(゜Д゜ )新聞

メルマガ⇒ 00430000s@merumo.ne.jp ツイッター⇒ https://twitter.com/wataru4

全体表示

[ リスト ]

管理会計論(92) 予算実績差異分析

〜予算実績差異分析〜

期首に立てたその期の予算による営業利益と、実際の営業利益が違った場合、
(同じ訳はありません)その差異が何であるかを分析します。
これを、予算実績差異分析といいます。(直接原価計算の話なのでお忘れなく)

その差異の分析は着目する点により営業利益差異の分け方が違います。

− − − − − − − − − − − − − − − − − −

●項目別分析●

その利益を構成するそれぞれの項目(売上高、変動費、固定費)ごとに分け、
それぞれの項目について予算と実際の差異を分析する方法をいいます。

営業利益差異は、売上高差異、変動費差異、固定費差異に分けることが出来ます。

1.固定費差異
 固定費差異に関しては特に何も言う事はありません。
 予算と実際の差がそのまま差異になります。

2.変動費差異
 変動費差異は売上原価差異と変動販売費差異に分ける事ができ、
 変動販売費差異は、さらに予算差異と数量差異に分ける事が出来ます。

[ 売上原価差異 ]
 売上原価差異=(予算販売量−実際販売量)×単位当たり予算変動売上原価
 (売上原価の内容についての差異は考えないので数量による差異だけです)

[ 変動販売費差異 ]
 (1) 予算差異=単位当たり予算変動販売費×実際販売量−実際変動販売費

 (2) 数量差異=(予算販売量−実際販売量)×単位当たり予算変動販売費

3.売上高差異
 販売した製品の価格による差異と、数量による差異に分けられますが、
 販売量差異はさらに「市場総需要量差異」と「市場占拠率差異」に分けられます。

 (注意)売上高差異は収益の差異であり、今までの費用とは逆なので、
     「予算−実際」ではなく、「実際−予算」が差異になります。

[ 販売価格差異 ]
 言うまでもなく、予定していた販売単価を変えた事による差異です。
 販売価格差異=(実際単価−予算単価)×実際販売量

[ 販売量差異 ]
 販売した量が予定と違う事による差異ですが、この原因は2つ考えられます。
 一つは、その製品自体の需要(必要性)がなくなったという事、
 もう一つは、その企業の製品の市場での占拠割合(シェア)が変わる事です。

 (1) 市場総需要量差異
  市場の需要量が変わった事による差異なので、占拠率は予定のままします。
  市場総需要量差異=(実際需要量×予算占拠率−予算販売量)×予算販売単価

 (2) 市場占拠率差異
  占拠率は単体では意味を持ちません。市場の需要ありきだからです。
  予定の占拠率と実際の占拠率は実際の需要を元に差異を求めます。
  市場占拠率差異=実際需要量×(実際占拠率−予算占拠率)×予算販売単価

閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。
Yahoo! Choctle

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

検索 検索
 今日全体
訪問者25109884
ブログリンク067
コメント0774
トラックバック0344

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事