ぽこ&けんいち通信

けんいちは中南米ツーリングから2016年2月に戻りました。ホームページぽこけんpocoken.comのブログも見てね

外国の旅・風景など

[ リスト ]

                   台湾ツーリング その2 
 花蓮→太魯閣→文山温泉→花蓮→紅葉温泉(10月18日〜21日)
イメージ 16
ということで、めでたく花蓮駅前の「Pony小馬租車集団」でYAMAHAの125ccスクーターをレンタルできました。
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲通常料金は1日500元(1元≒3円)ですが、14日間ということで値引き交渉をし、2台で10500元で契約しました。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲これがそのスクーター。まだ新しく頼りになりそうです。これから2週間よろしくね!
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲新城神社へ向かった。ここは、日本統治時代は神社だったのに今は教会になっている。事の顛末はここ見てね
 
イメージ 8イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲そういうことで、(左)狛犬とマリア像が一緒にあったり、(右)灯篭と十字架が一緒にあったりしていました。
 
ここについては、昨日花蓮の日本人経営の馨憶精緻民宿でオーナーの片桐さんから聞いて知りました。飯は美味いし、気候も温暖、皆親切と浮かれ気味だったぽこけんでしたが、日本統治時代のことや原住民の人たちのことにも興味を持つきっかけになりました。
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲台湾屈指の観光地「太魯閣」へ向かいます。
 
イメージ 11イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲こんな断崖絶壁が何十キロも続くんです。落石もありスリル満点のツーリングが楽しめます。
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲太魯閣では天祥天主堂という教会に泊まりました。原住民の牧師さんが温かく迎えてくれました。日本アドベンチャーサイクリストクラブのメンバーも毎年訪ねてくるとのことでした。
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲太魯閣渓谷沿いの文山温泉。昔にくらべ湯量が減ってしまい、今は大きな浴槽は空っぽ。川沿いで何とか入れるのみでした。イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲東海岸を南下して紅葉温泉へ向かいました。ここは日本統治時代にできた温泉宿で畳の部屋に泊まることもできます。ここは日本か?と錯覚しちゃいそうな感じ。日本秘湯を○る会の宿といってもわからないような雰囲気。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲湯は無臭無色透明、日本でいうところの単純泉ぽい感じだ。お風呂は、水着着用の大露天、裸で入る内湯(写真上)、小さな個室風呂と3種類。台湾の人は露天と個室が好きなようで、裸ではいる内湯は何故か人気がなくいつ入ってもガラガラ。
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲宿の横の野外食堂では、原住民の方に日本語で「サシミたべるか?」と聞かれる。台湾でサシミ?何とカツオの刺身が出てきた。わさびも醤油も出てきた。ここはほんとに外国なのか。
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

レンタル料金は意外と借りやすい料金なんですね。
太魯閣の風景は迫力があり凄い!
川沿い野天風呂と宿はまるで日本みたいです。

2012/11/4(日) 午後 11:34 hide 返信する

hideさん、台湾は旅の好条件がそろってます。冬休みにどうでしょうか。

2012/11/6(火) 午後 9:01 pocoyuko2006 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事