ぽこ&けんいち通信

けんいちは中南米ツーリングから2016年2月に戻りました。ホームページぽこけんpocoken.comのブログも見てね

全体表示

[ リスト ]

浪江町へ(2015.2.9)

2月9日(月)、那須のペンションオーナーを浪江町へお連れしました。

 普段から放射能や原発関係に関心を持ってくれていますが、福島県民、被災地からのお客さんもときどき来るので、福島のことを気にしてくれています。
私の給餌活動にもいろいろ協力的でありがたいです。

私の不手際で通行許可証は当日、浪江町役場で申請
浪江町は全町民が避難していますが、役場は二本松市にあります。
 役場の市民課入口には東電から派遣されている保障対応係が座っていて、来る人来る人に挨拶をしています。針の筵状態でしょうね。

イメージ 1
二本松市から峠を越えて川俣町山木屋地区に入ると、突然除染現場が広がります。山木屋地区も避難指示解除準備区域なので、住民の帰還を目指して除染がすごい勢いで行われています。

イメージ 2
R114経由で浪江町津島地区へ。有名な貼り紙のお宅です。

 津島地区は原発から20㎞以上ありますが、放射線量が高いため、当初から住民は2名以外、みんな避難していましたが、区域再編で新たに帰還困難区域に指定されてしまいました。20㎞以内でも楢葉や南相馬など解除される区域がある一方、こうして新たに指定されてしまったところもあるんです。

イメージ 3 イメージ 4
オーナーがフードを12袋支援してくれました。浪江では2.5㎏のフードを60〜80袋も使用するので、大変助かります。右はo田式餌台にフードを補充しているところ。半分以上入っていましたが、満タンにしておきます。

イメージ 5 イメージ 34

浪江の拠点。トラクターの上にRVボックスを置いて針金で固定していたのですが、ひっくり返されていました。監視カメラには猫2匹。

イメージ 6 イメージ 7
Aファッションの特製給餌器は健在。

イメージ 8 イメージ 9
公園脇のDさん宅。ここ、以前は他の方々も回っていて、たいていフードがあったのに、ここのところ毎度空っぽ。みんないつのまにか止めちゃうんでしょうかね。4年も経つから終わりにしちゃうのも仕方ないかな。私もいつまで続けられるか。

イメージ 10
タヌキかな。猫らしい足跡も

イメージ 12
浪江駅前。街頭の頭部分が折れて落ちているのがわかりますか

イメージ 11 イメージ 13
浪江駅前。駅の壁のタイルは大堀相馬焼

イメージ 14
駅前の商店
イメージ 15
駅前の風景

イメージ 16
地震の被害がそのまま

イメージ 17
死の町ですが、ガソリンスタンドは営業しています。作業車向けなので値段は高め。
イメージ 18
帰還困難井手地区
イメージ 19
 帰還困難地区。右側に棚があり、木製給餌器を針金で固定していたのですが、棚板ごと落とされていました。応急的に農業用のコンテナを使用。
限られた時間内でその場にあるもので修理しなくてはならないので大変です。
烏除けの紐も張ります。

イメージ 20
帰還困難地区はこんな数値
イメージ 21
ここも帰還困難地区ですが、以前にモデル除染していたせいか、比較的低い数値
イメージ 22
大堀小学校の校庭。モニタリングポストと数値は違いますね
イメージ 23

イメージ 24
町営住宅の近くのポイント
イメージ 25
町営住宅の公園。O式給餌箱、空っぽでした。
イメージ 26
町営住宅付近は猫が集まっています。足跡あり
イメージ 27 
 M野さん宅。壊されてましたが、応急処理。他の箇所も破壊されてたりしましたが、時間切れでした。器用な人、誰か手伝ってくれないかなあ。

イメージ 28
 ひとつだけ離れたポイントにカメラを仕掛けます。ここの方は石川県に避難。猫ちゃん2匹を探しているお宅なのですが…。野生動物しか来てなかったら、このポイントへの給餌は中止にします。次来られるのは2週間後? カメラも1台しかないので、牛歩のごとくやるしかないですね。

イメージ 29
津波被害の酷かった請戸地区。慰霊碑があるので毎回ここに寄って手を合わせます。右後方は第一原発です。夕方なので仕事を終えた作業車が続々と通ります。
イメージ 30
請戸から望む第一原発

イメージ 31
ずいぶんと片付いたものの、まだ船の残骸が累々とありますね

イメージ 33 
請戸海岸は津波で亡くなった方がたくさんいて、未だに行方不明のままの人も多いのです。毎月11日にはこうして警察による捜索が行われているんですよ。

イメージ 32
 午後5時すぎの国道6号第一原発への交差点です。ほとんどが作業車で南行、北行ともにプチ渋滞が発生します。2011年、警戒区域だったころと比べるとすごい変化です。

この後、大熊町のR288号経由で中通りに戻りました。
 今回、同行してくれた「ペンションひみつ基地」のオーナー、原発関係に関心を持ってくれているので私も説明のしがいがありました。

風化が感じられる昨今、福島の現状を伝えていかなくては、と思います。

この記事に

閉じる コメント(2)

みんないつまでも関心をもっていて欲しい。同じ日本の事なんだから。きっと海外の人は日本人みんなが関心を持って頑張っていると思っていると思います。

2015/2/12(木) 午前 11:13 メガラッキー 返信する

メガラッキーさん、福島の人でも関心ある人はそんなに多くないです。県外の人で過激な反原発派は福島に来たことないのに「福島は危ないから避難するべき」なんていうし。

2015/2/12(木) 午後 5:35 pocoyuko2006 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事