ぽこ&けんいち通信

けんいちは中南米ツーリングから2016年2月に戻りました。ホームページぽこけんpocoken.comのブログも見てね

外国の旅・風景など

[ リスト ]

              台湾ツーリング その5 
          埔里→霧社→廬山温泉→合歓山
            →梨山→礁渓温泉→花蓮
               (10月28日〜31日)
イメージ 1
 
東埔温泉から山道を下って、埔里の町へやってきました。台湾のほぼ中央にある落ち着いた雰囲気の町と聞いていましたが、
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲町はなにやら騒がしく暴動か、と見間違うような光景。暴動ではなくお祭りのようです。すさまじい数の爆竹が鳴らされていました。
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲町の朝食屋さん、台湾は朝から外食する人が多いので、大抵どんな町でも朝食屋さんはすぐ見つかります。新聞なども置いてあり自由に読むこともできます。
 
イメージ 19イメージ 25
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
霧社事件(日本統治時代、原住民によって引き起こされた抗日暴動事件)の舞台となった場所へ行って見ました。首謀者のモーナ・ルダオの墓もあります。中国国民党統治時代と現在の民主化された時代では、この事件への解釈も評価も変化しているようです。
 
イメージ 3イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲霧社の町の食堂で昼食です。スープ、卵とトマト炒め、チャーハン。
 
イメージ 7イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲廬山温泉でひとっ風呂浴びて行きます。
 
イメージ 10
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲廬山温泉からは、合歓山に向け再び山道をぐんぐん登って行きます。
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ついに標高3275mの峠まで来ました。ここまで来るとさすがに寒い。それにしてもさすがはヤマハ、125ccのスクーターでもグイグイここまで登って来れましたよ。
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ちょっと山を下りたところ、といってもここも標高1900mありますが、梨山という小さな町で泊まることにしました。特に何があるわけでもない、こういう山間の小さな町のぶらぶら歩きが何故か大好きなんですね。
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲翌朝も梨山を散歩。ピンクの荷台に乗って茶畑へ行くのかな。お仕事のお供に黒ワンが2頭のってます。
 
イメージ 15イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲午前中だんだんと天気が崩れて、午後にはついに雨。カッパをきて清水地熱へ来ました。山から大分降りてきたので、寒くないのが救いです。地熱には何組ものグループが遊びに来ていました。みなさん、足湯に浸かったり、温泉で卵や野菜を煮て料理したりと、ピクニック気分?のような感じで地熱を楽しむようです。天気が良ければ最高なんでしょうが、今日は雨なので、皆、屋根のあるところに固まってすごしていました。
 
イメージ 17イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲雨は止みません。礁渓温泉で泊まることにします。ここは巨大な温泉街で共同湯もあちらこちらにあり、無料で入れるところもあります。
イメージ 20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲温泉街の中央には立派な温泉公園もあり、足湯などが整備されていて、日本と変わらないような雰囲気。
 
イメージ 21イメージ 22
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲夕食に入った店のメニュー。食べたことのない漢字が並んでいたので入ってみました。台湾では経験上、適当に入って適当に頼んでも大体は美味しいので心配もしないようになりました。いったいどんなものが出て来るのかと、むしろ、ワクワク楽しみです。肉捲というのと、肉糠米粉というのを食べました。どちらもすごく美味しかったですね。やっぱり、台湾はエライ。
 
イメージ 23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲今日はツーリング最終日。花蓮に戻ってバイクを返す日です。礁渓温泉を出て、海沿いの清水断崖を通って一路南下します。バイクを借りた2週間の内、昨日と今日、最後の最後に雨に降られたけれど、まあ良しとしよう。
 
イメージ 24
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲最後までトラブルもなく走ってくれてありがとう。花蓮まで安全運転で走って駅前の
「PONY小馬祖車」にバイクを返してぽこけんの台湾ツーリングは終了です。
 
スクーターで自由に走り回った台湾は予想以上に楽しかったです。海に山にと変化に富んで、極上の温泉があちこちに沸いているし、中国の文化、原住民の文化、日本の文化がミックスされているのも興味深いです。食事は何を食べても美味しく、夜市巡りも楽しい。日本が寒い時期でも台湾は温暖なのも良いですね。次に来るときももちろんスクーターで回りたいと思います。
 
<旅のデータ>
●期間 2012年10 月15 日〜11月2日(19日間中ツーリングは14日間)
●走行距離 1770Km
●費用 
 日本で使ったお金
 航空券          \48,000(1人)
 成田空港駐車料金    \4200(1台19日間)
 台湾で使ったお金の合計額    \145,000(2人で)
 ・内訳  レンタルバイク代      \31,500(2台で)
       ガソリン代           \8,000(2台で)
       ホテル代            \1,800〜\3,900/1泊(2人で)
       食事代              \300〜\1,000くらい/1食(2人で)
 

この記事に

閉じる コメント(4)

普通なら高山病になるか、空気が薄くてエンジンの調子が悪くなるかと思いきや、なんともないのが不思議???

2012/11/11(日) 午後 11:07 メガラッキー 返信する

顔アイコン

合歓山からは高度感がありますね。
温泉裸湯って文字の通り裸で入るんですか?

2012/11/13(火) 午前 6:17 hide 返信する

メガラッキーさん、ヤマハのバイク良く頑張ってくれました。もう少し標高が上がると影響が出ていたかもしれませんね。

2012/11/13(火) 午後 6:34 pocoyuko2006 返信する

hideさん、その通りです。あえて裸湯と書くくらい、水着入浴が普通になってるってことだと思います。

2012/11/13(火) 午後 6:39 pocoyuko2006 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事