“Hamish!”in ’Pollon’s Garden

亡きポロンに続いてやってきた“ヘイミッシュ”と撃沈サラリーマンぽろんぱぱのいろんなお話♪

全体表示

[ リスト ]

昨日までに書いたジャックとの思い出、
皆さんからの反響が数字で表れているのを見るにつけ、
やっぱり「ジャック」という名前は今でも凄い影響力を持っているんだなと思った。
それと、ジャックを知らなかった人にもきっとこの名前が浸透してると思うと、
うちのブログもちょっと役に立てたのかなと思う。
 
 
 
 
 
ただ自分自身、正直まだ受け入れられてないところもあって、
こうやってジャックのことを書いていながら、少しずつ実感してきている部分もあったりする。
 
今日は昨日書ききれなかったジャックと会った昨年、最後の夏のことを書かせてもらいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
昨年の7月、ジャックパパの夏休みとポロンsの休み(ただの土日だけれど)とが上手く合ったので、
白馬で一泊して会うことにした。
間違ってなければ2年半ぶりに会ったジャック。
ポロンと挟まれて至福の時だったまま。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
お互い顔に白いものが目立つようにはなったけれど、相変わらずの表情のジャックだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
長い付き合いの割りには、意外にも初めてお会いしたジャックママ。
ジャックのブログじゃあ、凸凹部隊の鬼軍曹とか何とか書かれちゃっていたけれど、
本当はジャックのことが可愛くて仕方ない、って感じがありありと出ている優しいママでした。
 
でもジャックと一緒のジャックママにお会いするのは、結局最初で最後になってしまった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
この時の白馬はあまり天気が良くなかったけれど、
朝はふたりでのんびり散歩をした。
 
脇道の用水路に二人してドボンって浸かってたな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
ガキの頃から相も変らぬ、この二人の距離感。
おっさんになっても、爺さんになっても変わらないんだろうなと思っていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
雲で隠れた後立山連峰をバックにした二人の写真。
表情も体つきもそれぞれの特徴がよく出ている。
またしばらくPCの壁紙になりそうだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
そしてこれがおいらが最後に撮ったジャック。
うちの車のカーゴに乗っかったところだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まさか二度とコイツを撮ることが出来なくなるなんて思わなかった。
 
 
 
 
この時は、「次回は雪の季節に」なんて言ってお別れしたのだけれど、
冬も、また今年の夏もお互いの都合が合わなくて、会うことはなかった。
 
でもあんまり気にしていなかった。
「今年会えなくても、どうせこれからイヤというほど会えるんだから」
勝手にそう思っていた。
 
でも違ってた。
まだ信じていないところがあるけれど、でも間違いなくジャックはもういなくなってしまった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
知らない人もいるかもしれないが、
ジャックは最近では数少ない、去勢していない現役の雄だ。
そしてポロンも同じく。
 
巷では去勢の目的が、「大人しくさせる」とか「病気を減らす」とか言われているが、
そんな目的での去勢なんて必要ない、というのがそれぞれの飼い主に共通した持論だった。
ジャックとポロンは、それを体現する役目を持っている、おいらはそう思っていたし、
実際にそれは出来ていたと思う。
 
先週のジャックの誕生日にも、「健康長寿の記録を二人で作ろう」と言ったばかりだった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
そうやって一緒にやってきた盟友だったのに、
ジャック、ばかたれ、何で死ぬかなあ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でもジャックパパのところにも書いてあったけれど、
「脾臓の血管肉腫」
全く不勉強で今の今まで知らなかったが、防ぎようのないものらしい。
 
予防も出来なければ、罹ってしまえば治療のしようも無い。
老齢の大型犬に多いのだそうだ。ゴールデンとシェパードが真っ先に挙げられていた。
そのくせゴールデンレトリーバーを紹介するサイトなどでは、罹りやすい病気に挙げているところは見当たらない。
(こういうところを見ても、各種サイトがそれぞれ調査の上で資料を提示しているのではなく、情報ソースは同じものを使いまわししているだけだというのが実感できる)
 
 
 
ジャックパパは職業柄というのもあると思うけれど、
毎月健康診断をするくらい、ある意味「健康オタク」な飼い主だった。
それでもこんな疾患は、それこそあらかじめ想定して探しにでもいかない限り、絶対に見つからない。
これだけしっかりやっていたジャックでも避けられなかったのは、悔しいけれど致し方のないことだったのか。
 
もし健康管理で病気にならないのだとしたら、おそらくうちのポロンはとっくに死んでいる。
(食事面はままが頑張っている自負はあるけれど、その他についてはうちは結構いい加減だから)
 
つまるところ、いつポロンにふりかかってきてもおかしくない病気ということなのだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかしだからと言って、
 
運が悪い、じゃ済ませられねーだろ、ジャック。
一緒に長生きするって言ってたのによ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャックは亡くなった翌朝8時、天に昇ると伺った。
 
実感があるにせよないにせよ、事実として受け止めなきゃいけないと言い聞かせて、
その時間ポロンとジャックのいるであろう空に向かって、何を?と聞かれたら困るけれど、祈った。
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
合掌。
 
 
 
今思えば、毎度司令官の目を盗んではフラフラとどっか行っちゃうジャックのことだから、
寄り道しないで空に昇れよ、って言ってやれば良かったかな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に会った時の、たぶんおいらの写真でいちばんのジャックです。
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
またなジャック。
 
遅かれ早かれ、いや今はしばらく待たせるつもりだけれど、
おいらもポロンもいずれは死ぬ。そしたらまた遊ぶべ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全部書いたら、ようやく泣けてきた。
少しは受け入れられてきたのかな。
 
 
 
 
 
 
イメージ 12

この記事に

閉じる コメント(16)

パパさんの気持ちが嫌という程わかりました。
ジャック君素晴らしいワンコだったのですね。

無事に虹の橋に着きます様に祈っています。

2014/8/22(金) 午前 6:50 トモママ 返信する

顔アイコン

想い出がイッパイの盟友ジャックくんなんですね。

リンクしてあったジャックくんのブログを見ました。横になってるジャックくんのお顔は安らかな顔をしてた。痛い、辛いって表情じゃなかった。最後まで、お利口さんだったんだね。

ウチのさくらも暑い夏の日に亡くなりました。想い出されて・・・同じゴルだから感情移入してもて・・・涙です。

自分の中で生き続けるさくらと同じく、ジャックくんも家族のお友達の中で生き続けることでしょう。 削除

2014/8/22(金) 午前 8:01 [ さくら&クロちゃんパパ ] 返信する

顔アイコン

ダメだわ・・朝から涙がポロポロ。

寄り道しないでちゃんと行けたかな。 削除

2014/8/22(金) 午前 10:07 [ エルと蘭の母さん ] 返信する

顔アイコン

この2日、ジャックパパさんのブログを遡って見ています。
このジャックが、もういないんだな・・・
本当に、残念です。

ジャックくん、ジャック家の子で幸せだったね。 削除

2014/8/22(金) 午前 10:21 [ かめ ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。
私は会社のパソコンで毎日ジャックの写真をみるのが日課でした。
実際に会った事はありませんが、毎日勝手に癒されていました。
本当にこんなにも突然に・・・目を疑い言葉を失いました。
私はジャックくんの近くに住んでいます。いつかお山へ行けば会えると思いながら実現しませんでした。
今日の夕方の帰り道、県内の空は真っ暗にもかかわらず、ジャックのお山の空だけ、とても綺麗な水色の空が広がっていました。そして、夕陽がキラキラと差していました。不思議なくらいでした。
ジャックパパ ママ見ておられたでしょうか・・・。

ポロンくんとの交流を読ませていただき、ジャックパパのブログで知らない事がたくさんありました。ありがとうございました。
どうか、ポロンくん、ジャックくんの分まで元気で長生きしてね。
私も愛犬をジャックくんやポロンくんの笑顔に近づけるよう育てていきたいと思いました。
長々と失礼しました。

2014/8/22(金) 午後 7:24 [ るぅびっぐ ] 返信する

顔アイコン

トモママさん、
お久しぶりです。
ジャックはとんでもなくすごいヤツでした。
とても残念でなりません。

2014/8/23(土) 午後 9:09 ぽろんぱぱ 返信する

顔アイコン

さくら&クロちゃんパパさん、
急な事だったようです。苦しまずに逝ったとのことでしたが、
確かにその分飼い主は辛かったんでしょうね。

いつまでも忘れたくない友達です。

2014/8/23(土) 午後 9:11 ぽろんぱぱ 返信する

顔アイコン

エル&お蘭の母さん、
最初はあまりにあっけなくて泣くことも出来なかったんだけど、
これ書いてたらジワっときました。実感できたってことかもしれませんね。

ジャック、きっとフラフラしながら昇っていったと思うな。

2014/8/23(土) 午後 9:12 ぽろんぱぱ 返信する

顔アイコン

かめさん、
ずっと一緒にやってきた仲間があっけなくいなくなってしまいました。
人間も犬も無く友人を亡くした気分です。

短い命でしたが、それでもジャックはジャック家の子で良かったと思っていますよ。

2014/8/23(土) 午後 9:14 ぽろんぱぱ 返信する

顔アイコン

るぅびっぐさん、
ご訪問ありがとうございます。
ジャック家のお近くにお住まいなのですね。きっとジャックが空から見ていると思いますよ。

本当はふたりで長生きして腐れ縁を保っていきたいと思っていたのですが叶わぬこととなってしまいました。
これからはうちが長生きすることがジャックを忘れないいちばんの供養だと思ってやっていこうと思います。

2014/8/23(土) 午後 9:16 ぽろんぱぱ 返信する

顔アイコン

そう、ぽろん君が長生きして、ジャック君を思い出してあげることが一番の供養だと思います。

いつだったか、お坊さんに亡くなった人を思い出してあげるのが一番の供養ですって聞いたことがありました。

本当に、近い将来、ケイチィもぽろん君と一緒にジャック君に会えると思っていました。偉大なジャック君、お空でみんなのことをみまもってくれていることでしょう。ご冥福をお祈りします。 削除

2014/8/24(日) 午前 0:36 [ ケイティまま ] 返信する

顔アイコン

お久しぶりです。富山のリンママです。ブログの世界からご無沙汰してしまっていました。今ほど、ジャックパパさんからメールをいただいて、訃報を知りました。涙が止まりません。こちらのブログを読んでさらに号泣。ほんとうにジャックくんは、人の心がわかる、素晴らしい子でしたよね。大好きでした

2014/8/24(日) 午後 9:37 リンママ 返信する

顔アイコン

ケイティままさん、
今は哀しいのがいちばんですが、うちのには何とか長生きしていってもらいたいと思っています。

ケイティとジャックはゴルパラでは互い違いに参加していて会えていなかったのですね。せっかくの大物同士だったのに残念です。

2014/8/24(日) 午後 9:52 ぽろんぱぱ 返信する

顔アイコン

リンママさん、
大変ご無沙汰していました。お元気でしたか?
リンママも白馬でもご一緒した間柄だけにジャックの素晴らしさはよくご存知ですもんね。

大変な仲間を失ってしまったという喪失感でいっぱいです。

2014/8/24(日) 午後 9:54 ぽろんぱぱ 返信する

顔アイコン

喪失感、よくわかります。ぽろんくんの同志っていう感じでしたもんね。ジャックくんのご冥福を祈ります。

2014/8/24(日) 午後 11:16 リンママ 返信する

リンママさん、
ありがとうございます。ずっとジャックを思い出してやってくださいね。

2014/8/25(月) 午前 5:27 ぽろんぱぱ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事