PONGISAYOKUって何ですか?

軍事部門を抱えた会社は犯罪企業である。 全て違法化されなければならない。Link free
小泉進次郎や石原伸晃や麻生太郎や安倍晋三や高畑祐太は、世襲2世でなかったら今の職業的地位を得ていただろうか?

イメージ 2

TVを中心とするマスコミ総出で加害者側の高畑淳子が高畑祐太の強姦犯罪謝罪会見を開き、被害者の不快は頂点に達している。
加害者側のなかに被害者を作り上げ加害を無化にして行く壮大なイルージョンをマスコミが意図的に演出したのである。
被害者を生み出した世襲の利権構造の犯罪性を隠蔽するためである。
それは、
海を渡り侵略と占領の残虐な空間で殺人・拉致・強姦を欲しい儘に犯した日本軍の重責任から逃げ回りはした金で糊塗しようとしている極右カルト史観に酷似している。

加害者があたかも被害者であるかのように着地する根腐され日本構造、、、
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

韓国からのニュースによると、韓国軍は24日、北朝鮮が潜水艦から発射した弾道ミサイルは約500キロメートル飛行し、日本の防空識別圏に落下したことを明らかにした。
また、米国防総省当局者は匿名を条件に、北朝鮮の潜水艦弾道ミサイルが約300マイル(約480キロメートル)飛行し、日本海に落下したとし、「KN─11弾道ミサイルとみられる」と述べた。

米軍と韓国軍が22日、朝鮮半島で定例の合同軍事演習「ウルチ・フリーダム・ガーディアン」を開始した。韓半島(朝鮮半島)総攻撃を仮定した韓米合同軍事演習「乙支フリーダムガーディアン」は22日から4日間実施される。
米韓は北朝鮮のいつもの大仰な反撥猿芝居を嘲笑い、北朝鮮はドイツコメルツ銀行の口座に振り込まれる日米韓軍事財界からの報酬金にほくそ笑んでいる。

カモにされたのはいつものように朝から晩まで税金を毟り取られている日米韓朝の国民である。
現在の軍事金融資本は絵に描いたような猿芝居をエスカレートして自国民をカモにする鉄壁の構造が確立しているのだ。

イメージ 1

北朝鮮は反発し、人民軍総参謀部報道官の声明を通じて「今回の合同軍事演習の目的はわれわれ共和国を乗っ取るための段階別侵略計画を実現することだ」と非難し、声明で「敵がわれわれ革命の首脳部の『除去作戦』と『平壌(ピョンヤン)占領』を狙った冒険的な作戦計画に準じて今回の演習を敢行したことは、事態の厳重性を倍加させている」としながら「朝鮮半島の現情勢は事実上、任意の時刻から核戦争が起こりうる危機一髪の状態に置かれている」と主張した。 
  また「もたらされた険悪な事態に関連して、朝鮮人民軍総参謀部は委任に従い、無謀な北侵略核戦争騒動に対処したわれわれ革命武力の原則的立場を厳粛に明らかにする」としながらその立場を明らかにした。 
 声明は「今、この時刻から朝鮮人民軍1次打撃連合部隊が『乙支フリーダムガーディアン』軍事演習に投入されたすべての敵攻撃集団に先制的な報復打撃を加えられるよう常時的な決戦態勢を堅持していることをよく理解するべきだ」と主張した。 
続いて「われわれの領土と領海、領空に対し、侵略兆候が少しでも見えた場合、われわれのやり方で容赦なく核先制打撃を浴びせて挑発の牙城を灰に変えてしまうであろうし、われわれ革命武力は今後も敵の核戦争挑発策動を永遠に終わらせるために滅敵の銃剣をさらに高く掲げるだろう」と明らかにした。

  また「過去の時期とは比べものにならないくらいの核先制打撃能力を完ぺきに備えたわれわれ革命武力は、侵略と戦争の牙城をことごとく一掃するであろうし、共和国南半部解放の勝利の砲声を響かせる歴史的機会だけを待ちわびている」と豪語した。

この記事に

開く コメント(0)


F35を岩国に16機配備へ 米軍増強で住民負担増の懸念

武井俊輔外務政務官と宮沢博行防衛政務官は二十二日、山口県岩国市を訪れ、福田良彦市長に対し、米軍岩国基地に来年一〜八月に計十六機の最新鋭ステルス戦闘機F35が配備されると伝えた。米国外でのF35配備は初。村岡嗣政知事とも県庁で会談し、同様の説明をした。
 十六機は垂直離着陸が可能な海兵隊仕様。米軍は現行のFA18戦闘攻撃機、AV8ハリアー垂直離着陸機と代えて来年一月に十機、同八月に六機を配備する。部隊の交代に伴い、常駐する軍人や家族も約百三十人増える。
 米軍再編計画に基づき、岩国基地には来年をめどに、厚木基地(神奈川県)から空母艦載機五十九機も移駐する予定。武井政務官は福田市長に「今回の配備はあくまで機種の更新であり、米軍再編とはリンクしない」と強調した。
 福田市長は会談で、両政務官に「米海兵隊の計画で配備が明らかになった後も日本政府からの情報がなく、不満の声がある。速やかな情報提供を」と注文を付けた。会談後、報道陣に「国内初の配備であり、機体の安全性や運用についてさらに照会したい」と話し、回答を見て市の対応を決める考えを示した。村岡知事は「地元の意向を尊重したい」と述べた。

◆中朝反発で緊張も

 最新鋭のF35が米国外では初めて米軍岩国基地(山口県)に配備されるのは、中国の海洋進出や北朝鮮の核・ミサイル開発をにらんだ「米国のアジア重視政策の一環」(防衛省日米防衛協力課)だ。だが、基地周辺住民の負担が増える懸念に加え、中国や北朝鮮の反発により日本周辺の緊張が一層高まる可能性がある。
 オバマ政権は外交・軍事の重心をアジア太平洋地域に移す「リバランス(再均衡)政策」を進めている。これに伴い日本各地で米軍の基地機能が強化されている。
 岩国基地に配備される海兵隊仕様のF35はレーダーに感知されにくいステルス性能に加え、垂直離着陸能力を備える。奇襲上陸に用いる強襲揚陸艦への搭載も可能となる。自衛隊は次期主力戦闘機に空軍仕様のF35の導入を決め、二〇一七年三月までに四機の引き渡しを受ける予定だ。
 在日米軍を強化する動きは他にもある。米国は一四年、新たな国防戦略を発表し、二〇年までに米海軍艦船の六割をアジア太平洋地域に重点配備する方針を打ち出した。これを踏まえ、米海軍横須賀基地(神奈川県)では一五年、高いレーダー性能で弾道ミサイルを探索するイージス艦二隻を追加配備し、原子力空母も最新鋭艦に交代した。一七年までにイージス艦一隻がさらに追加され、横須賀基地の米軍艦船は計三隻増の十四隻態勢となる。
 一方、米軍基地機能の強化は地域住民の負担増と裏表の関係にある。岩国基地には一七年、厚木基地(神奈川県)から空母艦載機の移駐も予定されているため、今後は騒音対策の強化が不可欠となる。岩国市の福田良彦市長は二十二日の政府側との会談で「初めて国内に配備される機種で不安な要素がある」と、F35の騒音データの提示を政府側に求めた。
 米軍が日本周辺で活動を活発化させれば、中国や北朝鮮が対抗措置を取り、沖縄県・尖閣諸島を巡る日中間の対立などに影響する恐れもある。(新開浩)
2016年8月23日 東京新聞朝刊

この記事に

開く コメント(0)

メキシコオリンピック1968年(昭和43年)の、年明け1月9日、東京オリンピック男子マラソン銅メダリスト円谷幸吉は自衛隊体育学校宿舎の自室で頚動脈を切って自殺した。27歳であった。
遺書は哀切に満ちていた。
どの時代でも、どの国でも若者を痛切な死に追い込むのは腐臭に満ちた利権の構造である。
男子マラソン銅メダリスト円谷幸吉は次回メキシコオリンピックのために婚約者との別れを自衛隊の上官に強要され、その婚約者が別の男性と結婚したことを知った直後、帰省明けの1月9日に自殺した。

遺書の全文(原文ママ)

父上様母上様 三日とろろ美味しうございました。干し柿 もちも美味しうございました。
敏雄兄姉上様 おすし美味しうございました。
勝美兄姉上様 ブドウ酒 リンゴ美味しうございました。
巌兄姉上様 しそめし 南ばんづけ美味しうございました。
喜久造兄姉上様 ブドウ液 養命酒美味しうございました。又いつも洗濯ありがとうございました。
幸造兄姉上様 往復車に便乗さして戴き有難とうございました。モンゴいか美味しうございました。
正男兄姉上様お気を煩わして大変申し訳ありませんでした。
幸雄君、秀雄君、幹雄君、敏子ちゃん、ひで子ちゃん、
良介君、敬久君、みよ子ちゃん、ゆき江ちゃん、
光江ちゃん、彰君、芳幸君、恵子ちゃん、
幸栄君、裕ちゃん、キーちゃん、正嗣君、
立派な人になってください。
父上様母上様 幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません。
何卒 お許し下さい。
気が休まる事なく御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません。
幸吉は父母上様の側で暮しとうございました。


この記事に

開く コメント(0)

むのたけじさんは新聞記者として戦争取材に関わったことを反省し秋田県で週刊新聞「たいまつ」を発刊した。
イメージ 2
精力的に反戦を訴え続けたジャーナリストむのたけじ(本名武野武治)さんが21日午前0時20分、老衰のため、さいたま市内の自宅で死去した。101歳。合掌。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

防衛省は2017年度の概算要求に、過去最大の5兆1600億円程度を計上する方針を固めた。
北朝鮮が弾道ミサイルの発射とか、日本を取り巻く安全保障の環境が一段と厳しさを増しているなどとデタラメインチキ危機偽造して5年連続でインチキ防衛予算を増額を要求する。

防衛省がとりわけ重視しているのが、北朝鮮の弾道ミサイル技術向上を受けた防衛態勢の強化。地上配備型の迎撃ミサイル「PAC3」の改修費用約1000億円を計上するほか、米国と共同で改良に取り組む海上配備型ミサイル「SM3」の量産費用を盛り込む。
防衛省が次年度予算の概算要求額を増やすのは5年連続。初めて5兆円を突破した16年度の当初予算からは、約2.3%の上積みとなる。16年度は5兆0911億円を要求し、5兆0541億円が認められた。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

日本学術会議に戦争利権屋が跋扈している。

防衛省は、大学や研究機関を軍事研究に取り込む「軍学共同」の動きを強めている。
防衛省防衛技術研究本部と大学・研究機関との間で締結された共同研究の件数は、2010年ごろから加速的に増加している。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
戦争利権屋の安倍内閣が、極右の稲田朋美を防衛相に起用した。
安倍一派は最早二進も三進も行かなくなっている、
誰からも相手にされないアタマのオカシイ極右カルト議員を防衛相に起用しなければ利権カルトの結束が空中分解してしまうのである。
靖国に平気で参拝するような異常議員を防衛相に起用するほど安倍一派は雪隠詰めなのである。
イメージ 4

稲田朋美は“命を捨てて国を守れ”と繰り返し口にしてきた。
「国民の一人ひとり、みなさん方一人ひとりが、自分の国は自分で守る。そして自分の国を守るためには、血を流す覚悟をしなければならないのです!」(講演会での発言)
靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、『祖国に何かあれば後に続きます』と誓うところでないといけないんです」(「WiLL」2006年9月号・ワック出版)
「祖国のために命を捧げても、尊敬も感謝もされない国にモラルもないし、安全保障もあるわけがない。そんな国をこれから誰が命を懸けて守るんですか」(「致知」2012年7月号・致知出版社)

寝言は寝て言うものだ。
平成の今、この日本で「命を捨てて国を守る」ということは一握りの高級幹部が数百億円の防衛予算を持参して軍事財閥へ秘書付き天下りをする犯罪公務員に手を貸すということである。

祖国のために命を捧げても、尊敬も感謝もされない国にモラルもないし、安全保障もあるわけがないと稲田が言う「モラル」「安全保障」とは東京大手町の三菱重工顧問室に秘書付きでトグロを巻く数十人の男たちのヤニの臭いのことである。
2012-2月24日の閣議決定答弁書で、
「西部航空方面隊司令官」「呉地方総監」「陸上幕僚長」「航空集団司令官」「第一師団長」などそうそうたる自衛隊幹部が三菱(軍事・原子力)財閥の「顧問」として天下りしていることが分かった。
若者の生活が破壊される恐るべき癒着構造である。
ひとりアタマ数百億円の国民の血税(防衛予算)を軍事財閥に持参して天下る、信じられないような腐敗構造なのである。
国民や貧乏若者をコケにした他では有り得ない腐敗の極みの税金泥棒構造なのだ。
日本の軍事費は実質6兆を軽く超えて、税収の15%であり、毎月毎月5000億円もの巨額税金が自衛隊と軍事財閥に流し込まれ、一人頭は中国の9倍にもなり国民生活はボロボロで保育所さえ足りない発狂軍事国家といわれる。
(近年は国交省などの予算に軍事道路港湾などの予算や文部科学省には宇宙関連予算を紛れ込ませ真の防衛費は総税収39兆円の内8−9兆円ではないかと言われる。
国民生活が戦時中と同じにボロボロになるのは当たり前の構造なのだ。
若者たちは結婚はおろかデートすらまともに出来ない貧乏に叩き落されている。貴重な青春時代にバイトしなければ大学に行けない信じられない奴隷状態に落とされている社会は軍需経済の拡大によるものなのだ。

稲田朋美はひとりアタマ数百億円の国民の血税(防衛予算)を軍事財閥に持参して天下っている自衛隊高級幹部がトグロを巻いている東京大手町の三菱重工顧問室(ドアを開けると左右に別れコの字型に机が並んでいる。)に行ったことがあるのか?
日本会議議員稲田朋美がその顧問室に何度も行ったことがあるのなら同じ軍事財閥の小汚い利権屋である。
知らないで、06年9月4日付の産経新聞で自衛隊の真のエリートとは「祖国のために命をささげる覚悟があることだ」と言っているのなら、只の無知な愚か者である。
主人が読んでいた「産経新聞」と「正論」を読んでいたらこんなになってしまった、というようなことを稲田朋美は言っていたが、それなら無知なことを喚き続ける利権に操られた只の恥知らずである。

イメージ 3

若者も主婦もサラリーマンも朝起きた時から税金を毟り取られている、歯を磨いてもトイレの水を流しても税金を取られている、その貴重な税金が毎月毎月5000億円もインチキ防衛費として軍事企業と自衛隊に湯水のように流し込まれ、「インチキ兵器群>高級幹部天下り」の泥棒犯罪構造が拡大して国民生活は根底から破壊され、輝いていた日本の企業は軍需経済という犯罪に手を染めて腐臭を放つ詐欺企業に堕してしまった。
例えば、
2011年度のインチキ防衛費受注額が2888億円とトップの三菱重工には、自衛隊の火箱芳文陸上幕僚長、安部隆志陸自補給統制本部長、米沢敬一西部航空方面隊副司令官の3人が顧問に就任。
通信機器、電波機器などの契約が多い東芝には、自衛隊の時津憲彦陸自通信学校長が顧問に就任。福田敏陸自東北補給処長、小野田治航空教育集団司令官、久納雄二陸上幕僚副長の3人も顧問に。
艦艇搭載装備品などの契約があるIHIには、自衛隊海上幕僚監部装備部艦船課長、海自艦船補給処副処長を歴任した河野良佐世保造修補給所長など2人が顧問に就任したほか、計5人が天下り。子会社のIHIエアロスペースも3人、IHIジェットサービスも自衛隊の高級幹部1人の天下りを受け入れている。
契約額10位の日立製作所は、重久修北部航空方面隊司令官が顧問になったのをはじめ計3人。
 自衛隊の大西康文技術研究本部電子装備研究所長、千葉徳次郎自衛隊北部方面総監の2人を顧問として迎えた日本電気、顧問に折木良一自衛隊統合幕僚長など2人を受け入れた富士通は、ともに契約額上位である。
荒川龍一郎自衛隊中部方面総監を顧問として受け入れたダイキン工業。
2人の自衛隊高級幹部を天下りを嘱託として受け入れた住宅メーカー、パナホーム。
越智正典陸上自衛隊富士学校副校長など2人を課長として受け入れた弘済企業という会社は保険媒介代理業が本業である。
旅行業のトップツアー株式会社が陸上自衛隊の幹部中央会計隊長を顧問として迎え、他にも九州電力の関連会社などに89人の自衛隊高級幹部が天下っている。天下り先は広範囲にわたっていて、いかにインチキ防衛費をばら撒いて「税金投入、天下り」の強固な利権構造を築き上げているかがよく分る。
軍事に関わっている日本の「一流」会社と呼ばれている企業群は、覚せい剤製造や拳銃密造を行うヤクザの巣窟と同じ犯罪企業である。
国民の税金をオレオレ詐欺の手法で盗み出すしかなくなったクズ企業なのだ。
積み上がる資本が行き着く、絵に描いたような
軍事経済という腐敗の末路である。
あらゆるマスコミを使って、国家間憎悪、民族間憎悪を煽り立て、子供だましの軍事危機を捏造し、教育、福祉、医療、必須の公共事業まで根こそぎ破壊、簒奪して、巨大利益率の詐欺兵器を際限なく産み出し続ける人殺し企業群(平成軍需財閥)でこの国を覆う「アメリカ型戦争経済体制」にシフトして行くためには安倍極右カルト一派のようなイカれた体制を固定するしかないのだ。
イメージ 2

昨日の北朝鮮インチキミサイル発射騒動に国民は怒り狂っている、
いや、天皇制極貧国家北朝鮮などに怒っているわけではない、
国民が怒りを向けているのは、高高度広域防衛システム」(THAAD、サード)と呼ばれる究極のインチキミサイルに国民の血税数千億円から1兆円を流し込む詐欺騒動を起こしている日米軍事財閥と米軍・自衛隊に対してである。
このところ、北朝鮮が次々にインチキミサイルを発射しているのは、日本と韓国にこの高高度広域防衛システム」(THAAD、サード)を購入させるためである。
既に韓国は導入を決めているから、日本も加えて2国に何とか同時に購入させるために北朝鮮はせっせとインチキミサイルなるものを発射しているのである。
日本は既にSM3とPAC3という完全な詐欺兵器システムの配備に8000億円以上を投じており、国民の福祉や教育・医療はボロボロにされているのだ。

この記事に

開く コメント(0)

小池百合子に都知事の資格などあるはずがない。
極右カルトと利権屋マスコミの重包囲により落選させられた野党統一候補の鳥越俊太郎は、小池都政を監視して行く、と言っている。
何をトロいことを言っているのか。
即時辞任させるべきである。
小池に都知事の資格などない。
猪瀬は430万票得票しながらインチキ男のレッテルが露になり3ヶ月で辞任した。
猪瀬など遥かに凌ぐインチキの290万票小池百合子が即辞任すべきなのは当然のことだ。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

良心のジャーナリスト鳥越俊太郎の陣営はよくたたかった、
たたかう多くの都民、地方から駆けつけた多くのボランテア、共産党も民進党も、多くのスタッフ、若者たち、、、
彼らの奮闘と献身は尊敬に値する。
いつまでも輝かしい市民のたたかいとして記憶されるだろう。
イメージ 2

イメージ 3


最初から勝てる見込みのない選挙だった。
日本会議の池袋のボスである小池百合子を擁立した陣営は選挙などするつもりは初めからなかった、
かれらは計画された政策、即ち首都東京を都民から奪い憲法改悪の軍事ファシズムの拠点とする政策を緻密な計画の元に実行した、
我われは選挙をしていたが、
彼らは操るに値する小池百合子を選びその政策を実行した、巨大で凶暴な資本で、、、。
(猪瀬は徳州会疑惑で追及され辞任したが、あの徳州会疑惑で検察・司法は石原慎太郎にまったく手を付けなかったのだ。徳州会の疑惑に慎太郎が出て来ない??有り得ない話である。有り得ない話になったのは言うまでもなく石原慎太郎は尖閣国有化の巨大利権を齎した男だからだ。
400万票の猪瀬が右翼が絡む金銭授受が暴露され3ヶ月で辞任、次は間を措かず異様な舛添バッシング。「東京獲り」が何段かに組み立てられた極右ファシズムの緻密な戦略であったことを明らかにした。小池の金銭疑惑は舛添を越えているが、舛添叩きとは真逆にマスコミは隠蔽の側に回っているのだ。極右カルトが「東京獲り」を画策した証拠は小池百合子自身が語っている通り猪瀬が徳州会金銭授受辞任の直後、石原慎太郎から知事選立候補を依頼されている。しかし極右軍事屋の田母神俊雄の擁立が決まりこの時一旦小池百合子は候補から外された。つまり極右カルト陣営は最初田母神都知事を希望し、そのシナリオが崩れ、次に小池百合子を担ぎ出したのである。自民・公明が擁立した猪瀬・舛添は極右カルト勢力にとって邪魔だった。極右ではないからである。)


イメージ 5

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 7

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事