どうぶつ病院診療日記

動物病院の診察風景や、獣医師が日頃思っていることなど

全体表示

[ リスト ]

夏と言うのは言わずもがな、暑くてまいる季節です。
夏場に注意が必要なのは熱中症ですが、
熱中症とは別に、暑い季節に気をつけないといけないこともあったりします。
そのひとつが「エチレングリコール中毒」というものです。

夏場に暑さ対策として重宝されるものに、
「アイスパック」があります。

これはジェルの様なものを冷凍庫で冷やしておいて、
それを首に巻いたり頭に巻いたりして、
ひんやりさせて暑さをしのぐものです。

頭に巻くベルトタイプのものは、
暑い時に頭に巻くとあたまがすっきりしますので、
本を読んだりするときなどは僕もよく使っています。

ところで気をつけないといけないのは、
頭に巻いているだけならもちろん何の問題はないのですが、
かじったりしたときに、中に含まれている成分を口にすると、
中毒を起こしてしまう可能性があるという事です
(ワインに甘み成分として混入し、
 人が死ぬと言う事故は今も世界中で起こっているそうです)。

中身の成分が高分子ポリマーなどだけであれば問題はないと思われますが、
怖いのは、「エチレングリコール」が成分として入っている場合です。

エチレングリコールは甘い味がするため、動物がかじって穴を開けた場合、
中から出て来たものを喜んでぺろぺろと舐めてしまう可能性があります。
すると、エチレングリコール中毒になってしまう可能性があります。

エチレングリコールは肝臓で代謝され、
グリコアルデヒドやグリコール酸エステル、シュウ酸エステルなどが産生されます。
時間とともにどの代謝産物が作られるかによって臨床症状が異なります
(だから、熱中症かなと思ってみていたら、
 実はエチレングリコール中毒だったという事もあり得るのです)。

ステージ1は最初の30分から12時間で起こるもので、
嘔吐、精神状態低下、神経症状、多飲多尿が見られます。

ステージ2は12〜24時間で見られ、貧脈や呼吸速迫が起こります。

最終段階のステージ3は半日〜一日以上たってからなるものですが、
最終的に産生されたシュウ酸カルシウムによって腎臓がダメージを受け、
腎不全になって高率で死亡します。

エチレングリコールが怖いのは、
「なんかふらふらしているけど様子を見よう」
と言っていると、あっという間に腎臓までやられてしまい、
腎不全で死んでしまうという事です。

しかも、ステージが進んだ後で治療を始めても、
もうすでに体の中ではシュウ酸カルシウムが作られてしまい、
手遅れになってしまいます。

治療としては、早く連れて来てもらった場合は吐かせたり、
胃洗浄を行ったりもしますが、
もう体がエチレングリコールを吸収してしまっている場合は、
「エタノールの静脈注射」が基本的な治療となって来ます。

これは、肝臓で
「エチレングリコール→代謝→毒性物質」
という変化が起こる前に、
肝臓の同じ代謝回路でアルコールを代謝しないといけないようにさせ、
エチレングリコールの代謝を競合阻害させようと言うものです。

エタノールを注射すれば、当然血中エタノール濃度が上がって体は酔っぱらうのですが、
エチレングリコールが分解されてシュウ酸カルシウムが作られてしまえば、
動物は死んでしまいますので、犬が酔っぱらった状態になってふらふらになろうが、
そんな事は言っていられません。

問題は、エタノールの注射が間に合うか、ということです。
注射をしたとしても、時間が間に合わずにエチレングリコールが分解されて、
毒性物質が作られてしまえば、それでもう"アウト"です。

また、エタノールを入れて競合させても、
あまりに多くのエチレングリコールを体が吸収してしまっていれば、
競合しきれず、毒性物質が作られてしまう可能性があります。

僕も以前、アイスノンを食べた犬を治療してところ、
治療の甲斐なく死んでしまった事がありますが、
他の獣医師と話をしていても、
「症状が出て来たら、だいたい死んじゃうね」
ということで、死亡率の高い、怖い中毒であるのは間違いないようです。

ポイントを抜粋しておくと、
・身近にある中毒物質なのに、危険性を知らない人が多い
・「パックを食べた」たという禀告がないと、診察してもまず分からない
・毒性物質が出来てしまった後ではほぼ手遅れ
ということです。

早い対処が必要なのに、症状が分かりづらく、
気づいた後では手遅れになっている可能性があるのが怖い中毒です。

血液検査にしても、初期には腎臓の数値は高くありません。
シュウ酸カルシウムが作られて腎臓がダメージを受け始めると、
しだいに腎臓の数値が上がって来るのですが、
数値が上がって来る段階になったら、
それはもうほぼ手遅れという事を意味しているのです。

一番有名なアイスパックというと「アイスノン」ですが、
実はこれにもエチレングリコールは入っているため、
かじって遊んでいたりすると、エチレングリコール中毒になって死亡してしまう可能性があります。

他にも、アイスパックで"食べてはいけない"と書いてあるものは、
エチレングリコールを含んでいる可能性がありますので、
家にアイスパックがある方は、一度、
内容成分を確認しておいた方が良いと思います。

暑い季節は、動物用の暑さ対策としてアイスパックを下にしいてあげるという人も多いとは思いますが、
かじって遊んでいるうちに、甘いので喜んで舐めていて、
中毒となって死亡してしまうという可能性は十分すぎるほどありますので、
「食べられません」と書いてあるアイスパックを、
動物のところにおきっぱなしにするという事は止めておいた方が良いと思います。

日常の生活の中にも、実は危険というものは案外潜んでいるものですので、
よかれと思って用意してあげたもので、
思わぬ事故を起こさないようにご注意いただきたいと思います。

※動物と飼い主さんの設定と描写には、修正を加えています。
 傑作、ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
 この文章は、多くの人に読んでいただきたいですので、
 転載、リンクはフリーとさせていただきます。

この記事に

閉じる コメント(51)

顔アイコン

今朝7〜8時頃アイスノンの中身をなめてました。8時に嘔吐して事実がわかりました。受診して12時に入院して今も点滴してます。先ほど19時に病院に状態確認したら数回嘔吐して胃液のみだと。
受診時は活性炭投与されました。尿比重が1.014で受診中尿失禁してました。無色透明でした。19時の時点で獣医師はエタノール注射まではしなくていいでしょう、神経症状は出ないでしょう、と。
大丈夫でしょうか?

削除用パスワードを入力してください


今朝7〜8時頃アイスノンの中身をなめてました。8時に嘔吐して事実がわかりました。受診して12時に入院して今も点滴してます。先ほど19時に病院に状態確認したら数回嘔吐して胃液のみだと。
受診時は活性炭投与されました。尿比重が1.014で受診中尿失禁してました。無色透明でした。19時の時点で獣医師はエタノール注射まではしなくていいでしょう、神経症状は出ないでしょう、と。
大丈夫でしょうか? 削除

2009/8/16(日) 午後 8:43 [ 教えてください伊 ] 返信する

教えてください伊さん、エチレングリコール中毒は、死亡することも多い、実際に怖い中毒です。
死亡率は摂取量と処置を開始するスピード次第だと思います。
大丈夫かどうかは何とも分からないところですが、獣医師に治療をしてもらってどうなるかしかないと思います。
腎不全の数値が上がって来るかどうかだと思います。
腎不全が出て来たらちょっと厳しいかもしれないですが、なんとか助かることをお祈りしています。

2009/8/17(月) 午前 1:04 ぽこ 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。
17日(月)の朝8時で24時間経過します。
火曜日に採血予定ですが、
腎不全のデーターが上がってくるのは何時間後位でしょうか? 削除

2009/8/17(月) 午前 1:16 [ 押してください ] 返信する

72時間は要注意だと読んだ覚えがあります。
経過は摂取量や個体差があるでしょうし、症例毎に異なると思います。

2009/8/17(月) 午前 1:18 ぽこ 返信する

顔アイコン

ありがとうございます。72時間は入院を希望してきます。 削除

2009/8/17(月) 午前 2:06 [ 教えてください ] 返信する

顔アイコン

知らなかったです。転載させていただきました。

2009/8/20(木) 午後 11:13 くろろん 返信する

こんばんはU^ェ^Uノ
こちらの記事も転載させて頂きます♪
ありがとうございました!

2009/8/28(金) 午前 0:37 はないちろ 返信する

顔アイコン

新しくブログを立ち上げましたので、再転載させていただきます。
命の心得も再転載致しました。

2010/4/21(水) 午前 9:43 piroron 返信する

顔アイコン

5年前にアイスノンの誤飲で、20日間の入院のうえ、生還したワンコの飼い主です。うちのコは最初の病院でサジを投げられ、次の病院で、人間用の腹膜透析の手術をする決断をした翌日に、なんとか危機を脱しました。このような注意喚起の記事はとても有難く、素晴らしいです。多くの人にエチレングリコールの恐ろしさを知っていただきたいですし、犬の飼い方本にも掲載されるようになればいいと願っています。 削除

2010/7/27(火) 午前 10:37 [ TOMO ] 返信する

TOMOさん、おはようございます。
症状が出てきた後では、治療しても死にいたることも多い怖い病気です。
そんな恐ろしいものが、普通に身近にあるということが案外知られていないのが問題だと思います。
正しく使っていれば問題はないのですが、犬に正しく使うことを求めるのが無理ですからね。
知るということはまず何よりも大切なことだと思います。

2010/7/27(火) 午前 10:42 ぽこ 返信する

顔アイコン

初めまして。。
先日、お友達のワンちゃんがアイスノンをかじって亡くなった事を聞いて、周りにお友達もご存じない方が多かったので、ブログで紹介させていただくあたり、リンクさせていただきました。すみません。
うちも今の犬は2代目ですが、知らなかったです。
気をつけたいと思います。。
ありがとうございましたm(__)m 削除

2011/5/23(月) 午後 2:05 [ Dan母 ] 返信する

顔アイコン

最近では誤飲防止のため玩具にも苦みのある薬剤が塗布されていますが、実際に事故が少なくないようなので保冷剤にもそういっった対策は必要ですね。

2012/7/3(火) 午後 5:17 [ mtbzinc ] 返信する

顔アイコン

初めまして。
リンクさせていただきます。 削除

2012/7/19(木) 午後 8:13 [ のっち ] 返信する

顔アイコン

とても参考になりました、ありがとうございます! 削除

2012/7/31(火) 午前 10:49 [ すてら ] 返信する

顔アイコン

工業系な奴から一応。家庭用の冷蔵庫で冷却しても柔らかい類の保冷材にはほぼ含まれていると思って間違いありません<エチレングリコール(もしくは類似物質)。ポリエチレングリコールなんかの同じような物質でも中毒が起きるのでご注意ください。

2012/7/31(火) 午後 5:58 [ mya*_n*anko ] 返信する

顔アイコン

初めまして。
保冷剤にはこんな危険性があるんですね。
転載していきます。
情報どうもありがとうございました。

2012/7/31(火) 午後 8:38 JACK 返信する

顔アイコン

初めまして。
有益な情報ありがとうございます。
ブログにて紹介させていただきました。
ありがとうございました。 削除

2012/8/4(土) 午前 0:34 [ ぱん父 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして数々の貴重なお話しありがとうございます
とても勉強になります
皆さんにも教えてあげたいのでブログ記事で紹介させていただきますね ありがとうございました

2012/8/5(日) 午前 2:31 Piccolo 返信する

顔アイコン

はじめまして。
ペット用ジェルマットの誤飲を調べていてこちらにたどり着きました。
大変参考になりました。
事後で申し訳ありませんが、ブログで紹介させて頂きました。
ありがとうございました。

2012/8/31(金) 午後 4:23 [ tomo ] 返信する

むしろ、車のクーラントは年中売ってるから
気をつけないとね。これには大量にエチレングリコール酸が原料だから

2014/3/19(水) 午前 6:47 [ dar*n*s2000 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事