plumのblog

撮りためた飛行機写真中心のブログです

ネリスの定番サンダーバーズ

ネリス基地が「サンダーバーズ(SB)」のホームグランドだとは周知の通りですね、ネリス基地オープンンディーは各地を巡回したSBが今年最後のフライトを行うことでも有名です,SBとの好敵手?海軍のアクロチーム「ブルーエンジェルス(BA)」も1週前に、ホームベースで在るフロリダ州のペンサコーラ基地で、こちらは「お帰りブルーエンジェルス」と名打ったショーを展開したところ、ここペンサもBA今年最後の飛行となっていて、これでほぼ米国内の航空ショーも今年は打ち止めという訳ですね。
ペンサコーラを見てネリスへとんぼ返りした猛者もいましたよ
 
イメージ 1
基地主要建物群の中央に建てられたSBのお家!今日はその前になぜか「F-22」がデンと展示されていた、まだ早いのか人もまばら。
 
イメージ 2
ピッタリ定刻に始まるSBの儀式ウオークダウンが始まる、午後の日差しがまぶしい!
 
イメージ 3
2日目はアップをと正面に陣取る(真っ正面だったラッキー)、左から1号機・・・・・6号機と背列したSBライダー
カッコよろしい、俺の方見てるよな
このつなぎ服が欲しく探したが、元々売ってないのか、発見に至らず。
以前浜松では、ウーオクダウンがチョット永すぎだな〜と感じたが、なぜかここでは気にならなかった。
 
イメージ 4
巡った国は64カ国、勿論我がJAPANも有るよ。
キャノピー下に描かれた訪問国の国旗。
 
イメージ 5
いよいよ待ちに待ったテイクオフ、今日はネリスのRW21Lからの離陸である。
1番機を先頭にアクロバットチームの定番テイクオフ「フィンガーチップ・テイクオフ」で舞い上がる。
バックはラスベガス郊外の住宅地。
ここから記述する「フォーメイション」の名前はあまり詳しく無く正確かどうかはなはだ疑問ですが、ご辛抱を。
 
イメージ 6
紺碧の空をバックにデルタターンを行うSB,白い機体上面とスモークが映える。
 
イメージ 7
見事ななんて言うだろう、定規出引いたようなライン、機体の下面はアメリカの象徴白頭鷲ガモチーフされている。
 
イメージ 8
デルタたターンかな?実際は紺碧の空ですが、SBが吐いた白煙が高温無風で基地内によどみ薄曇りの中の飛行のようだ。
 
イメージ 9
機体上面を見せながらダイアモンドパスを行う、かなり近く200mmレンズでも溢れそう、それだけにカメラを振るのが忙しい、音も並ではない
 
イメージ 10
腹を見せながら旋回し遠ざかるイアモンドーターン、バックにはまだ排煙が漂っている。
 
イメージ 11
うんこれははっきり聞いた!カリプソだ。
上が5号機、下が6号機です、そういえば5号機エアーインテーク部に書かれた機番号の5が逆さまに書かれいたが、5号機は逆立ち専用機だったのだ(笑い)。
 
イメージ 12
こちらは、リフレクション・パスと言うらしい。
お〜〜い、当たってるよ〜、今度は5号機が下側です。
 
イメージ 13
今度は、クロスオーバーかな?
 
イメージ 14
ナイフエッジ・パスですかな?いやー違うかなエルロン当ててるから左ヒネリの途中か!、本当に近くをぶっ飛びますので迫力満点、白が綺麗!洗車?も大変でしょうね。
 
イメージ 15
ロウ&スローパスを終え上昇に移る、F-16の一番美しい角度、戦闘機バージョンと違い白い色が際立つ。
 
イメージ 16
ネリス名物「サンライズ・マウンテイン」をバックにコントロールタワー上空をMAX Gターンをするリーダー1号機
荒々しい山肌をバックに白い機体とブラストが目立ちますね。
 
イメージ 17
容量の関係で最後の画像になりますが、2日間ネリス漬けで11月とは言え、ネバダ砂漠の強烈な日差しに真っ黒に日焼け(衣服から出てる所だけ)ヒリヒリ、カサカサ(湿度5%以下)、航空ショーでなければ絶対に行かない場所だと思います。
もう米国では来年の「SB」「BA」ともスケジュールがサイトには出ていますが、ここで聞いたとおりネリスでは来年催行なしです。
一番近い所では「ハワイ」カネオヘ海兵団航空基地で9月中旬の「ブルーエンジェルス」かな!
 
今年はこれでUPは終わりになります、訪れていた戴きました方にはマズイBlogで申し訳御座いませんでした、どうか良いお年をお迎え下さい。
 

.


みんなの更新記事