どうぶつ病院診療日記

動物病院の診察風景や、獣医師が日頃思っていることなど

全体表示

[ リスト ]

今回のブルセラ問題において、今いる犬をどうするか、ということも、
もちろん問題ではありますが、それと同時に忘れてならない事は、
今後、同じ問題を起こさないようにするにはどうすれば良いのか、
ということです。

それは、「悪質なパピーミルをいかに根絶するか」、
ということだと言い換えることができると思います。

パピーミルとは、犬という商品を大量生産するための「犬工場」です。
犬工場では、経済性が最重視され、犬の福祉は二の次です。
経営者が目的とするものは"お金を稼ぐ"ということです。
そこには、愛情はありません。

愛情がないからこそ、
あれだけ密集してケージを並べ、
ぎゅうぎゅう詰めで飼育していても平気なのです。

そんな飼育の状態では、当然動物は幸せとは呼べない状態でしょうし、
感染症も犬舍の中で伝搬し、肉体的にも精神的にも不健康となります。

世の中には、大阪ブルセラ犬舎と類似した犬舎というのは、
おそらく他にもごろごろあります。
そんな犬舎を野放しにしておかず、
何とか飼育の状態を規制しない限り、
第二、第三のブルセラ問題はまた発生します。

ブルセラ症は出ているんだけども、逐次処分しているので、
表立って問題にはなっていないだけ、
という犬舍も、おそらくたくさんあるかと思います。

悪質なパピーミルを今のまま存続させない、ということが、
今後の再発防止のためには、なにより必要です。

では、どうやれば悪質なパピーミルをなくせるか、
ということですが、それを考えていくためには、逆に、
「なぜパピーミルが存在するのか」という視点で、
考え直す必要があります。

なぜパピーミルが存在するのか、ということについては、答えは簡単です。
その答えは、犬を繁殖させる事が「金になり、割に合うから」です。
多分、それ以外に理由はないと思います。

別に犬をいじめるために、
狭いケージの中に入れているわけでもないでしょうし、
社会に対しての良からぬたくらみを抱いている
というわけでもないと思います。

ブリーダーのタイプは、2種類に分かれます。
ひとつは、犬が好きで、自分の好きな犬種をブリードし、
大切にしてくれる人に譲渡することに喜びを感じている
「シリアスブリーダー」です。

犬に愛情を持っており、
自分の仕事に対しての誇りも持って、仕事をしています。
犬の事が好きでブリードをしていますので、
当然、犬自体や病気に対しての勉強もしっかりしています。
犬種に惚れ込んでいますので、扱っている犬種は通常、
1種類、もしくは少数です。

対して、もうひとつが、「パピーミル」です
(日本ではしばしば悪徳ブリーダーとも言われます。)。

パピーミルは、金のためにブリードをしています。
犬には愛情は持っておらず、犬は金づると見なしています。
仕事に対する誇りはなく、もちろん勉強もしていません。
遺伝病がでようが、犬の状態が悪くなろうがおかまいなしです。
もうけるために、その時流行っている犬種を見境なく繁殖しようとします。
そのため、扱っている犬種は、多岐にわたります。

パピーミルをしている人たちは、
「割に合うから」犬を金儲けの手段にしているだけです。
パピーミルを排除する方法は、ただひとつ、
犬を「金づるにできない」ようにするという、ただそれだけです。

犬をパピーミルの金づるにさせてしまっている原因としては、
4箇所に責任があると思います。

それは、
1.行政
2.メディア
3.ペットショップ
4.一般の飼い主
です。

行政の責任とは、悪質なブリードをし、
犬にひどい状況をしいている業者に対して、
その状態と行為を見過ごし、放置してしまっているということです。

現時点では、悪質業者を取り締まる組織というのは、行政しかありません。
従って、現時点で、悪質業者が野放しになっている直接の責任は、
行政にあると言えるのではないかと思います。

ただ、つい最近、動物愛護法が改正され、
ペット業者は届け出制から、登録制に変わりました。
これにより、悪質な業者に対しては、
業務停止命令を出せるようになりました。

悪質な業者に対しては、ひるむことなく、
どんどん踏み込んでいってくれるよう、
行政の今後の動きには期待したいところです。

メディアの影響も、甚大です。
やれ、芸能人の誰々がこんな犬種を飼っているだの、
今はこの犬種がブームだの、
そんな、ブームを積極的に作ろうとする意図が、
メディアの取り上げ方からは感じられる様な気がします。

ペットブームは、それ自体は悪いことだとは思いませんが、
それによって、いい加減な飼い主が増え、
ペット飼育の質が下がるようでは、
そんなブームなど来なければ良かったという話になってしまいます。
現実問題、メディアが作ったブームが過ぎ去った後では、
飽きられ、捨てられる、"過去の人気犬種"も多数出ていると思います。

ペット飼育において、メディアにとって一番大切な役目は、
「社会に迷惑をかけず、動物を大切に扱って、きちんと飼う」
という、そのことを啓蒙し、伝えることだと思います
(それで視聴率を取れるかが問題だと言われそうですが)。

おもしろおかしく、ペット飼育の楽しい部分だけを伝えようとするなら、
そんな伝え方は間違っていると思います。
メディアの影響力は、良くも悪くも甚大です。

メディアには、ペットを飼育するという事の大切さ、大変さ、
そういったものを含めて、より良いペット飼育がなされるよう啓蒙し、
そういう知識を伝えるという役目を担って行って欲しいと思います。
メディアが作り出そうとするのは、「ペットブーム」ではなく、
より良い「ペット文化」であって欲しいと、そう願います。

ペットショップというものは、
職業である以上やむを得ない部分もありますが、
動物を売ってなんぼの仕事です。

もちろん、犬種の説明をし、
動物を飼うということの大変さと責任の重さをきちんと伝えてから、
動物を売るところも多いと思います。

でも、中には、動物をきちんと飼ってもらうことよりも、
とにかく買ってもらうことが目的になっているところもあるかも知れません。
そういうところでは、「売れればいい」との思いで、
動物自体の血統や遺伝的資質はおざなりになっているかも知れません。

動物の提供と言うことにおいて、質よりも量となり、
適切なペット飼育の啓蒙よりも、
販売頭数、売り上げが重視されているとしたら、
パピーミルの存続に、ペットショップが力を貸していると
批判されても致し方ない部分もあるかと思います。

でも、パピーミルの存続に、一番力を貸しているのは、
まぎれもなく、一般の飼い主さん、ひとりひとりです。
パピーミルは、行政からお金を得ているわけでも、
メディアからお金を得ているわけでもありません。

ペットショップから代金を得たとしても、
その源泉は、まぎれもなく、
その動物を買ったオーナーから支払われたものです。
パピーミルは、ブームに乗っかり、
そのとき流行った犬を無分別に繁殖させます。

そのブームを作っているのはメディアですが、
そのブームに流され、お金を支払うのは一般の飼い主さんです。
パピーミルを存続させ、パピーミルに悪質なブリードをさせているのは、
一般の飼い主さん自身なのです。

飼い主さんにおける重要な問題のひとつは、
たとえ飼い主さん一人一人の力によって、
パピーミルが養われているとしても、なかなかそのことに気づかない、
ということです。

ブルセラ問題の再発防止のために、一番大切なことは、

ブームに乗せられて、安易に犬を買わない

ということだと思います。

誤解されないように言っておきますが、
けして、「犬を飼うな」と言っているのではありません。

犬を飼う前には、その犬種のことと、病気のことをしっかり知り、
犬の飼育がそれだけ大変で、
責任も伴うものなのだということを理解してから、
犬を飼い始めて欲しい、ということです。

これは、今はまだ僕の個人的な空想にすぎないことですが、
犬を飼い始める人は、「飼育免許」を交付してもらってから、
飼育を開始するべきだと思います「ペットオーナー・ライセンス制度」

それは、マナーの低い飼い方をする人によって、
社会が迷惑を被らないようにするためと、
不幸せな飼い方をされる犬を生み出さないようにする、
というふたつの目的のためのものです。

飼い始める時点で、ペット飼育に高い意識が必要である事を知らせ、
責任を負う事のできない人に飼育開始を思いとどまらせるなら、
マナーの悪いペット飼育によって、社会が迷惑を受ける事も減りますし、
不幸なペットが出てくる事も、今よりは減らす事ができるでしょう。

安易なペット飼育が減り、処分される動物が減れば、
今の刹処分に割いている人員と予算を、
その分、飼い主への啓蒙と教育にまわせるようになると思います。

もしかしたら、「保健所」というところが、
"動物を殺す場所"ではなく、"動物の飼い方を教えてもらえるところ"
になるかもしれません。

そして、ブームに乗せられて、
安易に特定の犬種に飛びつく風潮が緩和されれば、
パピーミルが「もうかる仕事」にありつくことも減ると思います。

ライセンス制度とパピーミルとのからみで言うと、
ライセンスの発行のときに、講習会を必須にし、
そのときに、シリアスブリーダーを紹介するようにすれば良いと思います。

そうすれば、まじめにブリードをしているシリアスブリーダーが、
経済的にも助けられる事にもなりますし、
パピーミルへ流れる仕事を減らす事ができます。
悪質な繁殖業者を減らすには、なにより、
そういうところから買われる犬を減らす事が大切です。

パピーミルに流れる仕事になくすのと同時に、
「無分別で愛護精神のない繁殖方法をするものは社会が許さない」、
という観点から、いい加減な繁殖をさせないための
ルールを作ることが必要であると思います。

その点では、行政の点検・摘発強化が必要ですが、
それには、イギリスやアメリカなどで活躍している
「アニマルポリス」のような組織(部署)を創設し、
福祉が行き届いていない繁殖施設やペットショップ、
飼い主などを取り締まり、告発するシステムを
整える必要があると思います。

パピーミルが減らないのは、それが「うまみのある仕事」だからです。
いい加減な仕事でもうけが出ないようにして、
パピーミルの仕事を「うまみのない仕事」にしてしまう必要があります。

現時点では、パピーミルの撲滅のためには、
1.飼い主側の改革(ペットオーナーライセンス制度)
2.アニマルポリスの創設
3.メディア側の報道姿勢の見直し

などが効果的なのではないかと思います。

※傑作、ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
 この文章は、多くの人に読んでいただきたいですので、
 転載、リンクはフリーとさせていただきます。

この記事に

閉じる コメント(47)

顔アイコン

見分けるのは難しいですよね。犬も猫も人間もですけど最近命の尊厳を大事にして欲しいと思うこと多いです。

2007/3/17(土) 午後 5:13 そよ風と日向ぼっこ 返信する

全く同感です!1番悪いのは確かに、ブームに乗せられて勢いで動物を飼ってしまう「一般の飼い主」です。…が、それに匹敵する位に悪いのは「メディア」だと思います。今でこそ、捏造問題が取り上げられ、番組を作る時点から慎重になっているでしょうけど、それでもやはり『数字が取れてナンボ』の世界。視聴率のためなら屈曲した考え方の放送も平気な顔でやると思います。

2007/3/17(土) 午後 10:07 とうしろう 返信する

不思議なことに、多くの日本人は『TVで放送していたこと=本当のこと』と思い込みがちですよね。TVで放送されていたからとか、そんな理由じゃなくて、自分で飼うことができるのか、本当にその動物が欲しいのか、きちんと考えてから飼って欲しいですね。

2007/3/17(土) 午後 10:08 とうしろう 返信する

顔アイコン

先生の考え方に本当に賛同したしました。まったくその通りだと思います。ペットショップでの犬猫の販売を早く日本でも禁止にしてもらいたいと思う。でも、今現在、ペットショップで購入するすべての人たちが悪い訳でもなく、ただペットショップでしか買えないと思っている人が多いのです。そうじゃないのだという現実を、もっとメディアで積極的に取り上げてもらい、多くの人に知ってもらえたらと思います。たくさんの人気のペット番組があるのに。もったいないです。 削除

2007/3/18(日) 午後 11:35 [ plalice ] 返信する

結局、動物の命を扱うという事に対する倫理に、人間側の利益が複雑に絡んでいるので、改革して行くのがとても大変になるのでしょうね。ペットショップでの生体販売禁止となると、業者の反対は、激しいと予想されます。ブリーダー→飼い主の譲渡、もしくは、ブリーダー→譲渡機関→飼い主、が良さそうと思うのですが。どの業界にも、節度と良心、倫理が必要だと思うのですが、そういうところが大きく成長して行くかどうかは別問題なので難しいところです。

2007/3/19(月) 午前 0:21 ぽこ 返信する

顔アイコン

どの業界にも、節度と良心、倫理が必要だと思う←本当にそう思います。心からそう願います。お金に目がくらみ、命を命とも思えないようになったら、見た目は人間でも、心はもう「人」ではないんだと思います。

2007/3/19(月) 午後 11:16 ハルるん 返信する

顔アイコン

先日も、あるホームセンターで、子犬が売られていました。なぜ、ホームセンターなんかで子犬を売るのだろうと思います。買い物のついでに犬を買うような感覚で買われた動物の運命が、悲惨なのは、目に見えています。少し離れたところから見ていましたが、犬たちは後ろの壁に向かって、ガリガリ爪を研いだり、懸命にほえていました。「助けて!ここからだして・・」っていっているようでした。格安だったので、そのような施設からきた子たちと思います。見ている人たちは「安いね〜!」といっていました・・。

2007/3/19(月) 午後 11:21 ハルるん 返信する

顔アイコン

以前住んでいた地域(都内)では、24時間明かりをつけっぱなしで、とても不衛生な環境で子犬を販売しているお店がありました。ほとんどの子が病気と思われ、ほえる気力さえない様子でした。鳥と犬を一緒の環境(かご)で売っているようなお店もありました・・。売れなければ処分されているのでしょう・・。この国の法律がおかしいとしか思えません。

2007/3/19(月) 午後 11:30 ハルるん 返信する

人間は、相手の事を思いやる良心を持っていると同時に、自分の利益を優先する汚さを同時に持っているものなのだと思います。相手を思いやる気持ちというのは、忘れずにいたいものですね。

2007/3/19(月) 午後 11:34 ぽこ 返信する

以前、どこかのサイトで、日本国内で"生産"されている動物のうち、"消費"されているのは全体の6割ほどで、残りの4割ほどは、"処分"されている、という話を目にしました。そういう話を聞くと、本当に嫌な気分になりますね。

2007/3/19(月) 午後 11:37 ぽこ 返信する

アバター

↑ぴぃすけさんのところから来ました。根本が変わらなければ処分される動物は全く減らないと思います。この記事をもっと多くの人に読んでいただきたいです。転載させていただきます。(お気に入り登録させていただきました。)

2007/3/20(火) 午前 0:32 まりおん 返信する

顔アイコン

ぽこ先生、そのお話ですが、激安ショップの国産でない(アジア諸国で生産?された)ワンちゃんたちは、もっと酷い状況にあるようなのです・・。「動物のいのち」が「人間のおもちゃ」にされているようで、耐え難いです。あのショップ(鳥と一緒に売られていた)ワンちゃんの顔を今でも忘れることができません・・

2007/3/20(火) 午前 10:40 ハルるん 返信する

顔アイコン

↑まりおんさんの所から来ました。ぴぃすけさんからもつながっています。転載させていただきたいのですが、少し長いので・・、第2弾とかございますか?もう少し短ければ・・・と思います。最後まで読んでいるうちに判らなくなってきました。(←私の頭が悪い)今過酷な現状のワン達の事が大切で心配で仕方がありません。 削除

2007/3/20(火) 午後 4:08 [ 月うさぎ ] 返信する

顔アイコン

順番は、専門ファーム、シリアスブリーダー、シリアスホビーブリーダー、ホビーブリーダー、バックヤードブリーダーでしょうけど、どこの段階が、良いとか、悪いとか、この区分では、分けられません。育種学、遺伝子学を知って、理想的な状態の交配(スタンダード)を作出すること。

2007/5/10(木) 午前 2:08 [ ribonboo ] 返信する

顔アイコン

順番は、専門ファーム、シリアスブリーダー、シリアスホビーブリーダー、ホビーブリーダー、バックヤードブリーダーでしょうけど、どこの段階が、良いとか、悪いとか、この区分では、分けられません。育種学、遺伝子学を知って、理想的な状態の交配(スタンダード)を作出すること。

2007/5/10(木) 午前 2:08 [ ribonboo ] 返信する

顔アイコン

もし、多少でも、不安が残る交配を結果的にした場合は、そこで、食い止めるため、去勢、避妊後の譲渡になることでしょうか?ブリード行為は、全頭、理想的な子を出せる=新種品種登録が可能ですから、そうではない、セオリーに乗らない交配は、しないこと。

2007/5/10(木) 午前 2:10 [ ribonboo ] 返信する

顔アイコン

残念ながら、出来てしまった場合は、その世代で。強制終了させるため、確実に、去勢、避妊を、ブリーダーが、行って出荷するか、自分で飼うことです。ホビーブリーダーにも、良いブリーダーは、居ますし、専門ファームでも、不正のあるところは、ありますので、ポコ先生の分類では、実態把握できませんよ。

2007/5/10(木) 午前 2:10 [ ribonboo ] 返信する

顔アイコン

困っています、繁殖に向かない様な犬に出産させる・・遺伝的な疾患を受け継ぐ事もあります。犬の質が低下してると感じます。トリミングをしてて病気の犬が多いことにビックリします。未熟児は何でもティーカップと称され高値で売買、スタンダードを逸脱した個体。無謀な繁殖で何でも売れるからと子孫を残すに向かない犬達を繁殖する。
トリミング中に心臓発作を起こす子・てんかん発作を起こす子・関節がすぐに外れてしまう子飼い主が病気に気がついて無いことも多く潜在的な病気発作等が起こることも有ります、

2010/3/4(木) 午後 3:01 [ mok*tin* ] 返信する

顔アイコン

飼い主が病気を知らなかったりすると、こちらが何かしたのか?と疑われてしまいます。動物を擬人化し神経質になりつつある飼い主はもっと我が子の体を知るべきで、販売するにももっと子犬の健康状態や繁殖者情報を公開するべきです。ガラスの様な壊れ物を扱う気分です。昔犬は元気でした、今の犬は色んな面で弱いですね。
獣医師も大変だと思います。。。。

2010/3/4(木) 午後 3:18 [ mok*tin* ] 返信する

mok*tin*さん、おはようございます。
日本では流行った犬種を無理にブリードさせるという傾向があるので、遺伝子疾患が急速に広まるリスクが大きいです。
本当は流行などなく、量より質のブリードが重要視される風潮であってほしいですけれども。

2010/3/6(土) 午前 9:42 ぽこ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事