ポールポジション スタッフブログ

BMW・アルピナ専門店 ポールポジションのスタッフブログです。

全体表示

[ リスト ]

納車整備

納車予定のE28型 535i。
イメージ 9

納車時の点検で、シリンダーヘッドガスケットに僅かですがオイル漏れがあり、

思い切ってシリンダーヘッドのオーバーホールを施工して納車することにして売りに出しました。

内外装、機関もすべて完璧だった極上車は、すぐに売約頂き、

3週間ほどかかりましたが、やっとエンジン修理も完了し納車となりました。

シリンダーヘッドのオーバーホールの状況をご紹介いたします。

整備を施工したのは、私ポール(笑

普段は現場には出ませんが、この手の整備はまだまだ若いもんには負けていません。

ヘッドの脱着は先日のブログでご紹介いたしまし通り、2時間で分解!!

その後、シリンダーヘッドを研磨に出して、歪みを綺麗にして、

その後、燃焼室のカーボンを除去。

30年ほど焼き付いたカーボンはかなり頑固で、汚れを落とすのも一苦労ですが、

ここで裏ワザをお教えします。 

それはワコーズ フューエル1

イメージ 1

通常はガソリンタンクへ注入して、50Lのガソリンに混ぜて噴射しながらカーボンを溶かしていきますが、

今回は原液をそのままシリンダーヘッドの燃焼室にかけて洗浄してみました。

こびりついたカーボンは、見る見るうちに綺麗に。
イメージ 2

そして、各バルブも、カーボンが溜まって真っ黒ですか、
イメージ 6

イメージ 7

更に、エンジンブロック側のピストンのカーボンも。
イメージ 3

この様な状態が、
イメージ 4

新品のピストンの様になりました。

これらはお客様は一生見ることが無い(見ることが出来ない)と思いますが、

見えない所にも手を抜かず整備することが大事です。


バルブの擦り合わせをして、
イメージ 8
部品や工具の取引業者さん達も、最近この手の修理をやっている工場は無いね〜と言っていましたが、

確かに、ヘッドの修理は少なくなりましたね。

ロッカーアームは状態が良かったけど、せっかくのOHなので新品にして、
イメージ 5

組み上げて、微調整をして完成です。

Y様、もう少々お待ちください。



By PP

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事