ぽこ&けんいち通信

けんいちは中南米ツーリングから2016年2月に戻りました。ホームページぽこけんpocoken.comのブログも見てね

ぽこけんのバイクで世界旅行

[ リスト ]

 バイク旅行者にとっての難題が国境です。インドとミヤンマーの国境が閉じたままで越えられないため、このころ東南アジアへ行くには空路利用が一般的でした。
 
 北インド編、ネパール編で登場するおかヤンはバイクと一緒にカトマンズからバンコクへ飛びました。中国もバイクでの自由旅行が許可されていないまま2012年に至っています。
 
 ということで、インドはバイク旅行者にとってのある意味終着点なわけです。日本まで陸路バイク走行で戻ろうと思ったら、イランまで戻ってトルクメニスタンから中央アジア、シベリアを抜けウラジオストック経由になってしまいます。
 
 私たちは、南インドのチェンナイを今回のバイク旅行のゴール地点としました。
 
  
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲南インドではこのようなヒンドゥー寺院が多数あります。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲インド最南端のコモリン岬(カーニャ・クマリ)の日の出。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲世界中でいろいろな物を食べてきましたが、南インドのカレーはトップ5に入る美味さでした。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲食事も美味しければ、人あたりも丸く温かみのあるのが南インドの特徴です。
 

ぽこけんのバイクで世界旅行 その52 南インド編

 
  現状は2005年当時も2012現在もそれほど変わらず、インド・ミヤンマー国境も開いていないし、中国も相変わらず自分の車両を持ち込んでの自由旅行を認めてくれません。イランなどの姿勢が強固になると、ますます旅行がしにくくなる可能性さえ出てきています。時代はゆっくりと動いていますので見守っていきたいと思います。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

バイクでの旅行、大変な苦難がある様ですね。事故やお怪我に気を付けてください。

2012/4/26(木) 午後 7:47 メガラッキー 返信する

顔アイコン

貝殻屋に金物屋、バナナ屋も並べている量が半端ないですね。(*´∇`*)/
インドから横浜まで海路でちゃんと繋がっているのにもビックリ。
バイクとかは大都会でないと国外に送れないイメージあったりで。
本当に着くのか??と心配になりそうです。(>_<)

2012/4/27(金) 午前 6:06 にゃんたろ 返信する

顔アイコン

マガラッキーさん、インドでのバイク旅行は自由自在で楽しいです。公共の交通機関を利用した旅行をすると、どうしても、旅行者をだまそう(相手はプロです)と待ち構えている連中から逃れることが困難で、毎日嫌な思いをしてインドを嫌いになって行く人が後を絶ちません。基本的にインドの一般の人々はとてもやさしく親切なんですが。バイク旅行なら、そんなやからをヒラリヒラリとかわして普通のインドの方々に接しながら快適に旅行できます。そんな利点というか旅の醍醐味があるので、国境が越えられない問題やバックパッカーに比べたらすごく割高の旅行になってしまうことがあっても、やはりバイク旅がいい!ですよ。

2012/4/27(金) 午後 9:23 pocoyuko2006 返信する

顔アイコン

にゃんたろさん、南インド最大の都市チェンナイ、昔はマドラスという名の街から、バイク2台を横浜まで送るのに500ドルくらいでした。インド側の対応は良かったのだけれど、1か月後、横浜側での対応が融通が全く効かず杓子定規で、悲しかったのを思い出します。公共バスも通っていない広大な横浜埠頭の倉庫と税関を書類を申請するため重いリュックを担いで歩いて行き来するのは涙が出るほどみじめでした。結局、埠頭から乗り出すことは許されず、バイク2台が梱包された木箱ごと持って、とっととうせろとでもいう対応でした。しかたなく、後日レンタカーを手配し倉庫会社のいう通りにしました。

2012/4/27(金) 午後 9:54 pocoyuko2006 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事