあるが、この曲もしかりである。
   こんなポップな歌だとは思いもよらなかった。それだけにマリーナの
   バージョンは新鮮に感じる、正にアレンジの勝利といって良いだろう。
 
    
                                      アルバム「Sweet Biginnings」より  
                                      アルバム「The Spice Of Life」より
                                      原曲 スティーブ・ローレンス  

ブログリンク

更新

いままで聞いてきたもの

昨日買ったCD、レオン・ラッセル、ドノヴァンなど。

昨日、中古で買ったCD、 上の両端の2枚が500円、他は280円。 中央の右側2枚はジャケ買い。 下の中央と右端は持ってい...

あっきん年中釣り三昧

走ってきました!!

え〜〜っと。。 長らくほったらかしでしたが 先月25日は 第39回昴の郷マラソン に参加してきました! 昨年...


.


みんなの更新記事