どうぶつ病院診療日記

動物病院の診察風景や、獣医師が日頃思っていることなど

良かったら転載どうぞ

すべて表示

「無麻酔下での歯石除去」について

数年前からちらほら話を聞くようになってきて、 動物病院業界でも問題視されるようになっているのが、 「無麻酔下での歯石除去」というものです。 通常、動物病院における歯石除去術というのは、 動物に全身麻酔をかけて行います。 人間であれば、歯科医が「口を開けてくださいね」と言えば、 患者が自分の意思であーんと口を開けておいてくれるため、 よほどの事でなければ全身麻酔を用いる事はないと思うのですが、 動物ではそうもいかないため、全身麻酔下で行うのが主流になっています。 ところで、歯石がある程度ついてきた動物というのは、 ある程度の中高齢である場合が多いため、 「麻酔」というものに対しての危惧をされる場合も多く、 そのために、”無麻酔下”での歯石除去を売りにするペットサロンや動物病院というのがちらほら出てきてすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

「動物病院とバリアフリー」

2017/2/10(金) 午前 11:19

開業して13年たち、今年の6月に移転の予定で、現在新病院を新築中です。 今度の病院で気をつけようと思っていることの一つは、「バリアフリー」です。 具体的には、 ・病院の玄関前に1/14のスロープをつける ・入り口〜診察室〜 ...すべて表示すべて表示

可愛らしい仕草で人気のある猫の一つとなっているのが、 「スコティッシュ・フォールド」です。 ずいぶん前に、記事にしたことがありますが、 僕個人の考えとしては、この猫は「品種」ではなく、 「遺伝子疾患」である、と思っています。 ...すべて表示すべて表示

「ルス地区とイナシ地区の話」

2016/7/11(月) 午後 7:09

あるところに、二つの地区がありました。 ルス地区とイナシ地区です。 二つの地区は同じくらいの暮らしをしており、同じくらいの街並みで同じくらいの暮らしをしていました。 そこに、「選挙というものを行って、代表者を決めて、その人 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事